660551 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

プロフィール


Bu命

お気に入りブログ

自分のアタマで考え… New! nakakazu3310さん

中3受験生と中2受… masa/kさん

2学期の通知表 top runnerさん

黒岩塾 はてなブロ… 961819さん
川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
松江塾 奮闘ブログ 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん
蠍の生息地 塾屋さそりさん

ニューストピックス

楽天カード

February 5, 2017
XML
カテゴリ:塾選びについて

社会人に求められる力に

答のない問題を解く力がある

あるいは

社会に出ると

答のない問題を解く力が求められる

という言い方もされる

では

答のない問題を解く力はどうすれば養えるのだろうか

先日も

社会に出ると答えのない問題を解かなければならないのに

答のある問題を解かせる学校教育は間違っている

というような主旨の文言で生徒募集をしているチラシを見たが

はなはだ間違っている

答がないから最初から荒唐無稽な考えをすればいいのか

そうではない

答のある問題すら解けない者に

答のない問題が解けるはずがない

答がある問題とはそもそもは物事の思考の基本の型である

基本の型を抑えていない思考は道理にあわない思考である

答がある問題を身につけることは基本の型を習得することであり

答がある問題を数多く解くということは

それだけ多くの基本の型を頭脳に習得していくことである

百戦錬磨というように

数多くの経験則がその後の応用につながるのである

その数多くの経験則は基本に則ったものである方がアレンジが利く

また基本の型の習得というのは

それそのものが役に立つだけでなく

習得する過程が経験則として役に立つことの方が多い

まさに百戦錬磨とは

身につけた基本型よりも

その過程の経験則や

それを表現するための実戦の数としての経験則が

生きているということが大きい

だから

学校で習ったことは将来何の役に立ちますか

と馬鹿げた質問がなされることが多いが

習った知識そのものよりも

その知識を習得しようとする努力

それをアウトプットするための

問題演習や試験を数多くこなしていくことに

物事を解決していくために役立つ思考が養われるのだ

数多くの知識を得

そのための数多くの努力の経験の積み重ねに比例して

答のない問題を解く力が備わっていくものである

その点を見失ってしまってはいけないのだ

答のある問題を解いても意味がないというのは

もっての外の考えである

 







最終更新日  April 25, 2017 08:00:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
[塾選びについて] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

・January , 2022

コメント新着

 Bu命@ Re[1]:奈良県立大学附属高校募集要項(07/07) 同県母さんへ お返事遅くなり申し訳ござい…

© Rakuten Group, Inc.