090443 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

WAKU☆WAKUで行こう!

WAKU☆WAKUで行こう!

◆「(画像)接客をしない接客」



2004年8月10日の日記です。



---------------------------------------------------------------



最近、ヴィレッジバンガードへ行きました。
 
 
そこで見つけたおもしろいPOP。
 
 
パンチラPOP
 
 
 
 
このPOPのすごいところは、
 
 
普通に売っていたら絶対売れないようなものなのに、
  
 
このPOPの力で商品が記憶に残るものになっていることだ。
 
  
 
 
ヴィレッジバンガードの中には、この商品のように
 
売りにいっていないが、記憶に残そうとしているPOPが数多くある。
 
 
次のPOPもそうだ。
 
 
  
 
キッチン4段ラック
 
 
(見にくいですが・・・。)

 
  
文章の内容は、
 
  
 
「キッチンが散らかる → 玉ネギとか腐る → ゴキブリ発生 → 
  
 殺虫剤をかける → ゴキブリ飛ぶ → 逃げまどう俺 → 
 
 あきれる彼女 → 夜中に大掃除 → だから今日は眠い 
  
 (この話は全てノンフィクションです) 」
 
 
 
 
という風にかかれている。
 
 
 
 
商品を売りにいくのではなく、
きてくれたお客に楽しんでもらう。
 
 
 
この精神が、ヴィレッジバンガードのもとになっているのだろう。
 
 
 
またヴィレッジバンガードのもうひとつおもしろいところは、
 
 
接客がほとんどないにもかかわらず、
 
私はヴィレッジバンガードに親しみを感じているというところだ。
 
 
 
POP内に、スタッフの日常、考え方、人柄を出すことによって、
接客がなくともスタッフのことを垣間見れる設計になっている。
 
 
(これは、ほかの本屋の声かけに比べ、
私に「親しみ」を起こさせた)
 
 
 
 
つまり、
 
  
「接客をしていないのに、接客をしている。」
  
 
といえるのではないだろうか。
 
 
  
賛否両論あるだろうが、
 
この仕組みはうまいと、私は感じた。
 
 
 
 
対面接客の場合、
 
接客力が個人に依存する分、

チェーン展開をした際
 
接客レベルが一定に保てない恐れがある。
 

  
しかし、こういった仕組みで接客をカバーすれば、
 
ある程度のレベルを保つことができる。
 
 
 
まぁ、ヴィレッジバンガードの扱っている商材が、
 
「趣味・嗜好品」の部類にあてはまることが、
 
この仕組みを実施できる理由なのだろうが。
 
 
 
商材の見極めにもよるが、
 
いつかこんな店舗提案をしてみるのも、
 
おもしろい。
 
 
 
ちなみにヴィレッジバンガード、以前に比べ伸び率が落ちてきました。
 
飽和状態か?
 
 
http://www.vvvnet.com/
(ヴィレッジバンガードホームページ-直営店売上前年比グラフ参照)
 
 
 
 
■今日のルール化■
 
 
『商材によっては、接客をしない接客もアリだ』
 
 
 
 
 
【今日のいい人☆】
 
 
★北乃のおじちゃん、おばちゃん
 
 
北乃の料理はおいしいことに加え、
 
夜いくとおじちゃん、おばちゃんが、
 
何かにつけてサービスしてくれる。
 
 
 
こういった普段の何気ないサービス。
 
これが、またより一層足を北乃に向かわせる。
 
 
 
最初のころは、こんなにサービスしてくれなかったなぁ。
 
 
 
 
常連には、常連のサービスを。
 
一見さんには、一見さんのサービスを。
 
 
 
 
こういったランク付けは、
 
客を固定化させるには必要なようだ。
 
 
 
 
 
今日も、あなたにわくわくを☆
 





















 
 
  


© Rakuten Group, Inc.