1441033 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元・経営コンサルタントの投資日記

PR

X

Recent Posts

Archives

2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11

Category

Freepage List

Comments

年寄りの初心者@ Re:Mortgage REITへの投資 (12/11) nlyの購入方法がわかりません。
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
なっつ@ Re:日本たばこ産業の分析(12/15) 初めまして。 現在卒業論文において、JTと…
東条雅彦@ Re:「永遠の不発弾」IBMは優良配当株?(02/11) はじめてコメントさせていただきます。 と…
マネーの竜@ 商品の時代は来なかった この10年間、商品のリターンは株に完全…

Calendar

Favorite Blog

本日の東京市場 New! icasicasさん

2021PF概況542位、焼… New! みきまるファンドさん

消えないシーン New! slowlysheepさん

アシロ(7378)繰上… anchimericさん

たーちゃんファンド たーちゃん001さん

Headline News

2011/12/03
XML
カテゴリ:投資成績
 

 

11月修正.PNG

(12月4日修正:参考指標の数値について、12月と11月があべこべになっていましたので修正しております。TOPIXのYTDは▲17.2%、S&P500は▲1.0%、為替を考慮してもS&P500は円ベースYTDで▲5.5%でTOPIXより10%以上「マシ」だった、ということになります)

2011年もあと1ヶ月を残すばかりとなりました。株価は結果的にほぼトントンで推移しましたが、月中は山あり谷ありでした。

ユーロ問題で売られて、米国指標で買う、という展開が続きますね。ちょっと不思議。ユーロに悲観なら、米経済がどうなろうと買わなければいいし、米経済に強気ならユーロなんて気にしなければよいのに、と思ってしまいます。

 

アメリカ経済は、ローギアからセカンドギアに入ったかな?と思いますが、実質賃金は下がっているようで、なおかつ労働人口も横ばいということは消費も進まないはずなのですが、小売は好調のようで、個人消費の持続性に疑問が呈されています。

 

それにしても雇用統計の9月・10月の修正値はものすごい上方修正ですね。確か9月って速報値は5万人だったと思いましたが、昨日は20万人となっていました。速報値が弱すぎたので、2番底だとわめいていたのに・・・。ADPの雇用速報値はまあまあできていたので、中小零細企業での雇用が進んでいた可能性が示唆されそうです。労務省統計は大企業中心で統計が間に合わないのだとか。

 

それと、アメリカの石油製品(ガソリンとか)が輸出超過に転じた(WTIとBRENTのアービトラージ)とか、シェールガス、シェールオイル等国内エネルギー資源の活用が進めば(長期的な話ですが)貿易赤字も減る可能性もあるので、GDPにもドル下げ止まりにもよい影響を与えないかなあ、と密かに考えたりします。 

 

個人の資産状況は、とにかくJ-REITが一人足を引っ張っている状況ですが、耐え忍ぶ以外にありませんね。

 

 

配当関連指標

11月配当.PNG

 

今月の増配発表は、さすがにありませんでした。

 

今月の売買

売り:朝日インテック(タイの洪水による懸念と低配当で投資目的を終えつつある)

買い:アドバンスレジデンス、ジョンソンエンドジョンソン、Annaly Capital Management

 

朝日インテックは元々、ターンアラウンド目的で買ったもので、株価も回復基調にあって、まあまあの投資リターンを確保できている、という反面、配当はイマイチで、タイの洪水というマイナス要因があるので、少し売りました。

人間の冠動脈に入る製品を作っているので、工場が洪水になった、となるとちょっと不安になってしまいました。私はこの銘柄にあまり信頼感が無いのですね。

 

アドレジは悲観な株価となったので、早速買いを入れました。

 

JNJは、期待の大型新薬、ザレルトがFDA承認となりました。また、リコールで揺れていた大衆薬も再出荷されているようで、これ以上悪くなる要素がないだろうとの期待で少し買い増ししました。

 

Annaly Capital Management はM-REITと呼ばれる不動産投資信託です。REITなのですが、投資対象は実物不動産ではなく、住宅ローン債権を証券化したMBS( Mortgage Backed Security)です。

MBSもフレディマック、ファニーメイの発行するエージェンシー債といわれているものにフォーカスしています。エージェンシー債は法的な根拠は希薄ながら「事実上の連邦政府保証」がついているといわれており、いわば米国債と同等の信用力があります。

 

これを期間3ヶ月から1年程度の短期資金で運用して、その金利スプレッドを稼ぐビジネスモデルです。

なおかつ、投資家から集めたエクイティにレバレッジを6から最大12倍まで掛けるので、スプレッドもレバレッジ分拡大します。したがって配当利回りが14%から15%もあります。

 

これについてはまた記事を書いてみたいと思います。

 

結果的に向こう1年間の受け取り配当金は昨年末比較で+28.5%となりました。

 

12月に向けて

株価は依然割安圏内にありますが、本当に割安なのはシクリカルなセクターばかりで、安定CFの企業の株は決して安いとはいえません。

 

12月に売買するか否かは流れ次第ですが、ユーロが崩壊するのを待つのか、それは回避されると考えるのか、安値を探るのは相変わらず容易ではなさそうです。

 

S&P500はプラスフィニッシュの可能性が出てきました。大統領がウオール街をいじめても株価はたくましく回復していきます。円高も収まったかなとも思いますが、QE3の発動でもう一回円高になるかもしれませんね。

政治家さんとマスコミの記事を読むと、「投機筋が日本経済を滅ぼす」とでも言いたげですが、いくらなんでも国家が投資家に滅ぼされることはありませんので、いい加減にしっかりした解釈を広めて欲しいと思います。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ







Last updated  2011/12/04 05:17:35 PM
コメント(2) | コメントを書く
[投資成績] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:11月の投資状況(12/03)   マダムアゼルMiMi さん
今更というかいつまでもというか「ハゲタカ」ファンドに売り浴びせられるというシナリオですね。

今年の傾向として面白かったのは、ユーロ圏で、市場が弱っている政治を動かしたという点でしょうか。

もし、それでまともな政治が進み、既得益権が崩壊するなら、案外いいのかもという気がします。日本経済を崩壊させるのが投資家ではなく、既得益権にしがみついている人々、業界だとばれるのが怖いのでしょうか。。。
(2011/12/03 10:52:19 PM)

Re[1]:11月の投資状況(12/03)   gonchan0810 さん
マダムアゼルMiMiさん
>今更というかいつまでもというか「ハゲタカ」ファンドに売り浴びせられるというシナリオですね。

>今年の傾向として面白かったのは、ユーロ圏で、市場が弱っている政治を動かしたという点でしょうか。

>もし、それでまともな政治が進み、既得益権が崩壊するなら、案外いいのかもという気がします。日本経済を崩壊させるのが投資家ではなく、既得益権にしがみついている人々、業界だとばれるのが怖いのでしょうか。。。
-----

既得権益者が有権者の過半数を占めてしまったら(少なくとも投票者の過半数)、民主主義も白旗になってしまいますので、そこが厄介なところですね。

為替介入のための借金は誰が返済するのだろう。 (2011/12/04 05:21:30 PM)


© Rakuten Group, Inc.