2009/08/30

政権交代の意味

(4)
カテゴリ:政治
民主党政権が誕生しました。しかし、自民党議員の中には、郵政民営化賛成だった小泉チルドレン達や小池百合子氏や武部勤氏などが小選挙区では相次ぎ敗れてしまいました。

どういう変化を我々が望んでいるのかよくわからない選挙というのが感想です。正直民営化には賛成だったのですが、それを覆そうとするその場限りの場当たり的な自民党の対応に怒りを覚えたのは事実ですが、高速道路無料化などという政策や郵政民営化反対などと思っていることはありません。

単に自民党だから、とか、助けを請うだけの議員に愛想が尽きたということでしょうか。

消去法的にしろ、変化を求め、実現した点でもよかったと受け止めることにしましょう。何を言っても無駄という自民党時代の閉塞感を打破できたことは収穫です。

ただし、官僚=悪と決め付けたような議論はおかしな点です。マスコミは得てして、悪い面ばかり取り上げるので、官僚のよい点(なかなか思いつきませんが)、悪い点をきちんと整理した議論が望まれるところです。

期待値が大きいほど、失望感も大きいというのは政治でも株式相場でも同じだと思われますので、これから先数ヶ月間は、揚げ足取り的なマスコミ報道が過熱化し、「民主党」株のPERは大幅変動しそうですね。

 

鳩山さんにはくれぐれもお願いしたいことは、組閣人事の前に大臣候補の「身体検査」を十二分に行っておいて欲しいです。個人事務所の経費から保険料の納付まで隅々まで、潔白な人を送り込まないと、政策実行の前にスキャンダルで地雷を踏むことだけはないようにしてください(もっともマニュフェスト全部を実行してほしいとは思いませんが)。こっちは「民主党」株のPERのみならず、EPSにも影響しそうですが。






TWITTER

Last updated  2009/08/30 11:06:42 PM
コメント(4) | コメントを書く