517532 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

多様性を認め子供たちの可能性を広げる習い事「いとっこクラブ」(糸島学習塾YES 前原駅前校のキッズ部門として生まれました)

PR

Free Space

Profile


米森真一

Category

Comments

Favorite Blog

台風の中咲いていた… New! 萌芽月さん

「 今頃の若い者 」 New! 喜文治さん

東大三鷹寮に政府が … New! 神風スズキさん

秦野市 個別指導 … New! pcclub324さん

これが実力なのか? New! masa/kさん

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Freepage List

全6件 (6件中 1-6件目)

1

受験情報

2016.10.13
XML
カテゴリ:受験情報

糸島市で年少さん年中さん年長さん小学生のお子様をお持ちの保護者のみなさんへ



いとっこクラブの米森です。

先日、大学時代の東京の友人が訪ねてきたので、糸島を案内しました。

その際に友人が「彼岸花を久々に見た。」と言ったことで、糸島はやはり自然に恵まれた素晴らしい所だと感じました。



子育ての話になり、子どもが小さい頃から幼児教室に通わせたり、中学受験に備えていろいろと準備したりしている話を聞き、改めて都会はシビアなのだなあと感じると共に、福岡は遅れているなあと実感した次第です。

その中で子どもにそろばんを習わせているという話も聞き、私がそろばん教室を経営しているという話に共感してもらえたことはとても印象的でした。

そんな中、知り合いの塾長さんからのメルマガに「東大+京大の現役進学率ランク 「中高一貫校」が最大の近道」という題名で投稿があったので、その内容を簡単に紹介したいと思います。

(以下引用開始) 
トップは筑波大付駒場だった。2人に1人以上が東大と京大に現役で進学している。東大だけを見ても進学者は81人で卒業生の5割を超える。まさに、東大現役進学にもっとも近い学校だ。2位の灘は、東大72人、京大25人の計97人が現役だった。3位の甲陽学院は、東大20人、京大42人の計62人が現役で進学した。トップ3は昨年と全く同じだった。 4位は東大寺学園、5位は昨年の12位から躍進した栄光学園。大手の中学受験塾の入試担当者は「ベスト10は中高一貫校ばかりです。公立高は卒業生数が多いこともあって、率が高くなりにくいこともありますが、やはり6年一貫校で学ぶことは、最難関大の現役進学への近道なのでしょう」という。
(以上引用終了)

何故、このような差が出来てきているのでしょうか?今日はそのからくりを紹介したいと思います。

みなさんはご存じないかもしれませんが、公立の小学校や中学校という義務教育の授業の水準は最低レベルの水準なのです。これは学校とかに問題があるわけではなく、義務教育で落ちこぼれをなるべくつくらないように、しかも、必要最小限の学習をいかに効率よく実現するのか?に焦点を当てた教育では致し方ない事なのです。

ですから学習量もあまり多くはありません。しかし、義務教育が終了した途端、自由競争に全員がさらされるわけです。上は最高峰の東大や医学部を目指すレベルから、下は全入時代の大学までとても幅が広くなる訳です。

そこで、高校に入ると急に学習量が増えるのです。これは、今に始まったことではなく私達が学生の頃からもあったことなのです。中学まではのんびりと勉強できていたのに、高校に入学すると急に予習しないとつていけないような授業になってしまうのです。実際には中学の四倍から五倍の勉強量を高校では強いられるのです。東大や京大を目指すならこれでも足りないと言っていいでしょう。

私達の時はそれほど中高一貫校が多かったわけでもなく、どこの高校も同じ様な条件で競争が行われていたのです。しかし、最近の中高一貫校は、中高一貫校のメリットを生かすために中学3年までに高校1年の範囲を終わらせることが主流になってきています。

中学で高校の先取り授業をすることで、ギャップを無くそうとする発想が中高一貫校から生まれたのです。しかも、中高一貫校の数がどんどん増え、最近では公立の高校も中高一貫校が増えてきています。佐世保の私の母校も数年ほど前に中高一貫校に変わりましたが、福岡にはあまり出来ていません。

今年は大学を受験する高3の塾生が20人と例年の倍の人数がいるのですが、本当に大学受験は厳しいです。そんな高3生の6月の1回目のセンター模試は全員偏差値が下がるのです。それは浪人生はじめ中高一貫で鍛えられた生徒が模試に加わるからなのです。

このような状況の中、通常の大学受験生は戦っていかねばならないのです。ですから、西南中学の生徒や雙葉小の生徒等、一貫教育を受けている生徒さんを見ているととても羨ましい限りです。

大学受験を目指す生徒達にはこのような状況を踏まえて頑張ってほしいです。

私達がイエスタを始めたのも先取り学習をして公立の中学や高校に通いながらなんとか中高一貫校並みの学習が出来ないかと考えているのです。

大好きをどんどん伸ばす。

そして・・・・・・・・

中学で高校の範囲を終える英語検定2級や数学検定2級を取得するような生徒が現れるのが楽しみです(^^)/






興味のある方はフリーダイヤル0120-4119-86(よいじゅく はろー)までお電話ください(^^)/

いとっこクラブは糸島学習塾YESが運営しています。

ホームページは↓

    糸島学習塾YES




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ

にほんブログ村応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 福吉小学校 波多江小学校

桜野小学校 怡土小学校 福吉小学校

東風小学校 雷山小学校 怡土小学校

福岡雙葉小学校 るんびに保育園 加也幼稚園

福吉保育園 りんでん保育園 元岡幼稚園

昭和幼稚園 加布里保育園 笹山幼稚園 

神在保育所 怡土中央台保育園

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル0120-4119-86(よいじゅく はろー)まで(^^)/

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■







Last updated  2016.10.13 20:49:40
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.22
カテゴリ:受験情報
ラグビーをやっている人ならみんなが憧れる

東福岡高等学校の説明会に行ってきました^^



DSC_0027.JPG

校舎も立派ですよね~



DSC_0028.JPG

そしてこのグラウンドです!!

ヒ・ガ・シ



DSC_0029.JPG

フ・ク・オ・カ

こんなところでプレーしてみたいですね~



DSC_0030.JPG

説明会はメディアセンターという図書館で行われました

なんともハイテク奈図書館です!!



ここの説明会の名物は生徒が学校を紹介するということです

しかし今回出てきた2年生はとても説明が上手でした



彼みたいな学生は就職で人気が出るだろうなあ~

とても説明が上手で完ぺきに東福岡高校の営業マンになっていました^^






1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

********************************








Last updated  2011.11.30 00:06:43
コメント(2) | コメントを書く
2011.09.21
カテゴリ:受験情報
今日は中村学園大学女子高等学校の説明会に行ってきました。

昨年改装してとても人気の出た高校です!!

DSC_0021.JPG

制服のミニチュアです

可愛いですね~



DSC_0017.JPG

まるで大学を思わせる校舎です

人気が出るはずですよね!!



DSC_0010.JPG

説明会の会場入り口です!!



DSC_0018.JPG

中はこんな感じです

なんと無料で貸出しているそうです!!



DSC_0015.JPG

教室も明るくていい感じですね~

見えにくいのですがなんとガラスの黒板なんですね~



プロジェクターで映像を写しながらしかも書き込みができるそうです!!

ハイテクですよね~



DSC_0012.JPG

女子高だけあって和室もしっかり完備して

茶道部とかが使うそうです!!



DSC_0020.JPG

一番力を入れてある調理実習室です!!

手の動きが見えるようにモニターまでついているんですよね~



さすがに去年人気が上がっただけあってとても素晴しい学校でした♪





1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

********************************










Last updated  2011.11.26 15:54:32
コメント(2) | コメントを書く
2011.09.09
カテゴリ:受験情報
DSC_0264.JPG

今日は上智福岡中学・高等学校(旧泰星)の説明会に行ってきました。



福岡女学院高校と二校合同での説明会だったので時間が短く聴きたいところが聞けない説明会だったのですが、今後への意気込みはとてもよく伝わってきました。



今現在の上智大学への推薦枠を20名から最低でも40名に拡大したいということや

6年後には西南、早稲田佐賀と肩を並べるレベルに、そしてその6年後には修猷館や福岡高校と肩を並べるレベルに持っていきたいという大きな夢を聞けたことはとても有意義でした。



今年から共学になるということもあって今後の動きに注目したいところです。



夢のある話を聞くのは元気が出ますね^^



教務面で印象的だったのはやはり英語の上智というだけあって英語に関する教育方法でした。



インプット中心の授業からアウトプットを意識した授業への転換をはかるとのこと・・



中高一貫教育の英語の教科書は公立の教科書に比べて比較にならないほど内容が濃いのですが(単純に授業時間も公立の2倍あるので仕方がないのですが)そこを変えてまでアウトプットを重視した教材や授業形態を考えていくとのことでした。



福岡女学院高校も英語に力を入れていて、英語のみの授業や英語の寸劇をやらせることによってとにかく使える英語を目指すというところが印象的でした。



最近は就職活動も英語による面接が増えてきたりとかなり英語力が試される時代となりました。



私自身、英語こそ語学なので毎日英語を使う習慣がないと

なかなか身につかないということを痛感しています。



「英会話に通っていたのに・・・・」こんな言葉を良く耳にするのですが



週に1回や2回、英会話に通ったところでそれ以外の日に全く英語に触れなかったら英語はそうそう身につくものではありません



週に7・8時間ある授業を活用すればかなり効果的な学習ができるはずです



このへんは大いに参考になりました。



九州では首都圏と違い公立と私立の格差がありすぎるように感じています。



今後は有名私立の系列校が福岡にも出来てきていろんな選択ができるようになることを期待したいと思います。






1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

********************************









Last updated  2011.09.10 00:45:32
コメント(6) | コメントを書く
2011.05.26
カテゴリ:受験情報
いつも読んでいるつむぎ出版さんのメルマガにこんな記事が掲載されていました。

学習する環境の良し悪しは受験するうえではとても重要です。



特進クラスに人気が集中するのもうなずけますね^^



以下引用開始

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

3)高校、特進コースに人気―頑張る仲間が刺激に

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-5月23日
 今春の東京都内の私立高校の受験者は延べ9万1千人余。昨年より
 約6千人、2年前からは1万人以上減っている(推薦入試を含む)。
 授業料無償化で都立高校志望者が増えたり、就学支援金の受給
 制限が緩やかな隣接県の生徒が地元にとどまったりしたことなどが
 原因のようだが、「特進コース」の受験者数は減っていない。

特進コースとは、大学受験に特化したクラスで、多くの学校は一般的
 なクラスとは別枠で募集している。特進、特選、国公立、難関進学、
 アドバンストなどと名称にも工夫を競っており、中には、スーパー特選、
 アルティメットなど、特進の上位にさらに別の募集枠を設ける学校もある。

今年、都内で高校募集を行った私立学校は186校(帰国子女のみ
 募集の2校を除く)。うち、特進コースを募集したのは77校で、全体
 の4割を超えている。特に女子校は31校と、全53校の6割近い。

一方で、特進コースの受験者は、今春で約1万1千人。私立受験者
 全体の約12%に達する。その割合は、2年続けて伸びている。
 都立高校でも、10数校が特進コースを設けており、増加傾向にある。
 ただ、都立の場合は、募集の段階では別枠を設けず、入学が決まって
 から希望を募り、クラスを編成している。

特進コースに入学する生徒は、大学進学の意思が明確で学力もある
 程度身についているため、一般クラスに比べレベルが高く進度の速い
 授業についていける――。私は特進コースの強みについて、ずっと
 このように理解していた。

だが、最近、ある高校の特進クラス出身者のアンケートを見て、実態は
 少し違うようだと気づいた。
 めでたく大学に合格した生徒たちの多くが、「特進の何が役に立ったか」
 という問いに対し、「頑張る仲間たち」と答えていた。意思も、努力も、
 ひとりでは続かないときがある。でも、身近に頑張る仲間がいたので、
 つらいときでもステップアップできたのだという。学ぶ環境の重要さを
 改めて教えられた。

-------------------------------------------------------------

以上引用終了



うちの塾には高校生で7名の特進クラスの生徒がいます

私立は当然凄く手厚い対応なのですが



公立も先生たちの意識が違うように感じます

また記事の中にもあるように生徒たちの意識が違います



受験のことを考えるなら確かに良い環境だと思います



ただ、特進クラスには受験時だけでなく

2年や3年から頑張れば入ることも可能なので

特進クラスではなくてもしっかり勉強してほしいですね!!




ちなみにこちらの記事も参考にしてみてください



新学期はチャンスだらけ





1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

********************************








Last updated  2011.06.04 09:25:47
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.26
カテゴリ:受験情報
先日のニュースでセンター試験が難易度別で2種類にするという案がでているという報道がありましたので紹介したいと思います。

センター試験に関しては以前の日記でも書いていますので参考にしてください。


以下引用開始

---------------------------------------------------------------------
センター入試、難易度別に2種類 16年導入を検討


 大学入試センター試験を難易度別に2種類にする検討を、独立行政法人「大学入試センター」が始める。新しい学習指導要領で学んだ高校3年生(現在の中1)が受験する2016年1月実施が目標になる。えり好みさえしなければ誰でも大学に入れる「全入時代」が迫り、受験生の学力の幅が広がったことなどから、1回1種類のセンター試験で学力をつかむのが難しくなったためだ。

 現段階で想定されているのは、試験科目を主に国公立大(一部の私大も含む)の志願者向けのものと、私立大向けの基礎科目型に分ける2種類の試験。大学が二つのうちどちらかを選び、志願者が受験する仕組みが考えられる。両試験とも一定量は同じ問題を出し、それぞれの得点を換算できる仕組みにするという。

 また、ペーパー試験を課さないAO・推薦入試の受験生を対象に、高校段階の学力を把握するテストを、センター試験とは別に導入するかどうかも検討するとみられる。

 センター試験は今年1月、国公私800を超える大学・短大が利用し、約52万人が受験した。試験問題は平均60点水準で作られている。だが、成績分布のグラフが上位と下位の二つの山になっている科目もあるなど受験生の学力格差が広がる兆候が表れてきた。

 背景にあるのは、少子化と大学の定員増だ。18歳人口が92年の205万人から120万人に減少。一方で、大学の定員は増え、AO・推薦入試は私大の入学定員の半分以上を占める。志願者数に対する入学者数の比率は90年の6割台から9割台に。「全入」も目の前に迫る。

 受験生の質も変化。個を重視する教育のため、普通科高校の卒業単位に占める必修科目の比率が減り、共通の科目を学ぶ受験生が減った。

 その結果、難関大学ではセンター試験での結果で差がつかなくなり入学者選びに役立ちにくい一方、学力が一定程度に達していない受験生には問題が難しいという指摘も出てきた。同一試験で全体の学力を把握するのが難しくなっていると指摘され、早めに手を打つ必要が出てきた。

 センター試験については、今春の事業仕分けや、文部科学省による09年度業務実績評価でも、入試センターが入試改善を視野に入れた取り組みの中心的役割を果たすことが必要と指摘された。同時に今後の検討についても文科省は理解を示している。

 同センターは11年度から始まる5年間の中期目標、中期計画に本格的な入試改善を進めることを盛り込む考えを固めている。入試改革を議論する理事長の私的な懇談会を11月中にも開き、議論を始める予定だ。(編集委員・山上浩二郎)

---------------------------------------------------------------------

以上引用終了

ゆとり教育の見直しで学力アップが叫ばれる中センター試験の低レベル版を作るということは一見逆行しているとも言えます。

しかし、最近では国公立大学以外の私大もセンター試験での入試をドンドン拡大してきています。試験問題を作ること自体大変なことなのでそれをアウトソーシングするという理由もあるでしょうし、受験料で売り上げを上げるという営業的な面もあるでしょう。

しかし、その結果、下位の生徒の受験者が増大しているということも事実です。

今後どのように対応するのかは見ものですが、受験する側からすればセンター試験に入試が収束していくことで、学習の的が絞りやすいというメリットが生まれてきます。センター試験は教科書範囲からしか出題されないからです。

これからますます教科書重視の学習に重きが置かれそうです。




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


***********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

***********************************






Last updated  2010.10.28 08:36:15
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.