349168 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

偉大な牛

PR

プロフィール


ラタナコーシン

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

コメント新着

松永弟@ Re[2]:立ち茗荷(10/10) 松永弟さん メッセージ書かないうちに送…
松永弟@ Re[1]:立ち茗荷(10/10) ルミコさん >つい最近、我が家も&quo…
ルミコ@ Re:立ち茗荷(10/10) つい最近、我が家も"立ち茗荷"…
松永@ Re:立ち茗荷(10/10) 我が家も立ち茗荷です 珍しいですよね…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

お気に入りブログ

浸水被害で大事にな… New! 松下一郎さん

スポーツの始まり I… convientoさん

ある国語教師の夜の風 1973のピンボールさん
ナンカ・足リナイ ゆるゆる*プリンさん
Novlog NOVICさん

ニューストピックス

2009年01月03日
XML
カテゴリ:猿楠
政所と鷹千代と一緒に帰省して4日目。
今日も泊まるから4泊5日。
俺は楽しいが、政所はさすがに疲れたかもしれない。

今日は、いつもの仲間が大終結して銃撃戦して遊ぼうということになっていた。
とはいっても不安は多い。

・妻子を残して山に遊びに行くことができるのか
・そもそも他の奴らも妻子をうっちゃってちゃんと来るのか
・銃撃戦のあとのみにいけるのか
・何時まで遊べるのか

無理をいわせてもらえば、なるべく満足度を高くしつつ、家庭内の不満を抑えたい。
親にも小言をいわれたくない。

午前中は、なんだか母がニトリに行きたいとか言い出し、
よくわからんが、みんなで行った。
クルマ2台で。

ニトリであれやこれやをみて、俺たちはとなりのトイザラスへ。

鷹千代のお風呂のおもちゃとか、離乳食グッズとかを買ったのだが、
俺は自分にもWRCのインプレッサのラジコンを買ってしまった。

imp.JPG

ホラ、もう撤退決まっちゃったし。
みんなで後で遊ぼうと思って。

政所がスシが食いたいとか言い出し、「年末にくわなかったっけ?」となったが、
まぁいいやってんで、回転寿司を食いに行って家に戻ると、

ドバシとイトキンとジュンペイがもう来ている。
「1300に集合せよ。遅れたものは公開で射殺する」というメールを確かに送っておいたが、
本当に1時にちゃんと来ているとは思わなんだ。

うちの両親はなぜか宮が瀬にいっちゃったんで、鍵がない。
仕方ないから、屋根をよじ登って、2階から入った。
いつものことだ。

みんなにCall of Dutyとインプのラジコンを見せてやった。
どちらも大人気だ。
ゲームの方はみな狂喜してナチスどもを撃ち殺している。

そのうちヨシヲが来て、シショウが来た。
すごい、こんなにいとも簡単に5人も我が家に遊びに来た

みな鷹千代を見てくれた。

これほどまでにすばらしい集合ぶりは初めてなので、とっとと行こうぜとかいうと、
今度は、帰ってきたうちの母親と話し出すヤツとかいて統率が取れない。
なんとか全員引っ張っていった。

ところが、集合したのはいいが、問題が。
誰一人として銃を持ってきていない。
加えて、眼の防備をしてきたのはドバシ一人だ。
あほか、こいつら。
戦場をなんだと思ってるんだ。
ピクニックにでかけるんじゃないんだぞ。
死にたいのか。

といっても、みな何も感じない。

しょうがないから100円ショップに行って、使えるものはないかと探したが、
笛くらいしかない。
「銃撃戦に耐えるめがねとかありますか」とか聞いても、
老眼鏡くらいしかおいてなかった。
ぞろぞろといい年の男が6人もいきなり入ってきて驚いただろうが、
とりあえず必要なものを買い込んで、2台のクルマに分譲し、一路山を目指した。
すでに気分はHMMWVに乗り込んだデルタフォースみたいなものだ。

向かった先は、イノタンの家の裏山。
去年も遊んだ場所だ。

旧国道に路駐するつもりだったのだが、
ドバシもヨシヲもイノタンちの庭先まで乗り込んでいった。
ちなみに、今日のメンバーにイノタンはいない。

結局ヨシオはちかくの空き地みたいなところに無理やり止め、
ドバシは入っちゃダメといわれたのに、イノタンちの庭まで突っ込んでいった。

おばさんがいて、やーお久しぶりです、みたいな感じになった。
あきれるおばさん。
「まぁ1時間くらいなら置いといてもいいよ」
「サーセン、サーセン」

おばさんにせっかくでてきてもらったところで、
イノタンの家の前で写真を撮ってもらった。
さっそくイノタンにメールで送っておく。

mini1.JPG

イノタンからはすぐに返信が返ってきた。
最初のメール。「いいなー、どこここ?」
5分後のメール「俺んちじゃんかー」

よもや、正月三が日から自分のいない実家の近くで旧友たちが遊んでいるとは思わなかったのだろう。

山を登っていく6人の30男。
普段の運動不足がたたってるのか、周りのやつらの足並みがとろい。
すたすたと登って、目的地にたどり着き、荷物を下ろす俺。
ここは、高校生のころ、秘密基地を作っていた場所だ。
わけもわからず、シャベルで穴を闇雲に掘り続けた記憶がある。
よくこのあたりでたき火をしていた。
その穴はあまりに深く掘ったので、今なおその形をとどめている。

しょーがないので、各々に銃を手渡す俺。
ゴーグルもあらんかぎり貸してやる。
だが、全員分はない。

ヨシオにガバを
イトキンにSOCOMを
ジュンペイにP356を
シショウにCz75を
貸してやった。

土橋はM8000だ。

俺はと言えば去年稼働しなかったSR-16。
今年は暴れまわってやるぜ。

mini44.JPG

攻撃vs防御にわけることになった。
俺は強すぎるので、2vs4で俺達が守備側となることに。
昔、基地の目印のためにぶったてた棒きれに袋を提げて攻撃目標とした。

俺と組んだジュンペイがとりあえず斥候に出て、敵の位置を把握したところを、俺のSRで掃射するという戦法に出た。
うまいこと一人ずつ血祭りに上げていく俺。
エアーハンドガンでは、よほど目の前にでもいないかぎり当たるわけがない。
こちらは敵がいそうなあたりに弾をばらまくだけだ。
戦いになるわけがない。

2回戦。
あまりのSRの強さに恐れをなしたのか、「ずるい」と言い出すやつが出始めた。
こやつらは、俺が大枚を叩いて買ったにもかかわらず、年に何回も使わないこの銃を封印せよというのか。
お前らのハンドガンもおれのなのに。

しょがーないので、俺は去年買ったガスのベレッタM92Fを使うことにした。
連射できるし、パワーも段違い。
しかし、ご存じガスガンは冬場に弱い。

今度は3vs3で戦ったのだが、ガスが切れて使い物にならない。
協約を破って、やはりSRを掃射する俺。
たちまち血祭りにあげられる敵ども。
これぞ、戦場。

ふたたび勝利。

またチームを変えて3回戦。
俺は攻撃側に。
SR16も使用可だ。


多少慎重にやってやろうとして、一人ぶっ殺して一気に旗取ったらんかい!と突っ込もうとしたら、
すでにイトキンがハンドガンなのに、2人射殺して旗を取っていたらしい。
おそろしい戦闘センスだな。
ハンドガンで当てるなんて。

戦いを終えて帰還する戦士たち。

mini2.JPG

mini3.JPG

次は焼き肉。
しかもホルモン。

俺はいったん家に帰ってラジコンを取って帰り向かった。
向かうとすでに連中はやり始めている。
クルマで帰るやつもいるからビールを飲んでたのは半分くらいだったが、
ホルモンは美味かった。
去年はここがいっぱいで入れず、近くのまずいバイキングに行ったのだった。

そう思うと今年は大成功だ。
あまり期待していなかったのに、俺も含めて6人も早い時間に集まったし、
銃撃戦も存分にできたし、
マガジンもなくならなかったし、
肉もうまいものを食えてる。

ひたすら肉を食って、笑った。

ヨシオが帰り、イトキンが帰り、シショウが帰った。
みなそれぞれ家庭の用事がある。

ドバシとジュンペイと3人でひたすら肉を食い飲み続けた。

とりあえずいったん終了し、俺は家に帰って鷹千代を風呂に入れに戻る。
そのあと土橋に迎えに来てもらって、ジュンペイの家に行こうということ。

風呂に入っていこうとしたら、今カラオケだから待てとか言われて、
結局10時過ぎまで待たされた。
迎えが来て、夜中のコンビニの駐車場でインプレッサを走らせた。
ライトが光るので夜走らせると非常にかっこいい。

そのあとジュンペイの家に行って、ガンダムとエースコンバットとコールオブデューティのゲームをやりまくった。
戦車の主砲で人間をぶっ飛ばすのが面白かった。
ジュンペイはえんえんと飲み続けて食い続けていて、見ている方が気持ち悪かった。

結局真夜中までゲームしてしまって、非常に楽しかったなぁ。

いやー、今年はよかった。
来年もやりたい。







最終更新日  2009年01月14日 00時36分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[猿楠] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.