314369 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

中央線ラーメン記

全219件 (219件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

2010.02.23
XML
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:カテゴリ未分類
移転いたしました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

移転先
『旅ノゴハン』
http://chinmi.seesaa.net/






Last updated  2010.02.23 17:25:36
コメント(1) | コメントを書く

2005.08.31
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食



深夜に文章更新いたします。

---

ブログを移転しました。
9月以降は別の場所でラーメン日記をやっております。
どこかで偶然みかけた方はまたよろしくお願いいたしますね。

URLを知りたい奇特な方は、
メールをくださいましたらURLをお送りいたします。
sakurasakuka@hotmail.コム(スパム対策にcomをカタカナ変換しております)

それではみなさま、1年間誠にありがとうございました。






Last updated  2005.09.10 20:38:54
コメント(4) | コメントを書く
2005.08.30
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
毒舌ヨンちんと往く長野ラーメン屋めぐり第三弾目は
「北海道ラーメン るるも」。
長野駅から徒歩7分ほどのほどよい距離にあるお店で、
大通りに面しているので通りがかりにいつも気になっていた。
以前、(外観がどう見てもヤのひとのような)友人6人くらいと
長野旅行に来たときに候補にあがっていたのだが、
「長野に来てまで北海道ラーメン!?」と友人に一蹴され、
(そのくせ行ったのはとんこつラーメン屋だったわけなんだが)
今回ヨンちん(ペ・ヨンジュンそっくりおばさまキラー)と入店。

ここでおさらいだが、2004年度KOMACHIラーメン特集で
北信部門(長野市などのあるあたり)での順位は、

1位:助屋 本店(長野市)長野駅付近
2位:てんてん(長野市)権堂アーケード内
3位:気むずかし家(長野市)18号線トイザラス前
4位:麺の邦心(長野市)長野駅付近
5位:ホームラン亭(須坂市)ショッピングセンターパルム内
6位:るるも(長野市)長野駅付近

今回の「るるも」は6位となっているが、
以前食べた12位の「よし家」のほうが身内では1位の「助屋」よりも
評価が高かったのを考えるとどれが実は美味いかなんてわからないのだ。
てなわけで今回は「北海道ラーメン るるも」を訪問。



私の注文したのは、雑誌にもおすすめされていた
「塩るるも(こってり) 900円」

いいかげん、初回は「こってり」注文するのやめないか・・・と
自分でも思うのだがやめられない。というよりは、
「こってり」を「背脂たっぷり」と間違えて毎回注文するのだが、
出てくるといつもただ、油がたくさん入っているだけというオチで、
(あ、「てんてん」は背脂どっぷり入ってきました、しあわせ)
毎回胃を悪くして退店なのだ。バカはそろそろ直さないと。

で、ここの店の塩は店内にも薀蓄書かれているとおり、
クリスマス島という島から取り寄せている特別な塩というだけあって
「塩るるも」は確かに美味い。どうせ食べるなら「塩るるも」おすすめだ。
ちょっと値段が高い気もするが、味は確かにいい。
同じものを(当然こってりではなく普通に)注文したペ・ヨンジュン曰く、
「最初のひとくち、ふたくちのスープの味は絶品。
特に塩は食べてすぐにわかるほどのいい塩を使っていると思う。
こだわりすぎの塩は一歩間違えるととげとげしくなるが
ここの塩は非常にまろやかで丸みのある味に仕上がっている。
しばらくはおっ!と思いながら食べ進められるのだが、途中で飽きがくる。
店は化学調味料不使用を謳っているのだが、化学調味料を使わないなら
それを使わずとも飽きが来ずにすむ味を追求するべき。
味はいままで長野で食べた3軒の中では圧倒的にいい。
スタンダートで背脂を浮かせているにも関わらず
わりとさっぱりめで印象のいい店だった。

飽きは確かにくるし、後半戦つらくなるのも事実だけど
この塩ラーメンは一度食べてみても損はないのじゃないかなと思う。

---

「るるも」の近所にある「豊龍」(13位)のラーメンの写真が、
スープ真っ黒で京都の某有名店みたいだなと思っていたら、
京都の新福菜館がルーツのようで、食べてみたくなった。
麺に染み入るあの真っ黒さ。ああ。

帰り道、ヨンと「生朗」について語り合う。
ヨンジュン顔の潔癖ヨンなら嫌がるんではないかと思ったら、
「いや、あそこかなり美味かったよ。呪文注文のお店だよね。」
・・・生朗に負けるな長野のラーメン店。






Last updated  2005.09.07 21:19:46
コメント(0) | コメントを書く
2005.08.29
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
二度目の「助屋 本店」。
前回とは違うツレ(ヨンジュン)を連れての入店。
長野市では圧倒的に評価の高いこのお店で食べてみて、
「いやあ、どこにでもあるレベルのお店、都内だと埋もれそう」
な評価ってのはおかしいだろう。もしかしたら、あの時はたまたま・・・
と思っての再入店だったのだが、評価のほどは。



私の注文した、基本の「白らぅめん 630円」(こってり固めで注文)
うしろに見えるのは明太子をトッピングしたライス(ランチタイムライス無料)。
ランチタイムなのに客数が少ないことに気が付く。
以前はもっと多かったはずだが、どういうことだろうか。
今回も、決してまずくはない。「普通に」美味しい。
がしかし、やはり「普通に」の域を出ないのだ。
長野のなかでは上のレベルなのだろうと思うが
(もちろん全店を食べたわけではないのでこの高慢な言い方も大変失礼なのだが)
やはり、普通に美味い、なのだ。



ヨンちんが注文した「つけ麺 たぶん800円」
キャベツ入り。出てきたとき少し印象に残る。
スープが先に出てきたのだが、麺が出てくるタイミングが遅すぎる。
ほとんど同じくらいに出してほしいなあと人ごとながら思った。
味は・・・少し食べさせていただいたのだが、麺がなんともいえない・・・
ヨン曰く、「麺がぶよぶよ。やわらかいとかのレベルではない。最悪。
基本のメニューではないとはいえ味が落ちすぎ。
カウンターのトッピングの辛子高菜は辛くすればいいってもんじゃない。
白らぅめんの方は、スープの味が濃厚でつけ麺に比べれば
美味しいほうとは言え、レベルはきわめて普通。
「てんてん」もそうだが、長野では美味いかもしれないが都内では
普通のお店にしかならないと思う。特に本場のとんこつラーメンを知る
人間には鼻にもかけられないと思った。つけ麺は残した。
作りはとても丁寧。麺とスープがよくからんで相性もいい。」

味が以前に比べ落ちたわけではなさそうなのだが、
他県から評判を聞きつけて長野くんだりまで来たラーメン好きにとっては
思ったよりがっかりかもしれなく、
想像を膨らませすぎたせいで悪評価も増えたのだろうか(※想像)、
客足が以前より少ない気がした理由をいろいろ考えながら帰った。
今回がたまたまなのかなあ。。






Last updated  2005.09.07 21:00:33
コメント(2) | コメントを書く
2005.08.28
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
2004年度KOMACHIでの長野北部部門で2位だった「てんてん」。
1位の「助屋」がまあまあだったので2位に期待・・・してみたのですが!



今回私が注文したのは「塩かつおてんてん(背脂こってり)900円」
権堂のアーケード商店街のなかにある2階建てのお店で、
入り口にはべたべたと雑誌掲載記事のコピーが貼られているので
すぐにわかります。背脂こってりを頼んでしまったため、普通とはちょっと
違う味になってしまったのでツレのヨンジュン(日本人)のコメントを。

「麺もいいしスープも美味しいと一瞬思うけど、味が「塩!」「かつお!」
というインパクトだけが大きすぎてそれ以外の一本通ったものを感じない。
どこにでもある魚介ラーメンという感じ。麺はわりと美味しい部類だが、
都内だと普通レベルのお店になるだろう。
化学調味料を使わないゆえの味の骨組みのなさ?
スープに際立った個性をいれないと長野上位レベルで終わると思う。
いい点を挙げるなら、魚介を使っているのにそのえぐみや臭みを感じない。
丁寧にスープを仕上げている。チャーシューは美味い。」

ヨンちんは味に小うるさく、舌のばかな私が「おいしい!」と思う店でも
「このレベルか!」と言い放つ辛口高慢ちき野郎、じゃなかった厳しい人なので
私の評価なんかよりははるかに聞く耳を持てるものかもしれないです。
ちなみに背脂こってりを頼んだ私は・・・すいません、嘔吐いたしました。
麺の量も多かったので、胃薬を飲んでその日は終了。
背脂こってりを注文したとき、お店の方に一度止められました。
聞かなくてすみません。



こっちが普通の「塩かつおてんてん 945円」
結構いい値段してるよなあと今あらためて思う。
しかしあの店の外観はどうにかならないものか。
それよりなによりあの店員さんの微妙な対応は・・

---

しばらくネットから離れて療養生活をしておりました。
ご心配のお電話などくださった方どうもありがとうございました。
療養生活といっても頭とか顔の具合の悪さではなく、
2月の胃を壊してしまってから、油ものを食べるたびに
具合を悪くしていたせいで、ラーメンを食べる頻度も圧倒的に
減っておりますが、細々とやっていきますのでよろしくお願いいたします。

また、こちらのブログは8月分いっぱいで移転の予定です。






Last updated  2005.09.07 20:44:17
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.02
カテゴリ:レシピ・酒・外食
久々の「明日があるさ」。
今回は車で関西から帰宅、で、その足で「明日があるさ」へ。
店につくと店外でお客さん待ち。
おぉっ、とうとう行列店に!!
学生さんがいなくなると普通にカウンターが埋まるくらいには減ったけども
前に比べてお客さんが増えたなあと思う。接客、いいしなあ。
亜細亜大正とおぼしき学生集団、女性客も増えた。
ほかの人の注文を見ていると、つけ麺を頼んでいる人がやたらと多い。
で、今回は「つけ麺 700円」

・・・デジカメを大阪のほうに忘れる。
なので今回の画像は前回帰宅した際にオゴリ(♪)でつれてっていただいた、
高円寺の知る人ぞ知る安くて美味しいお寿司屋さん「七福神」の磯牡蠣。
いやあ、あのお値段であの味、美味かったです。って路線修復修復。

数ヶ月ぶりの「明日があるさ」、やや味が変わった気がする。
変わった、と言っても美味い方向へ、変わった。
なんだろう。前より濃厚になったような?
相変わらず店主も奥さんらしき方も接客態度が素晴らしくて、
ああ、またこよう、って素直に思えるお店だなと再確認。

---

珈琲は一切飲まない派だった尾崎ですが、ここ数年でようやく珈琲にハマりまして
豆は西荻窪の「珈琲職人」か、吉祥寺の「もか」のヤニブレンドだけ!と
決めていたのに、UCCだかの珈琲をどっかりといただいてしまいました。
今度から珈琲はネルで入れよう!だの、ミルを買おう!だの思っていた矢先で、
いただいておいて申し訳ないのはわかったうえで、
やっぱりちょっとしょんぼりなわけです。

吉祥寺「もか」、西荻窪「珈琲職人」、
両方とも珈琲豆のお店ではピカイチ、非常におすすめです。






Last updated  2005.07.07 21:27:55
コメント(4) | コメントを書く
2005.07.01
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
長野駅付近のこの紫陽花のある通りが長野市ではいちばん好きだ。
で、長野はこれから紫陽花が咲き始めるわけで。

助屋、2件目です。
1軒目助屋は松本だったわけですが、今度は長野本店。
長野の美味いラーメン屋特集でも堂々の1位だったお店なのでかなり期待。



赤らぅめん 750円(こってりかため)

正直なとこ、長野県内のお値段としては750円は高いほうなのだが、
とりあえず前回は白らぅめんと黒らぅめんを制覇したので今回は赤という運び。
赤はとうがらしかなにかかと思っていたら、ピリ辛挽肉の上にラー油。
スープはこってり濃厚で唇でぺたぺたひっつく感じ。
麺もスープもチャーシューも結構なハイレベル。
ただ、このお店が都内ですっごいハイレベル!かというと
普通より美味い、程度かと。
長野の「おいしい!」ラーメンなのだなと思いました。



白らぅめん特製 値段忘れた・・・1000円越してたかも。

どこからどう見てもヤの仕事のひとにしか見えないつれが頼んだ白の特製。
煮たまご、角煮、チャーシューが2枚多い・・・
それくらいの違いか、と思ったらこの角煮、ものすんごく美味い。
舌でとろっとろにとろけるのだ。あー。とろとろ角煮。幸せ。

長野県内なら上田の「こうや」と並んでトップレベルのお店だと思う。
(そんなに数食べ歩いてないけども(^_^;))







Last updated  2005.07.07 17:03:35
コメント(4) | コメントを書く
2005.06.23
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
PCに残っていた画像を処理するだけで、
6月1日から23日までのブログが埋まってしまった尾崎です。
関西方面(特に京都)で食べたラーメンは7月分にまわします。
京都の「吉翔」という漢方ラーメンの情報を探しています。
詳しいお話をご存知の方、よろしくおねがいいたします。



「支那そば あおば」で、塩ラーメン 700円。

久々に行ったら、ワンタンメニューがなくなっていた。
未食のまま・・・残念。久々のあおば、うまいよーうまいよー(泣)
5日ほど都内に戻ってきているけど5日のうち1~2日しか雨が降ってない。
空梅雨なのは関西だけかと思ったら都内もそう。
今日もいい天気。空梅雨だなあ。野菜が値上がりするだろうなあ。
あおばのおいちゃんは相変わらず寡黙ですが、
だんだん角がとれてきたというかやさしい感じになってきたなあと思います。
で、「支那そばあおば」はどこかが徐々に減っていってる感じです。
最初の頃は夜も営業していたのがいつのまにか土日以外は昼間だけになり、
数年前には土日も昼間だけになり、店内の薀蓄ポスターは外され、
貼ってあった雑誌掲載のコピーも外され、ワンタンメニューも消え。
おいちゃんの角もとれてきたけど、店の角も徐々にとれていってる気が。

---

一昨日は水曜レディースデーだったので「戦国自衛隊1549」観にいきました。
自衛隊協力があるおかげで迫力が凄まじくってドカーンのガショーンで
脚本の無理やりさが誤魔化せていい感じです。迫力だけなら
最近の映画のなかじゃトップクラスです。でもあの子供が○○だとか、
そういうオチが出てきた瞬間わかってしまってアレなアレです。
「ローレライ」もそうなのだけど、へんに国に協力してもらうと、
脚本にいろいろ介入されちゃって国コビな内容になっちゃって
脚本レベルさがっちゃうよなあって感じ。デブがSサイズ着たような無理感。
渋谷のシネクイントでしか見れない「タナカヒロシのすべて」も観たかったけど
まあこれはレンタルでいいかなと。迫力モノだけ映画館で観よう、と。
「電車男」は・・・天王寺でも観れるからこれもあとまわし。結構いいらしい。
「スターウォーズ」もしかり。「交渉人 真下正義」についで、長官だかの
映画も公開されるみたいです。名前忘れちゃったけどギバちゃんの役の。
あとは「三丁目の夕日」「うぶめの夏」この夏はこれくらいか。
「うぶめ」は、あのオチをどうやって映画化するんだろう。
で、ポスターを見る限り京極堂はイメージのままでした。






Last updated  2005.06.24 13:45:27
コメント(2) | コメントを書く
2005.06.22
テーマ:★ラーメン(9077)
カテゴリ:レシピ・酒・外食
立川にラーメンスクエアができた、と聞いて数ヶ月、
とりあえずしばらく関西にいたので行けないままだったのだが、
「行ってもあまり意味がないよ」と聞いていたのも手伝って行く気はなかった。
立川に先々月の仕事の打ち合わせのレポがうんたら、で行く用事があったので、
ふと思い出し、寄ってみることに。

入り口の看板をみて、店主の顔で選ぶことにした。
河合我聞のお店「我聞」か「いちや」だろうな。顔だけで選ぶなら。
ずいぶんラーメンに対する情熱が失せたなあ、と内心思いつつ、
「いちや」に入る。平日の昼間だがスクエア内にはぱらぱらと人がいる。
「いちや」はその中でもわりと混雑しているほうだった。



看板に「あっさり・まんなか・こってり」と書いてあったが、
濃厚さのレベルであろうか、私には一瞬「あっさりまんこ」に見えた。
食事前なのにどうしてくれるんだ。

しょうゆラーメン(こってり) 700円

練馬で会員制ラーメン屋としてオープンし、人気になったのだそうだが、
会員制ラーメン屋って。
と、ちょこっとむっとしながら食べる。美味い。
会員制だろうがへったくれだろうが店主がウォーズマンだろうが、
とにかく美味ければ噂になるし食べにくるしで、ひとは正直だなあ、と。
スープは鶏ガラと煮干などを使ったすっきりスープで、
カウンターに置かれた青唐辛子をちょこっと入れるとものすごく美味くなる。
チャーシューは舌でとろけるうまうまとろとろで、もう。
自分のボキャブラリというか文才のなさに吐き気がしそうなのでこのへんで。
店主の顔で選んだつもりが、結構なおおあたりをひいちゃった感じ。

---

久々に吉祥寺に行くと「尾道ラーメン 柿岡や」が閉店して別の店になっていた。
うちに帰ろうと成蹊大前を通ったらちょっと前に「生朗」の横に対抗して建った
「びっくりラーメン180円」がつぶれて別の店になっていた。

両方とも味が・・・なお店だったが、生朗の横にできたびっくりラーメンは、
180円という値段で、大学の横にできたにも関わらず、
実質生朗に負けてしまったということなんだろうか、
しかし最近の学生は値段より味なのか、裕福になったもんだなあ。
そういう私もびっくりラーメンには一度たりとも入っていないわけだが、
180円ラーメンができてなお、行列のできていた生朗はすごいと思うのだ。
店内汚いのに。






Last updated  2005.06.24 01:31:31
コメント(2) | コメントを書く
2005.06.21
テーマ:★ラーメン(9077)
大阪→名古屋→松本→海ノ口→栂池→白馬大池→白馬ときて、
翌日運転手交代して、白馬→鬼無里→戸隠→長野→上田ルートを辿った私の旅も、
今回で最終回。都内への帰り道に寄った埼玉の坦々麺専門店「中国家」。
詳しい場所を調べたのだが検索すると変な中国のサイトしか出てこない。
不明のまま。



旅行中に通りすがりでラーメン屋に入ることはほとんどない。
ヘタに食べ歩いているため、ハズしたときのダメージがでかいからだ。
で、ここは通りすがりで入ろうと思った数少ないお店。坦々麺大好きなのだ。
店は一見チェーン店風で、店員も多い。メニューも変わったものが多く、
「角煮」「葱」「マイルド」なんかがある。で、チーズにしてみた。



チーズ坦々麺 820円

ぐは。
突発入店で、しかもチャレンジメニューのつもりだったのに美味い!
くっそー!なんで今回は運がいいんだ!と逆ギレしながら食べる。
麺は普通なのだが、なぜかラー油と山椒のきいた坦々麺にチーズが合う。
レベル的には普通よりちょっと上くらいなのだが、チーズがよかったのか?
なんだろう。敗北感。






Last updated  2005.06.24 00:51:12
コメント(0) | コメントを書く

全219件 (219件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

本との関係記 村野孝二(コチ)さん
オロロン滞在記DX hoboyaさん
C級ランチ食べ歩記 興國舎人さん
ラーメン大好き ぷー( ・(OO)・ )さん
★もりのこびと2★  … もりのこびと2さん

Comments

増田弘道@ 増田弘道氏発言 1位 マッドハウス 増田弘道氏発言 2位…
VLKdNLBtVOX@ HcMUfIuht 0, <small> <a href="http://thesprint…
bIrQQEdcJGQf@ ROLGbGwFv 0, <small> <a href="http://fairfaxho…
aOpnGTxbqQJnxP@ MhvlEDqMwnmf 0, <small> <a href="http://digitalte…
txpPSZnLjUnxwLh@ TZviyBFuNpeOMHLWDfD wUlzQ3 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.