1064584 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本大好き、好きです早稲田日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


茶畑 元35

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カテゴリ

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2006年10月22日
XML
カテゴリ:ラグビー
 細かいことには今日は目をつぶろう。相手のふがいなさもここは捨象しよう。今日の早稲田大学対日本体育大学の一戦は、早稲田がとにかく最後まで点を取ろうという集中力を失わずに、目標?の100点代に得点を載せた事であろう。

 途中早い段階で、後藤彰友が壊れたことにより、予期せぬ選手交替もあったが、リザーブメンバーとの融合もうまくいっていたように思う。五郎丸選手のコンバーションが前半大事なところで決まらず、いやなリズムに傾くかとも思ったが、しっかりコンスタントに点を取ったことは評価できよう。これまでのようなノックオン、スローフォワードのミスも減ったが、それは日体大学の前への圧力が弱かったせいだろうか。

豊田及ばず

[写真]ラインアウトでの豊田選手。あと少し届かず。

五郎丸選手

[写真]五郎丸選手のコンバーション。前半は七本中三本外し、後半は九本中やはり三本外して六本決めました。

五郎丸の激走

[写真]後半、五郎丸選手の激走。個人的には今日一番の写真です。

激走後の五郎丸

[写真]激走後の五郎丸選手。ちょっとお疲れ気味。でも肩で息するほどではないです。

セレモニー

[写真]コンバーションの際、ボールをセツトする前、くるくるとボールを縦に回すのが、五郎ちゃんの儀式です。このとき、スタンドからは「五郎ちゃーん」という黄色い声と、野太い声が飛びます。今日はキックは不調でしたが。それにしても、日本代表候補に「五郎ちゃん」はないだろ?

矢富の儀式

[写真]スクラム前の矢富選手の儀式は、ボールを横回転で回すところ。帰ってきたウルトラマンの活躍で、テンポの良い試合となりました。(三井が悪いのではなくて、球出しのテンポやバックスのスタートのタイミングがどうしても違うのです。)

畠山選手

[写真]プロップ畠山選手アウトです。「はたけ~」「けんすけ~」という声が飛びます。オーバー100キログラムのアイドル畠山選手には、私はいつも「はたらけ、はたらけ、はたけやま~」と声援を送ります。

ベストポジション

[写真]学生の試合で座席指定のないときは、秩父宮では三列目、四列目がお勧めです。チーム関係者が、あれこれ打ち合わせをしたり、選手交替の時期を支持したり、玄人衆のプレー評価が、リアルタイムで聞けます。秩父宮では88・5MHzで上田昭夫フジテレビスポーツ部長(元慶応総監督)や石塚氏、今泉氏などが実況していますが、ラジオの感度やスタンドの位置の関係で、最近聞き取りにくいため、今年のシーズンはチーム関係者席後ろに固定して観戦(写真撮影)しています。写真中央は中竹監督。

試合終了

終わってみれば、100対0。五郎丸選手のコンバーションが決まれば、もっと行ったかもしれないですが、決まらなかったからこそ集中が途切れなかったともいえるでしょう。

ノーナンバー

[写真]日体大からも一枚。途中、日体大のウイングの選手と早稲田の選手がクラッシュ。額からの大量出血でスタンドは一時騒然。止血処理を行いプレーに参加しようとしたが、ジャージが血だらけだったため、背番号なしのジャージを着用してプレーすることになりました。
(訂正)日体大ウイングの選手と書きましたが、後でビデオで確認したら13番右センターの山藤選手でした。彼は負傷治療後も日体大で唯一良い動きをしていました。








最終更新日  2006年10月22日 19時28分59秒
コメント(6) | コメントを書く


カレンダー

コメント新着

卒業生@ 実は謀反 高橋鍵彌も自分の業績をたたえる銅像を校…
やっちゃん@ Re:2月26日にちなみ「民族の歌」を(02/28) 夜分遅くこんばんは。 ブログ一部拝見致し…
伊勢の仙@ 今やってるNHK総合のサンディスプリング市のように 役場を民営化するように25年前にレポート…

ニューストピックス

ランキング市場

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.