660560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

プロフィール


Bu命

お気に入りブログ

自分のアタマで考え… New! nakakazu3310さん

中3受験生と中2受… masa/kさん

2学期の通知表 top runnerさん

黒岩塾 はてなブロ… 961819さん
川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
松江塾 奮闘ブログ 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん
蠍の生息地 塾屋さそりさん

ニューストピックス

楽天カード

March 11, 2017
XML
カテゴリ:塾選びについて

定期テストの5教科合計が300点台の子

なんとか400点台を取れるようにしてあげたい

300点台前半を後半にしてあげたい

と思える子たちです

塾に入って簡単にクリアする子も結構いるのですが

伸び悩む子も意外といます

そのような子たちにいえること

いろんな意味で中途半端ということ

まず勉強の仕方が中途半端

一つ一つのことをきっちりやりきらないので

知識の定着が中途半端

だから

テストで解ける問題もあるけれどもミスも結構多い

授業の受け方も中途半端

先日の400点前後の子のところで書いたように

授業でなんとかするという意識がないので

授業そのものが聞いていたり聞いていなかったりで

授業そのときの気持ちに左右されます

しかし持っている力も中途半端にあるので

聞いたところは覚えているけど

聞き洩らしたところでボロがでる

テストではその聞き洩らしたところがアダとなります

授業の受け方が中途半端なので

その後の勉強をしっかりしないと定着をしないのですが

それも中途半端なのでポロポロと間違いをする

そのうえ

300点台という点数は平均以上の点数ですし

もっと低い点数の子がたくさんいるので

悪い点数という気持ちが起こりにくい

すなわち悪くはない点数に満足してしまいます

それなりの高校にもいけそうな点数なので危機感を感じません

それがまた中途半端さを助長しているのです

(この点数くらいの保護者の方は

悲惨な成績ではないけど

これならもう少し成績が上がってくれれば文句はないのに

という気持ちの方が多いと思います)

そしてこのような子は

必ずというか点数が伸び切らない最大の原因と言えるのが

同じ間違いやミスを何度もしてしまう

これがなくなれば絶対に点数が上がることなのです

我々指導者が成績を上げるための一番意識することは

間違った問題を解けるようにすること

ミスをさせないこと

これだけで簡単に数十点も点数が上がるものなのですが

結局

勉強法が中途半端なので

できることはできるができないものはできないままだったり

一番対処しづらいのは

できない問題が決まっていたらそれを徹底すればいいのですが

同じ問題がする度に解けたり解けなかったり(ミスしたり)すること

ある時には解けてある時には解けなかったり

それが一定しないでたくさん問題あると対処できなくなります

それが基本レベルの問題でそのようなことが起こります

だから300点台の子というのは

常に20点から40点分くらいの基本レベルの問題での

間違いやミスをしています

それをきっちりこなせるようになれば

すぐに20点から40点は点数が上がるということになるのですが

結局のところ

勉強の仕方と意欲が中途半端ゆえに

テストのどこかでそれだけの点数を落としているといえるのです

そして

それを何とかしたいというのが我々塾の指導者の思いであり

点数が上がって喜びを感じてほしい点数相の子たちです

ですが

なかなかしぶとい相手でもあります

力がないわけでもなく

決して悪い点数という気持ちを起こらない

中途半端な立ち位置が

実は頑固な汚れの様な感じなのです







最終更新日  April 25, 2017 07:54:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
[塾選びについて] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

・January , 2022

コメント新着

 Bu命@ Re[1]:奈良県立大学附属高校募集要項(07/07) 同県母さんへ お返事遅くなり申し訳ござい…

© Rakuten Group, Inc.