788844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

進学塾 明秀館 ~続けることを続ける~ 近鉄富野荘駅から徒歩3分@城陽市 上位公立高校・国公立大難関私大に立ち向かえる力を!

全3041件 (3041件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

2019年04月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
中学1年生の定期テストの結果はどの保護者も気になる一大イベントです。

そこで、保護者の方に理解しておいた欲しい大切なことがあります。

まずは、下の推移を見てください。

1年間の平均点の推移

英語 74→69→66→56
数学 78→67→65→61

英語 74→56 で18点ダウン
数学 78→61で17点ダウン

ちなみに、この学校は城陽市の中で比較的問題が優しい学校です。

3学期には50点を割って40点真ん中が平均の学校もあります。

保護者の方に理解しておいてもらいたいことは、自分のお子さんの点数と平均点との乖離です。

何点だったかを確認するときに、必ず合わせて平均点もチェックしてください。

もちろん、中間テストで見事に目標点を取ってきたお子さんに、「今回は平均が高いから〜」とその努力を否定しすぎるのも良くありませんが(^_^;)







最終更新日  2019年04月17日 11時59分26秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
「子供と相談してみます。」

何かをこちらから提案した時に、???と思う場面が増えています。

中学生くらいまでなら、ある程度は親の強制力も必要ですよ。

お母さんは中継係ではありませんし、保護者の方が必要と思ったもの(例えば、講習)は申し込めばいいし、そうでなければ申し込まなければ良いと思います。

やるのは本人だからとは言ってもきっかけを作るのは、保護者の方以外にいませんからね^^;

特にこちらから保護者の方に何かを提案したときは、それが必要だと思っているわけです。

そこで、「子供と相談してみます。」になるとwww

もちろん「子供と相談してみます。」が親の主導であれば何も問題はありません。

ただ、保護者の方が必要と感じてないオーラが出ているなかで、子供に相談する意味はまったくないと思います。

子供に任せるべき場面と、保護者が判断する場面をきちんと理解されていたり、そこでこちらに相談されるご家庭は成績が伸びやすいです。






最終更新日  2019年04月17日 12時21分09秒
2019年04月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
中学生にとってはなんだかんだで、定期テストの点数アップがモチベーションの維持に繋がります。

保護者もそのあたりは理解しておられますが、とにかく取り組ませるのが遅いケースがほとんどです。

クラブ停止期間の一週間前から頑張ってもなんにも変わりません。

むしろ、前回よりも下がるでしょうね。時間の経過と成績は通常反比例します。

3週間前から家族の協力体制のもと、負の元凶になりやすいスマホのルールを徹底確認。ここが保護者の方の力の見せ所!

城陽市の中学校は2週間前程度に範囲表をくださる全国的に見て数少ないありがたい地域です。

県によっては2,3日前なんてザラにあるようですから。ここは学校の先生方に本当に感謝!

英語と数学を中心に学校ワークをどんどん進めていきましょう!

1週間前!

帰宅後にどれだけ早く勉強モードになるかがポイントです。夕食までの積み重ねが大切です。夜は誰でもやりますからね。

ちなみに、中間テストの日程は

西城陽中学校 5/16(木)~

北城陽中学校 5/16(木)~

南城陽中学校 5/16(木)~

東城陽中学校 5/23(木)~

城陽中学校  5/16(木)~

※日程に誤りがあったので修正済み。
2019年4月17日更新






最終更新日  2019年04月17日 16時36分19秒
2019年04月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここ数日で小学生〜中学生でわからない言葉にチェックをつけてくれた単語です。

なまじ

魚拓

露店

裸電球

衆議一決

枚挙にいとまがない

鬱積

哲学

峠を越える

慮る

痛感する

こんな語句が文章にはバンバン出てくるわけですが、読めない子にとっては、

★△◯のように単なる記号として読み飛ばしてしまいます。

語彙力を増やす努力をしない子は、高校入試において専門学科上位校には確実に届きません。

もちろん大学入試においては言わずもがなですね。

だからこそ、毎日の授業の中でコツコツ積み上げていくしかないんです。

明秀館は小学校から授業では国語も指導に入れています。

読むということと向き合う時間を確保することが1番難しいですが。






最終更新日  2019年04月13日 03時47分33秒
2019年04月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類


明秀館との出会いは、中学校を地元から少し離れたところに電車で通う事になり、できれば教室は帰宅後に家から近いところでと体験させていただいたのが始まりでした。

塾からの宿題はない、漢字も憶えているなら書く必要はない、学校の宿題を塾でしてよいと、今まで経験した塾との違いに、大変うれしかった事を今でもはっきり憶えています。

がんじがらめに課題を大量に渡すのではなく、各自に必要なことを塾長が判断してくださり、みなさんとはちがう教科書、テストのタイミングにもご協力いただき、本当に助かりました。

娘の性格もすぐにわかって下さり、この子にとっての一番の声かけをしていただいていると日々感じられとても安心できました。

また、クラブに全力で取り組んでいた娘ですが、全力すぎて体力が空っぽになってしまう時もありました。無理に他の子とペースを合わせることを強要せずに出来る範囲を見極めて、娘の最大限を引き出してくださいました。

前期の第一希望の高校が残念な結果になってしまった時に「これからがんばらないといけない人へ」といただいたメッセージは本当にうれしかったです。

中期選抜が終わった日から高校に向けてご指導いただき、苦手な英語に取り組んでいます。「通過点」を子供自身で認識し、次の目標に向けて前向きに取り組めていると感じています。

本当にありがとうございました。

これからも引き続きよろしくお願いいたします。






最終更新日  2019年04月12日 13時52分54秒
2019年04月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類


長女が中学生の頃から明秀館でお世話になっていたので、息子は中学校入学直前から入塾させていただきました。

子供たちが小学生の頃は塾に通わせる考えがなく、通信教育の教材を使いながら親が採点などをしていました。

両親ともに仕事をしていたので時間的に余裕がなく、イライラやガミガミ状態になり悪循環でした。

明秀館に入塾させていただいてからは、完全にお任せ状態になり、子供たちが自発的に塾へ行くと毎日通うのが習慣になってイキイキとしていました。

中学校の部活ではスポーツをしていたため、試合や遠征合宿、京都選抜に選ばれたプレッシャーなどと戦いながらの通塾だったので、親としては身体や勉強の事が心配でした。

そんな時、中川塾長に不安な気持ちを打ち明けたところ、目先の事だけではなく長期的に考えていただけたので部活にも全力で打ち込むことが出来ました。

部活を引退してからは受験勉強モードに切り替え、毎日長時間、明秀館に通わせていただいたおかげで私自身も安心して仕事を続けることができました。

ただでさえ難しい年頃ですが、お互いストレスでぶつかる事もなく前向きにサポートすることが出来たのは中川塾長はじめ多くの先生方のおかげであり、明秀館で育てていただいたと感謝しています。

そして見事に第一志望の高校の合格へ導いてくださり、ありがとうございました。

また高校合格がゴールではなく通過点として、大学受験へ向けてのシフトチェンジもさすがです。親子なら喧嘩になっているでしょう(笑)。

これからも引き続きお世話になります。ありがとうございました。






最終更新日  2019年04月12日 13時39分33秒
カテゴリ:カテゴリ未分類


高校生で結果が出ない子は、以下を少しずつ減らしていくことが大切。

たとえ残りの時間が少なくても伸ばしたければやるしかない。

短期的に取り組むことは出来ても長く続かない。1、2週間頑張ったらそれで伸びると思っている。

指摘されることから逃げる。伸びる子ほどチェックの回数が多い。もちろんうまくいってるならそれはマストではない。

教室にいる時間が短い。なんやかんや理由をつけて来ない。

「今日は家でやります。」

はい。やりません笑






最終更新日  2019年04月11日 14時14分44秒
カテゴリ:カテゴリ未分類


先日、小学6年生の男の子が初めて3時間の長時間学習に挑戦してやりきりました。

終わった後の顔がなんとも言えない充実感。

大袈裟かもしれませんが、この子の人生や価値観が変わった瞬間はこの日だったかもしれません。

1人ではやりきれないことも、明秀館に来れば可能になることもあります。






最終更新日  2019年04月11日 19時15分15秒
2019年04月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類


明秀館には中2の時からお世話になり始め、約5年、塾に行く事が娘にも親にも生活の一部になっていました。

卒塾する日が近づくにつれ、何となく寂しさを感じ、「明秀館ロスにならない?」と何度か娘に聞いた程です。

数ある塾の中でそう思える場所に出逢えたのは本当に幸せな事だったのだと改めて実感しています。

高校受験が終わった直後から塾にいる時間が一気に長くなり、「塾でしないと集中出来ない」と言う娘に寄り添って、可能な限り開けて下さってたお陰で高校に入ってからの成績が目に見えて上がって行き、塾に居るのが楽しい。勉強が楽しい。と言うようになりました。

高3になり、受験シーズンが近づいてくると、自分で自分を追い込み始め、周りが見えなくなっていく娘に対しても塾長と講師の先生方で上手く連携を取って、的確なアドバイスとサポートをして下さった事、更に家庭での親の対応の仕方についても小さな事まで相談に乗って下さった事。とても心強く、感謝の気持ちでいっぱいです。

最高の環境でしっかりとした勉強体力、勉強方法を身につけて頂いた娘は、今後の大学生活に於いてもめげる事無く続けていける事と思います。

大学生になってもまだまだ未熟。

今後も人生の先輩としてご指導を頂ければ幸いです。

長い間お世話になり、有難う御座いました。






最終更新日  2019年04月07日 21時16分26秒
カテゴリ:カテゴリ未分類



南城陽 なんじょう

城陽 じょうちゅう

東城陽 ひがじょう

北城陽 ?

西城陽 ?

なぜか、西と北は略称を聞かないですね笑、

さて、タイトルの半信半疑ですが、

保護者の方が思っている以上に、お子さんは保護者の方の影響を受けます。

ご家庭で、

「あの先生は、お母さんあんまり信用できないわ。」

「今度、新しい塾が出来るみたいだけど様子を見てくるわね。 」

はい笑

絶対に伸びません。

保護者の方が信用していない、または安心して預けられないなら成績が伸びる可能性はグッと低くなります。

繰り返します。

絶対にお子さんの成績は伸びません。






最終更新日  2019年04月07日 21時18分26秒
このブログでよく読まれている記事

全3041件 (3041件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PR

プロフィール


明秀館

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.