1171267 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本大好き、好きです早稲田日記

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


茶畑 元35

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月

カテゴリ

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2006年11月13日
XML
カテゴリ:ラグビー
 昨日のエントリーで掲載できなかった写真をお知らせします。先ずはタマリバの写真から。

桑江
 鉄人桑江選手は、表彰式でもクールな表情。彼がいると試合が落ち着きます。日本選手権の早稲田戦では、[W.U](ワセダ・ユニバーシティー)と刺繍の入ったショートパンツでしたが、今日は確認できませんでした。

タマリバ
 タマリバのフィフティーンには早稲田OBがずらり。(注 写真と選手名は一致しません)
1岩下、2中村、5桑江キャプテン、6小山、7西澤、13川崎、15勝田、16小林、18野村、もいっちょ17長岡(早実)

 現在の早稲田の監督の中竹氏や、コーチの山本祐司氏もタマリバで活躍。

バーバリアンズ
 聞けば24対7からまさかの大逆転を喰らったというバーバリアンズは悔しい表情。北海道からも沢山応援に来てたのにね。

勝田
 マイクロソフトに就職した勝田強化委員長…、もとい勝田譲氏はタマリバでプレーしていました。1月の祝勝会では、社会人でラグビーやることは考えていないようだったのに、やはり蛙の子は蛙ということで。

両校校歌
 両校校歌演奏。観客は殆ど起立しないのに、現役部員は立派です。OBも立たないとね。

帝京
 試合前のウォームアップ。帝京選手の肩ならしですが、これまでのFWとはスケールが違う。私は帝京のFWを「赤い悪魔」と呼んでいます。

早稲田
 早稲田のFWも気合十分ですが、傍目から見てもスケールダウン。先行きが心配です。って、今までの早稲田に戻っただけですが。

畠山
 おお、我らが早稲田には、畠山という最強FWがいた。こいつは別格総本山です。私の体重もなかなかだが、123キロ(公称)には及ばない。今度畠山選手にあったら、誰にがんを飛ばしているのか聞いてみよう。

矢富
 早稲田には、「風の申し子」が勢ぞろい。さしずめ矢富選手は「かまいたち」といったところか。菅野、今村、五郎丸、首藤…これからの木枯らしの季節、スピードスター達に期待大です。

今村
 今村選手のスーパーキャッチ。馬力だけでなく、高さにも強いところを見せた。空を飛ぶ今村選手に場内大盛り上がりでした。

入るか
 五郎丸選手のコンバーション。入るか、入らないか目を凝らして見てください。

桜岡さん
 試合開始、早稲田曽我部選手のキックに合わせてダッシュし始める桜岡レフェリー。今日も安定したジャッジで、見ているほうはストレスを感じませんでしたが、プレーしている選手諸君はどうだったのでしょう。

スクラム
 も一つおまけの桜岡さん。スタジアムの屋根からさす一条の光が、スポットライトのように桜岡さんを映し出し、幻想的な画になりました。

つづく。







最終更新日  2006年11月13日 16時44分55秒
コメント(4) | コメントを書く


カレンダー

コメント新着

卒業生@ 実は謀反 高橋鍵彌も自分の業績をたたえる銅像を校…
やっちゃん@ Re:2月26日にちなみ「民族の歌」を(02/28) 夜分遅くこんばんは。 ブログ一部拝見致し…
伊勢の仙@ 今やってるNHK総合のサンディスプリング市のように 役場を民営化するように25年前にレポート…

ニューストピックス

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.