599613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

演劇

June 3, 2015
XML
カテゴリ:演劇

ここで

僕がバレエをしていることを書くのは初めてだったでしょうか

約2年近く前から

クラッシックバレエを習っています

とはいえ

実際には15年前に1年余りやっていました

というのも

その前に劇団でミュージカルの公演を1年ばかりやっていまして

もっとダンス力を身につけたい

ということでバレエのレッスンを習い始めました

その後

10年以上もブランクがあったのですが

近くでバレエを教えてくださる先生が見つかり

再開したのであります

とはいいながらも

最初のレッスンを受けていた時にも

まだまだ身に付くというところまでは習いきれず

もう一度きちんと一からやりなおしたいという思いで

習っています

言っちゃあなんですが

運動や健康やダイエットのためのバレエではありません

40代でバレエを本格的に始める人なんて本当はいませんが

やるからには

かっこうよく舞台に立てる日を

と真剣に考えておる次第であります

目標は熊哲

ではありません

(本来バレエダンサーは10代から本格的に練習をして

20代で結果を出してる世界です。

だから、やはりそんなレベルを目指しているわけではないのですが)

だからといって、おじさんダンサーを目指しているわけでもありません

(いや観る人からすればおじさんダンサーにしか見えないでしょうが)

まあチョットはキラリと輝くイケてる親父ダンサーになりたいなと

うーん、イメージとしては吉田剛太郎がバレエしているような感じ・・・

いや、本当は劇団四季時代からのファンである石丸幹二ぐらいの感じ

(テレビの石丸幹二を見ているとミュージカルダンサーの面影はないですが)

なんて言い過ぎかもしれませんが

そんなことを考えながらやっております

今回もいろいろと用事が重なり3か月ぶりの練習となりました

再開してから一番練習期間が空いてしまいました

でも身体はしっかり覚えてくれていました

むしろ

休まずに練習を続けていれば

この3か月でどれだけレベルアップしただろうなと思います

継続は力なり

続ければ続けるほど

きちんと身に付いていきます

そこでついたものはそう簡単には忘れないものです

3か月のブランクで忘れずにいた技術

と同時に

3か月の休みで足踏みして習得できなかった技術があるのも事実です

夏には夏期講習のためにまた一月半の間練習できません

目標をもって

やれるときにしっかりと練習をしていきたいと思います

3か月ぶりのバレエの練習でのいい汗がかけました







最終更新日  June 4, 2015 04:57:16 PM
コメント(0) | コメントを書く


December 17, 2009
カテゴリ:演劇

実は今日はとある幼稚園のクリスマス会

そして僕が所属している劇団は

毎年この幼稚園のクリスマス会で劇を披露している

他の劇団員はこの数週間

この日に向けて稽古と準備に追われていた・・・ハズである

当の僕はといえば

てっきり出番もなく当日手伝いだけ行こうと思っていたら

数日前に

台詞はないけどワンシーンだけ出て欲しいと連絡が

当日打ち合わせして出てくれるだけで良いから・・・と

そう簡単に言われても

出るからには台詞がなくても

どんな設定でどんな目的でどんな心境で出るのか

わからなければ演技などできない

あれやこれやと考えながら考えがまとまらずに当日を迎える

サラリーマンという設定なので

自前のスーツとネクタイとカバンと靴を用意して向かう

するとサングラスをかけておもちゃの水鉄砲をもって登場するスナイパー

の役も追加で言い渡される(内容はほぼコントです)

本番前の確認のための通し稽古で出のタイミングと簡単な演出を聞き

さて本番

芝居が進行する中

僕はスーツ姿で会場である遊戯室の壁際に父兄のように立っている

そしていきなり舞台方向へ歩き出す

園児たちは突然歩き出した1人の人物に???の表情

そのまま舞台の演者と抱擁を交わし舞台袖へと消えていく

ただそれだけのシーンなのだが園児にはドッとうけた

まあ僕は演じただけで考えたのは脚本家なのだが

その後

サングラスをかけてスナイパー役で登場したらまたウケル

さっきのわけのわからない男が今度は違う役で出てくるだけで

園児にはおもしろいのだろう

ということでたった数秒の出演シーンを無事こなしてきた

こんなことでも一つ肩の荷がおりた思いである

さて明日からは懇談会とその後は冬期講習だ

 







最終更新日  December 18, 2009 02:29:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 8, 2008
カテゴリ:演劇

御覧ください(ほんの一部ですが・・・)

本番前1

本番前の気になるシーンを各自練習しています

楽屋1

楽屋でセリフのチェック

楽屋2

楽屋でメイク中

バックステージ

舞台裏の通路

小道具などが準備されています

本番1

ヒナとトゥーナ

本番2

ヒナ キリ リモア兄弟

本番3

涙を誘うクライマックスシーン

本番4

もう涙が・・・

本番5

ファイアーダンス







最終更新日  October 8, 2008 05:48:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:演劇

今回の公演は

最初は正直言って気合が入っていなかった

というよりは気合など入れるほど余裕のある状況ではなかった

もちろん自分の事業を始めたばかりで

他の事に労力をかけてる場合ではなかった

ただキャストの人数的なものから

どうしても出演しないと手が足りないということと

劇団の中で僕の役どころというものが確立されているようなところがあって

その役どころを外す分けにはいかない現実もある

だから

とにかく足だけは引っ張らないように

最低限の仕事だけはしよう

とだけ考えていた

だから今回は

このブログとmixiで数回告知をしただけで

まったくと言っていいほど営業活動はしなかった

もちろん営業に回る時間的余裕もなかった

しかししかしである

終わってみれば

絶対に見せたかったと思うくらい

自分自身の見せ場もそうであるが

芝居そのものの完成度が高かったのだ

僕自身の演技としては

仲間からは塾の生徒に見せたら絶対に信用なくすよな

と言われるくらい

普段の僕とは想像がつかないくらいの

役回りを演じきり

笑い、うけという面に関しては一番の喝采を得ることができたし

(おまけにダンスまで披露しましたからね)

芝居そのものとしては他のキャストの白熱した演技で

多くの涙を誘うような内容でした

ほんとに見てもらいたかった作品となってしまいました

演劇は生ものですので

もう二度と同じものを見てもらえないのが残念でなりません

とても悔しい思いです

最初気合が入っていなかった自分にも後悔しきりです

当日の現場では

僕の姿勢を見て

ストイックとも評されました

それくらい気合が入っていたのでしょう

いつもなら

やり遂げた

という気持ちよい疲労感を感じるのですが

今回は

悔しさからくる虚脱感のようなものを感じてしまいます

 

 







最終更新日  October 8, 2008 03:32:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 5, 2008
カテゴリ:演劇

今回の公演も無事終了させていただくことが出来ました

ホッとしていると同時に

今は中間テスト対策のことで頭がいっぱいです

公演のことについては

たっぷりと書きたいことがあるのですが

また時間の余裕が十分あるときに

少しずつ記事にしていきたいと思います

まずは月曜午前までは休息をとりたいと思います

集合写真







最終更新日  October 6, 2008 02:22:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:演劇
楽屋雰囲気二時間前






最終更新日  October 6, 2008 02:22:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 4, 2008
カテゴリ:演劇

正直かなり疲弊しております

舞台上ではかなり

はっちゃけました・・・

脇役なのにかなり目立っていたご様子です(もちろん演出どおりのいい意味でね)

脇役なりに存在感をアピールさせていただきました

でも

ちょっと自己嫌悪に陥ったりもしてしまいます

というくらい

普段の僕とは違う別人が舞台に立っていました

もう一日あります

最後まで精一杯演じたいと思います

 







最終更新日  October 5, 2008 01:40:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:演劇

ついに公演の日となりました

劇団ミスユー2008秋
ミスアンダースタンディングポリネシアンストーリー
「タヒチアンココナッツ」

日時 10月4日(土)開場pm6:00開演pm6:30
      5日(日)開場pm1:00開演pm1:30

場所 奈良県大和高田市民会館「さざんかホール」3階 小ホール

料金 大人:前売1500円:当日1800円
   小学生:前売1000円:当日1300円

ポリネシアの美しい島を舞台にお贈りするちょいと切ない
ポリネシアンハートフルファンタジックラブコメディー

ポリネシア、マンガイア島に住む「キリ」「ココ」「リモア」「ヒナ」の4人の兄弟と山の泉に住むウナギの神「トゥーナ」
ヒナとトゥーナの切ない恋物語
「きっと、この波が、あなたの温もりを届けてくれるから」

是非お越しください!!

もちろん僕も出演しています

タヒチアン







最終更新日  October 4, 2008 01:55:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 14, 2007
カテゴリ:演劇

わが劇団恒例となりました年末の

幼稚園のクリスマス公演

もちろんこの時期忙しい僕は出演なし稽古も参加せず

しかしながら

せめて本番だけでも顔を出し何かしらの手助けになればと・・・

演劇の公演には

しこみ(舞台設営)とばらし(舞台撤去)がつきものでして

人の手はあるほうが良い

しかも時間との勝負ですので要領よく進めなければいけません

なぐり(金槌の業界用語)やペンチを片手に

パンチ(舞台に敷くカーペット)を敷いたり平台(舞台の高さに変化をもたせるための台)

を運んだり

脚立を昇り降りし・・・

元々大工さんにあこがれていたので

こんな作業がとても楽しく感じます

まあ今年も仕事前に一汗を流してきました

 

 







最終更新日  December 19, 2007 03:51:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 3, 2007
カテゴリ:演劇

日付を記憶しているという特技のついでといっては何ですが

奇遇の出来事を一つ紹介したいと思います

今日11月3日の出来事(僕のです)

6年前に当時の彼女(現在の妻)

と奈良から日帰りで信州松本までドライブしました

11月3日は晴天が多いという得意日にも関わらず雨が降り寒い一日でした

松本では折り返しただけで下車せず

帰り道の

寝覚めの床

妻籠

馬籠によって帰ってきたのですが

妻籠の町並みを散策中に

寅さんに扮装した方に遭遇

この方は実際にこの格好で全国を行脚しておられるのか

それとも妻籠の町の観光目玉としておられる方なのかわかりませんが

そのときは

すごくそっくりな姿に驚きと感動の眼差しで見つめていました

「こんな方がいらっしゃるんだ!」と

 

そしてその一年後の11月3日

僕が所属する劇団の公演があったのですが

その公演で偶然にも僕は寅さんの役でパロディを演じているシーンがあったのです

もちろん台本を書いた人間はそんな事実を知らずに書いたのですが・・・

けっこう世の中には不思議なことが起こったりします

 

こんな出来事をふと思い出したのは

仕事の帰り道

車の中で気温を見ると10度となっていて

11月に入ったばかりなのに10度になるなんて今日は寒いなぁ・・・

そういえばあの日も

11月に入ったばかりなのに寒い日だったなぁ

あっ!同じ3日だ!!

という感じです

 

 







最終更新日  November 3, 2007 04:39:39 AM
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.