000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

プロフィール


Bu命

お気に入りブログ

成績や学習姿勢をど… New! masa/kさん

1月の総合模試が返っ… New! nakakazu3310さん

2学期の通知表 top runnerさん

黒岩塾 はてなブロ… 961819さん
川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
松江塾 奮闘ブログ 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん
蠍の生息地 塾屋さそりさん

ニューストピックス

楽天カード

December 8, 2012
XML
カテゴリ:塾長のあゆみ

月に一度のミーティング

校舎長が毎回議題にしたいことをあらかじめレジュメにまとめ

それにそって自由に意見を出し合い進められた

レジュメといっても十数ページにもわたる冊子に綴じられたもので

かなりの濃い内容のものである

(ちなみに今でも僕はそれらをきちんと保管して持っている)

ミーティングでは

一年目は一年目なりの感じる意見を求められたし

四年めである僕にはそれなりの意見を求められて当然であったし

以前書いたように学生重役という役職と

その会議に一年間参加していた経験もあったので

むしろプレッシャーを感じるほどであった

何よりもこれまでの3年間

校舎運営というものに関しては

自己流を完全に認めてもらえていた環境であったし

逆にこれというものを教えてもらってこなかったので

新しい校舎長の感覚に対して

自分の感覚がどうなのかという自信がなかった

いや

より正確に言うと

僕なりには他の校舎や講師を見て自分なりに

いろいろな校舎運営方法を感じ取っていたのであるが

T先生の感覚というものが特にシビアなことを知っていたので

僕の指導スタイルをどう捉えられるのか不安を感じていたし

一方で

今までのスタイルを変えてでも吸収するぐらいの気持ちでいた

ところが

新人ばかりのスタッフという持ち駒に対して

校舎長は最初

少し手探りの状態で校舎運営を模索されていたようである

それが僕には物足りなく感じていた

もっともっとダメだしをし

具体的な方法を示して欲しいと思っていた

そんな気持ちが

6月にあった3回目のミーティングで爆発したのかもしれなかった







最終更新日  December 8, 2012 02:29:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
[塾長のあゆみ] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

・January , 2022

コメント新着

 Bu命@ Re[1]:奈良県立大学附属高校募集要項(07/07) 同県母さんへ お返事遅くなり申し訳ござい…

© Rakuten Group, Inc.