4337870 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

明日への道しるべ@ジネット別館

2010.12.19
XML
カテゴリ:健康・美容
 1.始めに
 赤ワインが様々な面で身体に良いことは経験的に知られていたし、確かの私自身もポリフェノールの働きなのか、調子が良いなって思ってたくさん飲んでいた時期があった。その赤ワインが、記憶に関わる脳の神経細胞の数を倍増させ、認知能力を高めることが、岡嶋研二・名古屋市立大大学院教授(展開医科学)のチームの動物実験で分かった。一方、糖尿病とアルツハイマー病は互いに影響しあって発症を早めたり、症状を悪化させたりすることを、大阪大学の研究チームがマウスの実験で突き止めたという。

 2.赤ワインで認知能力向上
1)研究事例
 これまでに赤ワインを1日400ミリリットル(グラス3杯程度)を飲む人は、飲まない人に比べ、認知症の症状が表れにくいことが、フランス・ボルドー大などの疫学調査で分かっていた。
2)今回の研究方法
 岡嶋研二らの研究チームは、赤ワインに含まれ、心疾患減少に効果のある「レスベラトロール」という成分に注目。マウスにレスベラトロール含有量の多い赤ワイン0.2ミリリットルを毎日、3週間にわたり飲ませた。
3)研究結果
 脳の中で記憶をつかさどる「海馬」と呼ばれる部分の神経細胞が、飲まないマウスに比べ2倍に増えていた。迷路でゴールにたどりつく時間も訓練開始から5日目に、飲まないマウスに比べてほぼ半分になった。白ワインを飲んだマウスは、飲まないマウスと同じ結果だった。効果がどこまで継続するかはこれからの課題だが、持続して摂取する必要があるという。
 さらに、胃が受けた刺激を脳に伝達する物質の機能を失わせたマウスでは、レスベラトロールを飲ませても脳機能改善の効果は認められず、レスベラトロールが、伝達物質を通して脳に影響を及ぼしていると確認した。
4)岡嶋教授のコメント
  赤ワインの健康効果は欧州の人々の間で言われてきたが、やはり科学的な裏付けがあった。しかし、アルコールの過剰な摂取は肝臓への悪影響もあり、飲み過ぎないでほしいという。

   

 3.糖尿病とアルツハイマーの関係
1)研究事例
 2つの病気をめぐっては、糖尿病になるとアルツハイマー病を発症する危険性が2倍以上になることが、国内外の疫学研究からわかっていた。
2)研究成果
 糖尿病とアルツハイマー病は互いに影響しあって発症を早めたり、症状を悪化させたりすることを、大阪大学の研究チームがマウスの実験で突き止めた。
 2つの病気を発症したモデルマウスはアルツハイマー病マウスよりも脳血管に炎症が起きやすくなったという。血流が悪くなって認知障害がひどくなった可能性が高いとみている。

   

 4.最後に
 認知症を避けたいなら、是非、赤ワインを飲みましょう! それもレスベラトロール濃度が高い「フルボディーや色の濃いタイプの赤ワイン」が良いようです。一方で、余り飲みすぎて、アルコール中毒や糖尿病になれば、かえってボケが早まる可能性があるので注意しましょう!!

<参考資料>
1)赤ワイン:脳機能改善、マウスで神経細胞増殖 名古屋市大(毎日新聞)よりH22.12.19
2)糖尿病とアルツハイマー、影響しあい症状悪化 阪大が解明(NIKKEI NET)よりH22.03.16

楽天トラベル ■出張ですか? ■高速バス予約 ■海外航空券予約

ゴルフ場予約 ■楽天24 ■楽天レンタル ■中古市場

 






最終更新日  2010.12.19 17:20:27
コメント(0) | コメントを書く

PR

ランキング市場

カテゴリ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.