258837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

聖ミカエルの剣

ご訪問ありがとうございます。

<聖ミカエルの天秤>
 人から良い面と悪い面が見えてくるのは、人の中に光(愛)と闇(弱さ)の両方が存在しているからです。

 闇があるかぎり、光(愛・ミカエル)に影(弱さ・ルシフェル)はつきまといます。

 闇が消えた時、光は影を伴わず、光のみ(C穂さんが見た二つのミカエルのメダイ)となるのです。

 光(愛・善)と闇(弱さ・悪)を推し量る天秤は、ミカエルが持っているものと同じで、人もそれを使いながら、自分の愛と闇(弱さや欲望)の重さを秤にかけて、自分の姿を客観的に見ていかなければなりません。

 その場合、人の愛(光)に焦点を合わせて生きて行くか、弱さ(闇)に焦点を合わせてそれを善しとしてしまうかによって、人の進む道が分かれてきます。

 人の良い面や愛を信じて人生を築き上げようとすると、人は人の悪い面(闇)に悩み、苦しまされるようになり、自分の中に存在する愛を駆使して、闇を持つお互いの存在が、ずっと愛すべき光の姿でいられるようにと心から乞い願うようになります。
 そして、闇によって苦しめられることに苦痛と嫌悪感を抱くようになり、闇を消す努力を惜しみなくするようになると同時に、より強い光を求め、愛(光)そのものである神によりすがり、共にありたいと心の底から願うようになるのです。
 この一連の流れの根底には、常に「愛を慈しむ心」「愛をいとおしく大切に思う心」があるわけです。

 ところが、人の中には秤に載った愛よりも闇を重要視、或いは、「人間なんだから仕方がないんだ」と言って納得してしまう人がいて、闇を否定もせず認め、或いは受け入れ、信じ、崇拝し、闇と共に生きていこうとすればするほど、秤の上から愛は消え、闇の存在が大きく比重を占めるようになります。
 闇の正当性を主張するために、人があると誤認識(錯覚)し、崇拝した幻がルシフェルなのです。

 ルシフェルはいません。

 いるのは今も昔も神と神の御心にかなった存在のみです。

 ルシフェルが月だと言われた理由は、月は自ら光を発しない存在、闇だからです。

 人間も、闇を克服し、秤の上から闇を消し去り、代わりに両天秤に愛を載せることができれば、闇は我々を見つけることも手出しをすることもできなくなり、肉体をまとったままでアースエンジェルとなり、天と共にありながら人生を全うし、肉体を離れても天とのつながりが保たれている以上、向かう先、行き着く先は天に他ならないのです。

<神と共に向上する>
 自分の中にあるものが同じものを呼び込み、外に見えたものは自分の中にもある。

 自分の中に光のみがあれば光のみを、闇があれば闇を、光と闇があればその両方を。

 ミカエル(光)とルシフェル(闇)の両方を見た人間は、自分の中にその両方が存在すると認めたことになります。

 迷子になった子羊を神が一匹もらさず探していると言われるのは、闇から解放されていないにもかかわらず、そのことに気づけず、光の心地良さを忘れてしまった人間を救うために、光と闇のどちらも見ることができ、闇を抱えた人をまるごと愛し、人間を救うべく闇を克服する方法を知り、尚且つ、光のみを見据えて生きていける導き手が迷子の子羊には必要であることをよくよくご存知で、太古の昔から多くのヒーラーがこの世に送り込まれてきたという事実があるからなのです。

 ヒーラーには条件があり、闇を消せるのは光(愛)のみなので、各自の持つ秤の両天秤に愛が載るよう導かなければなりません。
 闇は罪の意識や自己処罰とは違うので、「闇は消えてなくなった」とヒーラーが宣言すればそれでいいとか、闇をないものと思い込ませればいい、闇はないのだと信じ込ませればいいというものではないのです。
 闇は積極的に働きかける愛(光)によって見えなくなるものであり、だから神は常に向上し、我々に愛を与え続けている存在だと言われているのです。
 
 「積極的な働きかけ」は、我々の魂が続くかぎり永遠に受け継がれていかなければなりません。
 
 何もせずに闇が消えてなくなるということはないのです。

 では、闇を消す努力は何のために役に立つのか、

 それは、神と同じように似せてつくられた人間の誇りと尊厳を失わず、神の子としての責任と義務を果たすために役立つのです。

 つまり、神と同じく神に似せてつくられた人も、神と同じく常に向上し続けなければならないのです。

 神を見習いましょう!

<聖ミカエルの天秤の利用法>
 ミカエルの天秤には、様々なものを乗せて釣り合いを計ることができます。

 例えば、夫と妻、善と悪、光と闇、ミカエルとルシフェルといった具合に。

 人が闇(ルシフェル)に寄り添い生きて行く生き方は、人類の歴史が始まって以来そうしてきたために慣れていて簡単なのですが、光(天・ミカエル)に寄り添いながら生きていくのは、人類にとって遠い過去の記憶となって風化してしまったがために難しく、ついつい慣れ親しんだ闇(ルシフェル)に身を任せて生きてしまいがちになります。

 なので、常にミカエルの天秤を心に抱き、自分の魂が闇に犯されていないかどうかをチェックしながら、光と闇の割合を分析し、両天秤を光で満たしていられるように頑張ってみて下さい。

<怒りのスイッチ>
 怒りと上手につきあうことができず、今までてこずってきた人は、なるべく怒りを出さないようにと、そのスイッチをオフにしてしまうことが多くなりますが、怒りは決して悪ではありません。

 神は私達に必要のないものは与えないので、必ず上手に付き合う方法を見つけ出し、個人の責任においてオンオフのスイッチを上手に切り替え、使いこなせるようになりましょう。

 人の闇は、心の隙に上手に入り込み、罪悪感を感じさせながら、その罪悪感(弱点)を手玉に取り、闇の世界へ引きずり込もうとしてきます。

 なので、神から私達に与えられている全てのものをありがたく使わせていただこうと思ったら、自分が罪の意識を感じるような使い方はしてはいけないのです。

<自分を大切に!>
 自分はどうなっても構わないなどという言葉をよく口にしたり、自分をよく責める自虐的で自己処罰に走りやすいタイプは、自分で自分を罰したりいじめたりするために、アクシデントに見舞われやすく、怪我や病気に悩まされることが多くなります。
 日常的に自分を責め続けたり悩み続けている人に至っては、病気が慢性化したり、持病になってしまったりするので、罪の意識から解放されることと自分を大切に思う心を育むようお薦めします。
 また、甘えさせて欲しいのに、その気持ちを自分でごまかしていたり、長期に渡り甘えさせてもらえなかった場合も、同じ現象が起きてきますので、自分の気持ちに素直になり、甘えたい時は正直に相手に愛情や優しさを求め、甘えさせてもらって下さい。

<罪の意識>
 罪の意識や罪悪感を必要以上に持つ必要はありませんが、

 罪の意識は、人を闇から救うためのブレーキであり、闇の前で一度立ち止まらせてくれる関所の役目を果たしているので、決して無視せず、罪悪感を感じたら必ずそこから引き返し、相手がいるなら相手に、相手がいない場合でも、自分の良心に対して謝って下さい。
 
 自分が感じた罪悪感は、感じた瞬間からそこに存在します。
 目に見えなくてもあるのです。
 なので、あるものに対しては必ず礼を尽くし、綺麗に決着をつけ、可能な限り自分の身が清廉潔白でいられるよう心がけましょう。
 そうすれば後悔するようなことにはなりません。

 また、この罪の意識が感じられない人は、知らず知らずのうちに、人から恨みや嫉妬を買う可能性が大なので、人が嫌がること、人を傷つけるようなこと、裏切るようなことを自分がしてしまわないように気をつけなければなりません。

<欲は一度手放す>
 もし、お金に不自由したくないと思うのであれば、お金に縛られたり、執着したり、稼ぐことに囚われず、お金よりも大切なものは何かを考え、真っ先に欲を手放して下さい。

 そのお金よりも大切なものを無視したり手放していたら、絶対にお金にも恵まれません。

 大切なものを大切な順にきちんと大切にできているかが重要なのです。

 大切なものがきちんと大切にできて、守られていれば、その次に大切なものも、またその次に大切なものも順を追って守られ、幸せに豊かな生活が送れるようになります。

 大切にすべき優先順位を間違えてはいけません!




  







 

 
 
 
 










Shopping List

お得なセット価格!@320円=>@300ガザニア シルバーカーペット 5 鉢セット Gaz…
買った当時、1苗だけ株元のふらつきが気になる花があったのですが、植え付けるときに少しだけ深めに穴を…[>>]
3色のリーフが美しい【シェイドガーデン 花 苗 多年草 グランドカバー 寄せ植え ハ…
アジュガの苗はとても丈夫で、日当たりや水やりに神経質になることはほとんどなく、とても元気で手間いら…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2009.11.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 この度、ブログを引っ越すことになりました。
 
 タイトルも「聖ミカエルの剣」に変わります。

 http://plaza.rakuten.co.jp/tenshinotsudoi/

 今まで同様、こちらにも是非遊びに来て下さい。

 メンバー一同、心よりお待ち致しております。







Last updated  2010.02.13 18:33:02
コメント(1) | コメントを書く

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アナニア

Calendar

Favorite Blog

サゲの垂れ流しとア… 弘恵 (ひろえんじぇる)さん

苺一絵の幸せ 心を綺麗にさん
Luce-Luce-Luce Luce07さん
生かされている人生… PEACEMAKER☆佐藤さん
September~くどぱん… HP-12Cさん

Comments

Kwqwrvuo@ hCMAqVPBmOirsaXm comment3, <small> <a href="http://gen…
Nwigrggk@ rUFzPptmSLeq comment6, <small> <a href="http://dai…
Ibvmenqe@ JybSEXPmGQNqZLuWzBO comment6, <small> <a href="http://val…
Drplbhdx@ duvKbayWTOOOLJvw comment4, <small> <a href="http://val…
Swyennop@ PYeJxuOLhah comment5, <small> <a href="http://gen…

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.