418733 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マンハッタン狩猟蟹の逃げ場

2006年11月29日
XML
カテゴリ:2006年11月読書
[1] 読書日記


  読み終わって、書店で掛けてくれたカバーを外すと、

   <こんな面白い本
    どうして見逃していたんだろうか!?


  との文字が帯に踊っていた、

   クリストファー・プリースト 「奇術師」(ハヤカワ文庫)

  を読了。

  本棚の中で二年あまり積み、今まで見過ごして来ただけに、その惹句には同感。
  小説として非常に面白かった。
  少なくとも、ここ三ヶ月以内に読んだ長編の中ではベスト。

  ミステリとして読み始めたが、ジャンルは超越的。
  恐らく何の先入観も持たずに、読み始められる読者が一番幸せな読者。
  次善は、多分私同様にミステリと思って読む読者。
  要は、私は幸せな読者であったと言いたい。

  その場合はなるべく事前情報をシャットアウトしておくのが大事。

  読者によって、「ネタばれ」の閾値がまるで作品だと思うので、うっかり巻末の解説やら、
 ネット上に氾濫するレビューを読もうものなら、簡単にミステリとしては「ネタばれ」に抵触
 する文献にゴロゴロ出会ってしまう憂き目に会ってしまうかも。

  裏表紙の概要が、過不足のないものだったので最後に引き写しておく。

   <北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドールは、
    彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。

    お互いの祖先は、
    それぞれに「瞬間移動」を得意演目としていた、
    二十世紀初頭の天才奇術師。

    そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は
    子孫のアンドールにまで影響を与えているというのだが……!?

    二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかになる!


  面白い海外文学を読みたい人には、是非ともお薦めしたい逸品。






最終更新日  2006年11月29日 08時02分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[2006年11月読書] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.