000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

進学塾 明秀館 ~続けることを続ける。

2018年04月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20180413134555-00.jpg

この度は無事に希望大学に合格することが出来まして感激しております。

息子の大学はいわゆる大学附属の高校でした。受験から解放されると思った高1の4月に、息子は、「3年間徹底的に勉強して受験したい。 」と言い出しました。

熱意に負けて、お友達の通う明秀館が大学受験に強いらしいと調べて来たようで、自分で問い合わせをしました。

私自身が大学受験の知識や実態などをまったく理解していなかったこともあり、ほぼ全てを塾長にお任せして今に至ります。

息子は中学の後半にも勉強自体は頑張っていましたが、明秀館に入ってからのそれとはまったく次元の違うもので、塾長に教わった音読中心のメニューを家でも呪文のように唱え続けていました(笑)

2年生の間は苦しい日が続いていたようです。これだけやっていても成績を上げるのは容易ではないことを目の当たりにし、「このまま附属大学に進学すれば良いのではと何度も思いました。 」けれど、どんなに苦しい時でも、息子の頭にその選択肢はなく、当たり前のように明秀館に向かっていきました。

3年になってからは同級生たちと一緒に専用の部屋を与えていただき、少しの休憩時間にみんなと話したり、誕生会をしたり、暗記勝負をしたりとメリハリのある日々が彼を支えてくれました。なぜ、息子が明秀館に楽しそうに行くのかなんとなくわかった気がしました。彼にとっては、高校以上に明秀館が自分の居場所だったのでしょう。

継続した努力は身を結び3年の夏頃には目標に近づいている手応えを感じていたようです。

夏合宿、さらに、塾長は息子に必要な小論文のスペシャルプログラムを組んでくださり、対策が難しい慶應の小論文にも不安なく向かっていけました。

合格発表当日、これでダメなら浪人すると事前に話してはいるものの祈るような気持ちで発表を待ちました。

初めてみるような満面の笑みを浮かべた息子に、思わず私も涙を止めることが出来ませんでした。受験勉強を通じてあきらかに彼は変わりました。

苦しいことにも最後まで立ち向かった息子を誇りに思うと同時に、ここまで支えてくださった明秀館との出会いに感謝します。最後まで、あまりお立ち寄り出来ずすみませんでした。






最終更新日  2018年04月13日 13時45分56秒

PR

プロフィール


明秀館

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.