123044 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

よしなしごと

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


gombei1970

Calendar

Comments

ミカミ@ Re:Oracom UB-890 テキストリーダーにはまる(08/01) 私も4年ほど前に買ったけど 使い方が理…
gombei1970@ フジテレビとtvk 遅いコメントで失礼します。 フジテレビ…
michipo@ Re:地デジデビューその2 UHF用ヘンテナ(03/20) ぼくも作ってみました。 神奈川在住です…

Freepage List

Headline News

2008.03.20
XML
カテゴリ:家電
私は神奈川県某市に住んでいるのだが、環境のせいか、アンテナのせいか、NHK地上波アナログ放送の入りが良くない。特に教育テレビはノイズだらけである。他の局でもゴーストが見えることがある。しかも(新しいビルが建ったせいか)だんだん電波状況が悪くなっている。
私のPCにはTVキャプチャボード(注1)が取り付けてあり、気に入った番組はDVDに保存できるのだが、こうノイズが多くては保存する気が起きない(教育テレビの教育番組は繰り返し見たいものが多いのに、ノイズばっかりというのではちょっと困る)。
ということで、安価でデジタル放送を見られるというチューナーを導入しPCに接続することを決めた次第である。
こういう理由なので、機種はユニデンOEMの地デジのみ対応の安価なチューナー(注2)に決定。

(注1)GV-MVP/RX2W。地デジチューナからのキャプチャーもほぼ問題なくできている。
(注2)ユニデンOEMの地デジチューナーは同じ商品が本家ユニデンから「DT100-HDMI」、八木アンテナから「DTC10」、AVOXから「YDIT-10」という名称で販売されている。いずれも定価¥19,800、通販等の実売価格¥16,000程度である。なぜか量販店等での販売価格はほとんど定価である。売る気がないのか。

先日所要で都心に赴いた際、ついでに秋葉原のあきばお~禄号店にてDXアンテナから発売されているDIR510を¥16,099にて購入。「あきばお~の通販で買うより500円近く高いのはどういうわけだ」と思ったが、なるべく早く実物を入手したかったしいまさら通販で注文して届くのを数日待つのもあほらしかったので現品を持ち帰ることにした。

現物の写真は以下。NHKの語学講座テキスト(A5版)を比較のため隣に置いてある。
チューナー前面クリックで拡大
チューナー背面クリックで拡大
(上段左からアンテナ端子、ビデオS端子、ビデオ端子、オーディオ端子(左右)、D端子、オーディオ端子(左右)、電源端子。下段HDMI端子、B-CASカード挿入口)
チューナー上面クリックで拡大。底面積はあまり大きくないことがわかる。上面は排気口になっている。使用中は多少発熱する。

使用感:
まずはテレビコンセント経由でUHFアンテナに、付属のビデオケーブルでテレビに接続して地上波各チャンネルを見てみた。NHKだけでなく他の地上波の局も非常に鮮明な画像を見ることができた。このチューナーの特性なのか、今までアナログで見ていた絵に比べ、かなりコントラストが強調されているように感じる。

ハイビジョン対応でないテレビにアナログのビデオケーブルで接続する場合、「ワイドテレビ」「4:3パンスキャン」「4:3レターボックス」の設定を選ぶことができる。4:3パンスキャンは、ハイビジョンで送られてくる画像情報の右端と左端を切り落とし、真ん中の部分の絵だけをテレビに送ってくる。現状では一部の番組を除けば(注3)、これでも特に支障はないようである(注4)。4:3レターボックスは、ハイビジョンで送られてくる幅広動画の情報の両端まで見えるように画像を加工して送ってくるのだが、結果として上下に何も映ってない黒帯が表示される。この設定で視聴、録画すると番組によっては画面を非常に無駄にしていることになる(注4)。ワイドテレビ用の設定だと、ハイビジョン動画の全体の情報を(間引いて)送ってくる。旧式の4:3のテレビで見るには意味がないがキャプチャーボードにつなぐには使いようがある(後述)。

(注3)たとえば、日本テレビの音楽番組『Music Lover』は横長画面を前提に制作されており、左右の端をカットして録画すると歌詞のテロップの一部も切れてしまうという悲惨なことになった。
(注4)逆に多くの番組は、仮に横長の画像が提供されていても(アナログテレビの4:3の画面で見ることを想定しているためか)左右の端が切れても問題ないような制作をしているように見える。極端なケースでは(制作費等の関係だろうが)、横長の画像を提供してはいるものの、左右端の部分は黒い柱や柱と同等の静止画が映されている、という番組もまだある。こんな番組を横長で見ても、意味のある情報は上下の帯と左右の柱を除いた少しの部分だけ、ということで無駄である。

(追記)個体差によるものかもしれないが、私のところでは動画をキャプチャしたときに画面右端に数ドット幅の黒い柱が立ってしまう。キャプチャカードの製造元のアイ・オー・データのFAQによれば、こういう事態はチューナー側の問題であるらしい。検索してみたが、同様の問題を指摘する人はいないようだ(テレビで見る分には端が切れていてもわからないということもあるだろう)。まあキャプチャカードで使う分にもさして問題のない範囲なので我慢しているが...






Last updated  2010.11.11 21:19:07
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.