000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

多様性を認め子供たちの可能性を広げる習い事「いとっこクラブ」(糸島学習塾YES 前原駅前校のキッズ部門として生まれました)

PR

Free Space

Profile


米森真一

Category

Comments

Favorite Blog

愛の艶歌 No.5 &「Y… New! 神風スズキさん

秦野市 個別指導 … New! pcclub324さん

そして、入試問題に… New! MR闘魂さん

・。ログハウスのリ… New! pafe777さん

紙粘土人形 ウエデ… New! ヤスフロンティアさん

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Freepage List

全9件 (9件中 1-9件目)

1

コミュニケーション関連の本

2010.03.04
XML
今日は メンタルコーチングセミナーで 

紹介して 頂いた 本を 読みました




心のなかの幸福のバケツ


この本を書いた ドナルド・クリフトン氏は 世論調査で 

有名な ギャラップ社の 会長で そのお孫さんと 一緒に 

亡くなる直前まで この本を 書いていたのだそうです



ポジティブ心理学を この世に 出した クリフトン氏は



朝鮮戦争の捕虜が 兵器や 体罰が 無かったにも 関わらず 

致死率が 非常に 高かったことに 興味を持ちます



そこで行われた 事実を 調べてみると ネガティブな 言葉等で 

人を 追いつめ 死に 至らしめていることが わかったのです



そのことを踏まえ それと反対の 行為をしたら 

どのようになるのだろう? という 素朴な疑問を 持ちます



こんなところから ポジティブ心理学を 生みだしたそうです

この話には 正直 驚いてしまいましたびっくりびっくり



この本に 出てくる 「バケツとひしゃくの理論」は 

とっても わかりやすく 書かれています



人の心に 1杯の 適切な ほめ言葉を あげれば

自分の 心にも 幸せの 1杯が 加わります



人は 1日に 2万の 「瞬間」を経験しているらしいです

人に 与える 瞬間を ポジティブにすることで



人も 自分も 環境も 前向きに 変化し始める ということを

2時間程度の読書で わからせてくれる 本です



生まれたときから バケツの水が 溢れるように 

育てられてきた トムの物語を 読むと



なぜ ポジティブに 育てられることが 大切かがわかります



人生において 困難に 直面したときの 

感覚が まるで 変わってくるのです



この本を読むと 身近な人の 良いとこ探し をしたくなります



先日紹介した ストレングスファインダーも 

付いていて 大変 お得感があります




1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^






にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


***********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

***********************************




今日は 市内の塾長さんと 食事に 行きましたウィンク



いつも 元気を もらい そして

いろんな事を 学ばさせて 頂いてます



本当に ありがたいことですハートハート








Last updated  2011.05.24 18:38:57
コメント(4) | コメントを書く
2010.02.14
先日 参加した 自己基盤強化の セミナーで 

紹介して 頂いた 本を 読みましたウィンク




Need本当のあなたをさがす旅



この本は N・キッドマン T・クルーズら 有名俳優の

演技指導をし 「人生を変えるアクティング・コーチ」として

知られる 黒人女性 スーザン・バトソンが 書いた本です



観客の心を 強く打つ 真に迫った 演技は 演じる人 自身が 

「本当の自分」 になっていないと 無理な ことだそうです



時間をかけて 彼らの 深層心理を 探る カウンセリングを 行い 

本人が 無意識に 追いやっていた 「本当の自分」を 思い出させるのです



その瞬間 ほとんどの 俳優が 号泣するのだそうです



人は誰も「本当の自分」を抑圧して 生きています



その抑圧を 解き放ち その人 そのものに なれたとき

素晴らしい 人の 心を 打つ 演技が 出来るようになるそうです



スーザン・バトソンは 「本当の自分」に 目覚めた 

俳優たちが その後 すばらしい 演技をするだけではなく



表情も 行動も 人生そのものが 見違えるように

生き生きしたものに 変化することを 見てきたそうです



そのノウハウは 俳優ではない 一般人にも 必ずや

役に 立つという 想いで 本書は 書かれたそうです



この本が コーチングセミナーで 取り上げられているのも



演じる人の 気持ちを 察し それを 演じて 

相手の心を つかみ 感動を 与えることと



相手の 気持ちを 理解し 相手に 気持を 伝え 

信じ合うことに 多くの 共通点が あるからだと 思います



本書の 後半に 書き込み式の ワークがついています

今 そのワークに 取り組んで いるのですが



このワークを 行う際に 重要な 鍵を握るのは 「5歳の自分」です

外的要因に 影響されない 5才の頃が 本当の自分なのだそうです



5歳のとき、自分は どんな 子どもだったのか?

5歳のとき、自分は 本当は 何を 求めていたのか?



本当の自分に 出会うための ヒントは そこにあるのです



まだ 途中なのです が思いもよらない 発見があり 驚いていますびっくりびっくり



みなさんも 試してみては いかがでしょうか?ハートハート






にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


***********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

***********************************





この ワークを するに当たり 父や母に 電話をしました



5才の頃の俺は どんなんやった?

どんなことしよった?



父も母も 何を 急に 言い出すのかと 驚いた 様子でしたが

楽しそうに 昔を 振り返っていました大笑い大笑い



案外 小さな 親孝行かなあとも 思いながら



このワークを 完成させたいと 思っています






Last updated  2010.02.14 10:24:04
コメント(2) | コメントを書く
2010.01.25
今年は 本格的に コーチングの 勉強をしようと 新年に 目標を 立てました

そのセミナーの 宿題が 出たのですが それがこの本です

     ↓


さあ、才能に目覚めよう


帯には あの 勝間氏 推薦と ありましたウィンク



宿題は この本を読んで 自分の強みを 診断し 

メモして きてくださいと いうものでした



読んでみたら この本 かなり 興味深い ものでした



本の中に 自分自身 または 自分の子どもの

国語、算数、理科、社会の 成績が それぞれ 

5、4、3、2だったとしたら 



どの科目の 勉強に 注力しますか?

という 問いが 出てきます 



たいていの 人は 成績の低い 科目ほど

より多く 注力して 成績を 引き上げたほうが よいと 考えがちですが

本書は それを 逆転したような 考えに 基づいています



弱みに 着目する 傾向の 最も強い 国として 

日本と 韓国が あげられています



逆に 最も 弱い国は 米国ということに なっていましたが

本書が 米国で 書かれた ことからもわかるように

その米国でも 各人の強みを 活かしていくことの 重要性を 説いています


本書では 才能・知識・技術を 明確に 区別してあります



このうち 才能は 先天的なもので 自分で 

変えることは できないものとしています



各個人の 才能は 遺伝的要素も 含めて 

人生の 非常に 早い時期に 確定し



それは 生涯を 通じて 当人固有の 

強みの もとに なっているというのです



この 定義付けの ところだけでも 読む 価値が あると感じました



結構 詳しく 書いてあるので 私の 要約力では かえって 

誤解を 生じるといけませんので 是非 読んでみて ほしいと 思います



本文中に「人の才能は一人一人独自のものであり永続的なものである」

ということが 出てきますが この永続的な という言葉が 印象的でした



才能を 発揮できる 仕事に就き それが 楽しいと 

感じられ 長く 続けられることが 重要なのです



本書では 才能に かかわる 資質を 34に 分類してあります



これは ギャラップ社の 200万人におよぶ 

インタビューから 抽出されたものです



人には それぞれ これらの 資質のうち 

優位なものと 優位でないものがあります



本書の読者は Web上の 簡単なツールによって 

自分の優位な 資質を 5つ特定することができます



「自分の特徴的な資質」を 教えてもらえたことは とても 良かったです



案外 才能とは 自分が 普通に 実行していることなので

気が付かない人も 多いのではないかと 感じました



学習欲 着想 自我 個別化 分析志向

の5つが 私の 才能でしたウィンクウィンク



これからも もっともっと 磨いていこうと 思います上向き矢印上向き矢印上向き矢印



ちなみに私の長所は→ここ



にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


***********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

***********************************



この本の 帯に「学習欲」と「着想」が 強みの

勝間和代氏が 推薦と ありました



私と同じ~上向き矢印上向き矢印上向き矢印



こんな事で 喜んでいる 私は ミーハーですね号泣号泣







Last updated  2010.10.25 09:10:12
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.05
「経営の神様」と言われる松下幸之助氏



実はEQコーチングの達人だったそうです

相手のこころを聴き、やる気にさせる達人



松下幸之助氏の「人間力」はみなさんもご存じのことと思います



松下幸之助氏のことは私がまだ20代の頃

松下幸之助の経営手帳のような本を読んで感動した記憶があります



その時も大きな気付きがあったのですが

今回は私が注目している本間正人氏がこの本を書かれていたこと



そして本間氏が松下政経塾の出身だと言うことを

知ったことで興味を持ち読んでみました



松下幸之助とEQコーチング


大抜擢のワンマン新社長に「大忍」の額を渡し

ひと言「わしも、この額見とるからな」とか



1件しか返事をもらえなかったと落ちこむ営業マンに

ひと言「ようやった。立派だ」

「100件回って1件取れるなら1000件回れば10件取れる」



なぜこのような言葉を発することが出来るのか?

本当に感心することしきりです



本当に爪の垢を煎じて飲みたい気持になります(笑)



松下氏の考え方の真髄は「信、認、任」の漢字三文字に集約され

単に「スキル」というレベルのものではなく



本当に深い洞察に基づく人間観をお持ちだと言うこと

人間の可能性に対する大きな期待の表われだと思います



秀吉は「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」

家康は「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

信長は「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」



これらに対し松下氏は自分のことを

「鳴かぬならそれもまた良しホトトギス」と分析されています



これは松下氏の考えを本当に良く表した言葉ではないかと感心しました




本間さんのコーチング本は、読みやすくてわかりやすので

私も大好きなのですがこの本を読んで

本間さんがこれまで書いてきたコーチング本の

由来が松下氏だったことがよくわかります



それだけ松下氏の影響力はすごいのですね!!



本間氏が松下氏から指導を受けていた事を

知ることができたのも本当に良かったと思います



コーチングがブームになったのは、最近ですが

経営者は(松下さんは神様で別格なのかもしれませんが)

昔からコーチングしていたんですね



松下氏のすごいところは特別な才能であるというよりも

すごく素直に人と接し地道に人物観察を積み重ねたものだということです



それが才能かもしれませんが本当に心を打たれる本です



コーチングの本を読むといつも自分自身と

向き合うきっかけ作りになるのですが



この本を読むとコーチングはテクニックではなく

人間性だと改めて認識できました



テクニック本として期待せずに

EQの本質コーチングの真髄を知る本として

そして松下幸之助氏が今もなお崇拝されるのかを

知る本としては最適の本だと思います





にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/





講演会で松下氏が質問を受けたそうです



「素直になることが大切だということはわかるのですが

素直になるにはどうしたらいいのでしょうか?」



松下氏は答えます



「そうですな、毎日、毎日、素直になろうと思い続けることですな

30年思い続けることが出来れば素直の『初段』やな」



思うだけでなく思い続けることが大切なのですね




夢も同様



思うだけでなく思い続けることが大切なのですね(^^)/






個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2008.02.05 09:13:37
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.28
世の中いろんな仕事をする時には必ず研修や教育を受けるものです


大切なことであればあるほど教えられる場合が多いと思います



しかし、こと「子育て」に関しては

もの凄く大切なものであるにも関わらず



誰も教えてくれない・・・・



昔は大家族だったので誰かが教えてくれたのでしょうが

今は実践で学んでいくしかないのが実情だと思います



こんなに大切なのに・・・・



だから大きな勘違いをしたまま子育てをしている家庭も少なくないように思うのです



そんな人達に役立つ本がこの本だと思います



以前研修の際に本部の方がお勧めになった本です



私の好きな本間正人氏が著者です




親子コーチング自ら学ぶ子の育て方



本間氏の本は実例が多いため非常に使いやすいと思います



子育てのいろいろな場面で

どのように対話をしていけばよいのか具体的なところが良いです



コーチングはビジネスのものと思いがちですが

様々な生活シーンにも活用することができるのがわかります



子供に対してはティーチングの方が良い場合があるのも事実ですが

使える場面ではコーチングを使う方が良い場合もあることがわかるでしょう



学校で仲間はずれにされたと落ち込む

小学生の一人娘との会話例などもあり



実際に即した内容になっています



この本は、単に「親子のコミュニケーション」だけでなく

家族、恋人、友人、同僚などとのコミュニケーション

にも役立つ内容になっていますので



既に子育てに悩んでしまっている方ももちろんですが

これから子育てをされる方やビジネスマンにもオススメ出来る本です



また、この本を読むと



効率を考えるなら手っ取り早く教えてやらせた方が

早いのですがそればかりでは独り立ちできないこと



子供は親から見たらいつまでも子供ですが

いつかは大人になって親がいなくても

一人立ちできなければならないこと



親が我慢できなければ子供は育たないこと



子育てをしながら親が育たねばならないことがわかります



まずは自分の成長ありきなのですね!!







コーチングの本を読むと

いつも自分の未熟さを感じてしまいます



自分を知るためにもコーチングは有効なのだと思います



今日の気付きに感謝!!






にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/




新年度に企画していることがあるのですが

その件で新潟の担当者に電話をしたところ



なんとその担当者が明日福岡に

行く予定があるとのことで



早速明日お会いすることになりました



これもシンクロニティーなのでしょうか?





本当にありがたい偶然ですね!!




感謝します(^^)/












個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2008.01.29 17:54:06
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.18
本の付録CDでこんな話しがありました



今、やる気がないとか言ってグータラしている人は

それが本当の姿なのだろうか?



何かがあったからそのようになっているだけで

本来の自分に戻れば良いだけのことなのではないのか?



赤ちゃんは何も言われなくても

頑張って立ったり、歩いたりする


人に言われなくても

いろんなことに興味を持ちいろんなことを知ろうとする




なぜなのだろう?




こんな素朴な質問が石井裕之氏の本


「心のDNA」の育て方

のCDに収録されていた


「71分で幸せになる話」の中で一番印象に残った言葉でした



この本も、前回紹介した「心のブレーキ」の外し方と

同様にCDが付いています




「心のブレーキ」の外し方



本は繰り返し読むべきだと

頭では分かっていても

なかなか出来ないのが人間です



分かっていても出来なければ意味がありません

そのためには反復する必要があります



その点CD付きの本は

読んだ後にCDで反復できるという利点があります




本の内容もさることながら

CDにして潜在意識に刷り込ませることこそ

石井氏が目指していらしゃることなのでしょう




やる気が持続しないのは何故か?

あきらめてしまうのは何故なのか?



このような根本的な問題に

真正面から論理的に向き合った本です



読み進めるうちにやってみよう!! 頑張ろう!!

という前向きな気持ちに自然となれる本です






にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/






自分は本来やる気があるんだと信じること




そして、出来ていない足りない部分に目を向けるのではなく

出来た成果を認め自分にガソリンを注ぐことが大切です




20キロ減目標のダイエット

2キロ痩せたときにあと18キロ足りないと自分を責めるのではなく

2キロも痩せたと思うことが大切ですね!!




良いイメージを常に想像できる

塾人を目指したいですスマイル










個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2007.12.19 08:36:34
コメント(2) | コメントを書く
2007.10.04
コミュニケーションを円滑にするためには

話を聞くことが最も重要だと思います



私が初めてコーチングの研修に参加した時

「聞く」だけではダメだ「聴く」事を意識しなさい

とコーチのかたが話されていたことを鮮明に覚えています



「聞く」ことは音として聞くこと

「聴く」ことは心で聴くこと



このことを聴いてから

自分がいかに人の話を聞いていないか悟りました



今も常に反省を繰り返しながらもっと人の話しを聴けるように

努力をしている毎日です



今日はその聴く技術をプロカウンセラーの東山紘久氏が

書かれたプロカウンセラーの聞く技術を紹介したいと思います



プロカンウンセラーの聞く技術



聞くことだけで一冊の本が出来てしまう

それほど「聞く」ということは奥が深いことなのでしょう



興味津々で読んでみたのですが

さすがに感心させられることばかりで

ここまで深く「聞く」ことを追求するとまだまだ書き足りないぐらい

いろんな話しがあるのではないかと思うほど納得させられる本でした



特に「LISTENせよ、ASKするな」ということ



効果的な質問は非常に大切でそのことに関しては

かなり意識を持っていたのですが

逆に本人が話したいことを妨げてしまう

誘導になってしまうことを指摘されていました



聞くことは本人が話したいことを妨げずに聞くことである



その中の事例で紹介されていたのが

子供と話しをする時の注意事項です



話を聞く時に最も大切なことは「対等感」

対等な人間関係があって初めて本音が聞けるのだそうです



そこで良くあるたとえ話



子供と話しをする時に最初に挨拶をする

ここまでは誰でも出来るそうですが



その次に「名前は?」と聞くのですが

それがまず失礼なのだそうです



大人の社会であればまず先に名乗るのが常識です

それが子供相手だったらどうしても軽んじてしまいがちです

興味深いことに自分から名前を名のると子供達は

自発的に名前を名のる場合が多いそうです



また、対等感を失う第2の原因は

「必要のない質問をする事」だそうです



歳を聞くことも大人の間では失礼なのことにもかかわらず

ついつい聞いてしまいがちなのです



子供といえど本当に聞こうと思ったら

対等の大人と思って対応する必要があるようです





「聞く」「聴く」「LISTEN」「ASK」




話を聞いているようで

何を話そうか考えている自分がいたり



聞くことだけに集中することは

簡単なようですごく難しいことなのだと

改めて感じます




奥が深いなあ~







塾の裏話などもっと知りたい方はこちらをポチッと押してくださいね(^^)/

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へbanner_04.gif



個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2007.10.04 19:04:09
コメント(2) | コメントを書く
2007.09.22
私がコーチングと出会ったのは今から6,7年前のこと

それから、人生が大きく動き出しました

コーチングってどんなもの?

最初に興味を持って読んだ本がコーチングの第一人者である伊藤守氏の

本だったのですがそれはいかにもビジネス書という感じでした

今回はエッセイのようなすごく読みやすい1冊です




happyの法則





幸せって何でしょう?

幸せになりたいと思いますか?



この疑問にずばり答えてくれる本です



今の幸福を感じられないで

なんで明日の幸福が感じれれるんだ?



不幸とは、愛を手に入れるために

何かになろうとすること



不幸には理由がある

幸せには理由がない



不幸とは、自分の幸福を「あなた任せ」にする人のものであり

幸福とは、自分の幸福を「わたし次第」にする人のものである



こんなことに気づかせてくれる

伊藤氏はすごいコーチだと

改めて感じました






塾の裏話などもっと知りたい方はこちらをポチッと押してくださいね(^^)/

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へbanner_04.gif



個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg









Last updated  2007.09.22 12:35:05
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.12
心のブレーキのはずし方


この本はマイブームとなりつつある

潜在意識を世に広めた石井裕之氏が書かれた本です

CD付で1300円です



どうしてやる気は続かないのかというすごく身近で

すごく難しいテーマについて

その原因と対策が記されている本です

イメージ化・ポジティブシンキング等よく言われていることですがそれを覆す一冊です



内容は潜在意識について、セラピストの視点で

例を交えながらなぜ、ダイエットに成功しないのか?

なぜ、タバコがやめられないのか?

セミナーに行ったらやる気がで出るのになぜ数日でやる気がしぼんでしまうのか?

などの疑問を潜在意識という言葉を使いながら

潜在意識の持つ「現状維持メカニズム」がそうさせていることを

論理的に説明されています

まずこの考え方に納得させられました



また、小さなことでも、思ったことは一つ一つ行動に移すことの大切なのだそうです

それがどのような意味を持つのでしょうか?

感情はさめるから、それを無くさないように努力することが大切で

感動したらまず行動することによって感情が潜在意識に刻まれていき

良い潜在意識を形成していくのだそうです

悪い潜在意識は悪い状態を維持するように作用し

お金持ちの潜在意識はお金持ちを維持するように作用するのです



受け取るだけの人は決して豊かにはなれないそうです

これは、受身のことは潜在意識には刻まれないからで

与える人が豊かになれるのは

与えたという行動が体験として潜在意識に刻まれるからだそうです


今まで、「与える人が豊かになる」などということは

いろんな本で見たしいろんな方からも聞いたことはありました

しかしそれが何故なのか腹に落ちる説明が無かったのも事実です

それがこのように理路整然と説明されているところが

石井氏の力量であり魅力だと感じました



読んでいてすごく力が湧いてくる

自分を認められた気がする本でした



CDもすごくいいのでお勧めですよウィンク




塾の裏話などもっと知りたい方はこちらをポチッと押してくださいね(^^)/

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へbanner_04.gif



個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg









Last updated  2011.01.25 19:04:48
コメント(4) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.