643619 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

和レトロな暮らし

全4件 (4件中 1-4件目)

1

北陸の和レトロ

2015.05.29
XML
カテゴリ:北陸の和レトロ



ペコ1




骨董屋さんで出会ったペコちゃん。レトログッズに囲まれています。

私が中学生の頃、「ペコちゃんに似ている」と言われたことがあります。違うクラスの子が私のところに走ってきて、「あなたって、ペコちゃんに似てるよね!」と言ったのです。近くにいた友人は大笑い!ちょっと複雑な気もしましたが、みんなのアイドル、不二家のペコちゃんですから、まぁいいかぁ~と思ったものです。



そんなペコちゃんは、1950年に発売されたお菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして誕生しました。ですから今年(2015年)で65歳なんですね~!あらら。でも、いいんです。ペコちゃんは「永遠の6歳」ですから!



ペコ2
和倉昭和博物館で展示してあったペコちゃん


ペコちゃんといえば、赤いオーバーオールを履いている姿が浮かびますが、1960年代前半ごろまでのオーバーオールには、右足のすそ部分に「ペコちゃん」の文字が書かれているそう。石川県の和倉昭和博物館でであったペコちゃんのオーバーオールにも「ペコちゃん」の文字が見えます。


peko world  ペコワールド【HP】

和倉昭和博物館とおもちゃ館【HP】
〒926-0175   石川県七尾市和倉町九20-1
TEL&FAX:0767-62-1161
開館時間:8:30~17:30     定休日:なし ※年末年始は休館







最終更新日  2021.05.16 14:56:10


2014.08.16
カテゴリ:北陸の和レトロ
成隆寺の灯篭流し
灯篭に記された「ありがとう」の文字。ご先祖を敬う気持ちにあふれています。


能登半島・輪島市のお盆には「三夜踊り」が行われます。8月14日から16日の3日間行われる歴史ある盆踊りで、無形文化財に指定されています。そして最終日の8月16日には、踊りの会場のすぐ横を流れる河原田川で成隆寺の灯篭流しが行われます。明かりが灯された色とりどりの灯篭が川を流れていく様子はとても幻想的です。
その様子を見ていると、ひとつだけ早く流れていくものあり、灯篭同志くっついたり離れたりして流れていくものあり、ゆっくりのんびりマイペースで流れていくものあり……。まるで様々な人生の縮図を見ているようで、感慨深いものでした。

三夜踊り保存会

 







最終更新日  2015.05.24 16:31:41
2013.09.20
カテゴリ:北陸の和レトロ
DSC08575.JPG
木樽天然仕込醤油と、とってもかわいいおしょうゆケータイ



能登半島にある七尾という町。雑誌で見たときから一度行きたいと思っていました。やっとその夢がかない、鳥居醤油店へ。時の流れを感じさせてくれる素敵なお店…。
とても素敵な女将さんとの楽しいおしゃべり。このお店は昔、お菓子屋さんだった頃もあるとか。そのまた昔(たぶん明治時代)は、七尾港に外国船もよく入港していて、外国の商品や食品も扱っていたんですって。ロシアのビールも販売していたそうです。一緒に訪れたロシア人夫もびっくりしていました。

DCIM0496.JPG
タイムスリップしたような店内です。


鳥居醤油店
石川県七尾市一本杉通り TEL (0767)52-0368






最終更新日  2015.05.24 16:35:02
2010.11.13
カテゴリ:北陸の和レトロ
DSC00361.JPG
煌びやかな蓋つき煎茶茶碗と抹茶茶碗。今日はどちらで一服?


石川県の名産品、九谷焼。九谷焼の特徴は「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。金彩もよく使われ、豪華で華美な作風が目を惹きます。私の茶碗たちも、大輪の白菊を中心にさまざまな色の花たちが競うように茶碗の上に咲き誇っています。これでお茶を飲むと、なんだかお姫様になったように気持ちになるから不思議です(笑)







最終更新日  2015.05.25 02:54:59
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.