407325 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マンハッタン狩猟蟹の逃げ場

2007年11月08日
XML
カテゴリ:ベストセラー
[1] ベストセラーを読む


  浦島太郎というわけではないので、日本あるいは世界におけるその人気ぶりは重々承知し
 ていたが、さすがに驚いた。近所の古本屋で自分が買ってきて、読み終えた、その本の奥付
 を何気なく見てみると、

   <二〇〇一年一〇月三十一日 初版第二六七刷発行

  となっている。
  しかも、<一九九九年一二月八日 初版第一刷発行>からわずか二年足らずの期間で、で
 ある。世界歴代第三位のベストセラーという事実を、改めてこの身に実感させられた思いで
 あった(諸説あるが、歴代一位は聖書、二位はマルクス、あるいは毛沢東だとか)、

   J.K.ローリング 「ハリー・ポッターと賢者の石」(静山社)
   J.K.ローリング 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(静山社)

    

  を読了。
  そして現在、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を読書中。
  今まで、映画も一本も観たことなかったので、「ハリー・ポッター」という物語との接触
 は今回がはじめて。

  感想については、面白い、ミステリ(特に「本格」の)ファンならば読んでおいて損はな
 い作品というのが正直な感想。

  個人的な感想では、別にこれまで散々耳に入って来ていたほど、特につづきの気になる話
 ではなかった、というところ。別に「賢者の石」で完結しても納得する。ただ、つづき云々
 ではなく、物語として面白いから現在「つづき」を読んでいる、というところ。現に、起承
 転結でいうところの「起」だった「賢者の石」よりも、「承」の「秘密の部屋」の方が面白
 かった。

  物理的な感想としては、本の規格、文字の大きさ、漢字横のいちいちのルビという体裁に
 目が慣れておらず、自分のリズムで読み出せるまでに随分と苦労させられた、というのが一
 番。二番目としては、それは翻訳の文体によるところも大きいか、というもの。もう少し柔
 らかな書き方でも良かった気がする。
  
  これ以降の作品も手に入ったら順次読んでいくとは思うが、多分、映画は観ないと思う。
  というか、何故に映画で観る必要性があろうか?






最終更新日  2007年11月09日 02時17分28秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.