344973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

偉大な牛

PR

プロフィール


ラタナコーシン

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

コメント新着

松永弟@ Re[2]:立ち茗荷(10/10) 松永弟さん メッセージ書かないうちに送…
松永弟@ Re[1]:立ち茗荷(10/10) ルミコさん >つい最近、我が家も&quo…
ルミコ@ Re:立ち茗荷(10/10) つい最近、我が家も"立ち茗荷"…
松永@ Re:立ち茗荷(10/10) 我が家も立ち茗荷です 珍しいですよね…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

お気に入りブログ

メキシコ衝撃の発表 … New! convientoさん

生き物にもやさしい… 松下一郎さん

ある国語教師の夜の風 1973のピンボールさん
ナンカ・足リナイ ゆるゆる*プリンさん
Novlog NOVICさん

ニューストピックス

2009年06月29日
XML
カテゴリ:読書日記

会社のビルの本屋で、「春色梅児誉美」のマンガを買った。
小学館の日本の古典シリーズの一つだ。

春色梅児誉美.jpg

「春色梅児誉美」は、ご存知のとおり、
江戸の戯作者、為永春水が書いた人情本だ。

原典は読んだことがないのだが、
マンガで安易にストーリーを把握しちゃった。

なんていうか、結局これって江戸のトレンディドラマなんだよね。
あとがきマンガにもあったけど。

非常に楽しい。

心中物でも、好色一代シリーズでも、黄表紙でも、
結局当時の文化・風俗をいきいきと映し出している。
春画もそうだけど、なんかお高くとまってこれが当時の芸術ですっていわれたってさ。

本当は文学史でも日本史の授業でももっと内容を取り上げたっていいんじゃなかろうか。
内容としては非常におもしろいよ。

世界に誇る作品の源氏物語だって、結局は貴族の色恋沙汰を延々つづっているだけだが、
それがなんで芸術なの?って、思うじゃん。
でもそうなんだよって。

こういうことはさ、やっぱ小谷野敦とかの本をもっともっと読んで、
きちんと触れていくべきだと思うな。
タイトルと作者の名前だけ覚えて、それがなんになるの?って。

雨月物語とかそういうのはいくつか文庫の原文読んだけど、
今度はこういうの暇をみつけて読んでいこう。
なかなか楽しい。

六輝=大安 九星=九紫火星 中段十二直=閉 二十八宿=危 旧暦閏五月七日







最終更新日  2009年07月07日 21時02分22秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.