000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元・経営コンサルタントの投資日記

PR

X

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

住まい

2011/10/10
XML
カテゴリ:住まい
ちょっと前に近所のホームセンターでLED電球を見ていると、店員さんに声をかけられ、評判がいいということで、真剣に検討していました。

 

それまで節電には漠然とした意識・知識しかなかったのですが、80%も節約できると聞いて、善意ではなく、本気で取り組むこととしました。東京電力もひそかに値上げしているらしいし。

 

いろいろ調べると、LED電球は、プロダクトライフサイクル理論に当てはめると、まだ勃興期か成長期の段階のようで、エコ意識の強い人やオピニオンリーダーになりたい人が買うようなものという結論を出しました。

 

個人的には、薄型テレビで裏切られた思い(価格が数年で1/3以下になっているのではないか?ブラウン管と大差が無い)があるので、新しい型に飛びつくのは非常に慎重になります。

未だにスマホではなくガラケーですし。

 

従いまして、家の中の電球を白熱電球から蛍光灯型に切り替えました(嫁さんにはちょっと暗いト文句を言われていますが)。蛍光灯型がそれなりに長持ちすれば、寿命が来た段階でLEDが蛍光灯並みに値下がって、もっと効率がいいのが出来るのではないか、性能も安定するのではないか、というのが蛍光灯を採用した理由です。要するに時期尚早。

 

論より証拠

 

消費電力累計.PNG

 

 

これは我が家のリビングに取り付ける電球(現在60W型6個)を電気料金単価、電球代、を累積し、定額寿命(説明記載の寿命)に達した場合(0時間は初期コスト)に買い替えを繰り返して使用した場合のシミュレーションです。

 

自分で計算してここまで差があるとは思いませんでした。

白熱電球は製造中止の話もあるようです(わざと高いもの買わせるつもりか、原子力発電の廃炉対策かわかりませんが)。

 

白熱灯と蛍光灯では、元々80%も電気代が違うので、約1年(年約2500時間 @7時間)、いや半年もすれば元が取れる計算になっています。こりゃすごい。

 

上記グラフの元データの一部です。

 

元データ.PNG

 

製品スペック等

 

製品スペック比較.PNG

 

黄色がシミュレーションの変数です。

LED電球は60W型の光束(ルーメンとか表示されています)は、店頭では810ルーメンが妥当と記載されていますが、価格ドットコムの口コミ情報では650ルーメン相当でも十分明るいと書いてありましたので、そちらを代用。810ルーメンもので、パナソニックや東芝等の国産品を用いるのであれば、消費電力は蛍光灯型とほとんど大差ないはずです(かつ、価格は4,000円近い)。

中国メーカーのようなもの(コーナン)では2,500円ぐらいで販売されていました。

利用条件

 

電力計算.PNG

 

電気代単価は東電HP

に記載がある「重量電灯B」を用いました。

 

平均利用時間;7時間×消費電力(白熱54W、蛍光10W、LED9.2W)×30円÷1000=1日平均電気代 となると思います。

 

LEDと蛍光灯の消費電力に大差が無いため、LEDのメリットがあまり享受できない結果となっています。

 

留意点

1;そもそも蛍光灯やLEDが本当に12,000時間や40,000時間も寿命があるのか?という問題。

(これは白熱灯でも1000時間もつのかというのにも結局同じなので、今回はその通りになると仮定する以外にありません。12,000時間といえば1日平均7時間だと5年弱、40,000時間といえば16年です(16年先なんて誰が知るか)。

ちなみに、スイッチ1回で数時間寿命が縮むとか・・・。

 

2:出来るだけ使用時間が長い場所で使うことが効果的。明るくなるまでに時間がかかる。

 

3:感性によりますが、暗いと感じる可能性もあります(何しろ消費電力が従来の20%程度ですから)。

4:電気代単価はまだ値上げされる可能性がある

 

ざっくり1年で1.4万円も電気代が本当に違うのかなあ?

白熱約24,000+720(初期投資)-蛍光(4,500+初期投資7,000)=13,000円

月1100円。

2年目は17,000円も違う。

 

これは

NTTやキヤノンの株100株分の配当(DPS=120円)を買った以上の価値がある。

 

7000円でNTT株100株買った(100株で36万円ぐらいするはず)、というグラハムもテンプルトン卿もびっくりの投資効果ではないでしょうか?(と無理やり株にこじつけて終わる)。

 

しかし、とりあえずは来月の電気料金ですな。

 

 







Last updated  2011/10/10 08:34:48 PM
コメント(2) | コメントを書く


2011/05/14
カテゴリ:住まい
 

投資の話ではありません。 

震災から2ヶ月が経過し、うちでも平穏が戻りつつあります(平穏ではなかったのは妻ですが、余震も少しはマシなので)。

 

2人の子供(小学生5年の息子と3年の娘)は昨年ごろから、戦国武将に凝っており、その凝り方がマニアックになってきました。

 

(注:我が家では父親・母親は関西弁で話しかけ、子供はこっちの言葉で会話がなされる)

子どもとの会話

 

娘:「お父さん、一番強い武将は誰だと思う?」

父:(唐突な質問だなあ。信長とか秀吉とか答えようかな。しかし、こいつらも色々知っているようだから...)「武田信玄か、伊達政宗とちゃうか?」

娘:「私、本多忠勝だと思うの」

父:「え?なんでそんな奴の名前を知ってんねん?」(不意打ちを食らう。けど、「大名」ではなく、「武将」っていう質問だったなあ。それでも細かいなあ)

 

娘:「お父さん知らないの、徳川家康の武将で、四天王って言われてるんだよ」

 

父:「(威厳を保ちつつ)それぐらい知ってるわ(辛うじてだが)。けど、なんでそんな名前を知ってるねん?」

 

息子:「僕は真田幸村だと思うよ」

 

父:(げっ、小学生のくせにまたマニアックな。しかし、落ち着いた口調で)「なんや、おまえは豊臣派か、けど幸村は確か大阪夏の陣で伊達軍か松平軍に斬られたのとちゃうか?(と大人げなく、こっちもさらに突っ込む)」

 

息子:「そりゃ、数では負けちゃうよ。1対1の勝負だと強いよ」

 

父:ぎゃふん。そんなことまで知るかー。

 

種明かしは、KOEIのソフトを実家の親に買ってもらっていて、盛んにそれで遊んでいたようで、登場人物である武将の名前とゲーム上の力量を暗記していたというもので、こっちも力が抜けてしまいました。

 

ただ、大河ドラマ「江」なども(大人から見れば内容が幼稚に見えますが)、子供にはとっつきやすいようで、家族4人で見るような感じになっています。

 

さらに、「ひこにゃん」などのゆるキャラ系の台頭もあり、女の子でも戦国時代の人物が身近になっているようです(「しまさこにゃん」(島左近)、という敵役もいる)。伊達政宗のかわいい人形もあったりする(独眼竜のフィギュアとか言われるやつ)。

 

さらに、戦国時代の女性、江、お市、ねね、など(表面上は)きらびやかで興味を持つようです。

 

息子の方は図書館で本を借りて戦国武将関連の本をむさぼり読んでいるようです(したがってこっちが知らないようなことも、知っていて、ちょっと困っています)。

 

ゲームソフト上の戦国武将は皆「北斗の拳」のようにカッコ良くてたくましく、あれじゃあ子供受けするなあと思いました。決して「筋肉マン」のようなギャグ系ではありません。

 

劇画系とゆるきゃら系の双方とも親しまれており、意外な展開に天国でご本人たちも喜んでおられるのだろうか・・・。

 

110514_1147~01.jpg

 

うちの 「ひこにゃん」 と独眼流人形。







Last updated  2011/05/14 12:02:07 PM
コメント(5) | コメントを書く
2011/03/18
カテゴリ:住まい
以下に記載することは一部不謹慎かもしれないが、復興(どのように復興するのかは議論が分かれるが)を視野に入れた場合、不可避な観点ではないだろうか?

 

東電は立場上仕方ない部分があるが、東電の要請他をほぼ丸投げして発言する政府要人は理解に苦しむ。

「買い控え」と「節電」だ。

国民が買い控えと節電に慣れてしまうと、そのまま心理不況に突入してしまう。少なくとも消費心理を冷やすのには十分だ(震災で十分冷えたところに、「あなたたちの無駄遣いが被災者を困らせる」というメッセージ以外の何物でもない)。

 

「買いだめ」は商品の供給見通しが立たないと消費者が勝手に判断したことから行動を起こす。政府はメーカーと協力して供給見通しをきちんと説明すべきだ。

カップラーメンなんて輸入すればいいじゃないか(海外現地生産品の逆輸入)。

棚に並ぶまでに日数はかかるが、その日数の目安が欲しい。

ガソリンもしかり。ガソリンスタンドにものすごい列が出来ていて、自分のメーターが半分を切ってしまえば、不安になる。いつから再支給が可能か目処をつければ、皆逆算してガソリンを使うはずだ。

 

節電。東京電力は無計画に停電を通知してくるくせに、募金運動のように「節電お願いします」の一点張り。鉄道会社まで節電協力しているのに、全てのキー局がしゃあしゃあとTV番組を放送しているチグハグさは何なのだ?

 

一定地域を外した停電は難しいと言われていたがそのようでもないようだ。私の住む浦安市は15日の火曜日にはいったん計画停電対象外地域に指定された。やろうと思えばできる。(しかし、その後、17日に無情にも一方的に計画停電地域に再指定。被災地なのに)

 

重要度の高い政策(ただし、緊急度は当然人命救命)は被災地以外の人は、極力普段通りにお金を使ってもらって(なかなか容易ではないが)、経済活動の下振れを最小限に食いとどめることではないだろうか?(海江田さんまで「節電」って言ってたなあ、残念)

少なくとも電力需要のピークタイム以外の節電はどれほどの意味があるのだろう?(電気は最大需要に合わせて設備が作られているから、昼間なんて需要が少ないはず。だからスマートグリッドで需要供給を平準化させようって動きがある)。

 

商品の方も丸の内のど真ん中のローソンですら、ペットボトルのお茶がない。供給見通しすら示されない。

 

もちろん被災者の救済は最優先事項に違いはないと思うが、救済して復興するには、(ボランティアとか義援金とか目に見える支援のほかに)国民が出来る本当の貢献は、被災地以外の人々は極力普段通りの経済生活を行うことの様な気がする。しっかり税金を払うこと。税金を払うためには法人も個人も儲かっていないといけない。

 

(ちなみに私は(東北地方と比較すれば軽い)被災地住民なので、普段以上にコストのかかる生活を強いられている。断水中なのでコインランドリーとか銭湯とかに行かなければ用を足せない。その地に行くには車は欠かせない)

 

タダでさえ、ガラスの財政なのに、国民心理を必要以上に委縮させてどーすんだ

 

 

そのための電力供給をどうするのか、商品供給をどうするのか、そろそろそういった視点が欲しい。少なくとも昼間停電地域以外で節電する必要性はないと思うのだが(そのための計画停電だったのではないか?本当に無計画だ)。

 

それをリードするのが政府の役目じゃないのか? 「みんなでひもじい思いを分け合いましょう」じゃあ、辛気臭いよ。プロ野球をドーム球場で開幕させよう。そのためなら我が家は停電になっても別にいいと思う(おっと、その場合はTV中継が見られないなあ、残念だが)。

野球の出来ないプロ野球選手こそ食糧不足の大敵じゃないか(ただの大飯食い)。新井君よ。







Last updated  2011/03/18 05:16:07 PM
コメント(9) | コメントを書く
2011/03/12
カテゴリ:住まい
 

TVでの津波の状況や原発の状況などを見ると、なんといっていいのか、むごいとしか言いようがありません。

 

私の住む街でも液状化現象とか、ガスが止まっているとか、いろいろあったので、昨日のうちに4時間かけて歩いて帰りました。やはり自分にできる一番のことは家族同士が無事を早い段階で確認しあうことだ、と思ったからです。

 

一夜明けて周りを観察すると、液状化現象のひどい地域とほとんど発生していない地域に分かれていて、その爪あとが浮き彫りになっていました。

 

幸いにも我が家は、発生の少ない地域だったので、ホッとしましたが、中には2年前に新築したばかりのマンションが地盤沈下していたりして(注:建物が沈下するのではなく、建物の周りの地面が沈む)、残念です。

 

この辺はデベロッパー(M不動産さん)の設計施工技術を再評価したい(契約前に液状化対策はしっかり行っていると説明を受けていたので)。

 

いつも買い物に行くイトーヨーカドーが一番ひどかった。その向かいにあるセブンイレブンはもっとひどい。

http://www.shinurayasu-navi.com/topics/2011/earthquake.html

 

http://www.shinurayasu-navi.com/topics/2011/earthquake4.html

 

http://www.shinurayasu-navi.com/topics/2011/earthquake8.html

 

とりあえず自分ができることは、家族の安全確保と地域の復旧のお手伝いぐらいなので、少しお手伝いをさせてもらうつもりです。

また、家にいるだけでも妻子は安心していますので、できるだけ一緒にいることでしょうか。余震も収まりませんので。

 

断水の復旧見通しがわからないのがもどかしいですね。

 

あと、マクロ的には、東北地方が本当にひどいようなので、復興事業費を考えると子供手当ては当面お預け(以後半永久?)だなあ、と考えざるを得ない状況かもしれません。

早く予算を通せ、という民主党は代替案を提案しないと野党は飲まないでしょうが、くだらない駆け引きをやめて、被害の拡散防止と復旧のために一致協力して欲しいと思いました。







Last updated  2011/03/12 11:20:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/03/06
カテゴリ:住まい
 

日曜日の午後8時というのは昨年まで「世界の果てまで行ってQ」を見て家族で馬鹿笑いをしていました。

今年に入って、なぜか家族4人とも「お江」を食い入るように見ています。

 

家族は私(43)、妻(41)、長男(10)、長女(8)の4人です。

 

まず、妻が今年は大河ドラマを見る、とこだわりました(さすが女性を主役にすると視聴率が稼げるというNHKの目論見どおり。配役もバブル時代のトレンディードラマを大河化したようなちょっと噴出しそうな感じ。秀吉役は明石家さんまでもよかったのではと思うぐらい)。

 

次に長男も見たいというようになりました。彼は歴史に凝っており(Wii等のゲームで戦国バトルから歴史に入っていった模様)、戦国時代は好きなようです。

最後に長女は、女の子が主役(といっても実年齢と配役の女優の年齢の格差が現時点ではかけ離れていますが)なので、興味を持っているようです。

 

次週はいよいよ賊が岳の合戦になります。北の庄城が焼け落ちて、お市が自害し、3姉妹はばらばらになります。

 

長女が「女の子3人はどうなるの?」と聞いてくるので、

「ばらばらに武士の家にお嫁に行くの」と答えて、

「誰が誰に行くの?」と質問するので

「茶々は秀吉と結婚するの」

「お江は(最終的には)徳川家康の子供と結婚するの」(お初は覚えていない)

 

「え?茶々は猿と結婚するの????」(この話の流れで秀吉と茶々ができるとは少女には信じられないだろう)

「で、それで?」

 

「茶々の子供とお江の子供が結婚するの」(秀頼と千姫)

 

「は????」(そのまま固まってしまった。多分意味がわかっていないと思う)

 

説明した自分も、「結構すごいことになるんだな」と内心思ったぐらいですので。

 

小さい子供には、ちょっと難しい話かもしれませんが流れを整理すると、この3姉妹が歴史の中心に存在したということを改めて思いました。

 

「徳川三代」の小川真由美や岩下志麻のような重鎮とはまた違う演技が見れると思いますが、今の演技からはやや荷が重そうに正直思うが・・・。

 







Last updated  2011/03/07 02:08:44 AM
コメント(2) | コメントを書く
2010/04/11
カテゴリ:住まい
 

うちの妻は独身時代からアイドル好きで、かなり入れ込んでいたようですが、結婚してしばらくして彼女は落ち着いてしまったと思っていましたが、ここ数年、いまさらながらにジャニーズ系に凝っております。

見るTV番組も「鉄腕ダッシュ村」、スマスマやアラシ関連などで、この前はアラシのコンサートに行くので、夜は適当に何か食べていろというので「いい年になって何やってんだ?」といっても馬耳東風の世界でした。

SMAPからアラシが最近のトレンドのようでして、そのトレンドに乗っかっているようです。

小学2年生になったばかりの娘も母親に同調し、コンサートに親子で行ったり、なんだか将来思いやられそうな感じがします。

この前は、娘が凝っている任天堂DS「トモダチコレクション」に「アイバくん」とか「オオノくん」が登場しており、その顔やキャラもアラシのそれに似て登場しているときには、もうあきれてしまいました。

 

さらに関ジャニ(関西系出身者で固めたジャニーズユニット)のDVDをアマゾンで買え、というので、買ったところ、非常に機嫌よくDVDを鑑賞しております。

(夫婦とも関西出身ですので)出演者が自分の出身地だったりすると、気になるそうです。

 

しかし、ジャニーズ程度で機嫌よく主婦業をやってくれるのなら、投資効率抜群だ、と思うようになりました。私も平均的なダンナなのでしょう。

(ちなみに私は外見も中身もアイドルとは全く縁がございません)

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ







Last updated  2010/04/11 10:41:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/03/26
カテゴリ:住まい

 

CA3D0001.jpg
 

 

CA3D0002.jpg 

  

昼の丸の内パークビルの中庭の風景です。

ランチを同ビルの地下のうどん屋さんで済ませ、何気なくエレベーターで地上に上がると、春めいていたので、思わず撮りました。

 

このビルは三菱地所さんにとっての、丸ビル、新丸ビルに並ぶ目玉商品のようでして、平日から観光客(私の母親レベルの中高年女性が多いような気がする)やら当然ビジネスマン(ウーマン)やらがたむろしております。

 

贅沢を言えば、六本木ヒルズ、ミッドタウンと比較して、このブリックスクエアはやや小ぶり。

 

丸の内近辺で勤務しだして7年程度経過しますが、渋谷とも新宿とも池袋ともいえないこの落ち着いた雰囲気に最近馴染んでおります。しばし、渋谷に行くとそのギャップがとてもよくわかるようになりました。

 

結構高級ぶっているイメージが強いのですが、地下のレストラン街は一転庶民派ぞろいでして、私の通ったうどん屋さんは肉野菜うどん定食980円で、うどん玉は2玉まで増量無料です(うどんだけだと700円~800円程度)。

うどん屋さんの隣には博多一風堂という有名なラーメン屋さんがありますが、並ぶのがいやなのでうどん屋さんによくいきます(帝国劇場地下の丸亀麺にもたまに行きますが)。

 

一坪8万円とも言われたこのビル、今いくらかな。

 

 







Last updated  2010/03/26 09:48:21 PM
コメント(1) | コメントを書く
2010/03/24
カテゴリ:住まい
 

 

P1010005.JPG

 

遅くなりましたが、連休中20~21日にかけ、会津たかつえスキー場に家族でスキーに出かけました。

スキー場の雪は今でもしっかり滑れる良質のコンディションでした。

天気は20日は晴天で絶好の春スキー日和、21日は一転して真冬の吹雪に見舞われるという極端な変わりよう。

 

家族でスキーに出かけるのは2年ぶり2度目です。前回2人の子供は初スキーでしたので、1日スキースクールに預けました。

今回も半日預けようと思いましたが、「もうスクールは卒業だ」と生意気なことを言うので、仕方なく大人に帯同させることとしました。

が、子供の上達は目を見張るものがありました。初めの1本目はちょっとずっこけていましたが、2本目以降は2年前の感触をすぐに思い出したようで、比較的スイスイ滑っていました。

もちろん、たかつえスキー場が初心者にもやさしいコースであることを知っての選択でしたが、斜度15~18度の中級レベルでもボーゲンの「ハ」の字を崩さず、ゆっくりですがしっかり滑っていたのには、感心いたしました。

私が初スキーをしたのは大学1年生のころ。2度目のスキーでは、中級コースなどに連れて行かされると、滑っている時間より転んでいる時間のほうが多かった記憶しかありません。

 

上の子(小学三年男子)にターンの仕方やタイミングを斜滑降で教えていると、下の子(小学1年女の子)が真似をするのですが、先に飲み込むのは下の子なのですね。

すると当然兄弟では下の子が先に降りてきて、「お兄ちゃん遅いよ」な~んて生意気言っているのがおかしくて夫婦で笑っていました。

 

滑り方にも性格が出るらしく、慎重な兄貴は紙相撲のようにしっかり型を崩さずゆっくり滑っていくのに対し、比較的楽観的な妹は、コースの中腹を過ぎたあたりで、こちらがターンを教えていても、「めんどくさい」といってそのまま直滑降に滑って行きました。

 

2度目のスキーでそれなりに林間コース等は楽しんでいたので、3度目、4度目となると上級コースに連れて行こうと考えてしまいます。何となくこっちが滑り足りないことも満足されるでしょう。

 

止まったのはペンションでしたが、実に飯がうまかった。逢う日アウディというところ。

 

P1010002.JPG

 

ここまでは楽しい話。

 

行き帰りの道路事情は最悪。特に東北自動車道は浦和~那須塩原までずっと渋滞しているような感じでした(浦和に出る首都高も渋滞)。

帰りはたまらず、常磐道まで抜ける下道で帰りましたが、政策効果が出ているのか、たかつえ~浦安まで片道目標3.5時間~4時間だったのが、実績7時間程度もかかってしまいました。

 

高速料金がタダになったら恐ろしい。







Last updated  2010/03/24 02:37:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/11/25
カテゴリ:住まい
 

3連休最終日に養老渓谷に紅葉見物に行きました。

多少早かった感じ。

P1000973_01.JPG

 

日当たりのよかった山の中腹から上のほうは拡大すると、まあまあ赤かった。

 

P1000965.JPG

赤々としたもみじの裏から撮ると・・・。

P1000984.JPG

 

こんな感じ。やや日陰となっていて、鮮やかさがうまく表現できていないなあ。

月末から12月初旬の方が見ごろかもしれません。

 

「もみじのようなサラリーマン?」を目指すのか? → そんなわけありません。

(注:大河ドラマ「天地人」になぞらえているだけです)

 

株式相場

為替はユーロには円安にふれる一方、ドルに対しては相変わらず円高でして、かなり不自然さが残る展開ですね。

この円高の動きが収まると、株価もひと段落する、と思う反面、早くも来年3月末を目指した動きを意識すべきか、思い巡らすとあれこれ迷ってしまいます。

米国の第3四半期の修正GDPが2.8%っていうのは、速報(3.5%)とのGapがひどい。

また調整気味になるのかな。あの時は3%未満の直前下方修正予想が3.5%だったといって大いに盛り上がっていましたね。

 







Last updated  2009/11/25 01:05:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/09/07
カテゴリ:住まい
娘(小学校1年生)は二学期が始まり、カタカナを習っているようです。

先生が、ノートに好きなカタカナを書いてごらん、といい、先生自身は黒板に 「マイケル」 と書いたそうです。

その文字を見た、生徒数名が、 「マイケル・ジャクソンだ」 といったそうです。

先生は「よく知っているねえ」 といったら、生徒たちが「前に死んだ人」と答えたそうです(この辺は正直)。

うちの娘も、その会話の中に入れたそうで、「教育???」した効果があったようです。

ちなみに担任の先生は、小学生1年には異例?とも思える、50前の女性の先生で、「そういう世代なんだろうな」と夫婦で会話しておりました。

また親の世代の高齢化も感じさせる、各家庭の教育事情? が垣間見えました(親が見たり聞いたりしたから知っているんだろうし)。

家でマイケル・ジャクソンの曲をかけるとあの、「ホー!」という甲高い声を子供たちは発しております。

 

民主党の子育て支援金、実現したらどう使うのだろうか?さしずめ、積み立て投信でもしようか、多分貯蓄系に回りそうな気配。

 

株価の方はNYも当面弱気な印象です。ジム・クレーマーも「Mad Money」でそのようなことを言っていました。

日本は鳩山政権が組閣されるのかなあ、藤井さんが財務大臣になる見通しと報じられています。彼は元大蔵官僚ですので、当面市場主義で財政にもある程度規律をもたらす方向に軸が向けられそうな気配ですし、ロイターやブルームバーグのインタビューを読む限り感じました。地に足着いた印象があり、好印象でした(年齢以外は)。

ということはポートフォリオのJT辺りは上昇するかもしれない(タバコ増税のスタンスはわからないが、個人的には一瞬下落するかなあと思っていてチャンスをうかがっているんですが、従来の影の財務大臣氏よりは、穏健路線に感じます)。







Last updated  2009/09/07 01:00:57 AM
コメント(0) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.