510072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

多様性を認め子供たちの可能性を広げる習い事「いとっこクラブ」(糸島学習塾YES 前原駅前校のキッズ部門として生まれました)

PR

Free Space

Profile


米森真一

Category

Comments

Favorite Blog

夏の偏差値アップ・… New! masa/kさん

ミニバラは息も絶え… New! ヤスフロンティアさん

★なぜ上司は、「昔は… New! なにわの進藤さん

海軍創設の夢消える… New! 神風スズキさん

やっぱり陽当たりク… New! 萌芽月さん

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Freepage List

全6件 (6件中 1-6件目)

1

子育てに関する本

2011.09.12
XML
カテゴリ:子育てに関する本

【送料無料】ここ

今日はこの本を読んでみました。

内田美智子さんという助産師の方が書かれた本です。



命に直接関わってこられた現場の方の言葉には

強いエネルギーを感じました。



その中で最も印象に残った言葉は「生まれるの反対語は何でしょうか?」

と言う質問でした。



答えは死ぬではなく「生まれてこない」なのだそうです。



生まれる前日にお腹の中の子供が動かなくなったお母さんの話がありました



死んでいるとはわかっていても生まないといけない苦しさ

元気な赤ちゃんと会えるから頑張ることが出来るのに


会えないと分かっていてとてもとても

苦しい思いをしなければならないお母さん



そしてとても辛いそのお産に立ち会う医師や助産師の方々

なんとも言えないやりきれない気持でしょう



しかし、そのような中、そのお母さんは

生まれてきた動くことのない赤ちゃんと一夜を過ごしたい

と申し出てこられたのだそうです!!



おっぱいをやったり話しかけたりと

見ている周りの方々のお気持ちもいかばかりかとご推察いたしました



生まれてくるからこそ苦しみや死も

ありますがそれさえもないのです・・・・・



命の大切さが本当に伝わってきました。



内田氏はおっしゃいます

「子供は親が育てたように育つ」と・・・・・



今までもこの言葉は良く耳にしていました

それでも個性がるとかいろいろな理由でこの言葉を受け取ることが

出来なかったのですが今日初めて受け取ることができました。



それだけ内田氏の言葉には力があったのです



赤ちゃんは目も見えないし不安で不安で仕方がないのです

だからお母さんが離れたら泣くのです



だからお母さんがだっこすれば泣き止むんです



子供が小さい時に子供が泣くのをうっとおしいなあ~

と思ったり、泣き止ませるためにお菓子を与えたりしていた

過去の行為を大いに反省させられました



「どうしてうちの子は?」

「なんでこうなったんでしょうね?」



良く耳にする言葉ですがその種をまいたのは自分たちなのでしょう



物心ついてからの教育だけではなく生まれたての

小さい時にこそ手をかけてあげたいものです



「手がかからない子供にこそ手をかけなさい」と

内田氏は書かれていますがまさにそうだと感じました。



性に関しては



「子どもとは友達感覚なの。今どこにいるかさえ知らせてくれたら

外泊されたって気にしないわ。避妊さえすれば・・・」



子供とあっけらかんに性の話をする最近の親達



今時の親子像に違和感を持っていた私ですが

この本に書いてあることは、一世代前なら当たり前だったことばかりです。



性というものは家庭では語りにくいもの

軽く扱ってはいけないものとして育ってきた自分の考えは

古いのかな?と思っていましたがそれでいいのだと安心しました。



助産師さんは生まれてくる仕事以外に

中絶や性病などの仕事にも関わっておられます



その現場の声だから説得力があるのでしょう



手作りのご飯と性との関係も興味深いものでした

やはり子育てには手間暇をかけて大事に大事に

関わっていくことが大切なのだと感じました



この本を読んで子育てのすべての責任は

親にあると確信が持てました



それによって逆に気持ちも軽くなりました



子供は変わりません



それを子供のせいにしたところで

何も話が進まないでしょう



自分の責任だと自覚することで自分を変えようと

行動できるのだと感じました



この本はお母さんお父さんになる予定の人にはもちろん

学生や私のような年配の方まで幅広く学べる本だと思います。



すらすら読める本ですので

是非手に取って欲しいと思います。






1151.jpg

twitter_logo_header.pngやっています!!フォローよろしく^^




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

人気ブログランキングへ←こちらのほうも応援いただければ嬉しいです(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg


********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

           共に学び 共に 成功体験を 共有すること

********************************










Last updated  2011.09.17 14:29:08
コメント(9) | コメントを書く
2008.01.13
カテゴリ:子育てに関する本
どうしたら失敗に負けない子供に育つのか?


仕事柄、いろんなお子さんと接する機会があるのですが



最近、失敗したらすぐシュンとなって

やる気を失う子供が子供が増えていると感じています



失敗に負けない強い子供になってほしい

私も含め皆さんが願っていることなのではないでしょうか?



先日図書館でこのような本を見つけました






アドラー博士が教える「失敗に負けない子」に育てる本



目次を読むだけではっとさせられ




思わず借りてしまいました



アドラー心理学は名称は知っていたのですが

きっかけがなく今まで勉強していませんでした



アドラー心理学では、失敗を「悪いもの」ではなく

むしろ「大切な体験」ととらえるそうです



特に小さい子どもにとっては

失敗は成長するための大きなチャンスなのです



しかし、私たちはかわいさあまって子育ての場面で

失敗しないように育てているのも事実です



そして失敗したら叱っているのが現状ではないでしょうか?



このような子育てが知らず知らずのうちの

子供を弱くしていったのではないかと思うのです



ニートの問題もこの延長線上にあるといっても過言ではありません



失敗を叱るのではなく、かといって放っておくのでもなく

「うまくいかなかったね」「残念だったね」と失敗を受け入れた上で



「次はどうすればうまくいくかな?」と子どもに考えさせ

迷惑をかけたときの責任のとり方を教えることが大事である

と本書に述べられています



また、「上手な失敗のさせ方」について述べているところが

実に素晴らしい斬新な切り口だと感じました



ついつい大人がやってしまいがちな

してはいけない手助け・口出し、間違った励まし



してやらねばならないのに、ついつい手抜きをしてしまう

勇気付けや振り返り、子どもに伝えてやることや練習台になってやること等



すぐに役立つヒントが事例で盛りだくさん載っていますので

この場面はこうすればいいのだとすごくイメージしやすい内容になっています



このて本は、「それは頭ではわかってるんだけど。」

「実行すには・・・・・・・」というものがほとんどですが



この本は、納得できる説明と具体例が

ふんだんに盛り込まれていますので



実践に役立つ本だと感じました



そのほかにも「人格と行動は別物である。」とか

「迷惑をかけない生き方、ではなく、人の役に立つ生き方を。」など



実際に子育てしていく中で

必ずぶつかるであろう具体例を豊富に取り上げ



アドラー心理学の観点から

どのように対応すべきか解説しています



私が今までやってきたことの過ちも数多く発見でき

読んでいて顔が真っ赤になりそうでした(涙)



10年前に出合いたかった本でした






にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/




今日は朝から息子の駅伝大会の応援に行ってきました




なんと









2連覇達成!!











息子は第7区間を走り去年に引き続き区間賞を受賞しました









タイムは8分を何とか切りたいと思っていたみたいですが

8分6秒と8分を切ることは出来ませんでした



精一杯頑張った結果なので

次の大会でも頑張って欲しいものです





写真は後ほどアップしますね








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2008.01.13 15:01:47
コメント(2) | コメントを書く
2007.12.27
カテゴリ:子育てに関する本
モンスターペアレントは最近よく耳にするのですが

こんな本がありましたので紹介します


モンスターマザー


この本の著者は石川結貴(イシカワユウキ)さんは

自身の生活体験をもとに15年間で延べ3000人の母親を取材し

豊富な取材実績から現代家族のリアルな問題を描かれています



15年間、延べ3千人の母親を取材して浮かび上がった

「母子破綻」の深刻な広がり…

それに加えて、かつて「コギャル」と呼ばれた世代が出産適齢期を迎え

続々モンスターマザー入りしているのです

いま、家庭の中で何が起きているのでしょうか?




こんな人いるよ~

と男の私も思ってしまう内容だったので

女性の方が見れば本当にリアルなものとして

読むことが出来る本なのだと思います



読み始めは他人事でホントにこんな人が

沢山いるのかなあという感じだったのですが

読み進めるうちに次第に納得している自分がいました



誰もがモンスターマザーと関係ないとはいえない



あなたのその一言が、モンスターマザーを作ってきたのかもしれないし

私の一言が娘を将来のモンスターマザーに導いてしまうかも知れない



子育て世代だけではなく、すべての人に読んでほしい本です




これからの子どもたちのために・・・・・・・・・・










石川結貴さんの本は洞察力がするどく

コミュニケーション能力の向上に役立つ本が

沢山あるなあと感じました



「15年間、延べ3千人の母親を取材」というのは

すごいことだと感じました



これからも勉強させて頂きたいと思います(^^)/









にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/










以前、コギャルと呼ばれ平気で下着を売ってお金を稼いでいた

子供達が今お母さんになっていることを考えると





本当に怖い気がするのは私だけでしょうか?





その数がネズミ算のように増えている?







私の周りではあまり実感がないのですが(田舎だから?)





大都市では大変なのでしょう?




きっと、前原にもそのような時期が来るのでしょうね(涙)





ちょっとですがそのような現象も出てきているような


気がしてなりません・・・・・





個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg








Last updated  2007.12.27 11:48:09
コメント(2) | コメントを書く
2007.07.21
カテゴリ:子育てに関する本
ブログを見に来て頂いてる皆様

いつもありがとうございます赤ハート

梅雨明けと思いきやまた天気が悪くなってきましたが

気合いを入れて頑張っていきましょうグッド

最近、こんな本を読みました

男の子が心をひらく親、拒絶する親



お母さん方の中には

男の子は幼児期には「育てにくい」「手がかかる」

少し大きくなると「乱暴」「反抗的」

思春期ともなると「手に負えない」「話が通じない」

なんて思っていらっしゃる方も多いことでしょうウィンク

それどころか旦那にでさえ「何を考えているかわからないしょんぼりしょんぼり」と

思っている人も多いのではないでしょうか

それだけ女性にとって男性は、わかりにくい存在なのかもしれません

母親にとって男性の評判はさんざんなようです号泣

この本には、それに待ったをかける如く

それは男の子の責任なのだろうか?

という視点からいろんな分析をしてありますウィンク

著者ウィリアム・ポラックは

元々、男の子も女の子と同じように豊かな感情と

コミュニケーション能力を備えた存在だと主張していますウィンク

問題は、成長過程でたたき込まれる「男の掟」とも言うべき育て方にあるのだと

男は強く、たくましくあるべきだ感情を表に出してはならい等の

私達があたりまえだと思っていることが実は問題なのだと論じています

確かにそう言われてみればそうだなあという感じもします

母親恋しさに泣いているのに女の子だったらゆるされ

男の子だったら「男だからしっかり」と親から引き離される幼稚園児

「男だから我慢しろ」と言われ、痛みに涙をこらえる小学生

仲間に「女みたい」と嘲笑されないために、粗暴な態度をとる中学生等

豊富な実例を交えて男の子が変わっていく様を表現されています

アメリカでの研究なのですが本当に良く事実をとらえてあるなあ

というのが第一印象でしたスマイルスマイル

自分がまだ小学生や中学生だというイメージで読むと

妙に納得させられる部分があり

こんな風に見てくれたら嬉しいと思う場面が多々ありましたスマイルスマイル

妻にも読んで欲しいと思い一応渡しはしましたが

果たして読んでくれたかどうかクールクール

男のお子様をお持ちの方はもちろん

男の気持ちがわからないと悩んでいる

すべての女性にお勧めできる1冊です大笑い大笑い



子育ての情報を知りたい方はこちらをどうぞ(^^)/

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へbanner_04.gif



個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg










Last updated  2007.07.21 11:28:01
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.22
カテゴリ:子育てに関する本
娘:私ね……死にたいの……。

父:どうして?

娘:いくら考えても、生きていく意味が見つからないの。だからもう死んじゃってもいい?

なんて言われたら、みなさんどのように対応されますか?

続きは後でのお楽しみ

皆さんもどのように答えればいいか

考えてみてください

私も本を読みながらとっさに考えたのですが

いきなり予想もしない展開だったのと

背景がわからないこともあって

良い答えが見つかりませんでした号泣

たぶん本当にそのようなことが起こったら

おろおろしてしまうかも知れません

この本は先日紹介した

生きがいの創造の著者である飯田史彦氏が書かれた





親子で語る人生論という本です



サブタイトルは「生きる意味の伝え方」

私の子供も中学3年と小学6年ということで

そろそろいろんなことがあるのではないかと

事前準備の意味も含めて読みました

非常にわかりやすく

子供でも読めるように工夫された本です大笑い

先程の続きに戻りますが

父:そりゃ、めでたい!

娘:めでたい?私が死ぬのが?

父:おまえが死ぬのが嬉しいんじゃなくて、おまえが「死にたい」とまで思いつめたことが、嬉しいんだ。

娘:どういうこと?

・・・・・・・・・・・・・・

と続いていくのですが

本書は全編会話形式の非常に読みやすい人生論の本です

人生論の本というと読んでいるだけで眠くなってしまうような

哲学の本のようですが

この本の登場人物は四人

父母は中年と呼ばれる年となり

自分たちに反発する二人の子どもたちに

若かった頃の自分を投影しつつ

子供達に人生論を説いていくという内容です

娘は、失恋を経験し、生きる意味が見つからないと絶望しています

息子は、受験が思うようにいかず、登校拒否ぎみで、投げやりな言動が目立ちます

家族の構成も我が家と全く同じで

我が家の3、4年後といった設定だったので

非常に楽しく読めました大笑い

子どもたちにも興味深く読ませることのできる

読みやすい人生論の本です

家族でこんな事が真剣に話し合えたら

本当に素晴らしいことだと思います大笑い

本の家族に嫉妬しそうな

1冊でした




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/








個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg






Last updated  2008.01.28 18:01:36
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.26
カテゴリ:子育てに関する本
昨日は、私立高校の専願入試の発表日でした

我が教室からは3名受験しました



結果は全員合格スマイル



本当に良かった良かった



一人目の生徒はニコニコして教室に来て

もう、頭の中は甲子園という感じでした



そして颯爽と野球の練習に出かけていきました



もう1人はお母さんと一緒に報告に来てくれました



最後の1人は待てど暮らせど音沙汰なし

一番仲のいい塾生に聞いたら合格したら連絡することに

なっていたらしいのですが連絡がないといいます



いやーな雰囲気が漂うなか意を決して電話しました



すると、「合格した」と一言そして「○○から聞いてませんか?」



なんと、塾生にメールしていたらしいのです



それを塾生が見ていなかったのです



なんともいまどきらしい話ですが



便利なんだかどうなんだか



でも結果オーライスマイル


今度はちゃんと直接連絡してね!!





にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←応援のクリックをポチッと押してくださいね(^^)/

banner_04.gif←こちらのほうも応援いただければ(カメ)が喜びます(^^)/




そこで、以前読んだこんな本を思い出した



いまどき中学生白書



この本は魚住絹代さんという福岡教育大学を卒業後、法務教官になり、以降12年間にわたり福岡、東京、京都の三つの少年院に勤務し、非行少女の立ち直りに携わった方が書かれています。この方はその後2000年に退官後、京都医療少年院講師となるかたわら、2002年からは寝屋川市家庭教育サポーター、同市スーパーバイザーとして、大阪府の公立小・中学校に勤務。非行・いじめ・不登校・性などの問題にかかわり、子ども・教師・家庭の支援のほか、親や教師などを対象に講演活動も行っていらしゃるそうです。



経歴が示すとおり本当にいろんな中学生と真剣に向き合った内容になっています

4000人アンケートでわかった"メディア中毒"の実態



●ゲーム族は……偏食が多く、注意散漫で、人付き合いが苦手

●メール族は……「友達は必需品」、きまぐれな「恋愛中毒」

●ネット族は……凝り性で、自分の世界に浸り、傷つきを避ける



「携帯メール1日50通」「ゲーム1日3時間」で子どもの脳と心は大ピンチ

に陥るという内容でした



熱中するメディアによって三つのタイプに分かれる

という話は非常に興味深く面白いと思いました



統計調査の部分よりも読み応えがあるのは

生の生態を描いたケースとその実践的な対処のしかたでした



メディア中毒に陥った子どもについて

これだけ具体的な取り組みを示した本はあまり見たことがありません



子どもに接する人、子どものメディア中毒で悩んでいる人には

お勧めできる一冊だと思います



その中でも私が一番気になったのは

メディアに接している頻度が高い程

イエスかノーか2つに一つの判断をしやすいということでした



自分の子供達を見ていてもそれはすごく感じます



簡単なことはするがちょっと難しいと

「わからない」といってやらないとか



「好き」と言っているかと思ったら

「死ね」「うざい」だとか



最近の子供達は極端なので

その原因を考えさせられました



着々と進むモバイル化

我が塾生もほとんどが携帯を持っています



我が子には買ってはいませんが

メールは妻の携帯でやってるようです



この本を読むとますます

携帯を買うのをためらってしまいました



ちょっと可哀想な気もしますが

便利が良すぎて困ることもあるのだと思いました





個別指導スクールIE前原駅前校のホームページは
   ↓


スクールIE横.jpeg






Last updated  2007.12.11 11:29:25
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.