411057 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マンハッタン狩猟蟹の逃げ場

2007年08月22日
XML
カテゴリ:2007年08月読書
[1] 読書日記


  キリが無いので、このブログでは取り上げないことにしていた漫画を、あえて。

   山名沢湖 「レモネードBOOKS」<1~2>(竹書房)

   

  を読了。

   <「それに趣味に深入りするのもそれなりにキュークツなもんだよ
     自分で作ったルールに縛られちゃうみたいなとこもあるし」
    「ルール?」
    「…古本市を見かけたら寄るのがさだめ☆みたいな」


  【目次

   古本とレモネード
   第1話 扉を開けて
   第2話 ゴドーを待ちながら
   第3話 いつか晴れた日に
   第4話 彗星問答
   第5話 ノンちゃん雲にのる
   第6話 趣都の誕生
   第7話 おもいでエマノン
   第8話 明るい部屋
   第9話 浮世風呂
   第10話 われは幻に棲む
   第11話 ゆっくりさよならをとなえる
   第12話 夏の栞

  【ジャンル

   ほのぼの恋愛マンガ。

  【簡単な内容説明

   普通の女の子と、読書オタクの彼の、始まったばかりの恋愛を中心に描いた物語。

  【感想

   引用部分をはじめ、他人ごと、あるいはマンガの登場人物とは思えないエピソード
  ばかり。ただ同じ作品を「読む用」「保存用」「布教用」と3冊も持っていながら、
  割と片付いた部屋に住んでいる彼を、既に蔵書の「整理」も「検索」も行き届かない
  生活をしている身としては、羨ましいと同時に、「これは嘘だ~」と思った。

   世の中で「オタク」というと、割りとディープでネガティブなイメージがついてま
  わるものだが、これが「読書オタク」となると、愛書家・ビブリオマニアや、活字中
  毒という前々から存在する言葉の方が、底知れぬ深い闇を感じさせ、むしろライトで
  ポップなイメージを抱いてしまう。あくまで、私の場合ですけども。

   やまじえびね「お天気といっしょ」(YOUNG YOUコミックス)のたみら君と、みるこ
  さんを、このマンガの主人公ふたりを見ていて、思い出した。雰囲気が似ている。 

  【作中登場書籍
 
   笙野頼子「片付けない作家と西の天狗」
   キャシー・アッカー「血みどろ臓物ハイスクール」
   美内すずえ「ガラスの仮面」
   細川智栄子「王家の紋章」
   海野十三全集

   各話タイトル分は、目次と重複するので省略。

   






最終更新日  2007年08月22日 23時29分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[2007年08月読書] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.