000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

和レトロな暮らし

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

名古屋の和レトロ

2015.06.23
XML
カテゴリ:名古屋の和レトロ
地下鉄1
この100形は昭和32年から、昭和63年まで走っていました。

地下鉄2 地下鉄3

名古屋に住んでいる人、住んでいた人ならばきっと懐かしい!と思っていただける、地下鉄東山線を走っていた「黄電」です。私もお世話になりました。そんな懐かしい黄電ちゃんに「レトロでんしゃ館」で出会うことができました!

当時には入ることができなかった、運転席にも潜入!イスがとても小さくてびっくり!!太った人だったら、かなり辛い大きさです。クッションも良くないので、きっとお尻が痛くて、運転手さんも大変だったと思います。
この100形は一番古いタイプで、改良型は平成12年まで使われていました。

ところで、なぜ最初の地下鉄の色を黄色にしたかというと、名古屋を代表する画家の杉本健吉さんが、「暗い地下でも明るく映えるよう、ウィンザーイエロー(菜種色)にしよう」と提案したからだそうです。ちなみに、2番目に開通した名城線になったのは、色相環で黄色の補色だったからだそう!なるほどです。


1421

続いて市電トリオのご紹介。まずは長男の1421形。昭和13年から昭和49年まで走っていました。ダイエー上飯田店にも一時展示されていたそうです。

1421-1
運転席がおもちゃの電車みたい!



3003

次に二男坊の3003形。昭和19年(1944年)から昭和45年(1970年)3月まで使用されました。第二次世界大戦中、軍需生産に携わる工場通勤者を運ぶために、昭和19年に10両作られたそうです。引退後は名古屋市科学館に保存されていました。

3003-1
茶色と緑のレトロな内部もいい感じです。


2017

最後に三男坊の2017形。昭和31年(1956年)12月から、昭47年(1972年)2月まで使われました。名古屋の地下鉄開発研究用に作られたそうです。
名古屋には今は市電は走っていませんが、観光用でもいいから、どこかに走らせてくれないかな…。風情があっていいと思うのですが…。


レトロ電車館
レトロでんしゃ館(名古屋市 市電・地下鉄保存館)【HP】 

日進市浅田町笹原30 名古屋市交通局日進工場北側  電話:052-807-7587
開館時間:午前10時~午後4時(入場無料)
 休館日:毎週水曜日(水曜日が休日の場合はその直後の休日でない日)、年末年始(12月29日~1月3日)






最終更新日  2015.06.24 01:02:17


2015.06.08
カテゴリ:名古屋の和レトロ
tsutsui1
安倍晴明人形・巫女人形・太鼓人形・笛人形の4体のからくり人形がある、神皇車


名古屋市東区で毎年6月第1土曜日・日曜日に行われる、筒井町天王祭(つついちょう てんのうさい)に行ってきました。ずっと名古屋に住んでいるのに、この祭を見に行ったのは初めて。昼から夜にかけて筒井町では、神皇車(じんこうしゃ)、湯取車(ゆとりぐるま)の2台の山車、そして出来町(できまち)では、西之切の鹿子神車(かしかじんしゃ)、中之切の河水車(かすいしゃ)、古出来町の王羲之車(おうぎししゃ)の3台の山車が町を練り歩きます。

筒井町と出来町、2ヶ所で山車の奉曳が行われますが、今回見に行ったのは筒井町。夜7時から提灯にろうそくが灯され、暮れゆく町の中、幻想的な雰囲気が漂いました。

tsutsui6
神功皇后人形・武内宿禰人形・面かぶり巫女人形・采振り人形の4体がある、湯取車

天王祭とは、牛頭(ごず)天王を祭ることにより、疫病を鎮めようとする天王信仰の祭礼です。6月は梅雨時で疫病が流行したり、農作物に被害が出やすいので、そのような悪いことがおきないように、天王に祈願するのです。


tsutsui4   tsutsui3
左】屋根部分が朱色、水引幕が白、大幕が青と色彩が鮮やかな神皇車  
【右】金箔塗り鏡天井の屋根、彫刻のある高欄がある湯取車。


見どころは、山車の上のからくり人形の動きや、曲げ場(交差点)での山車の方向転換!さらに2台の山車が決められた時間・場所で出合い、あいさつするかのように双方のからくりや山車の方向転換を披露します。

tsutsui7
交差点が曲げ場です。男たちが力を合わせて、山車の方向を変えます。

tsutsui2
くるっと回る美しい山車。幻想的です。


こんな素晴らしい祭を今まで見に行かなかったなんて…とても悔やまれます!来年はぜひ出来町天王祭や、5つの山車が揃う、徳川園での「山車揃え」を見に行きたいと思います。

筒井町出来町天王祭【wiki】

【筒井町天王祭】 名古屋市東区筒井町商店街及び周辺
【出来町天王祭】 名古屋市東区明倫学区一円







最終更新日  2015.06.09 01:46:10
2015.06.07
カテゴリ:名古屋の和レトロ

toyota7
トヨペットクラウン。素敵なフォルム!

レトロな車がいっぱい!6月6日(土)7日(日)に名古屋のトヨタ産業技術記念館で開館記念イベント「ノリノリウィークエンド」が開催、日曜日に夫と見に行ってきました。トヨタ自動車が初めて販売したG1型トラックスタンダードセダンAA型乗用車の走行披露、初代クラウン、セリカ、カローラの同乗試乗会がありました。実際に走るのを見るのは、エンジンの音などが感じられ、博物館内で見るだけとはまた違った感動がありました!


toyota3
当日は博物館内も無料開放でした!

toyota1
トヨタスタンダードセダンAA型乗用車

私は車に関してはあまり詳しくないのですが、最近の車より、レトロな車の方が形や雰囲気が好きです。特にAA型乗用車と初代クラウンは見惚れてしまいました!
説明員の方が、AA型乗用車のクラクションを鳴らしてくださいましたが、ブワーブワーっとなんとも鈍い音。これには意味があって、当時は車より馬車や牛車が多かったため、金属的な音を鳴らすと動物たちがびっくりしてしまうため、仲間の鳴き声のような音にわざとしたのだそうです!その配慮がにくいですね~。


toyota8 toyota2
toyota6 toyota5
【上・左】走行中のGI型トラック。かっこいい!    【上・右】初代セリカ。スポーツカーっぽいフォルムです。
【下・左】初代カローラ。現在のものとは形が全然違います。     【下・右】ずらっとクラシックカー勢揃い!


トヨタ産業技術記念館【HP】 

〒451-0051 名古屋市西区則武新町4-1-35
TEL: 052-551-6115 
9時半~17時(最終入場16時半) 月曜定休(祝日の場合は翌日)/年末年始







最終更新日  2015.06.09 02:36:33
2011.12.10
テーマ:和菓子(801)
カテゴリ:名古屋の和レトロ
kageyama2-1
栗の季節ももうすぐ終わりですね… 影山誠さんの小皿 【販売中】

名古屋の老舗の和菓子屋さん、むらさきや。近くにある御園座を訪れる著名人もここの和菓子の常連だというお店。特に栗を使った和菓子や水羊羹が有名です。今日は栗羊羹を買ってみました。他の栗の和菓子は11月末までの販売だったそう。

影山誠さんの小皿に乗せたら、ちょっと洋風な感じに。栗がごろごろ入っていて、羊羹自体は餡が濃厚な感じです。うん、おいしい。

murasakiya
むらさきやさんの店内部です

むらさきやさんは名古屋のオフィス街、伏見にあり、前の会社でもここの和菓子をお客様用に買ってもっていったことがありました。店内要所に飾られた花が心を和ませてくれます。

murasakiya
生菓子と干菓子、そして羊羹があります。
 
あわただしい毎日ですが、ちょっと時間を作って、おしゃれな器で和菓子をゆっくりいただくのもいいものです。

むらさきや

愛知県名古屋市中区錦2-16-13
TEL: 052-201-3645
月~金 9:00~17:00 土 9:00~15:00  日・祝定休


ryabinashop_logo
この器のご購入・お問い合わせは こちらをクリック

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
作家さんのうつわ情報はこちら






最終更新日  2014.08.15 02:24:41
2010.10.15
テーマ:カフェ話。(1656)
カテゴリ:名古屋の和レトロ
SBSH0969.JPG
窓の位置がおしゃれなカフェです。

素敵な器を使っているカフェを探して、この店に辿り着きました。

名古屋の地下鉄・名城線『総合リハビリセンター駅』にほど近い、閑静な住宅街の中に
『ギャラリーカフェSee Saw』はひっそりと佇んでいます。

白を基調としたモダンな建物の扉を開けると、そこには明るい空間が…。

SBSH0973.JPG
飾ってある作品は2ヶ月ごとに変わります。この時は佐藤克久さんの展示。

テーブル席とカウンター席があり、大きな窓からは光が気持ちよく差し込んできます。
大きなお店ではないですが、高い天井のせいかとても広く感じます。

SBSH0972.JPG
土足で上がっては申し訳ないような美しいギャラリー。

奥には白木の床のギャラリースペースがあり、若手作家の作品が展示されています。
カフェにも作品が展示されていて、お茶を楽しみながら芸術鑑賞ができます。

SBSH0974.JPG
手作りケーキセットは500円!器もみんな素敵!

器は安藤雅信さん初め、シンプルで味のある日本の作家さんのものを使用。
さらにそこに盛られた奥様お手製のケーキがおいしくて、感動でした。
コーヒーも桜山にある吉岡コーヒーさんの豆を一杯ずつドリップされているそうです。

お気に入りのカフェになりそうです。

ギャラリーカフェSee Saw
名古屋市瑞穂区密柑山町2-29
Tel: 052-833-5831
12:00-17:00(火~木)12:00-19:00(金・土)、日・月定休






最終更新日  2014.08.16 18:56:41
2006.10.04
カテゴリ:名古屋の和レトロ
昨日、蕎麦柄の手ぬぐいを買ったことで、今日は無償においしいお蕎麦が食べたくなりました。
着物を着て、いざ、『覚王山たか乃』さんへ。

10/4のきもの    10/4の帯
少し大正ロマン風?柄on柄なのでなかなか賑わしいですねぇ。。。


あいにくの空模様だったので、ポリの紫の花柄袷に茶地に色とりどりの花が散りばめられている昼夜帯という組み合わせに。私にしては珍しく派手着物に派手帯の組み合わせです。


さてさて、『覚王山たか乃』さんは古民家をお店として使っているところで、座敷スペースと椅子席スペースがあります。1Fの廊下や2Fには和小物や和食器もたくさん置いてありました。

たか乃  2006-10-04 17:19:45
 <左>今日はお座敷席でいただきました。  <右>『くろちく』の手ぬぐいもありました。


ここのメニューは単品はありません。昼の御膳(2000円~)と夜の御膳(3200円~)があり、ざる蕎麦だけでなく、蕎麦を使った創作料理が出てきます。

何品かお料理が出た後、いよいよお待ちかねのざる蕎麦~

たか乃
ネギ等薬味は蕎麦の上に載せて食べて下さいと言われました。

その後蕎麦ごはんと温かい蕎麦とで好きな方を選べたので、にしんそばにしました。

たか乃にしんそば


もともとここの奥さまは大須で『しるくろーど』という喫茶店をやっていらっしゃった方です。

私は昔大須に住んでいたので、この喫茶店は良く行きました。たくさんのカップが置いてあって、好きなカップでコーヒーが飲めたのです。今でこそ珍しくありませんが、当時ではあまりないことでした。コーヒーもおいしく、作家ものの器も売っていて、大好きな店だったのです。

その奥さまが、名古屋では知る人ぞ知る蕎麦打ち名人紗羅餐(さらざん)服部 隆先生に従事し、蕎麦作りを習得され、蕎麦のお店を始められたとのこと。

たか乃デザート
コーヒーに、そばアイス、そして奥は黒蜜で落花生を煮込んだお菓子。
この落花生は中を食べた後、殻をコーヒーに入れて黒蜜の甘みを楽しみます!


たか乃さんの前身はコーヒー店ですからデザートもおいしい。器も必見です。

蕎麦懐石 たか乃(旧名: 覚王山 たか乃)

名古屋市千種区高見1-15-22 【名古屋市千種区山添町2-47-1から移転】 TEL:052-762-5089
営業時間:11時半~21時(L.O.は20時半)、日・祝日11時半~15時  不定休


たか乃






最終更新日  2014.08.15 02:32:27
2006.09.10
カテゴリ:名古屋の和レトロ
いつも和裁教室でお世話になっている隠れ家ギャラリー「えん」さんでは、毎月第2週火曜から日曜にアンティークきものイベント『モガ』が開催されるんです。

まずはちょっと変わった柄の帯をキープ。


とても軽くて締めやすそうな帯です。2500円でした。


この何色とも形容しがたいモヤモヤ感がなぜか目に留まってしまいました。写真ではうまく雰囲気を伝えられないのが残念です。絞りのような感じでもあり、バティック柄のようでもあり…今まで持っていない感じ!

和裁教室が終わったので、『えん』カフェにてランチ。ランチは週替わりです!

今日は松花堂弁当でした~。

えん松花堂弁当


こんなにボリュームがあって、600円!大満足だあぁぁぁ。野菜の煮物や和え物、魚も肉もあって、デザートの葡萄もあって……おいしかったよ。


その後、もう一度アンティーク着物を物色。
すると…ピカッ、ゴロゴロゴロ…

キャァァァァ、雷だぁ。。。。。


すごい雨とともに雷鳴とどろき、これは帰れないぞ…ということで、アンティーク着物をひとつひとつ(!)試着していくことに!えんさんのスタッフさんはみな優しいので、こんな客でも『どうぞ、どんどん着てね!』と言ってくれるのです。


2つ候補があり、紺縞に花のシルエットの模様の着物は『買うぞ!』というところまで行ったのですが、よく見ると布地に少し弱っている部分が…修正箇所も多かったので、泣く泣く断念。今日は帯だけをいただいてきました。

でも、でも、あぁ、あの着物、素敵だったなぁ。。。。。。


最後に喉が渇いたので、マスターがおいし~く入れてくれるコーヒーを飲みました。
私の好みの少し苦めの味わいがたまりませ~ん。

今日はえん三昧の一日でした。

隠れ家ギャラリー「えん」
名古屋市名古屋市南区呼続一丁目10-23 TEL:052-822-7088
営業時間:11時~18時(金・土は20時まで) 毎週月曜定休






最終更新日  2014.08.16 19:06:17
2006.09.06
カテゴリ:名古屋の和レトロ
藤が丘の北・香流川の近くに何やら気になるお家が。

art&cafe 一閑(ひととき)さんというこのお店は1Fが作家さんたちの作品を展示販売しているギャラリーで、2Fがおしゃれなカフェでした。
何でも1Fは奥さんが、2Fは定年退職された旦那さんが担当してるんだそうです!

一閑2   一閑1
とってもゆったりと落ち着ける空間ですよ~



コーヒー、紅茶と並んで何やら見かけない名前のものが…
献上加賀棒茶とは何だろう?

献上加賀棒茶&薄紅
左のお菓子が薄紅です。


一杯飲んでみて…
「おぉぉぉ~おいしい。香りがいいわ。味も香ばしくって私好みだぁ」
一つ食べてみて…
「おぉぉぉ~これまたおいしい。甘酸っぱくて。でも自然の味だぞぉ」

お茶はこのお店のオリジナルカップとポットでサーブされます。

ところでこの献上加賀棒茶って何?

『第三十四回全国植樹祭で、昭和天皇がお越しになられた折りに献上された茎のほうじ茶で、一番摘みの茎だけを浅く炒り上げた香り高い茶。』とあります。

何でも昭和天皇はほうじ茶のような香ばしいお茶が好きだったそう。それで石川県を訪れた時「ほうじ茶が飲みたい」と仰られたので、出されたのがこのお茶。

なるほどおいしいはずです。香りが何といっても素晴らしい!!味はほうじ茶の極上って感じ?

丸八 献上加賀棒茶(100g袋)
丸八 献上加賀棒茶(100g袋)


じゃあ、青森のりんごのお菓子薄紅とは何ぞや???

『青森リンゴ(紅玉)を輪切りにして、砂糖で煮上げじっくり乾燥させました。』
なるほど、ほんと食べやすくてお茶にぴったり。

薄紅 12枚入
薄紅 12枚入


マスターのホンワカとしたやさしい雰囲気も素敵なカフェですよ。
下のギャラリースペースも魅力的な展示がもりだくさんです!

art&cafe 一閑(ひととき)
名古屋市名東区藤里町701 TEL:052-776-6906
営業時間:10時30分~18時30分  毎週日・月曜休







最終更新日  2014.08.16 19:21:11
2006.09.05
カテゴリ:名古屋の和レトロ
前から名前は知っていたけど、場所がよくわからなかったお店がありました。
それは古布きむらさん。

ところがひょんなことから場所がわかったのです。
それはGallery Cafe「make」の店長さんが「この近くにもう一軒アンティーク着物や小物を扱っている店があるのよ」と教えてくれたのが古布きむらさんだったの~すっごいラッキー。店長さん、ありがとう。

makeさんから歩いても1分!私が車でしょっちゅう通っている道にあったのです。
人間って注意深く見ているようで全然見ていないんですね~

ガラガラガラ…と引き戸を開けると、そこにはレトロな世界が……

きむら3   きむら2
入口入って左はお値打ちコーナー、右は高級コーナーになってます。


何でもここはKimono姫(4(キモノ作家編))にも載ってたんだって。へぇ~。今度見てみよう!

Kimono姫(4(キモノ作家編))


着物から帯から帯留めから端切れから何でもあるって感じでした。お値打ちコーナーは結構無造作に積まれているので、ゴソゴソとお宝発掘するといいかも!

私が見つけたのはこの帯っ!

きむら青帯


画面ではうまく色が出ないんだけど、青地に赤紫の織り模様が入っていて、真ん中に白地に細かい色の入った帯状の布があるんです。4000円と私にしてはちょっと奮発しちゃったけど、こんな柄、あんまりないから…
はてさて、何色の着物にあわせようかなぁ…。みなさんのご意見がききたいです。

古布きむら
名古屋市千種区西山元町2丁目46-8 TEL:052-763-6801
営業時間:11時~17時 毎週火曜・祝日休







最終更新日  2014.08.16 19:55:57
カテゴリ:名古屋の和レトロ
覚王山にある日泰寺といえば、名古屋の人なら誰もが知っている大きなお寺で、明治33年にシャム国(今でいうタイ)皇帝から贈られたお釈迦様の遺骨(仏舎利)を奉安するために建てられたんだそうです。

毎月21日は弘法縁日があり、参道に露天がズラッとたち並びます。子供の頃、母に連れられてこのお祭りに行くのが楽しみでした。しみじみ…

さて、この日泰寺参道にあるGallery Cafe「make」(メイク)さんに行ってきました。
軒先に和食器が並べられているお店なので、最初は食器のお店なのかな…と思ってました。大々的に『Cafe』とわかる表示でなく、『喫茶去』という看板がひっそりと掲げられています。

中に入ると日本、中国を中心とした骨董品や民芸品が並べられていて、これだけでも私的には満足!

make1   make2


でも実は奥の方にアンティーク着物や帯もあったりするんです。
店長さんはお着物が大好きな方。おうちには店の何倍もアンティーク着物や帯や古布がストックしてあるそう。
もともとはギャラリーが主だったそうですが、今は骨董品の販売とカフェを中心にやっているということです。

さて、真ん中の大きなテーブルを良く見ると、お品書きが…
最初はコーヒーをいただこうかと思いましたが、店長さんが「おすすめがあるの!」とおっしゃるので、それを注文しました。

060904_1549~01.jpg
冷やしくずです。


葛といえば奈良の吉野が有名ですが、この『冷やしくず』もおいしい!
抹茶味で中に小豆と白玉が入っています。あんみつにも近い和風デザートになっています。400円也。

常連さんもお店にやって来て、きもの談義に花が咲きました。
今度は着物や帯が欲しいなぁ~  山ぶどうのつるの編みバッグも素敵だったなぁ。

■□■□■□ 訪れたお店 ■□■□■□

Gallery Cafe「make」(メイク)

名古屋市千種区山門町1-31
TEL:052-761-3750
営業時間:11時~18時  毎週水曜休・毎月21日休

■■■和レトロな暮らし トップ■■■
■■■今人気のblogランキング■■■
■■■楽天広場blogランキング■■■






最終更新日  2014.08.15 02:34:13

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.