349386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

偉大な牛

PR

プロフィール


ラタナコーシン

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

コメント新着

松永弟@ Re[2]:立ち茗荷(10/10) 松永弟さん メッセージ書かないうちに送…
松永弟@ Re[1]:立ち茗荷(10/10) ルミコさん >つい最近、我が家も&quo…
ルミコ@ Re:立ち茗荷(10/10) つい最近、我が家も"立ち茗荷"…
松永@ Re:立ち茗荷(10/10) 我が家も立ち茗荷です 珍しいですよね…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

お気に入りブログ

異常気象が続くなか… 松下一郎さん

スポーツの始まり I… convientoさん

ある国語教師の夜の風 1973のピンボールさん
ナンカ・足リナイ ゆるゆる*プリンさん
Novlog NOVICさん

ニューストピックス

2008年10月12日
XML
カテゴリ:猿楠
朝飯を食って、さっそく釣りに行こうぜってなったら、意外と待ったがかかった。

政所の荷物をダンボールに詰めて、送るっていう作業。

ベッドとか、椅子とかを解体して、どんどん詰めた。
重いのをじゃんじゃんクルマに運ぶ。

いやー、つかれたよ、正直。

結局遅くなっちまったんで、メシを多少食って、午後から海へ。

081012_111406.jpg

081012_111418.jpg

こないだと同じように釣ってたら、
俺がこんどは一番乗り。
でもヒョウダイ。

081012_115918.jpg

しばらくヒョウダイばっかり。
糸を垂らせばヒョウダイがかかるというノリ。
この魚もでかいし、そこそこ美味いので、
もし東京で釣り上げれば、大感激!なのだが、
こうも釣れると飽きてくる。
途中から逃がしまくった。

親父殿は俺を尻目に、カワハギをぼんぼん釣り始めた。
カワハギは引きが弱くて、釣り自体はあまり楽しくないが、
とてつもなく美味いので後々嬉しい。

今日は風が結構あって、船が揺れる。
俺は、正直途中で気持ち悪くなってきた。
でも帰るとかいえねーし、がんばって粘った。

場所を変えて再開すると、相変わらずヒョウダイばかりだが、
若干違うのもかかり始めた。

糸や仕掛けを切られることもしばしば。
「こりゃアジが来たぞ」と、親父殿。

高級魚のシマアジを親父殿より先に釣り上げてやる!と意気込む俺。
そして、ついに釣り上げた。
シマアジ。
こいつはうめぇーぞぉー。

081012_132530.jpg

そして次々とマダイを釣り上げる。
俺は60cmのマダイを釣り上げてやった。

081012_135015.jpg

親父殿はクエを釣り上げてた。

081012_141631.jpg

しかし、ここで釣りをするのは3回目だが、いつも決まって大漁だ。
親父殿は「この釣りは邪道。これを通常と思ったら釣りができなくなるぞ」
というが、
釣れないより釣れる方が楽しい。

081012_153958.jpg

イトキンとかに自慢すると、本気でうらやましがられる。
船があるってのがいいよね。

船舶免許を取りたいので、帰り道は俺が運転して練習した。
なかなか難しいが、コツをつかむと結構スムーズに船が動く。

戻ってシャワーを浴びて、早速ビールでいっぱい。
差し出された輝きを放つ刺身たち。

081012_173957.jpg

美味い、美味!!
最高!!

その後、今日は橘浦に、東京や大阪、高知市内から、
シーカヤックをやる団体が来ているとかいうので、親父殿と顔を出した。
実は釣り上げた魚の半分くらいは、こいつらにあげたのだ。
今日は軽く、4、50匹は釣ったが、
半分はヒョウダイでリリースしたから、10匹くらいあげたかな。

彼等は宴会していて、なぜか俺も地元の若者として挨拶して、歓迎する側に回った。
彼らとダバダ火振りを飲んで、しらないおっちゃんらと歓談して俺は帰った。

そんでもって家で飲みなおし。
いやー楽しいな。

明日、孫を連れて帰ってしまうのは、ちょっとした罪悪感だけれど。。。






最終更新日  2008年10月24日 23時16分13秒
コメント(1) | コメントを書く
[猿楠] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.