961912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に

全2件 (2件中 1-2件目)

1

グルメ(京都)

2018.12.19
XML
カテゴリ:グルメ(京都)
​​​​​​​​​​​​​​​​​こんにちは。

ほんの束の間ですが、日中の日差しが暖かい最近。

ほっこりしながらも、諸々やらなければならないことを済ませようと、パソコンに向かう日々です。

何かと気忙しい12月ですが、頑張っていきましょう。











さて今日は、京都グルメのお話を。

先日、実家に帰った時に、母が持たせてくれた、『冨美家鍋(ふみやなべ)』

“冨美家のうどん”といえば、京都ではとても有名です。










しかし、私が知ったのは大人になってから。

1人暮らしを始めて以来、心配した母が帰り際に大量の食料品を持たしてくれるようになりました。

京都で生まれ育った母。

母にとって「冨美家」といえば、学生時代、何度も1人で食べに訪れた思い出深いお店。

そんな思い入れもあり、親子で大好物ですピンクハート










『冨美家鍋』は、冷凍ではなく「冷蔵」商品。

このように、パックで販売されています。























中に入っている具材は、こんな感じです。


 ●うどん
 ●海老天
 ●煮付しいたけ
 ●かまぼこ
 ●お餅(2切)
 ●花麩
 ●
 ●めんつゆ
 ●ねぎ
 ●京七味










パックうどんなので、作り方はいたって簡単。

めんつゆを鍋に入れ、火にかけ温まったら、具材を全て投入し、最後に卵を割り入れます。










いわゆる、“鍋焼きうどん” です。

グツグツと熱々に煮込まれた物が大好きな、猫舌とは程遠い私。。笑

いつもの調子で煮込んでいたら、めんつゆが煮詰まってしまい、慌てて水を足しました。。

それでも若干、お出汁が少なめになってしまいましたが、こんな感じに仕上がりました。















これがもう、本当に美味しいんです!!

家庭では真似できない、なんとも深い味の「つゆ」。

なんと、「つゆ」単品でも販売されています。











「京七味」は「やまつ辻田」七味唐辛子











初めて味わう独特の辛みで、不思議と相性抜群です。

「やまつ辻田」は、大阪の堺のお店です。

ちょっとしたギフトやお土産にも利用出来るので、こちら単品でもお気に入りです。










何度食べても、何度も感動する『冨美家鍋』。

たったひとつ注文をつけるとしたら、「海老天」が本当に本当に小っちゃいこと。。大笑い

90%?95%?くらいは、天ぷらの衣。。笑

でも、そんなことも笑って許せてしまうくらい絶品です。










「冨美家」の店舗は、錦市場に「本店」「錦店」があります。

「オンラインショップ」は、現在は中止されている様子。※2019.9にリニューアルオープン。お取り寄せ可能です。


 ★​冨美家オンラインショップ


パックうどんは、母いつわく、いつも近くの「百貨店」の食料品売場で購入しているとのこと。

ということで、私も後日、近所の「百貨店」とスーパーをのぞくと。。










なんと、「百貨店」でも「スーパー」でも、両方で発見しました!

しかも、こんなにバリエーション豊富ですきらきら



















こんなに身近にあったなんて。。

ふだん、パックうどんはなかなか買わないので、全く気づかずでした。。しょんぼり










HPをよく見ると、有名百貨店・大手スーパーを中心に、関西圏だけでなく、関東地方にも取扱店があります。

もしかすると、お近くで購入出来るかもしれません!

ご興味ありましたら、ぜひHPチェックしてみて下さい。

そして、お値段も想像していたよりも、ずっとお手頃価格きらきら

バリエーションも広く、なんと、お好み焼きや、焼きそばまで。

これから、ひとつずつ試していきたいと思います。















最後に余談ですが、今回使った器は『芦屋 貴兆陶家(kikkyo-toya)』『ステンレス鍋』

料理が映えるので、お気に入りです。


 ★​芦屋 貴兆陶家











★だんなさんがブログを始めました。全国のホテル・お土産情報を写真いっぱいに綴っています。

 ​出張族 全国を行く




★全国のお土産ブログも書いています。旅行や出張、帰省のお土産のご参考になれば嬉しいです。

 ​今日は何食べる?全国お土産日記





























​​​​​​​​​


​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020.08.10 16:59:05
コメント(0) | コメントを書く


2018.08.02
テーマ:旅グルメ(105)
カテゴリ:グルメ(京都)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​こんばんは。

今日は京都グルメ」のお話を。

個人的に非常にご縁があり、子供の頃から慣れ親しんだ京都。

大人になったらいつか住んでみたいと、ずっと憧れていた場所。

今でも、旦那さんとも母ともよく訪れます。











京都といえば、美味しいものがたくさんありますが、中でも家族中のお気に入りで、大好きなお店。

京都の宝ヶ池に本店がある、『ゆば泉(ゆばせん)』さんです。

名前の通り、湯葉料理のお店。











ただ、一般的な懐石系のゆばづくしのお店とは違い、非常にオシャレな、創作フレンチのお店です。

よくある懐石系の敷居の高いお店ではなく、気楽に入れて、お値段はかなりリーズナブル

そして、お料理は月替わりでいただけます。

懐石料理が苦手な方でも、満足出来るような内容になっています。

メインも3~4種類から選べて、チョイス次第では、がっつり肉メニューも楽しめます。

もう去年の夏の話になりますが、メニューは、こんな感じです。

ちなみにこちら、ランチもディナーも、同じコースメニューが選べます。


↓ゆばのすり流しスープ





↓季節の前菜盛り合わせ





↓くみあげゆば





↓メイン(だんなさん)タコのアヒージョ





↓メイン(私)牛肉(だんなさんとシェア)





↓ゆばごはん





↓季節のデザート





こちらのコースは、選択肢が多くて楽しいですきらきら

月替わりメニューでもあるので、何度行っても飽きることはありません。

湯葉づくしがよかったら、メインを湯葉にしてもOK。

食後のドリンクも、豆乳も選べます。

私は、ゆば泉の『湯葉ごはん』(湯葉のあんかけごはん)が大好きなんです。










味付きの混ぜご飯も選べますが、ぜひ「湯葉ごはん」がおすすめ!!

分厚い湯葉と、上品なお味のあんが、なんとも言えない味わいです。

そして、こちらの『くみあげ湯葉』(1,000円+税)、レストランで食事をすると、特別価格で購入出来ます。










こちらは、15周年サンクスキャンペーン中にいただいた、50%割引券。











割引チケットは、京都清水五条坂店と共通になっていました。









私も何度か買って帰り、おうちで湯葉ごはんを真似してみましたが、なかなか思うような味になりません。

おうちでは、シンプルに食べるのが一番かもしれませんね。

レジ横では、湯葉を使った焼菓子なども、購入出来ます。(コースのデザートも湯葉を使用したものです。)

写真の内容だと、大食いの男性には、少し物足りないボリュームかもしれませんが、コースの種類が多いので、コースを変えて調整してみて下さい。










いつ行っても混み合っているので、事前の予約は必須 !!

京都の中心地から少し外れるので、食事時は混み合うとはいえ、比較的落ち着いて、ゆっくり食事をすることが出来るので、人混みを避けたい方にはぴったりです。

地下鉄だと、「国際会館行」に乗って終点で下車。

駅からは、徒歩5分程です。

駐車場完備なので、車で行かれる方にはすごくオススメです。










そして、近くには​『マールブランシュ』​北山本店も。

京都でしか買えない、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」で有名な京スイーツ店です。










そして、ゆば泉さん、姉妹店が3店舗あります。

どこも観光名所の混み合う場所なので、こちらはとても混雑しているようが、店舗ごとにメニューもそれぞれで面白そう。

他店も機会があれば、訪れてみたいです。



 ・清水五条坂 ゆば泉
 ・京料理いそべ 本店
 ・高台寺 羽柴



宝ヶ池本店は、京都の中心地から少し離れるので、ゆっくり食事を楽しむには、穴場のレストランです。

湯葉は、お店のHPから通販でもお取り寄せ可能です。


 ★​ゆば泉 HP



大好きなゆば料理店ピンクハート

よろしければ、一度訪れてみて下さい。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​















★だんなさんがブログを始めました。全国のホテル・お土産情報を写真いっぱいに綴っています。

 ​出張族 全国を行く




★全国のお土産ブログも書いています。旅行や出張、帰省のお土産のご参考になれば嬉しいです。

 ​今日は何食べる?全国お土産日記































​​​​​​​​​

​​​​






Last updated  2020.08.10 17:08:37
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.