517738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

多様性を認め子供たちの可能性を広げる習い事「いとっこクラブ」(糸島学習塾YES 前原駅前校のキッズ部門として生まれました)

PR

Free Space

Profile


米森真一

Category

Comments

Favorite Blog

★仕事大好き、顧客大… New! なにわの進藤さん

雨粒が残ったバラ、… New! 萌芽月さん

「 今は昔 」 New! 喜文治さん

智、芥川賞候補に上… New! 神風スズキさん

秦野市 個別指導 … New! pcclub324さん

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Freepage List

2006.02.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
開校前の話になりますが
始めて生徒募集のチラシ折り込んだのが10月17日でした

そしてその日に電話があったのがK君です。
始めて電話が鳴ったときの緊張は今でも鮮明に覚えています

たどたどしい説明でしたが
面談、契約へとつながりました

勉強の話になるとあまり話をしないK君ですが
本人の将来について話してみると

理系に行って機械関係の仕事に就きたい
という明確な夢を持っていました

契約は英語と数学週2回の授業からのスタートでした

当時、K君はロボットコンテストに夢中で
宿題はしてこないし周りが焦っているのに
本人は全然やる気がない先生泣かせのせいとでした

成績も理科が普通程度で
その他の教科は基礎が全然出来ていない状態でした

英語に関しては、中一の単語さえ覚えておらず
教える先生の方が焦るような状況でした

先生も私に時間が足りません!!
と言ってくる有様でした

しかし、英語の並べ替えの問題やヒアリングの点数は
単語の記憶量の割に良い点数が採れていたので
才能はあるんじゃないかと感じていました

そうこうしているうちに12月の半ばになりました
時間が足りない!!
焦る先生と私

そこでお母さんに授業を増やす提案をし
社会と理科を受けてもらうことにしました

数学と英語は時間がかかるので
短期間で成績の上がる社会と理科で勝負しようと思ったんです

するとどうでしょう事態が一変しました
K君は理科が好きだったので

理科の実力が急に伸び始めました
それにつられるように他の科目も上がってきたんです

最初に、苦手な科目ばかり受けていたのが
良くなかったのかもしれません

好きこそものの上手なれということでしょうか
この変化には先生もびっくり

「理科は上がってきたけど数学がこのままでは
理系は難しいかもと言ってた先生が」

昨日は、「数学もこの調子でいければ大学受験は楽しみですね!!」

と私に言ってきました
私もそう思っています

K君はパソコンのブラインドタッチが出来たりと
好きなことはしっかりやれてるんです

また、将来の目標を持っていない生徒が多い中
明確な夢もあるんです

将来化けそうな生徒です

その生徒が最初に電話をかけてくれた生徒
すごく良い出会いだと思っています







Last updated  2006.02.10 11:28:35
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.