1062115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イクメンへの道 by 弁理士GolferPA

PR

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2010.07.01
XML

弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-」ブログと、「独学の弁理士講座 -弁理士試験の勉強法-」ホームページでおなじみのドクガクさんの「弁理士の日に「弁理士とは?」というテーマで記事を書きませんか?」呼びかけに呼応して、本日は、私なりの「弁理士とは?」について書いてみます。

(私のほかにも沢山の弁理士・知財関係者・弁理士試験受験生などの方々がブログで同じ話題について書かれているので、ドクガクさんのブログのリンクからたどってみてください。)

 

みなさん、「弁理士の日」というものをご存じですか?

実は、本日、7月1日が「弁理士の日」です。

 

現在の弁理士法の前身である「特許代理業者登録規則」が施行されたのが、1899年(明治32年)7月1日ということで、日本弁理士会が、平成9年に、「特許代理業者登録規則」施行日の7月1日を「弁理士の日」に制定しました。

その後、毎年、この日の前後には、全国各地で、日本弁理士会、またはその支部による無料相談会などのイベントが開催されています。

 

 

さて、

 

弁理士というのは何だ?

 

というと、ググってみればいろいろと解説は出てくると思いますので、詳しくはそちらにお任せさせていただくとして、世間一般でよく言われるのは、

 

特許出願の代理人

 

というものだと思います。

ところが、私のように企業にいる弁理士にとっては、必ずしもこれが当てはまるとは言えません。

出願業務については外部弁理士さんに依頼していることが多い企業にとっては、むしろ、内部弁理士さんにとって、その定義は、否、ということかもしれません。

 

では、企業にいる人は弁理士資格を取っても無駄なの?そう、無駄と言われる方も多いと思います。

 

ただ、私は違うと考えています。

(以下は、主として理系出身の弁理士のお話しになります。)

 

なぜか?

 

意外とネームバリューがあるんです。

これまで知らなかった方も、私のメールの署名欄の「弁理士」というのを見て、ググって、へ~、そんな資格なんだぁ、と理解していただける方も多いのです。

 

で、弁理士、とわかったら、どういう風に見られるのか?

 

それは、技術と法律の両方ともわかる貴重な存在、というように見られるのです。

 

私はもともと工学部卒で、現在、新規技術の評価や、技術戦略立案、国際技術標準化などを手掛けており(以前は、サービス企画開発や事業企画もやりましたが)、社内では技術がわかる人と見られています。

 

そこに、この「弁理士」というネームバリューが影響することで、社内で法律や制度もわかる人とも見られるようになるのです。

 

社内を見渡しても、技術と法律に長けた人はなかなか見当たりません。

 

そう弁理士である自分は、社内では、客観的には、かなり貴重な人材と見られるようになるのです。

 

自分の職場での価値を向上させるにはよい武器と言えます。

 

ただし、当然ながら、内実伴わないといけません。

弁理士試験では取り扱われないような実務的な面とか、契約関連とか、弁理士登録した後もしっかりと勉強を続けなければ、真の技術と法律のわかる人にはなれません。

私もこれを目指すべく、日々努力しているところです。

 

では、技術と法律に長けた人と見られた場合に、具体的にはどんな業務がやってくるのか。

 

その一つは、社内コンサル的な業務です。

新技術を開発・実施する際に、その技術自体の評価と、知財・法的観点からの評価の両方をお願いされることが多いです。

また、私のほうから進んで、新技術の開発・実施時に、その技術を理解した上での、知財・法的観点からのアドバイスをすることも多いです(私の場合、これまでに経験から、場合によっては、サービス開発・事業企画上のアドバイスもさせていただきます)。

 

これらの業務はやっていて大変ではありますが、なかなか面白い業務です。

レベルが違うかもしれませんが、社外の知財系コンサルでも同様のことをしているのではないかと考えています。

 

とすると、弁理士の今後の新たな業務分野の一つとして、コンサルティング業務が注目されていますが、企業弁理士は社内にいながら、その基礎訓練をできるのではないか、と考えています。

 

かなり長文になってしまいましたが、企業弁理士とは何か?について私なりの思いをお話ししてみました。

 







Last updated  2010.07.02 00:54:21
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:弁理士とは?(07/01)   st400 さん
私も企業内弁理士で理系ですが、GPAさんのご意見に全く同様の感を持っています。
確かに、庁に対する各手続は、本人たる法人名で資格が無くても手続ができますので(審査官との遣り取りも含めて)、企業では弁理士資格は必要ないとの議論もよく聞きますが、社内の立ち位置は、無資格の頃と比べて格段に変化しています。
私の場合も、研究と営業を経験して知財をしておりますので、契約や製品拡販の場面での相談では営業の経験も踏まえてアドバイスするようにしています。営業を知っていることが今の業務にすごく生かされています。
そういう意味では、事務所の弁理士の方々とは違う、企業人としての様々な経験が、知財業務をしていく上で今後の一つの武器になるのかなと感じています。 (2010.07.02 09:29:58)

 Re[1]:弁理士とは?(07/01)   GolferPA さん
st400さん

ご共感いただきありがとうございます。
営業のご経験は重要な差別化要素の一つになりますよね。
私も以前、1年間ではありますが、法人営業をやらせていただいた経験があり、それが今でも随所で活きてるなぁと感じることが多々あります。

同じ企業弁理士、更に武器を磨き続けるべく、ともにがんばっていきましょう!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
(2010.07.02 17:20:00)

Profile


GolferPA

Category

Archives

・2019.10
・2019.09
・2019.08
・2019.07
・2019.06
・2019.05
・2019.04
・2019.03
・2019.02
・2019.01

Freepage List

Favorite Blog

ぱてんと@お兄 ぱてんと@お兄さん
弁理士試験短期集中 YKK2008さん
2010年,神戸の弁理… kobe2010さん
弁理士を目指す銀行… 多摩三郎01さん
☆たんぽぽ荘☆ ☆めぐたん☆522さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.