660805 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

プロフィール


Bu命

お気に入りブログ

今こそ全力で叩くとき New! masa/kさん

自分のアタマで考え… nakakazu3310さん

2学期の通知表 top runnerさん

黒岩塾 はてなブロ… 961819さん
川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
松江塾 奮闘ブログ 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん
蠍の生息地 塾屋さそりさん

ニューストピックス

楽天カード

March 4, 2016
XML
カテゴリ:塾長のあゆみ

前回のこのタイトル記事から

3年数か月ぶりの続編ですので

前回分から載せておきます

さらに以前の文をお読みいただける方は

カテゴリの「塾長のあゆみ」

からご覧になっていただけたらと思います

 

(前回分)

 

ミーティングはいつも日曜日の夕方から開かれていた

6月のミーティングがあった翌月曜日は

他校舎での授業だったので

桜井校での授業のため出勤したのは

火曜日の夕方だった

いつもの感じで校舎の扉を入ると

何か空気の異なるものを感じ取った

とはいえ

新年度が始まって以来

すなわち

新しい校舎長が着任して以来

何度か感じたことのある空気でもあった

僕は常に校舎のために努力をしている

ということを感じ取ってもらおうと頑張っていたわけであるが

伝わっていないのかな

と疑心暗鬼になることも度々あったし

この日も

そんな日なのかな?くらいの気持ちで

授業の準備をし

中3の社会の授業を2クラス分こなした

そして

いつもなら日報ミーティングが自然に始まる時間帯になって

僕は突然

校舎長から非常に深刻な顔つきで呼ばれ

事務室から離れた教室に連れて行かれた

僕は今日の業務で何かまずいことでもしたかな?

くらいに思っていたのであるが

教室に入りしばらくして校舎長は振り返り様に

「お前、俺のやり方に不満があるのか?ついてこれへんのか?」

と言われた

その目は赤くなり涙がうっすらと浮かんでいた

思いもよらない言葉に

頭の中は???で一瞬で真っ白になった

その時点では僕にはまだ先日のミーティングの出来事と

結びついていなかった

心の中では

「何ゆうてはりますのん?僕は言われたことをきちんと忠実にやってますやん。力不足でできていないことがあるかもしれないけど、どこに不満を感じさせるような行動がありますか?」

とつぶやいていた

すると

「この前のミーティングでみんながいる前で俺を糾弾したな。今まで十何年も校舎長をしてきて、いろんな講師と仕事してきたけど、ここまで惨めな思いさせられた講師はお前が初めてや。俺についてこれへんのか?俺がそんなに仕事してないように映ってるのか?そんなに仕事してないか?もうお前は辞めてくれていいと思っている。明日からお前が来なくなっても、もう代わりの講師は手配してるから、授業に穴があくこともないし心配しゃんでいい。ええやないか、どうせ、お前はOさん(前の校舎長)に頼んだら、○○塾で面倒みてもらえるやろ」

と言われて、初めて先日のミーティングでの僕の発言が

ここまで校舎長に衝撃を与えてしまったのだということに気が付いた

またその日の出勤時に感じた空気の違いは

これが原因だったとうことが判明した

(以上前回分)

 

まさに晴天の霹靂である

確かに自分で蒔いた種なのであるが

いきなり後頭部を殴られたくらいの衝撃であった

こんな言い方をすれば

反省の色がないと言われるかもしれないが

(いや実際に反省などはしていないのであるが)

悪意をもって言ったわけでもないし

一年目の新人がどうすればいいか戸惑っている中で

そして四年目であった僕ですら

校舎長の思惑を図りかねている中で

言わねばならない一言だったと思っている

僕にとれば

誤解されているに過ぎないことでしかない

ただ

「もうお前の代わりを手配している。明日からいなくなっても穴があくことはない」

(真実かどうかは不明であるが)

という言葉だけはショックだった

しかし

そんな誤解で

この校舎あるいはこの塾から去らなければならないのは本望ではない

昨年度まで一緒にこの校舎で働いていた校舎長や専任がこぞって

同じ地域の別の塾に移籍していった

僕も誘われたが

その方たちとの人間関係より

この校舎に通い続けてくれる生徒を選んだのだ

それと

出来あがった大きな塾で頑張ることよりも

この地域ではまだまだ知れていない塾を大きくしていくことに

やりがいを感じていた

誘ってくれた元校舎長からは

「恩を忘れやがって」

と言われながらも残った塾である

だから誤解に屈したくはなかった

「どうする?辞めるのか辞めないのか、今、ここではっきりと返事しろ」

と問われ、返事に困った

答はもちろん決まっている

ただその答え方がわからなかった







最終更新日  March 4, 2016 03:52:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
[塾長のあゆみ] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

・January , 2022

コメント新着

 Bu命@ Re[1]:奈良県立大学附属高校募集要項(07/07) 同県母さんへ お返事遅くなり申し訳ござい…

© Rakuten Group, Inc.