445932 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GOlaW(裏口)

全80件 (80件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

SMAP

2006/09/19
XML
カテゴリ:SMAP
 『SMAP×SMAP』で新曲が披露されましたね。
 なんとかネット環境とTVの環境は復帰していたので、私も無事に聞くことができました。

 曲調やストレートな歌詞は私も好みです。
 今度の『僕の歩く道』の主題歌ですよね。TV誌のネタバレを見る限りにおいては、歌詞と設定がはまっているようです。

 ドラマも、CDの発売もすごく楽しみです。


 追記:
 『古畑任三郎VS.SMAP』の再編集版が放送決定しましたね。
 当時のSMAPの一般的なイメージをよく捉えていて、放送当時はそのことも楽しめました。
 「5人が一つになって、一つの目標へ突き進む」という設定は、まさに私好みであり。

 今から思うと、ここから『SMAPで諜報物のドラマが見たい!』という私の執念が始まったのかも(遠い目)。

 ただ、7年前の彼らと今の彼らでは、一般的なイメージも大分変わったような気がします。
 その辺りを感じながら見ると、より面白いかもしれませんよね。






Last updated  2006/09/19 12:30:42 PM
2006/09/11
カテゴリ:SMAP
 本人の口(ラジオ&コンサート会場)から語られたので、私もこの話題に触れることにします。

 中居君、『肋骨2本にひび』&『肉離れ』を引き起こしているということなんです。
 ラジオの内容を総括すると、『ゴルフ(肋骨をやった模様)でひびが入ったのを、気づかずに21日のコンサートで悪化させた』ということらしいです(ご本人の分析)。
 あと、『今の家に移ってから、怪我や病気が耐えない。何か曰くでもあるのか?』とも。

 …家のほうは、香取君(←霊感持ち)を一泊させて白黒をはっきりさせてもらった方がいいとして(遠い目)。

 『肉離れ』の方は、おそらく肋骨のひびを庇ううちに、変な筋肉まで使ってしまったのかもしれませんね(←これは、私の憶測)。



 ……昔、ウリナリ社交ダンス部で肋骨を折った部員も結構いましたけれども。
 一曲ごとに鎮痛剤を打ち込み、物凄い気力で支えていましたっけ。

 それが3時間ぶっ続けで続くんですよね。
 しゃべるだけでも胸に響くだろうに、歌ったり、立ち続けたり…。
 恐らく壮絶な痛みだと思います。



 それでも『コンサートを滞りなく行なおうと頑張っている中居君』も、『それを助ける他のメンバー』も本当にすごい。
 コンサートのレポを読むと、『修羅場の馬鹿力SMAP』モードに入っていたといいます。


 彼が頑張っているのは、分かっているから。
 だからそれに答える分だけ、しっかりと見守りたいと思います。
 
 修羅場のSMAPの団結力の物凄さを、私達はこれまでも何度も見せ付けられてきました。
 あの団結力なら、きっと中居君を支えきってくれる。
 完治まで、そう信じ続けようと思います。



 そして遅ればせながら、15周年おめでとう。
 皆、16週年目も応援してますよ!  






Last updated  2006/09/11 07:15:55 AM
2006/09/01
カテゴリ:SMAP
 29日、夜。日本にて。

 猪はネットから隔絶(iモード除く)され、『じたじたごろごろ』しておりました(←そんな、可愛らしい擬音語が似合う管理人ではないが。汗)
 まさに、道路を塞ぐ巨大猪となっていました(←周りの邪魔)。


 29日に、草なぎ君が『ソウルドラマアワード』に出演することは分かっており。その出演時間が近づくほどに、浮き足立ってしまうのです。

──どんな発言するんだろう。
──どんな風に扱われるのだろう。
──『夢』に繋がる仕事になるのだろうか。

 もう、不安と希望と興奮が渦を巻き、混沌とした思いが想像と妄想を呼び起こし、挙動不審になってしまいます。


 本当に、こんなドキドキは久しぶりです。
 なんだか、『大学の必須単位の前日に、Black Biscuitsの運命に心を揺るがしていた』、そんな気持ちまで思い出してしまいます。


 番組開始時間が近づき、外は濃霧から豪雨に変わり、雷は近くなっても。
 でも、草なぎ君の活動を思うと、怖さは吹き飛び、幸せな時間が流れました。

 30日。
 朝から片っ端に、時間が許す限りワイドショーの芸能ニュースを見ました。
 『空港から出てくるシーン』や、『朝の対面』、『ドラマアワード』…。

 その表情にこちらまで幸せになったり、歩き方に微笑ましくなったり。
 『海峡を渡るバイオリン』の受賞を我がことのように喜んだり。
 草なぎ君の“バイリンガル”な姿に惚れたり。
 何より、「これで、夢に繋がるチャンスができた!」と思ったり。

 色んな思いが、この日一日に駆け巡りました。

 『デイリーの記事』には、ハン・ソッキュさんが舞台挨拶に駆けつけられたことまで書かれていました。
 草なぎ君の喜びを思うと同時に、「いい縁を結んでるなぁ」と嬉しくなりました。

 また一つ、夢に向かう足がかり、生まれましたよね。



 残念だったのが、今回も草なぎ君とチェヨンの遭遇は無しだったこと。このとき、チェヨンは中国にいたらしいんですよね…。
 ま、次の大きなお仕事があったら、その時には一緒になるかもしれませんよね。
 それまでの楽しみにしています。



 ワイドショーの中で一番驚いたのが、実は『めざましTV』6時台&7時台のBGMです。

「『Odyssey』(驚)!」

 草なぎ君の映像に重なって流れたのは、二つです。
 オリジナル・ビデオ・アニメ版の『ロードス島戦記』の挿入歌のインストゥルメンタルと、受勲式シーンのBGM。
 そう。私がよく小野寺君と重ね合わせていた、『愛する人の為に、命を捨てて世界を救う物語』のBGMでした。

 その中でも『国や信仰や種族に縛られない、本当の信念の騎士』のテーマソングが『Odyssey』。
 本来の歌には、こんな歌詞があります。

『大地はまだ(中略)朝陽さえ昇らない』
『Go west 哀しみなど捨てて 愛した者だけが見る夢の城へ』
『異国の言葉で祈るよ』 

 おぼろげに思い出す歌詞が、あまりに西の国(韓国)に向かう草なぎ君に重なり、胸に詰まりました。

 ……『めざましTV』の音響係、おそるべし。


 日記のタイトルも、この曲の歌詞から取りました。
 そして、この歌詞のように、草なぎ君が奇跡を起こすことを祈っています。
 
 …『歴史が静かに変わる』、と。






Last updated  2006/09/01 08:16:20 PM
カテゴリ:SMAP
 あやさんからコンサートバトンを受け取りました。
 早速答えさせていただきますね。

1.担当が近くにきたら叫ぶ派?眺める派?

 眺める方ですね。
 …前回、『うちわ&ペンラ無し』という状況で参加することになり(経緯はこちら)、思わず引け目を感じてしまったんです。
 そこで肩より少し高い位置で控えめに手を振っていたのですが、意外にも振り返して貰っちゃいました。
 (…周りがバッファでいなくなったため、『草なぎ君が乗っているトロッコの巡回路』から5m離れていた自分の周りはがらがら。
  それで自分達だけが浮かび上がったのも、絶対ある。遠い目)

 なので、次回も手だけを振っていこうと思っています。
 …それに声のでかい猪が会場で雄叫びをあげたなら、前後左右の席の人が迷惑しますし(…自慢にもならないが、声がアホほどでかい自覚はある)。


2.持つのはうちわ派?ペンライト派?

 今年はペンライトにしたいですね。
 去年、『ペンライトの星の海』に参加できないのがすっごく悔しかったんですよね。
 だから今年こそは参加したです。


3.担当以外が近くにきたらとりあえず手を振る派?

 振りますよ、もちろん。
 やっぱり他のメンバーも大好きですし。


4.チケ1枚にいくらくらいまで出す?

 もちろん、定価で購入、定価で譲ります。
 …『定価が2万とかになったらどうしよう』と、思うようにはなってきましたが…(5年後には定価が1万円は突破しそうだなぁ…。汗)。


5.コンサート中に泣いたことある?

 まだ、無いです。


6.服は何系で行く?

 その時々ですが、
『女性用スーツに、アクセサリーでドレスアップ』が基本、かな?


7.うちわは買う派?作る派?

 買う派ですね。
 …でも、予め用意しといた方がいいかもしれません(遠い目)。


8.一番思い出に残ってるコンサートは?

 やっぱり初参加の『MIJ』。
 『初参加にして東京遠征』、という無謀な体験も。
 ご一緒させていただいた皆さんのことも。
 生で聞けた『らいおんハート』や『たてながの自由』も。
 どれも忘れられません。

9.変装はしていく派?しない派?

 普段はすっぴんに、『ストレートの黒髪を一つ括り』。そしてカラージーンズにシャツなんですよね(…『典型的オタク女ルック』と言った奴、出て来いっ。間違っちゃいないけれども)。

 だから行事などで『ムースで巻き上げ、茶髪のウィッグと一緒に、撥ねた感じに結い上げる』、そしてドレスアップすると、知り合い一同から、
「別人に化けたな…」
と言われます。

 だから変装といえば、変装かもしれません…。


10 次に回す方3人

 興味がある方、ご自由にお持ち帰りください。


 あやさん、楽しかったです。回してくださってありがとうございました。






Last updated  2006/09/01 08:13:11 PM
2006/08/18
カテゴリ:SMAP
 明るさと、その裏の冷静さの両方を併せ持つあなたがいるから、
いつもSMAPを見ていられる。

 表で、裏で、
いつも皆を引っ張ってくれる。

 そんなあなたの大切な記念日に祝福を申し上げます。

 誕生日おめでとう、中居君。






Last updated  2006/08/19 12:22:26 PM
2006/07/26
カテゴリ:SMAP
 ということで、アルバム1枚目のレビュー、参りましょう!
 シングルの二曲は省かせていただきますね。

 一人一人の声がしっかりしているのが、1枚目を通しての感想です。
 その意味ではかなり完成度が高いと思います。

<Theme of 018>
 去年よりもバカンスっぽいと思います。

<TAKE OFF>

 …撃沈。
 曲調、歌詞、アレンジ、全部ツボにはまりました。
 青空、懐かしさ、ポジティブ、翼、鏡像…。
 歌詞の至るところに自分の好きなものが詰め込まれているんですよね。サビの歌詞がまるごと大好きです。

 枯渇していた“創作のエネルギー”をいきなりMAXに充電してくれるあたり、侮れません(←おひおひっ)。
 『BIRDMAN』、書きたくなりましたよ。


<Nai Yai Yai>
 夏の短い夜の、男性の焦りを感じます。
 なんだか可愛らしいとかんじました。 


<Simple>
 恋愛、というよりも夫婦愛を感じる曲ですね。
 曲調の変化が大きいので、ドラマを感じることができます。


<paripia!>

 …この曲を聴いて“スティッチ”を連想してしまう。そんな自分の思考回路は、相当に問題があると思われます(←“南の島の海=スティッチ”滝汗)。
 いや、この曲は“ハワイアン”ではないので、ご安心を。
 涼やかできらきらしていて、どこか懐かしさもある曲です。


<モアイ>

 慎吾君と木村君のデュオなんですね。
 モアイのある島の、悠久の時間を感じさせる曲です。癒されます。

 注意として、曲を聴きながら、モアイの辿った歴史を連想したりしないように(←何で知ってるんだ、自分)。


<Call Your Number>

 <Nai Yai Yai>と対になる曲ですね。
 慎吾君のラップもいいし、剛君のオオサビもいい感じです。
 恋愛の依存症状とも、気持ちの繋がりとも取れる、カッコ良さとムードを持つ曲です。

<星空の下で>

 晴れた日の、木々の葉ずれの音のように、さらさらと歌詞が流れていくのを感じます。
 そして『こんなネガティブな歌詞も歌える年代』なのだな、と改めて実感しました。


<だいじょうぶ>
 どこか荒削りな楽曲と、歌詞の若さとが上手くかみ合っています。
 擦れる前の、現実に挫折する前の、『青臭い』とも言われかねない感じの曲です。
 …その『青さ』、私は嫌いじゃないです。


<STAY>

 15周年という記念する年に、この曲が入っているのが嬉しいですね。
 『ほんの50年』、SMAPと一緒に歩いていけたら、それだけで嬉しいです。






Last updated  2006/07/26 05:19:39 PM
2006/07/25
カテゴリ:SMAP
 アルバム<Pop Up! SMAP>、無事に確保してきました。
 『アルバム製作の裏側の忙しさ』は去年を更に更新しているようですが(滝汗)、アルバム自身からはそんなことを感じさせません。
 全体的なバランスとしては、私は『Drink Smap』以来のヒットです。『翼と星空』を感じさせる、素敵な楽曲になりました。

 また『西遊記』(フジテレビ版)好きな人には是非、Disk2の5曲目を勧めたいです。
 あのドラマの空気や主題が蘇ることを、約束します。

 今日はまず、Disk2のレビューを先にあげさせていただこうと思います。



<女の子とLOVE SONG>
 これまでの中居君ソロを知っている人には、驚きの一曲です。
 …いや、もう『これを待ち望んでいた人がどれだけいるだろう』と思うくらい甘い声で歌ってくれています。
 かくいう自分も、この曲でオチました(惚)。

 勿論、天邪鬼な中居君ですから、普通のLOVE SONGにはありえない仕掛けも内包しています。
 その『中居君らしい仕掛け』要望に対して、楽曲提供者の後藤次利さんが見事に答えているのも聴きどころです。

 後藤さんというと『野猿』の作曲担当で有名ですね。
 私も『野猿』はかなり好きで、アルバムとSDを両方持ってたりします(…『アニソン』から『企画ユニット』、そして『SMAP』にコケた管理人)。やっぱり彷彿とさせる編曲や言葉が見え隠れしています。
 さぁ、この曲を聞いてすぐに『Yaen front4men feat.saki』の<wanna be>や<star>を連想した人は何人いるでしょうか(←己だけだ)。

 …いや『ウォナビィ…』の部分に、『野猿欠乏症』を発症するとは、自分でも思わなかったです(遠い目)。
 デュエットされている浦島りんこさんの声質が、楽曲にはまっているからかも…。

 『野猿』にも男女デュエットは数曲あるのですが、どれも大人の色気があるんですよね(<First Impression>や<Love is Ghost>、etc)。
 この曲にもそんな色香を感じましたし、それを中居君から引き出してくれたことに感謝しています。


<君がいる>

 とにかく、『歌詞』を丁寧に伝えようとする姿勢がいいです。
 メッセージもさり気なく、押し付けがましくも無く、すんなりと聴けます。
 優しい曲ですね。


<L・O・V・E>

 遊び心全開、くすくす笑いが止まりませんでした。
 稲垣君ワールド全開、ユーモアも上手く絡み合い、すっごく楽しい曲に仕上がりました。
 先入観を持たず、とにかく聴いてみてください。


<TOKIO>

「…なぜ、ジュリーで韓国語!?」
 最初、そのコンセプトに首を傾げましたよ(苦笑)。

 でも一度聴くとすっごくはまるんですよ。
 編曲がすっごく頑張っていて、ガンガンに踊れるようにしてくれたんです。ラップも韓国語(英語も混じってる?)なので、意味を考えずに流せます。
 今の時代だと『キザ』と言われそうな原曲の歌詞も、韓国語のオブラートに包むとすごくしっくりきますね。

 以前に『SMAP×SMAP』で<TOKIO>を歌われたことがあるのですが、
“『TO・KI・O!』の声にあわせて手の甲を振り下ろした直後の、草なぎ君の不敵で力強い表情”
が忘れられないんですよね(草なぎ君ファンで当時のVTRを持っている人は、是非確認してみてください)。
 あの表情が再び見れるなら、最高です!


<Everybody>
 作曲『Monkey Majik』、歌詞に『一人じゃできない』、
『夢は叶う(英語)』、『進む』、
『大事な人が君を導く』…。

 これで『西遊記』を思い出すなという方が無茶だと私は思います(きっぱり)。

 とにかく香取君のラップがかっこいいし、
見え隠れするアジアンテイストの音もツボ。
 『西遊記』が大好きな人間にとっては、とにかくたまらないです。

 この曲のおかげで『西遊記』をテーマに、
どんな形でもいいから小説を書いてみたくなっちゃいましたよ(苦笑)。






Last updated  2006/07/25 09:55:46 PM
2006/07/09
カテゴリ:SMAP
 センイルチェッカヘヨ、チョナン!

 この一年も、全力で演技にぶつかっていく姿に、ドキドキしっぱなしです。
 『日本沈没』では、自分の理想像を演じてもらい、嬉し泣きまでしました(←それは待て)。

 今も『日本沈没』関係の番組を全部追っかけたりして、ずっとずっと振り回されっぱなしです。
 時に心配させられたり、渾身の力でツッコミを入れさせられたり。
 振り回されていても、次の瞬間にはふと笑って許してしまう。
 そんな不思議な感覚がとても心地よいんです。

 願わくば、これからもあなたを見続けさせてください。
 見果てぬ夢だけに、ただまっすぐに瞳を向けるあなただからこそ。

 この一年も素晴らしい年になりますように。
 そして『夢』に近づいていくことを願って。






Last updated  2006/07/09 08:45:24 AM
2006/06/14
カテゴリ:SMAP
 今朝、SMAPのコンサートの日程が発表されました(祝)。
 去年のタイトルが『SAMPLE』ということは、今年が本番ということでしょうか。スタッフの皆さんの気合の入り方はすごそうです。

 私も参加する気が満々です。大阪は9月の後半ですね。
 …今年はバッファが出ないことだけを祈ります(バッファに対し、トロッコからメンバーが叫んだ事件はこちら)。あの時の悲痛な表情、今でもくっきり思い出せてしまいます。

 さて、ここで。

 コンサートチケット申し込み前に、注意すべきポイントがあります。

まず、チケットの購入規約を読みましょう。

 去年のコンサートの時に『要注意ポイント』を列記しましたので、それをご参考ください。
公式サイドによる、コンサ・マナー違反者への対策/罰則


『交通の足』と『宿泊』を考えましょう。

 まず、入場に対しても余裕をもっていけるようにしましょう。座席を探すのも実は一苦労なんですよ。
 ぎりぎりに行くと、コンサートグッズなどの購入ができないなどの悲劇に立ち会うことになります(昨年度の管理人経験談)。

 SMAPコンサートは、長丁場になると『4時間』を記録します。そこに混乱と怪我を避けるための『規制退場』が加わり、一時間ほどかかります。
 つまり、開始時間からそれだけの余裕を持って、帰りの交通を計算してください。危険ならば、宿泊もご考慮ください。
 間違っても『第三者の家に不法侵入して宿泊する』という、犯罪行為は行なわないように。
  

チケットは確実に、必要な分だけを購入してください。

 『余ったら転売』、『いざとなったら、インターネット・オークションで買おう』という考えは止めましょう。
 昨年度より、公式による転売取締りが強化されています(詳しくはこちら)。
 また、転売チケットが過度のマナー違反者に渡り、入場者が事件を起こした場合(通路で走り出したり、団扇を振り回して怪我人を出した。携帯による写真撮影や密録を行なった。etc.)、『チケット購入者』であるあなたが、チケット販売スタッフのブラックリストに載ります。そして二度とあなたの名義ではチケットが購入できなくなります。


 良く考えて、安全に、確実に、何よりSMAPの皆さんをはじめとした公式サイドに迷惑を掛けないように、チケットを手に入れてくださいね。
 一人でも多くのファンが素敵な時間を過ごせるように願っています。
 私も頑張りますね。


 余談:
 日時的に可能な方は(特にSMAPに対する関心が薄い方!)、今年の夏に発売予定のアルバムを聞き込まれることを推奨します。
 コンサートの楽しみがぐっと深まります。
(去年、アルバムを聞いていなかった親戚が隣で乗り切れなかったんですよ。実話)






Last updated  2006/06/14 12:49:36 PM
2006/05/24
カテゴリ:SMAP
 私がこのブログでお願いしたいのは、『自分の出したゴミは、自分で持って帰る』ことです。
 それが、多大なSMAPへの応援になるんです。



 こんな記事を拾いました。紹介させていただきますね。
歌手で決まる?ファンのマナー 味スタ周辺住民アンケート

 この中で注目して欲しいのは、
>「人通りが増えて駅や道路の通行に支障」(50%)、「(客の)ゴミ捨てが気になる」(43%)、「騒音が気になる」(26%)
 という苦情がコンサートの度に溢れていること。
 これがあまりに目に余るようならば、周辺住民による抗議が『コンサート会場』に行くことになります。
 そしてひょっとしたら、そこでのコンサートを拒絶されるかもしれません。

 SMAPより下のジャニーズのファンの中には、“自主的にビニール袋を持参し、ゴミを集めるグループ”もあります。
(詳しくは『PLEASE THINK ABOUT CONCERT MANNER』をご参照ください)

 そしてSMAPのファンの中にも、こうしてゴミを集めてくださっている方がいるんですね。
 そしてその活動があるからこそ、SMAPも全国でコンサートを実施することができるんです。
 本当にありがとうございます。



 私が皆さんにお願いしたいのは、『自分の出したゴミは、自分で持って帰る』ことです。
 グッズの包み紙、食事やジュースの空などは、とてもではありませんがコンサート会場のゴミ箱に収まりきりません。
 それらに対してビニールを持参し、自宅まで持って帰って欲しいのです。
 道端のゴミ箱やゴミ捨て場に突っ込むことは論外です(←これが周辺住人のクレームの原因になる)。

 『他人のゴミを拾って欲しい』とは言いません(してくださる方には、本当に感謝の念をお送りしますが)。
 でも“自分のゴミを残すことは、自分の汚点を残す”ことです。
 せめてそのことを、胸に刻んでください。



 また、ゴミ以上に問題視されている『人通りが増えて駅や道路の通行に支障』について。
 歩道や道路では交通ルールを守ってください。『広がり、だらだらと話込みながら歩』いたりせず、周りに気を使ってくださいね。
 また、逆行はもってのほかです(←『淡路の花火大会の将棋倒し事故』は、一人が逆行したことがきっかけとなり、多数の死傷者を出しました)。

 また、SMAPのコンサートは深夜に終了することも多いです。
 話している本人達には分からない物ですが、大人数が話しながら帰るとかなりの騒音になります。
 その辺りを控えてください。
 


 これらは、社会道徳からすれば、ごく当たり前のルールばかりです。
 でも、それらを各個人が一人一人守ることが、地味ながらも大きな応援になります。
 どうか皆様、今年のコンサートではこれらを守ってください。

 お願いいたします(深く深く礼)。






Last updated  2006/05/24 04:13:16 PM

全80件 (80件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

Free Space

 こちらはSMAP、ケディ・ティン、チェヨン(ジニー・リー)ファンの管理人によるHP、
GOLAWの裏口になります。
 よろしければ正面玄関にも足をお運びください。

 なにかあれば、Web Crapでお知らせください。(コメント停止中)

 西遊記関連の記事一覧
その他のドラマ記事一覧



このブログおよびHPの画像は全て素材サイト様のものです。無断使用禁止。

Calendar

Category

Recent Posts

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.