432101 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホテルと旅館の批評

2006年09月30日
XML
カテゴリ:ホテル
利用時期: 2005/09/03(1泊)
部屋タイプ: ツインルーム(42平方メートル)
星:星星星+0.5

水戸プラザホテル水戸プラザホテル

旅行ではなく、親族の結婚式のために一泊した。水戸にはまったく縁がなく初めての町であった。水戸ICの近くにこんなホテルを作って、どれだけ需要があるのかと思ったが、結婚式場はよくつかわれているようだ。当日も何組か行われていた。日本のホテルは、やはり結婚式がメインである。

エントランスが大きな割にはフロントはこじんまりとしており、上質なイメージを作っている。ベルボーイなどを期待してはいけないが、このレベルのホテルとしては十分だろう。ホテルとしては珍しく屋根付きの中庭がある。それに面して各レストランがある。すこしヨーロッパを思わせるつくりなっていて雰囲気がとてもよい。

宿泊した部屋はツインルームだが、広めの部屋で、地方のホテルらしく余裕のあるつくりをしている。リゾート地方なら広めの部屋というのはわかるが、そんな土地柄でもなさそうである。このあたりの一番のホテルを目指して、地元からの宿泊客を対象にしているのか。ターゲットはいまひとつ不明である。

部屋自体のつくりは通常のホテルと同じであるが、よいと思ったのはお風呂である。ホテルなので、バスとトイレとつながっているのだが、ガラス戸で区切ってあり、お風呂には洗い場がついている。だから、子供をつれてはいるのも便利である。この辺は、日本人がきちんと設計したのであろう。アメリカ系の日本のホテルよりよほどしっかりしている。

夕食は「旬彩和膳 よし川」を使ったが、普通の和食レストランである。ホテルから出て食事するところも多くあるので、値段は抑えた設定になっている。特筆するべきことはなにもないが、ホテル内で食事したい場合は、年寄りや子供がいるグループにはいいだろう。

朝は、「テラスレストラン ローズ」で取った。和食を含めて3種類の朝食から選べるようになっている。そのなかで、サラダとフルーツの朝食にした。休みの朝にのんびり食事をするにはいいところである。

水戸に行くことはもうないだろうが、このあたりに宿泊しないといけない場合は選択肢にいれてよいホテルである。ただ、宿泊費を自分で払っていないので、コストとは比較していない。






Last updated  2006年09月30日 12時44分30秒

PR

Calendar

Category

Freepage List

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.