000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元・経営コンサルタントの投資日記

PR

X

Recent Posts

Archives

2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08

Category

Freepage List

Comments

年寄りの初心者@ Re:Mortgage REITへの投資 (12/11) nlyの購入方法がわかりません。
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
東条雅彦@ Re:「永遠の不発弾」IBMは優良配当株?(02/11) はじめてコメントさせていただきます。 と…
マネーの竜@ 商品の時代は来なかった この10年間、商品のリターンは株に完全…

Calendar

Favorite Blog

大雨の日 New! slowlysheepさん

本日のNY市場 New! icasicasさん

インベスコ・オフィ… New! anchimericさん

2021PF概況506位、岡… New! みきまるファンドさん

久々の随筆更新。「… CASHFLOW101さん

Headline News

2009/10/20
XML
CITといえば、全米1位の中小企業向けの金融事業者として知られていますが(過去に旧第一勧業銀行の子会社だった時期もある)、現在破綻の淵をさまよっています。

夏にかろうじてつなぎで債権者団との交渉に成功しましたが、今回の期限延長ではデットデットスワップ(債務を新しい条件のより返済が現実的な条件に変更してもらい、互いに確実な債権債務の関係を再構築する)を提案し、この案が容認されなければ経営破綻するぞ、と表明していましたが、一部の債権者に優遇的な内容になっているとして、その条件をアイカーンは非難しました。

また、現経営陣は経営継続に値しない、といって経営陣の退任を迫っています。

 

Icahn_Carl.small.jpg

 

カール・アイカーンといえば、どこまで本気かわかりませんが、「米国企業の経営者はコーポレートガバナンスがなっていない」と非難し、それに該当する企業の株式を買い集め、あのアクティビスト活動を正当化しています。最近ではヤフーの経営陣を散々非難しています(後にヤフーの取締役となったものの、マイクロソフトとの例の提携を認めてしまった)。

米国でも、「乗っ取り屋」、「物言う株主」としてその手腕を恐れられ、さらに批判を浴びています。

日本では、あの憎まれ者の、スティール・パートナーズのリヒテンシュタイン代表がアイカーンにアクティビストの手ほどきを受けたといわれています。

彼の特徴は70歳を超える年齢に似合わず?ハイテク企業(モトローラ、ヤフー)やバイオサイエンス企業(イムクローンテクノロジー)などの新興企業でさえ、その経営判断はおかしい、と噛み付くことにあります。

ただ、その彼でさえ、このリーマンショックで大きな損失を受けていると思われましたが、最近はMGAミラージュ(ラスベガスのホテル)などに債権者として出没し、ハゲタカまがいのことをやっていました。

 

今回は、やはりCITの一債権者として、申し出ていますが、彼の申し出は、腰折れしかねない米国経済を救う可能性も秘めており(CITが破綻すると中小企業への円滑な資金提供できるプレーヤーが米国で消える可能性がある)、注目に値するかもしれません。

 

いずれにせよCIT問題は夏ほどでもないですが、米国経済には重要な課題となっています。







Last updated  2009/10/20 01:59:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
[コーポレートガバナンス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.