350364 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

調剤薬局薬剤師のあれこれ

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

薬に関すること

2013.08.12
XML
カテゴリ:薬に関すること

おはよーございます。。。

 

猛暑列島日本ですな。。。

 

家の中のクーラーは29度とか30度とかに室温設定しているんだけど、

 

もう家の中が30度くらいだとむっちゃ涼しく感じる。。。

 

で、逆に35度とかの部屋にいると命の危険を感じる、、、、、こえーくらい暑い。。。

 

土日は家の中で避難していたよ、、、、

 

 

で、タイトルにあるように腎臓関係の本を一つ。。。

 

IMAG0621.jpg

 

最近腎臓関係の本をいくつか読んだんだけど、これが分かりやすかったかなぁって。

 

一方で、、、

 

IMAG0622.jpg

 

こいつはわかんにくかった。。。よく見るよね。薬剤師関連の雑誌とかで、、、

 

お勧めとかって。。。

 

 

で、最近になってわっと分かってきた1つのこと。。。。

 

前に友達のできる薬剤師の奴がいうとったんやけど、、、、

 

「こういう本を買うなら医師が書いた本にしとき。薬剤師のは全然あかんで(笑)」

 

 

ほんまそうやなぁって思う。。。

 

なんとなく、逆のような感じをしてたし、やっぱり薬剤師は薬剤師のことをよく分かってるから、分かりやすい本を書くんとちゃうん?って思ってた。。

 

実はそれは間違い、、、

 

医療系の本を買うなら医師が書いたものをって、最近ほんま思う。。。

 

 

 

さて、お仕事に。。。

 

またヘルペス出来てもた、、、、、

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 







Last updated  2013.08.12 06:41:17
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.16
カテゴリ:薬に関すること

おはよーございます。。。

 

 

眠い、、、、

 

 

先日、サノフィさんのWebセミナーを受けたんで、少し紹介しますね。。。。

 

 

サノフィさんは結構Webセミナーやってるので、お勧めですよ。。。

 

 

 

「小児への服薬指導」

 

 

ってことで、慶応の木津 純子先生が講演してくれました。。。

 

 

内容は以下3本柱。。。

 

〇小児における薬物動態の特徴

 

〇小児薬物療法における問題点

 

〇剤形ごとの服薬指導のポイント

 

 

 

簡単に紹介すると、、、、

 

〇小児における薬物動態の特徴

 

・「吸収」 「分布」 「代謝」 「排泄」って部分が、成人と違うから注意してねってことなんだけど。。。なかなか活用するのは難しい、、、、かな。。

 

・子供ちゃんは、体内の水分量が多い(細胞外水分が多い)ので、ペニシリン系薬剤とか水溶性薬剤の投与量が成人より多い。。

   ⇒パセトシンなんかが90mg/kgとかで出るのもそのせいなんでしょうね。。。

 

・代謝の部分で、Cyp活性が成長とともに動くので、テオフィリンのクリアランスが結構変わるとのこと。ただ、新生児は25~50%くらいの活性で、3~6ヵ月くらいで成人並みになるとか。。。

うちのところではそんな新生児にテオフィリン出さないよ、、、とか思いつつ。

 

 

 

〇小児薬物療法における問題点

 

・ケトチフェンなんかの抗ヒスタミン薬はけいれん発作を誘発する可能性があるので、注意。

  ⇒これって、単独でもあるのかしら???ザジテン、ジルテック、クラリチンはけいれんの報告があるみたいね。。

 

  ⇒うちでは結構、アトピーや蕁麻疹なんかの皮膚症状が出ている人にケトチフェン処方されるので注意せねば。。。。。

 

 

 

〇剤形ごとの服薬指導のポイント

 

ここが最も聞きたかったところ、、

 

なぜなら、服薬を拒否する子供ちゃんにどうやったら薬を飲ませることができるかってことが知りたかった。。。

 

わが子もそうだったけど、ある年齢層になると、突然服薬を拒否し始めて、何が何でも服薬を拒否する。。。全身全霊で、、、、(笑)

 

そうなる子供ちゃんにでも服薬できる方法はないのか???ってね。。。

 

僕はそれを「魔法の方法」って位置づけて、探しているところなんです。。

 

で、内容は、、

 

・服薬拒否、困難の理由は、、、、全ての年齢層で味が原因で多かったんだけど、

 

0歳台の子供ちゃんは結構ザラツキを理由にする(どないやって聞いたんだろう?)のが結構多かった。。これは参考になるかな。。。

 

・マクロライド系は酸性飲料との相性が悪いなんてのも有名ね、、、

 

・新生児用のスポイトがあるらしい。。。のどに間違って突っ込みすぎないような形状。。

 

・おちょこに入れて飲ませると、口当たりが良いみたいです。。。

 

・粉薬は水などに溶かしてから5分もすると苦味などが出てきて飲みにくくなるみたい。。

 

・軟膏の話。1FTU(0.5g)って単位があるでしょ?手のひら2枚分って。。

これ、ぼくも説明の時に使ってたんだけど、日本のチューブの口径って統一されてないから、一概に言えないんだって。。。はぁ??って感じ。今さらなの??

 

5gチューブだと1FTUが0.2gのものとかもあって、これだと半分以下だよね。。。

25gチューブだと1FTU0.5gくらいなんだって。。。

 

これって当たり前の話??聞いたことなかった、、、勉強不足。。。甘かった、、、 

 

 

・粉薬をアイスとかゼリーとかに挟むのは、ペースト状にしてからなんだね。。。そりゃそうだよね。。。。患者さんと話をしていてもなんか粉のままなのかなと思ってしまっていた、、、だれか教えといてよ(笑)

 

 

これくらいかな。。。。

 

少し、恥ずかしくなるくらい知らないこともあったりして、なかなか参考になりました。。

 

ただ、誰でも服薬ができる魔法の方法はなかった。。。。。どっかに落ちてないかな。。。

 

 

 

本日もありがとうございました。。。熱中症は気をつけてね。。。

 

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 

 







Last updated  2013.06.16 06:56:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.09
カテゴリ:薬に関すること

おはようございます。。。





暑い!!すっかり初夏。。



体調崩してないですか???





最近ちょっとバタバタしてたんで、更新できず、、、



でも、いくつか良いことがあったので、また紹介していきますね。。。







で、ちょっと前に書いたレニベースGE回収の動きなんだけど、、、





そろそろ患者さんも一巡してきて落ち着いてきたかなぁと思うけど。。





やっぱり違うGEに変更して、あれっ??と思う人や、ダイレクトになんでやねんって意見を言ってくれる人もいる。。。





変更後のGEが結構高いので、、、、、そらあれっ??と思うわね。。。。





で、その中でね。。きちんとした説明ができる人がいてなかったのよ。。。うちの薬剤師に。





で、先日ちょっとトラぶったわけなんだけど、、、、、







うちはほとんどチーム内で情報共有がなされていないので、下の者はみんな、なんでこんな回収が起こっているのかの詳細を知らない。。。







だから、副生成物がどうのとか言ったって、患者さんはなんか胡散臭いって思うんちゃうかな。。。だって説明している方も知らないんだから、、、









それで、大事なのは。。。どこまで説明するかは別として、、きちんとチーム内で事情は詳細なところまで情報共有しとくべきだと思う。。。





普通の組織はこの辺は当たり前のようにやってるはずだけど、、、、







知識としてちゃんと持ってて、患者さんに合わせて情報を出していく。。。





そうすることが、多分患者さんも聞いていて、安心すると思うんだけど、、、









さて、「回収の事情」です。。。大人の事情でした。。。






〇エナラプリルマレイン酸塩(錠)が第16改正 日本薬局方に収載される。





〇「純度試験」っていう試験があって、そこで「エナラプリラート」「エナラプリルジケトピペラジン体」っていう物質の規格が設定される。

 規格はそれぞれがエナラプリルの2%以下。まで入っていて良いってことになってる。



 ⇒これが、メーカーから聞いていた副生成物ってやつ。



 ⇒アメリカではこの規格が5%以下とか。。





〇この副生成物が、市場に出回っている製品の中に、規格を超えてくるものがあった。

 

 ⇒製品を市場に出す前には、安定性試験っていうけっこう過酷な条件の試験があって、その中で市場に出回っても製品の品質は大丈夫って担保をとるんだけど。。多分、この規格が製品より後にできたから、このあたりのツメが甘かったのかな。。。。

 

 

 

〇そのため、大事をとって、全ロット回収を行った。あくまで念のためと。。



 

 

ざっとこんな感じ。。。全ては日局にエナラプリルが収載されたことにより、今までそこまで考えていなかった副生成物の規格がシビアに設定されたことによる弊害。。。。







メーカーは、副生成物は身体に影響があるというデータがないので安心。。

 

アメリカは5%とかっていう規格でやってて何も問題は出ていないから大丈夫。。。





っていうけど、この日局の規格を外れることはゆるされないし、、、

 

万が一にでも、行政が先に市場に出回っている製品の中で規格を外れるものがあるってのを見つけちゃうとかなりまずいことになるから、、、

 

可能性のあるものは全ロット回収をしたんでしょうね。。。

 

 

これって、、、、製品の添加剤とか副生成物が増えないようなものに、丸々変更とかしないといけないから、対応は結構大変だと思う。。。

 

 

もしかしたら、今回収されている製品はもう世に出てこないんじゃないのかなぁ。。。なんて、、根性のあるメーカーなら出してくるかもね。。。

 

先発メーカーのMSDさんは、この辺りはもともと対応していたんでしょうね。。。さすがっす。。。







日本薬局方に新たに収載するってときは、結構会議なんかを開いて慎重にやるもんなんだけどね、、、、先発メーカーがオッケーだったから、すっといっちゃったのかな。。。(笑)









今回はこのあたりで、、、、ありがとうございました。。。


 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 







Last updated  2013.06.09 07:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.25
カテゴリ:薬に関すること

おはようございます。。。

 

 

本日お休みをいただいておりまして、、、、

 

 

ま、特に何もしないんですけどね。。。

 

 

今週は月~木まで禁酒をしていたので、やっとビールでも飲もうかなと、、、

 

って昨日飲んどんかいって(笑)

 

 

 

さて、本日「ネオキシテープ」の紹介です。。。

 

 

先日勉強会に行ってきた時の情報ですよ。。。。忘れないうちに。。

 

 

今年の3月に製造販売承認を取ったんですね。。。

 

来月かな?もうすぐ発売とか何とか。。。

 

 

過活動膀胱のお薬で初の貼付剤。。。

 

 

ポラキスと同じ成分なんですよね。。。

 

 

効能効果とか詳細はどっかのサイトをみてください。。。

 

 

旭化成ファーマと貼付剤の王者久光さんが共同開発?です。。。

 

 

あれ??ポラキスってサノフィ違ったっけ???

 

 

 

で、特徴です。。。

 

1.貼付剤。1日1回でいーよ。。。ポラキスは3回だからね。。コンプライアンス上がるかな。

 

 

 

2.なんで貼付剤なんよ~~~???って話。

 

 ポラキスの成分オキシブチニンって効果は非常に高いんやけど、経口摂取だと肝臓での初回通過効果のために、副作用の原因となる代謝物に変換されてしまうんやって。

 

 だから、貼付剤にするのは副作用と効果の面からもメリットがあるってさ。。。

 

 個人的には、もしかしたらよく効くのかもって。。。期待しています。。。

 

 なんか過活動膀胱治療薬ってほとんど効果あるって言う人いないし、、、

 

 ポラキスも全然効かんって言う人ばかり、、、、

 

 

 

3.副作用は、試験の結果51%!!!だって。でも40%くらいが皮膚炎と言い訳しとった。。。(笑)

 後は抗コリンらしく口渇が6%ほど。口渇は抗コリン薬にしてはかなり少ないってさ。。。

 

 経口薬に比べて、抗コリンに特徴の口渇、便秘あたりは少ないみたいよ。。。

 

 皮膚炎は適当に軟膏塗って治しとけって。。

 

 

4.誰かが質問しとった。。

 

 久光っていうとモーラステープってイメージなんだけど、やっぱりかぶれとかは高頻度ででてくるの??って。

 

 モーラステープ=高頻度のかぶれってのは皮膚科業界では有名らしい。。。。

 

 この質問に対しては、久光さんがいてなかったんで何とも言えなかったんだけど、なんかモーラスと基剤やらが同じで、何かが少しちがうとかなんとか、、、わからん。。。

 

 

 

こんなところです。。。

 

 

最近一気に熱くなってきてなんかすごくだるさなんかを感じる時期だけど。。。

 

頑張っていきましょうね。。。本日もありがとうございました。。。

 

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 

 







Last updated  2013.05.25 06:57:12
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.18
カテゴリ:薬に関すること

おはようございます。。

 

昨日書いたのがあまりに恥ずかしくて、新しいまじめなものをひとつ。

 

 

来月薬価収載・発売予定の「アコファイド錠」

 

なかなか良さそうだったので紹介しますね。。。

 

特徴。。。

 

 

1. 機能性ディスペプシアの効能がついた初めて医薬品。。。

 

 

2.機能性ディスペプシアの特徴ある症状は4つ。

  「食後もたれ間」「早期膨満感」「みぞおちの痛み」「みぞおちの焼ける感じ」

 その他にも、食欲ないとかげっぷ多いとか吐き気するとか。

 大事なのは、胃カメラとかやっても明らかな病変がないということ。。。

 患者さんの言葉では、「胃カメラやってもどっこも悪ないっていうんやど、なんやわからんけど、胃が変なんよ~」って感じやろか。。。

 

 

3.作用機序はコリンエステラーゼ阻害。。アセチルコリンを増やして、胃の運動機能を高めるってこと。

 セロトニン受容体作動薬のガスモチンやドパミン受容体拮抗薬のガナトン、プリンペラン、ドンペリドンなんかも、最終的にアセチルコリン系を賦活化する。

 から同じような機序になるんだろうと思う。

 

 

4.胃だけではなくて、十二指腸や結腸の運動機能も、服用後2時間まで改善。

 

 

5.副作用は17%くらいで出現。ほとんどが、嘔気、嘔吐、便秘、下痢といった消火器症状。

 この17%ってのはプラセボの18%とほぼ同じだから、ほとんど副作用はないってさ。。

 

 でも、1番%高かったのは、プロラクチン増加で3.9%。俺のお乳も出ちゃうの???

 

 

6.Cypに影響しないので、他の薬との併用も問題ないって。。。

 

 

7.胃カメラとかして、潰瘍があった時点でアコファイド錠は使えないらしい。機能性ディスペプシアの定義として、いろんな症状でてるけど、内視鏡検査で異常がないことだから。。

 よく言われる、ちょっと荒れてるではどうなんやろう??

 

 

8.ガスモチンなんかとの併用は、どっちかが保険上できられるってさ。。。やっぱり同じ作用機序になるからって。。

 

9.併用禁忌なし。特に肝機能、腎機能低下した患者さんのことも言ってなかったから、そのあたりに疾患ある人でも大丈夫なんだろう。。。使いやすいよね。。

 

10. 薬価は、基本ガスモチンより高くなるって。ガスモチン19.2円。

 

以上。。。

 

 

なんとなく、ガスモチンでよく効いたよって人があまりいないので、効くのかなぁってイメージです(笑)。。

 

でも保険の算定上の注意を教えてくれたのは好きっ!!

 

 

では、今日も無理せずにがんばってくださいね。。。

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 







Last updated  2013.05.18 07:07:32
コメント(5) | コメントを書く
2013.05.14
カテゴリ:薬に関すること

こんばんは。。

 

最近調子はどうですか?

 

なんとなく「5月病」って言葉が目に付く機会が今年は多いような気がします。

 

目にしたからか何なのかわからんけど、、、

 

 

なんか全く調子が悪い。。。。変な表現(笑)

 

 

こんな感覚始めてってくらいに変じゃ。。

 

 

ビールしかうまくない、、、、

 

 

 

さて、薬剤師にとって情報の収集ってのはとても大事やと思うんやけど。。。。

 

 

 

そのお勧めサイトを紹介します。。。

 

 

1つめ。。

 

サノフィさんの医療関係者向けサイト「e-MR」

 

これはウェブセミナーも頻繁にやっているし、著明な薬剤師の方のコラムなんかも書かれているので面白い。。。

 

 

2つめ。。

 

「日経メディカルオンライン」

 

これって超有名???薬局の他の方は何も教えてくれんけど、、、

 

 

これは幅広い情報を得られるのでお勧め。。。

 

 

3つめ。。

 

ファイザーの「PfizerPRO」

 

 

言わずと知れた世界No1の企業の情報サイト。。。

 

 

最近は、糖尿病の基本的な情報も載せてくれてる。。。

 

 

なんと、登録するのに所属機関への在籍確認が電話であった(笑)

 

 

すげー。。。みんなびっくりしてた(笑)

 

 

でも、なんで〇〇さんにファイザーから電話かかってくるの!??ってちょっとムカつかれた(笑)

 

 

 

とりあえず、今日は3つだけ。。。

 

 

 

橋下さん。。。。なんか叩かれているけど、、、

 

この人って、みんなが心の奥底で思っていることをスッとしゃべっちゃう人なんかな。。

 

なんとなく、すごい改善案をズバッと出している気がするんだけどね、、、、

 

言い方はすごい誤解を与えちゃう感じがするけども(笑)

 

理屈も通ってる気がする。。。でも表立ってはいろいろな制約があって、みんな遠慮しちゃうこと、、、みたいな。。。

 

なんか建前とか感情論とかいろいろな制約をみんな持って批判しまくってるけど。。。

 

 

じゃあ批判しているおまえらこの状況を改善してみ???とおもっちゃう。。

 
 

 

 

これくらい、意見言えたら気持ちいいだろうね。。。

 

 

 

今日もありがとうございました。。。

 

 

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 







Last updated  2013.05.14 22:13:32
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.03
カテゴリ:薬に関すること

おはようございます。。。

 

 

きょうからGW後半に突入ですね。。。

 

 

景気回復ムードで旅行者が増えているとかなんとか。。。皆さんはどうですか???

 

 

アベノミクスで恩恵を受けているのは、株を持ってるやつと、輸出産業のやつだけですかね。。。

 

 

僕のような普通のサラリーマンの給料にはまだまだ反映されません。。。。

 

 

一方で、ガソリン、小麦なんかの輸入品の物価が上がってきてるわ、消費税はあがるわでおいおいちょっと待ってくれよってな状況になってきています。。。

 

 

だめだこりゃ。。。ってのがぼくの感想です。。。。

 

 

 

で、本題です。。。

 

 

小児のステロイド服用量についてです。。。

 

 

以前、ブログでも紹介しましたけど、も一つ事例を出してみます。。。

 

 

7歳、体重が30kgないくらいの子供ちゃん。。。

 

食物アレルギーで全身に蕁麻疹。

 

気道狭窄も少しあったみたいで、ゼーゼーしていたとのこと。。

 

処方は、ザジテンDS、ホクナリンDS、プレドニン10mg(5mg錠×2)。。

 

 

プレドニンは夕食後2T分1で1日分。。。。

 

 

処方を見た時、おおぉ。。蕁麻疹かクループかな。。。と思ったんやけど。。

 

 

 

さて、心配しているお母さんに、ただでさえ悪名の高い経口ステロイド。。。。

 

 

安心させるために、小児のプレドニン服用量はどれくらいまで問題ないですよ~。。と、根拠を持って説明できることが大切です。。。

 

 

 

 

厚生労働省が平成17年に公開した、小児気管支喘息に関するガイドラインでは、、、

 

 

プレドニンは0.5~1.0mg/kg/日を分3くらいに。。。

 

 

と書いてあります。。。

 

 

今回の場合は0.3mg/kg/日、分1です。。。。

 

 

用量的には全く問題ないですよ。。。と説明できますね。。。

 

 

ということで、本日はこれで終わりです。。。

 

 

あぁ、、そういえば。。。

 

 

うちの小児科の先生は、花粉症なんかのアレルギーの鼻症状にはアレジオンを、

 

 

今回のような蕁麻疹といった身体にでるアレルギー症状にはザジテンを使うんだけど、

 

 

ザジテンの方が効くのかな??1日2回だから、良いのかな??眠気がでるから、逆にぐっすり寝むれるようにってことなのかな??

 

 

 

では、今日もありがとうございました。。。

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 







Last updated  2013.05.03 06:13:21
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.01
カテゴリ:薬に関すること

おはよーございます。。。

 

 

調子はどうですか???

 

僕の調子はというと、あまり良くありません(笑)

 

身体の調子は良いんですが、、、薬局内が荒れているので、憂鬱な日々を過ごしています、、、

 

春なのにっ!!!

 

 

春はおばちゃん達の機嫌を悪くする季節っ!??!??

 

 

 

 

ということで、憂鬱な事例をひとつ紹介。。。

 

 

 

『レニベースのジェネリック回収事件』です。。。

 

 

昨日、うちがつこてるメーカーのジェネリックが全ロット回収しよった。。。

 

 

全ロットってどないすんねん。。。全部持ってってどないすんねんよ~。。。

 

 

まぁ一応、回収期間は5/31までになってるから、まだ調剤は大丈夫なんろうけどね、、、、一応まだ調剤やってますけどね。。

 

 

薬剤師はまじめだから、こういうのを知ってしまうと調剤するのを躊躇してまう感じね。。

 

 

倫理上。。。でも内容をよく考えればとりあえず大丈夫そう。。。

 

 

 

内容聞くと、エラナプリルの製造上の副生成物の含量が高かったとか何とか。。。

 

 

一応、生体内での作用は特にないとか。。。

 

 

日本では規格が2%以下になっているけど、アメリカでは5%以下だから大丈夫とか。。

 

 

 

ひっくるめて「純度試験の規格に適合しないモノが現れた」という表現ですが。。。

 

 

長期保存試験の間で、なんかの反応がすすんじゃったんだろうね。。。

 

 

純度試験の規格があるってことは、製造承認時の試験では絶対にクリアしてるはずだから。。。

 

当然長期保存試験でもクリアしているはずだけど、、、、なんでやろね。。。品管の人は首飛ぶかな。。。

 

 

 

なんかさぁ、、、国はジェネリック推進してるけど、、、やっぱり雑よ。。。。

 

 

メーカーの対応ひとつとっても雑。。。信頼できひんでこんなん、、、

 

 

一応夕方にはメーカーが挨拶には来たんだけど、、、

 

 

手土産に代替品持ってこんかい!!!って言いたくなった。。。何しに来とんねん。。。

 

 

説明やったら電話でえーっちゅーんじゃ。。。ぼけ。。。

 

 

まだ調剤しててもえーんかよ???ってなるよ。。。

 

 

なんで代替品の調達を薬局にまかせるんよ???って思う。。。

 

 

こーいうところが大事なんやぞっ!!!ってキム兄みたいに言いたくなった(笑)

 

 

 

 

でもさ、、、

 

 

これって、もっと前からレニベースの他のジェネリックで回収始ってたんやね。。。

 

一連の事件だったのね。。。。

 

 

全く知らんかった、、、ってか薬局自体として把握してなかった、、、

 

 

これは問題、、、反省、、、、、

 

 

 

代替品。。。東和さんのやつよね。。。また名称変わるんやなぁ。。。

 

この前患者さんに、「お薬の名前変わったので」って一般名への変更を説明したばっかなのに。。

 

 

レニベース ⇒ エナラプリルマレイン酸塩 ⇒ カルネート。。。大丈夫かな。。

 

 

 

では、今日も朝からありがとうございました。。一日頑張ってくださいませ。。。

 

 




薬剤師 ブログランキング







Last updated  2013.05.01 06:38:05
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.23
カテゴリ:薬に関すること

皆さんこんばんわ。。。

 

いかがお過ごしでしょうか???

 

 

 

さて、、、

 

先日、他の薬局に分譲に行った時の事。

 

 

薬局の入口に貼ってあったきらびやかな写真。。

 

 

『子供薬局体験』の様子。。。

 

 

そこの薬局は小児科の門前薬局でもあるんだけれど、、、

 

 

他の県から来たチェーン調剤薬局。。。

 

 

 

僕の薬剤師としての目指すところは、、、

 

 

子供ちゃん、じじばばに優しい薬剤師。。。やったっけな。。

 

お母さんにも優しい方がえーな。。

 

 

おっさんらは自分で勝手に何とかせぇって感じなんですけど。。(笑)

 

 

 

以前から、いつかはやってみたいと思っていた事。

 

 

キッズの薬局体験。。。結構やってるところはあるけれども、、、

 

 

それが、、、 こともあろうに他から来たチェーン薬局にやられとるやんけ。。。

 

 

 

うちの薬局も小児科の門前でもあるんだけどね、、、、悔しい想いでいっぱいよ。。

 

 

やったらまた報告します。。。

 

 

 

で、本日『アミティーザカプセル』についてです。。

 

 

効能とかはまぁどうでもよいか。。。(笑)

 

 

すごいところは、小腸のクロライドチャネルを活性化させることで、腸管内の水分を多くし、

 

便の水分量を増やして柔らかくし、腸管内の輸送を促進して便秘を改善。。。

 

 

という、クロライドチャネルの活性化というところが今までにないところ

 

 

メーカーの話では、特に副作用もほとんどなく、体内の水分やミネラルの変動もないとのこと。。。。

 

 

だから、今はまだ発売して1年経っていないから、14日しばりだけれど、、、

 

 

透析の分野では活用できると思うって言ってました。。。

 

 

透析の方の処方なら、14日しばりでも関係ないもんね。。

 

 

 

 

でね、、、

 

 

このねぇ。。透析の分野では活用がかなりできると思いますって言うのが気に入った。。

 

 

 

単に新薬でましたよ~。。新しい機序ですよ~。。

 

 

だけでは飛びつかないですよ。。。。なんか活用できるポイントを明確にしたところが良い。。。

 

 

 

このメーカーの若造MRに一票。。。。(笑)だれだか忘れたけど、、、

 

 

 

まぁでも、慢性の便秘の方で、刺激性下剤や塩類関係でもあまり効果が芳しくない方には使ってみたいお薬ですよね。。。

 

 

また使ってみた方がいたら情報くださいませ。。。

 

 

 

ほしたら、今日もありがとうございました。。。!

 

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
 




薬剤師 ブログランキング

 

 







Last updated  2013.04.23 21:44:06
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.03
カテゴリ:薬に関すること

こんばんわ。。

 

皆さん調子はどうですか???

 

まだインフルエンザの患者さんが来られるんですけど、、、、大丈夫かな。。。

 

 

いや、、またまた重複処方やってくれましたよ、、、

 

日本を代表するような大病院の処方。。。

 

 

タケプロンにかぶせてタケプロン。。。

 

 

「重複しているので、他院のタケプロンは中止」とお薬手帳に書いていましたが、、、

 

 

お前んとこが処方せんかったらえーんちゃうんかい!!!

 

 

お薬手帳までちゃんと見てるんやろが、、、ったくよ~。。。

 

 

 

 

さて、、、先日勉強会で聞いた話を少し。。。

 

 

『薬剤性角膜上皮障害』です。。

 

 

簡単にまとめます。。

 

 

〇目薬に含まれる塩化ベンザルコニウムなどの添加剤が原因で角膜上皮が障害されるケースが結構多い。

 

〇目薬の数が増えると角膜上皮障害も飛躍的に増える。

 

〇長期で使用する可能性のある緑内障点眼薬ではキサラタン点眼薬の防腐剤濃度が濃い。

 

〇そのため、キサラタンの角膜上皮障害は結構多いとのこと。

 

〇キサラタンは冷蔵保存(2~8℃なので)だが、ジェネリックの中で室温保存のものがあるのだが、それに変更すると角膜上皮障害が発生したという事例がある。

 

〇そのジェネリックは室温保存にするために、添加剤に界面活性剤を使用している。それが原因の可能性がある。

 

〇ジェネリックの添加剤についても注目する必要がある。

 

〇添加剤による適度な角膜の障害により、細胞内への薬剤が浸透しやすいという噂。

 

〇そのため、添加剤フリーのものは効かないというイメージ。

 

 

 

ざっくりこんな感じです。。。

 

今まで、ほとんど目薬の添加剤なんて意識もしなかったです、、、

 

 

というか、それくらいの添加剤でどうこうなることはないと思っていました。。。。

 

 

まして、ジェネリックに変えて、ほんまに物理的な問題が生じるとは、、、、

 

 

 

目から鱗です。。。 先生に感謝。。。

 

今度から意識して患者さんと話そうかな。。。。

 

 

あっ。。。ジェネリックで思い出したけど、、、

 

 

ロキソニンのジェネリックで効きが悪くなる人結構いるね。。。

 

 

 

今日もありがとう。。。ゆっくり休んでくださいね。。。

 

ではまた明日も頑張ろう。。。

 

 

良ければポチっとしてくださいませ↓
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ        

 

 




薬剤師 ブログランキングへ

 

 







Last updated  2013.04.03 21:39:14
コメント(2) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


goodsandou

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ありがとうございます。@ Re[1]:お薬が足りないと言う方に(08/28) けんたさんへ コメントありがとうござい…
けんた@ Re:お薬が足りないと言う方に(08/28) 検索したら、こちらにヒットしまして。 患…
goodsandou@ Re[1]:理屈でものを考えたい。。(08/26) Stephen1969さん コメントありがとうござ…
Stephen1969@ Re:理屈でものを考えたい。。(08/26) はじめまして! プレゼントを飲んではいけ…
goodsandou@ Re[1]:アコファイド錠の紹介です。。(05/18) マミマミさん この数年超絶忙しく放置プ…

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.