394860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中央線ラーメン記

中央線ラーメン記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005.05.09
XML
カテゴリ:レシピ・酒・外食
松本の記事のくせに松本ネタでなくて申し訳ないが、
とりあえず帰ってきてから、某氏に誕生日祝いをしていただく。



昭和レトロ居酒屋「半兵ヱ」でモツ焼き。
モツ焼き全種類制覇。



月島の名物だそう、レバフライ。
初めてみた。そして美味しい。
揚げると、長時間熱を通さないせいでレバー独特のくさみがでないんだ、と
某氏が教えてくれた。家でもやってみたいと思う。



老舗のバーに行く。
ドライトマト、なんとかチーズに生ハム、オリーブ、サーモン、
とにかく私の大好きなつまみ系のもの盛りあわせでしあわせ。ほくほく。



100年前に作られたアンティークグラスを見せていただく。
100年前、というと祖母の生まれるよりも前だ。
私の生まれるはるか昔に作られて、
もしかすると私が死んでも存在し続けるかもしれないグラス。
とても不思議な気持ちで触って、眺めた。
自分が存在しないよりも前にできたもの、ってなんか違和を感じる。
手前のグラスのお酒は漢方かなにかのリキュールのロックだったと思う。

難波の「路」というバーにも、この某氏と行ったのだが、
かなりの老舗で、とにかく雰囲気というか空気が素晴らしかった。
また近いうちに伺いたいと思う。

中野の名曲喫茶「クラシック」
西日暮里の「駄菓子屋横丁」などが最近消えたせいもあって、
レトロなお店、老舗のお店を最近、早足で巡っている気がする。
最後にもういちど行っていればよかった、とまた同じ思いをするのが辛い。

---

「変なラーメンメニューが多い」ということで有名なお店は
得てして味のほうがあまり・・・ということが多い。
ここ「松本ラーメン」(旧フォルクスラーメン)という店も「変メニュー」で有名。
店の前にある看板には新メニューのポスター。
「屋久島の材料を使った屋久島千尋ラーメン」とある。
松本のラーメンを網羅されておられる、
razzaさんのサイト(今回大変参考にさせていただきました)
にあった「六万石マヨネーズラーメン」が食べたかったのに、残念ながらない。



屋久島千尋(せんぴろ)ラーメン 998円

マヨラーメンには劣るとしても、これもなかなかのデンジャラスゾーン。
麺は太麺、細麺、カレーを練りこんだ麺、の3種類から選べるが、
どうせデンジャラスなら麺もデンジャラスでGO、ということでカレー麺。
屋久島ラーメンは、すり実団子や屋久島の鯖の燻製がトッピングされ、
ダシも鯖からとっているとかなんとか。
店内には屋久島のポスター、置いてある雑誌のなかには屋久島の雑誌。
店主、相当屋久島が好きとみた。
かくいう私も屋久島大好き人間である。新婚旅行はここでいいってくらいだ。
住みつきたいくらいの気持ちでいる。
麺はちょい辛めで普通。スープはややキャベツの甘みが出すぎていて
ちょっと辛いのだが、決してまずくはない。普通に美味しい。
ただ、あまりに変り種を注文してしまったので普通のラーメンの味はわからない。
あえて詳しい評価は自粛。屋久島ラーメンは普通、でした。

メニューをみていて、変り種だったメニューのみを抜粋。

■松本ラーメン 998円 ・・・酒かすのスープ。ここの基本メニュー。
■アイヌラーメン ・・・味噌ベース、アイヌなのになぜか信州味噌使用。
■カツラーメン、フカヒレラーメン ・・・カツって。おい。
■邪道そば ・・・日本そばが麺でスープは味噌ラーメンスープ。一二三みたい。
■赤ひげラーメン ・・・麺にカレースパイス。エロいもんを想像してもた。

こうしてみると値段が高い。
材料が奇抜だから仕方ないのか・・・店内にはテレビ番組のサイン。
地元テレビ局から、変り種ラーメン屋として紹介されたのだろう。

---

「電車男」原秀則
「リアル鬼ごっこ」山田悠介
「おしかけまSHOW」宇野亜由美

を購入。
「電車男」はスレッドをリアルタイム読みしていたんで興味なかったのだが、
原秀則が描いたとあっちゃ読まないわけにはいかんだろう、と購入。
原秀則は男をせつなく描く天才だと思う。このひとが描いてよかった。
他の漫画家だとこうはいかないだろう。
「リアル鬼ごっこ」はタイトルしか知らなかったが、ツレがなぜか、
「おまえこれ読め、読め、うんこうんこ!」と叫びながら買ってくださった。
最初の2行で、なぜか四次元へ引き込まれるような感覚。
明らかに文章がおかしい、と言うと「だから有名なんだよその本」。
最後まで読みきれるだろうか。
「リリィ・シュシュのすべて」を観たときのように引きずられなきゃいいけど。
宇野亜由美は「アジア行かされまくり」がピークだったなと思う。
面白いものを描くひとなんだが、この本は普通だった。
「ここ2週間誰ともあってなくて引きこもりで久々に話すと挙動不審になる」
はとても同感できた。この本では彼女が何度もこういったセリフを吐くが、
どれも最近の私と同じようなもので(彼女はそれでも漫画で収入があるが)
そこだけ異様に気持ちがシンクロしてしまった。
だんだんとこの漫画家、倉田真由美や西原理恵子方面に流されてて可哀想。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.05.09 01:59:13
コメント(6) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

本との関係記 村野孝二(コチ)さん
オロロン滞在記DX hoboyaさん
C級ランチ食べ歩記 興國舎人さん
ラーメン大好き ぷー( ・(OO)・ )さん
★もりのこびと2★無敵… もりのこびと2さん

Comments

増田弘道@ 増田弘道氏発言 1位 マッドハウス 増田弘道氏発言 2位…
VLKdNLBtVOX@ HcMUfIuht 0, <small> <a href="http://thesprint…
bIrQQEdcJGQf@ ROLGbGwFv 0, <small> <a href="http://fairfaxho…
aOpnGTxbqQJnxP@ MhvlEDqMwnmf 0, <small> <a href="http://digitalte…
txpPSZnLjUnxwLh@ TZviyBFuNpeOMHLWDfD wUlzQ3 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…

Archives

2024.06
2024.05
2024.04
2024.03
2024.02

© Rakuten Group, Inc.