1434623 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元・経営コンサルタントの投資日記

PR

X

Recent Posts

Archives

2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09

Category

Freepage List

Comments

年寄りの初心者@ Re:Mortgage REITへの投資 (12/11) nlyの購入方法がわかりません。
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
東条雅彦@ Re:「永遠の不発弾」IBMは優良配当株?(02/11) はじめてコメントさせていただきます。 と…
マネーの竜@ 商品の時代は来なかった この10年間、商品のリターンは株に完全…

Calendar

Favorite Blog

監視とさぼり New! slowlysheepさん

9.空売りには重要な… New! みきまるファンドさん

新聞ダイジェスト icasicasさん

たーちゃんファンド たーちゃん001さん
大島和隆の注目ポイ… 大島和隆の注目ポイントさん

Headline News

2010/02/24
XML
 

公開会社法をつくりましょう、という話が本格化しそうです。なかでも今回は社外取締役の第三者性やその人数などを法制化しようという動きに有効性があるのか、という点を実際の事例を基に議論しましょう。

 

私としては、そもそも取締役の責任をもっと明確化させる方がややこしい制度を作るより、有効性があると思っています。株主代表訴訟の直接の相手方になること(現在、株主代表訴訟の責任は取締役ではなく、「会社」という抽象的な存在に規程されている)でしょう。

その反面、リスク料として役員報酬の一定額の上昇は許容されるべきだと。

取締役のリスクリターンを高めるべきでしょう。普通にやっていれば、報酬も上がるし(当然報酬は株主の理解が必要)、ダメな場合財産がリスクにさらされ、社員と役員の明確な違いにもなって、ヤリガイも増えるように出来ないでしょうか?

 

 

社外取締役が増えると、経営監視体制が向上し、意思決定がよくなるのか? 社外取締役は「経営のプロ」で、上場異業種のCEOクラスだと、会社の力になるのか?

 

私は、ダウケミカルに投資しています(多分議決権がないはず)。同社のCEO、アンドリュー・リバレス氏は2006年から、シティグループの社外取締役を兼務しています。

サブプライムショックが発生したのは2007年夏、2008年に本格化しました。

特段取締役として責任を受けず、現在も同じ位置にいます。

 

一方、「本業」であるダウケミカル社は、2008年に約1.5兆円を投じてライバル企業を買収しましたが、資金調達に失敗し、2009年の金融最悪時期に高金利で買収資金の調達を行い、最悪の業績時期をやり過ごし、やっとの思いで企業業績を 「並みの不況」程度に持ち直すことが出来ました。

 

ダウケミカルの株主として、リバレス氏が2008年から2009年にシティグループの経営問題に何かサジェスチョンをしていたとは思えず(資金的に危機に陥ったダウ社のことに専念していたはず、そうでないと困っちゃいますね)、かといってサブプライムバブルについて何か理解や提言があったのか不透明です。

むしろ、バブルを見過ごしていた可能性すらあります。

 

要するに、シティグループにおけるリバレス氏は、公開会社法で想定し、日本で一般に言われているような社外取締役の期待に沿っていない人物であると思われます(2008年度の報酬は株式とストックオプションで約145千ドル、現金はゼロ)。

本来なら本件では、本人が辞任すべきかもしれませんでしたね。

 

もちろん、何か気付いた点があれば提言するようなケースもありますが、過度に期待をかけて制度化しても、ワークしないように思います。

 

米国でも独立社外取締役は、機能している場合とそうでない場合があり、制度作ったらそれでいい、という風にならないように気をつけたいものです。結局は取締役一人ひとりのガバナンス意識をいかに向上させるのか、に力点を置くのがいいと思います(もちろん、制度から入って行って、意識を変えてもらう、というのもインパクトがある点は認めます)。

 

魂の入らない仏を作って喜ぶのは、「識者」 です。 

 

制度として、「あるべき論」だけが独り歩きし、現実のケーススタディに疎いという愚が何度もまな板に上ってくる、ハトヤマ内閣(子供手当然り)。これからオープンディスカッションがスタートするらしいのですが、民主党に入れ知恵する連中を洗い替えする方がいいんじゃないか?

 

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 







Last updated  2010/02/25 12:48:13 AM
コメント(3) | コメントを書く
[コーポレートガバナンス] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:社外取締役の有効性と限界(02/24)   マダムアゼルMiMi さん
そもそも人数の法制化に意味があるのか?よくわからないのと、コンプライアンスの欠如や労働者の意見反映に労働側の代表を入れるというものがありますが
会社は株主だけのものじゃないっていうことを言いたいのか、なんなのか?労働組合がある事自体が労働者の意見を反映した給与や人事体系である以上何がどう経営に必要なのか?よくわかりません。 (2010/02/27 09:58:31 AM)

Re[1]:社外取締役の有効性と限界(02/24)   gonchan0810 さん
マダムアゼルMiMiさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。
この議論は焦点がピンボケで、(政権維持のためには)いいとこどりをしているようで、利益相反でワークしないという欠点がありますね。
軸をしっかり持った議論になってほしいなあと思います。
個人的には、たいしてよく知らない議員が、理想論だけで現実を知らずにペラペラ言っているなあ、と感じます。 (2010/02/27 05:58:38 PM)

ctbqvmeo@gmail.com   ジミーチュウ バッグ さん
今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。 ジミーチュウ バッグ http://www.jimmychoo123.com/ (2013/04/18 09:45:35 AM)


© Rakuten Group, Inc.