245783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

野良猫駆除協力会

PR

全50件 (50件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 >

巷では

2011年02月20日
XML
カテゴリ:巷では
先日、東京の月島のマンションで飼われていたソウゲンワシが逃げ出したらしい。

そう、月島と言えば下町なので当然、餌となる野良猫の宝庫?普段は鶏肉等を
与えていたというから、先ずはドン臭い鳩辺りが餌食になりそうだが、
野生の狩猟の本能からすれば物足りないのでカワイイーぬこたんが狙われるかもな?

月島辺りだと、長屋の縁側に如何にも眠そうな野良猫が寝そべっていれば
ワシにとっては楽しいハンティングワールドだな。まぁ、これで1日3匹程度仕留めて
1ヶ月辺りで約100匹か、「1年でも良いけど」彷徨いてくれれば野良猫被害の軽減に
少しは貢献してくれるだろうよ。

特定動物じゃないからもっと積極的に放流して
空から鵜の目鷹の目で襲撃してくれれば都内の野良猫「アライグマとかハクビシンも」を
大幅に減らせるし殺処分費用が浮いて血税の節約になるぞ。






最終更新日  2011年02月20日 17時00分33秒
コメント(5) | コメントを書く


2011年02月16日
カテゴリ:巷では
こんなサイトを見ていたらやっぱりねって思ったね。だから、これだけだってイルカ狩りは或意味正しいのだ。

何処かの海の番犬団体がワーワー喚いても
人間様に刃向かうものは成敗するのみ。

カワイイー「森の熊さんもね」からって近付くと喰われちゃったり
日本にいるこいつ等の親戚が赤ん坊を誘拐して食べちゃうことも無きにしも有らずだ。

又、カワイイーからって、愛誤が無駄な餌付けをやり続けるとこうなる

こんなのは日本の住宅地では願い下げだね。やるなら絶海の孤島を買うか借りてやってくれ。






最終更新日  2011年02月16日 21時35分44秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年02月14日
カテゴリ:巷では
パブリックコメントの抜粋

数値目標
提言意見 殺処分ゼロを目指すべきである。
市の考え 計画では10年後の目標を掲げておりますが,最終的な目標は殺処分ゼロを目指しております。
俺の考え 出来る訳ねえだろ!後から後から避妊手術がタダの市に捨てに来るんだからな。
     今の野良猫ってのは栄養状態が愛誤の無益な餌付けの所為で異常に良くなって
     年に何度も出産するのに1年単位だって長過ぎるのに10年???
     そんなにやってたら増え過ぎた野良猫の為に市の財政が大阪府みたいになっちゃうぞ!

飼い主責任
提言意見 公共の場所,公園などに野良猫や犬の糞で困っており,何か対策をとってほしい。
市の考え 現在,保健所及び家庭動物相談所において飼主マナーの啓発等に取組んでおりますが,
     計画に「迷惑問題の防止の徹底」を盛り込み,糞の後始末,鳴き声,臭気等に
     関する適正な管理方法の啓発及び指導について,一層の推進を図ります。
俺の考え 罰則つけなきゃダメなんだよ!

譲渡
提言意見 猫の譲渡手法の確立として,子猫飼養や一時預かりボランティアの募集等を行い,
     その現況をアピールする一方,育てられた子猫を含めての里親募集を行うことを
     提案する。特に小学生以上(親の理解と協力が必要)の子供に体験させることは,
     愛護教育にもなる。
市の考え 実施可能か検討させていただきます。
俺の考え 下手にやると、愛「誤」「狂」育になるからな。

個体識別明示
提言意見 猫のマイクロチップ装着を普及させるため助成金をだす。
市の考え 厳しい財政状況のため,現時点では困難です。
俺の考え 何、寝言言ってんだよ!んなの餌付け主の自腹で当然義務だろが!

個体識別明示
提言意見 犬や猫のマイクロチップ装着を義務化する。
市の考え ご意見は国に伝えておきます。
俺の考え 意見スルーしてどうすんだよ。装着は罰金付きの義務にしなきゃダメ。

所有者不明猫・地域猫
提言意見 所有者不明猫へ給餌している猫おばさんへの指導と教育が必要ではないかと感じる。
市の考え 現在も指導しており,適正な飼養をしていただけるよう今後も
     粘り強く指導してまいります。
俺の考え 指導だの凶育なんて生易しい愛誤レベルの奴じゃないだろ!強制隔離。

所有者不明猫・地域猫
提言意見 猫にエサを与えている人はお年寄りが多いように思う。
     寂しさからエサやりをしているかもしれないが,動物担当の部署だけで
     説得する~精神的なケアも担当する部署と連携して~場所はたくさんあると思うので,
     十分な担当者数を用意して,計画倒れにならないようにしてほしい。
市の考え 参考にさせていただきます。
俺の考え ってか、カルトかトキソに感染しているんだから他の方法が必要じゃないのか?
     十分な担当者数を用意してって野良猫愛誤にそんな予算掛ける余裕が有るなら
     未来有る子供の方の予算に回せよ!

所有者不明猫・地域猫
提言意見 所有者不明猫対策を基本として,さらに充実した内容として,
     「地域猫」として,モデル地区(町内会)を募り,地域と猫との共生を考える計画を
     盛り込まれてはいかがか?
市の考え 参考にさせていただきます。
俺の考え 元から人間様に寄生してる野良猫に今更、共生させたいって?
     地域野良猫ってのは尽く失敗してんだよ!地域住民に強制より野良猫愛誤の矯正が先だぞ!

不妊手術の助成
提言意見 避妊,去勢手術の助成金を,猫のみを対象にするなど猫に重点を置くべきだと思う。
市の考え 犬についても避妊,去勢手術を推進しており,猫のみに限定することは困難です。
俺の考え 当然だろ!ったく野良猫愛誤ってのは我侭身勝手、ケチ。

施設整備
提言意見 京都市内には,しつけ教室などをできる場所が少ないので,教室をやれる能力や技術を
     持っている人たちが活動できるような場所があればよいと思う。
市の考え 参考にさせていただきます。
俺の考え んなら、野良猫の躾教室ってのやってみろよ!最低、道交法と糞ションベンのマナーは
     叩き込めよな。まぁ、野良猫の記憶力じゃ到底無理だな。

愛護教育
提言意見 家庭動物相談所の体験学習として,京都市内の中高生を中心に
     保護されている動物をみてもらい,殺処分の現状を知ってもらう。
市の考え 現在の施設では一度に多くの方を受け入れることは困難ですが,
     市民の理解が深まるよう努めてまいります。
俺の考え だったら、そうならない為に何をすれば良いのか考えさせる為にガス室のスイッチを
     押させるとか、〆る体験をさせた方がいいぞ。

動物愛護推進員
提言意見 動物愛護推進員の社会認知度はきわめて低い。京都市は,地域での動物愛護推進にも
     尽力を注ぐ姿勢を示し,優秀な動物愛護推進員の育成と,~まずは、
     市民10000人にひとりの割合くらいで推進員がいることを目指してほしい。
市の考え 動物愛護推進員の拡大と研修会の実施の強化に努めてまいります。
俺の考え 数じゃないだろ、質だろ質!特に罷免条項の明文化と開示が必要だね。

その他
提言意見 殺処分方法にあたっては, 犬猫の苦痛を少しでも軽減する為に,
     飼い主持ち込みの場合は飼い主に抱かせて注射で逝かせてください。
市の考え お気持ちは理解しますが,現状では実施が困難です。
俺の考え んなもの、テメーの手で直に〆るか、せめて最後の晩餐で埠頭駅定食喰わせてやれよ!
     それが餌付け主の最後の優しさってもんじゃないのか?

その他
提言意見 劣悪な状況下や事故など非常時にある動物の為に通報や情報があれば
     救出のアクションを起こさせるシステム(動物レスキュー)を作ってほしい。
市の考え 動物の虐待等を防止するため,飼い主への普及・啓発を推進するとともに,
     動物愛護に関する相談等の窓口の充実に努めてまいります。
俺の考え そんな予算が何処に有るのかね?その分増税になったらペット飼っていない納税者は
     納得しないよ。自分で探偵等を雇って行政とかに通報するのが現実的じゃないのか?
     尤も野良猫愛誤はその辺の嗅覚は異常に鋭いし、何処かの○女史みたいなのが夜襲掛けるから
     心配ないだろ。






最終更新日  2011年02月15日 00時13分41秒
コメント(9) | コメントを書く
2011年02月05日
カテゴリ:巷では
愛誤のサイトを見ていたら、些細なぬこたんカワイイーという出来心からか?
止せば良いのに「~アパートに捨ててあった子猫を保護し育ててきましたが、
御家族の反対を押し切って保護した~」で二進も三進も行かなくなって
「~現在のアパートは古く取り壊しになる期限が迫ってきたこと、
新しいお家に猫を連れていくことを家族に大反対されていることなどから、
~期限までに里親さんが見つからない場合は、
旦那様が保健所に連れて行き処分するということが決まっている~」ってのは
何処にでも在りがちなお決まりパターン。

こんなケースも
「猫ちゃん達の世話をしている方は、そのアパートに住む、ご高齢で病気のある方です。
自分の生活もやっとだけど、せめて餌とお水だけもと、捨てられた猫ちゃん達の面倒をみてこられ~
アパートが取り壊される事が決まり、退去しなくてはならない~
新しい住まいで、これだけの数の猫ちゃん達をお世話できるところはなかなかありません。」

高齢で病気持ちで生活も年金でギリギリって?何でそこまでやるのかね。
正しく猫マゾだね。

こういうのを日本全国でやっていれば減る訳がないし、里親なんて簡単に
見つからない、旦那に同情するね。

で結局、最後は行政「つまり血税でツケ払い」に泣きつく。

これを防ぐには野良猫に罰則付き飼い主登録義務が出来た暁には是非とも
飼ってはいけない奴の基準を定めなくてはいけない。

基準としては、就業や所得収入等を証明するもののコピーを毎年更新時に提出させるとか、
又に飼育環境の点から住宅は持ち家又は、ペット可の賃貸ならその証明書等だ。

そう、夜中に俺のサイトに意味不明な書き込みするプーの愛誤の飼育はご法度ってことだ。
そういう奴は多頭飼いとかキャパシティオーバーで必ず行き詰って、
夜中の公園なんかで不法に放流して近隣住民に迷惑を与えるからだ。
勿論、猫の為にも良くない。

保健所で殺すなって野良猫愛誤「自称勝手猫ボランティア」はホザくけど
その前に、己等の行為を省みろよ。






最終更新日  2011年02月06日 00時23分55秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年02月01日
カテゴリ:巷では
大阪市で実施した野良猫の管理事業はデータから見ても失敗は明らかだ。
「これと似た様な事業なんて何処でやっも無駄だから、トットと止めてしまえってことだ」
見て貰えば判るが、たった2年の実施期間でも限界が見えている。
「だから、何処かの地域野良猫が成功した様なことをホザいている
野良猫愛誤=勝手猫ボランティアが10年以上続けてるってのは
無駄且つ有害な事業が血税の浪費によって
辛うじて仕方無く愛誤の圧力により続けさせられているに過ぎない」

先ず、平成20年度の〔1〕の生活環境被害等の変化についてでは
ねこの数の項目を見ると少なくなったは66.4%、変わらない30.1%、増えたは1.4%
平成21年度の同じ指標を見ると
少なくなった61.5%、変わらない34.1%、増えた3.8%と逆に増えている!

〔3〕の事業効果で見ても
20年度は効果あり86.0%、効果なし8.4%なのに対して
21年度は効果あり71.2%、効果なし9.0%で効果ありが大幅に減り、
なしが増えている「無回答=無関心?」

更に所有者不明ねこの引取り数の推移を見ると残念な結果になっている?
20年度は実施した5区で158.2→112.6で確かに減ったが
21年度は20年度に実施した同じ5区で112.6→118.4と増えているではないか?
又、誤差の範囲と言っても当初の目的は現状維持ではなく確実に減らすことからすれば
増えているなんて論外だ。
結局、管理が杜撰でイー加減なので他から流入「放流?」して増えたのではないか?

幾ら野良猫の数が一見減った様に見えても、一般市民がそのように感じなければ無意味だ。

なので、こんな事業を散発的にやったって有害無益であることが行政自身により
確り証明された訳だ。「この間の手間暇金はドブに捨てたも同然」

だから、何時も言ってる通り、費用対効果対時間を考えれば全国一斉野良猫狩が
後腐れも無く最もコストパフォーマンスが良いのだ。

又、この時点でも未だに大阪市のページには以前、記事に書いた
「所有者不明ねこの適正管理推進事業」実施要網でのルール作り云々ってのが
有ったが、そのルールとやらが見当たらない→つまり行政は勿論
野良猫愛誤団体側も端からそんなことをヤル気が無いし出来るとも
考えていないが適当に言い繕っておかないと野良猫の餌付けという快楽の
既得権益を失いたくないということを自ら証明しているのだ。






最終更新日  2011年02月01日 21時14分31秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年01月29日
カテゴリ:巷では
飼い犬に噛まれたり「猫から変な病気をうつされたかも」

車に轢かれる「運転手は被害者」

も有るよ

引っ掛かるとこうなっちゃうし

で、フン捕まると丸裸






最終更新日  2011年01月29日 17時44分40秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年01月25日
カテゴリ:巷では
正気かよ!この市は何を考えているのか?
でもって、こういう輩が血税を無駄にする

幾ら必要だからと言っても
ペット飼っている奴がやるべき義務を行政が補助する必要は無い
これで市民には3000円×1253匹=3759000円の負担が発生する。
こういう負担が出来ない奴はペットを飼ってはいけないのだ。







最終更新日  2011年01月25日 22時45分15秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年01月22日
カテゴリ:巷では
先日、NHKの特集番組で役所の業務の民間委託について報じていたが、
保健所でのペット、特にここでは増える一方の野良猫の処置について
考えてみると、別にこんなものは役所でなきゃ出来ない業務ではないし
言ってみれば勝手に増えた「というか無駄な餌付けで増やした」野良猫を
仕方なく引き取って、貰い手の有りそうな個体以外はガス室で
肉片「生ゴミ」にするだけだから、本来の業務の邪魔をしているだけだ。

ならば、競争入札とかで、回収業務、屠殺、後処理等を含めたパッケージ業務として
委託すべきではないのか?

これだけでも年間全国で屠殺費用が浮くし、これならTNRする必要も無くなるので
「リリースしたって回収して肉片にするから」去勢費用の助成は無用になるので
その分も費用負担が減って実質減税となる。

減税となれば、幾ら野良猫無関心層が大部分の日本人でも賛成に回る筈だ。
又、役人も野良猫愛誤の言動や行き成りブッスリと来る影に怯えなくて済む。

残念ながら三鷹にも公私を弁えない野良猫愛誤が市民の財産である
公園や俺もよく利用する無料駐輪場を野良猫パークとして貸し出せと
市長に迫っている「市長と語り合う会会議録平成21年1月21日(2)」

自分ではキャパシティオーバーの多頭飼いに懲りず
オマケに住んでいるマンションの住民からも文句を言われているのに
未だ、行政に集ろうという根性だ。
「そんなにやりたきゃテメーで土地を買うなり借りてやれよ。
尤もそんな金出すのが惜しいくらいケチだから仕方ないか?」

こんなことを幾ら勝手猫ボランティアでやったって、近隣住民や税金を
収めて公園や駐輪場を利用している市民には何の得にもならないだけでなく
目障り迷惑でしかない。
「仮にその餌付けしている野良猫に猫蚤やダニが寄生しているとそれ等が
公園とか駐輪場の整備していない雑草にくっ付いて来訪した人間様に集って毎回、
痒い思いをするだけでなく伝染病の罹患を心配しなければならなくなる」

この手の奴等の特徴は、別にペット飼育に限らず、己等の欲求を満たす為だけに
周りの迷惑も顧みずルールもマナーも守らず身勝手我侭に行動し、
挙句はその不始末のツケを他人に回して
当然支払うべきコストを踏み倒して権利ばかり要求する。

偶々その欲求の解消手段の一つが
野良猫の餌付けで、餌付けしている自分にナルを感じてマス掻いているに過ぎない。

そしてその使い捨てツールが野良猫ということだ。

こういう連中も今度は市長に文句を言うことが無くなるので
市政もスムースに運ぶので民間委託は有効だ。






最終更新日  2011年01月23日 00時24分12秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年01月20日
カテゴリ:巷では
最近、野良猫愛誤団体
「当人達はペット全般とホザいているが、実態は野良猫の収容所?」はNPO取得に
御執心らしい。政府のNPO団体一覧リストを見てる限りでも4~5個程度は有る。
全部が全てそうだとは言わないが、NPO取得に相当の御利益「金銭的に」が有るのかな?

或る試算によると、今度の税制改正「改悪?」では、NPOに対する寄付で最低額が
2000円以上だとトータルで寄付額の半額程度が控除になるんだと。
野良猫ビジネス的には都合の良い制度になりそうだな?

まぁ、この対象となるNPOは未だ極少数らしいが、
罷り間違って愛誤団体が認定されることが無い様に注視していきたい。
「特に会計が有耶無耶に成りがちな寄付や補助金の出入りが多い団体は」

さて、ここでNPOの詳しい意味はWikiに任せるとして反野良猫愛誤という立場から
見ると、NPOの一番の売りはその公益性だが、果たして野良猫保護に何の公益が
有るのか?糞ションベンの撒き散らしや年中盛りの鳴き声と悪戯等の
公「黄?」害性は確り有るが。

野良猫を保護するったって、野良猫愛誤その捕獲そのものにも文句を言うクセに
捕獲してシェルターといスラムにブチ込むだけだから
社会的意義ってのが見出せない。 
「んで、捕獲した野良猫に去勢手術に補助金寄越せだの法外な寄付を強請るだの
行政や一般国民に集るんだから始末が悪い」

これって人間様に何の得が有るのかね?高々野良猫の分際の飼育なんてのは
趣味道楽、所謂「お・あ・そ・び」の延長でその不始末のツケ回しだろ。

これ以上、NPOを得て何の我侭を要求したいのかね?






最終更新日  2011年01月20日 21時08分02秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年01月16日
カテゴリ:巷では
野良猫はどうやっても美味しくないけど背に腹は代えられない辛い選択

やっぱり不味そう、不服そうな?タカ君

大阪市の野良猫無法地帯となっている公園にも住み着いて欲しいな。






最終更新日  2011年01月16日 21時50分28秒
コメント(7) | コメントを書く

全50件 (50件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.