1386372 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に

2018.10.02
XML
カテゴリ:病院
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​おはようございます。

私の左くるぶしに突然出現した​『滑液包炎(かつえきほうえん)』​

初めて聞く、どうな状態かもイメージの湧かない病名。。

そして尋常じゃない腫れに、パニックの一日を過ごしました。。号泣


★詳しくは、こちらご覧下さい。

 ​突然、足首に大きな腫れが! ガングリオンか?滑液包炎(かつえきほうえん)か?












幸い見つけた休日診療の病院と、優しい先生。

おかげで、無事に「滑液包炎(かつえきほうえん)」との確定診断が下りました。











 ~滑液包炎とは~
 滑液包の急性or慢性の炎症であり、通常は原因不明。
 外傷(反復性or急性)や、感染症などが原因となることもある。



最初は、何と読むのかすらわからなかった病名。

簡単に言うと、関節の皮下に『滑液包』という、​少量の液体が入ったクッションの役割​​をしている袋があり、そこが何らかの刺激や原因で炎症と腫れ、痛みがおこすことをいいます。

痛みがない限りは、手術などの必要もなく、薬もありません。

ただただ患部に負担をかけないよう気をつけながら、経過観察で様子をみるしかないそうです。










そして、その滑液包炎の発症から、早くも3か月近くが経ちました。

現在も経過観察中で、以前こちらに書いた時の初診以来、通院はしていません。

初診時に病院で滑液を抜き取ってもらったのですが、翌日には元の大きさに戻ってしまいました。。しょんぼり










しかし、その後はそれ以上に大きくなることはありません。

日によっては、「少し小さくなった?」と思うような日も。

しかし、うっかり刺激を与えてしまったり足を使いすぎたり変な姿勢でいたりすると、やはり、赤く腫れてしまいます。。










自分なりに調べてもみましたが、どうやら自然治癒は困難なようで。。

今後も上手に付き合っていかなければと思っています。

私の場合、幸い痛みはない” ので、その点では非常に恵まれていると思います。

どれだけ赤く腫れても、今のところ痛みはほとんどありません。

ただ、やはり生活する中で『困っていること』『注意していること』はあります。

個人的な感想ではありますが、少し書き出してみたいと思います。



 ◆困っていること◆
 ①夏に、ベルト付きのサンダルが履けない。
 ②腫れが目立ち、足(特に足首)が出るファッションに抵抗がある。
 ③見た目、ちょっと見苦しい。


 ◇注意していること◇
 Ⅰ)正座をしない。床に直接座らない。
 Ⅱ)腫れ(足首)が隠れる服装を選ぶ
 Ⅲ)長時間、同じ姿勢でいない。こまめに足首の高さを変える。
 Ⅳ)何時間も歩き続けない。休憩をして足を休ませる。



改めて文章にすると、なんだか一気に年老いたような気がしますが。。。しょんぼり

以上が、発症からの3か月経ったいま感じていること。

では、女性目線にはなりますが、もう少し細かく見ていきたいと思います。










まずは『困っていること』の1つめ。
​​

​①夏に、ベルト付きのサンダルが履けない​​

これは、去年購入したお気に入りの、ベルト付きのサンダルが、腫れに触れて履けなかったのです。。

女性用のサンダルによくある、足首にベルトがあるタイプ

例えばですが、こんなタイプです。










ベルトは留められたとしても、ちょうど腫れにあたり擦れて圧迫するので、怖くて履けませんでした。。

昨年購入したビルケンシュトックの白いサンダル、今年履くつもりだったのですが。。

少し隙間を開けて、ベルトを留めたら大丈夫かな、と思いながらも、念の為やめておきました。










つづいて、『困っていること』の2つめ。


​​②腫れが目立ち、足(特に足首)が出るファッションに抵抗がある。​​

これは、自分がどこまで気にするかの問題ですね。

私はたぶん、さほど気にしない部類だと思うのですが、それでも多少は抵抗感が付きまといます。

ちょっと気合を入れてオシャレしたい時などは、ついついロングワンピ」「ロングスカート」などを選ぶようになりました。










ちょうど流行でもあるので、「むしろよかったかな」と前向きに考えています。

初めてネットで買ったこちらのワンピース、激安なのに品質もよくてビックリ。

新たな選択肢が広がったおかげで、今までと雰囲気の違う服も楽しめるようになりました。











つづいて、『困っていること』の3つめ。


​​③見た目、見苦しい。​

これは、もうこのままです。。笑

先日の帰省時の写真。

お見苦しいですがご参考に。(空港でフライト待ち。だんなさんに撮られていました。。)











左足のくるぶしの前の部分が、くるぶし以上に大きく腫れています。

足の向きや姿勢によって、目立たなかったりかなり目立ったりします。

これからは、大事な写真を撮る時には姿勢を気にしたり、腫れの目立ちいにくい服装を心掛けなければ‥‥と思います。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨は若返る! 骨粗しょう症は防げる!治る! [ 太田博明 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/11/20時点)







そして、つづいて『気をつけていること』の1つめ。


​​Ⅰ)正座をしない。床に直接座らない。​​

これは、病院で先生に強く言われたこと。

一番強く意識して、実践しています。

私の場合、一番支障があったのは、アイロンがけでしょうか。

今まで、床にペチャっと座ってアイロンをかけていましたが、机にアイロン台を移動させて、立ってかけるようになりました。

もう慣れたので、何とも思いません。

次はこちらの立ってかけられるタイプに買い替え予定です。










つづいて『気をつけていること』の2つめ。


​​Ⅱ)腫れ(足首)が隠れる服装を選ぶ。

これは、『困っていること②』と同じですね。

無意識に「パンツ」も「スカート」も、足首までしっかり隠れるロングタイプ」を選ぶようになりました。

夏はちょっと暑かったですが、秋冬にはむしろ有難く、あまり気になることはなさそうです。










つづいて『気をつけていること』の3つめ。


Ⅲ)長時間、同じ姿勢でいない。こまめに足の高さを変える。

これも、刺激を緩和するため。

血流なども気になるので、机に向かいっぱなしになる時や、飛行機の中など、意識して足を動かしています。

むくみ防止にもなるので、一石二鳥ですねきらきら

こちらは先生から直接指導があったわけでなく、我流対策です。











そして最後、『気をつけていること』の4つめ。


​​④何時間も歩き続けない。休憩をして、足を休ませる。​​

こちらも負荷軽減のため。

先生から『酷使したらダメ』と言われたので、とにかく姿勢・運動方法・運動量など、全てにおいて負担をかけないように注意しています。

お買い物や旅行など、大好きなことに夢中になると、休憩もせずに歩き回ってしまうタイプです。

ですが、出来るだけ意識して、足を休ませるようにしています。










長々と書きましたが、個人的に一番支障を感じるのは、『靴』です。

出来たら、いろんなオシャレな靴を履きたいところですが、“腫れに触れない”ことを意識すると、 “デザイン”  “素材” にも注意が必要です。

腫れを意識して、​「足首回りに余裕のあるもの」​を、そして​「柔らかい素材」​を選ばないとと思っています。

冬、不安なく履けるのは、『UGGのムートン』










そして、一年を通しては、『ユニクロの靴』です。

先日、旅行用に初めて買った「ユニクロ」の「フラットシューズ」。

思った以上に柔らかく、履き心地もよかったので大活躍しています。

 ★詳しくは、こちらご覧下さい。

 ​旅行に大活躍! ユニクロで初めて靴を買う










以前に比べると、やはり日常生活における支障は増えましたが、長いお付き合いになるのなら、上手に楽しく付き合っていけたらと思っています。

痛みがないだけでも、本当に有難い きらきら

日常生活も健康も、『何もない普通なこと』が一番幸せだと、年々強く思います。

まずは身近に自分に出来ること、しっかりしていかなければいけませんね。














★だんなさんがブログを始めました。全国のホテル・お土産情報を写真いっぱいに綴っています。

 ​出張族 全国を行く




★全国のお土産ブログも書いています。旅行や出張、帰省のお土産のご参考になれば嬉しいです。

 ​今日は何食べる?全国お土産日記






















​​​​​​​​​







​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​






Last updated  2020.11.20 10:10:11
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:滑液包炎(かつえきほうえん)その後 生活での支障は?(10/02)   kana3kana さん
こんにちは。
同じような状態をネット検索でここにたどり着きました。
50過ぎのオッサンですが、なんとなく安心しました、私は右足ですが写真と全く同じ状態です、足跡程度にコメント残しますね。
(2019.05.17 19:23:26)

Re:滑液包炎(かつえきほうえん)その後 生活での支障は?(10/02)   sun-shine-1 さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
このブログが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。
どうぞ、お大事になさって下さいね。 (2019.05.19 17:54:32)

PR

Profile


sun-shine-1

Archives

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

買ってよかった!レ… New! 楓 247さん

久々のスイートブール New! あいりおーさん

花辺喫茶部&タナカパ… chikoli+さん

出張族 全国を行く shigotosuki-aisaikaさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.