000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

野良猫駆除協力会

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

過去ログより

2010年09月12日
XML
カテゴリ:過去ログより
カモメが飛んだー♪カモメが飛んだー♪って曲を以前聞いた気がしたけど
「タイトルと歌手は忘れた」
親父が免許取立ての頃、深夜に運転していると行き成り物陰から
「と言っても真っ暗なので、オマケに相手も黒いので判らない」
黒猫が目だけをギラつかせて、道路の真ん中で立ち止って
車を睨んだと思った瞬間に軽い衝撃音と共に何か前方に
物体がブッ飛んだ様に見えたが、余り気にせず翌日、
車を見ると前のバンパーに僅かな凹みと血糊が
乾いてベットリと着いて、
「ヤッパリ轢いちゃったか、ったく面倒クセーな」っと
呟きながら、洗ってた。

それからも、そんなことが再三続いて、
子供の俺に「野良猫ってのは何で道路で立ち止まるだろうな?
猫が勝手に止ったって車は直ぐに止れないし夜中にそんな余裕は無い。
お前も免許取ったら、可愛そうなんてクダラナい同情は捨てて
構わずそのまま轢いちゃえよ」と話していた。

まぁ、轢かれた野良猫は即死だろうし苦しまなくて済むから
猫には幸いかも知れないが人間様の後処理は厄介で金も掛かる。

こうして猫に対する接触事故が起きるとドライバーは
胸クソ悪いし、罪悪感も引きづらせてしまう。
又、その所為でスリップとか運転ミスで事故れば最悪だ。
恐らく、夜中の事故の幾分かはこれらがキッカケになっているかも知れない。
高々野良猫を轢いた所為で人間様の命が危険に晒されるかも知れないなんて
○カげている。

だから夜中に、愛誤が餌付けして野良猫を集めるとその過程で猫だけじゃなく
ドライバーにも迷惑が掛かる、又その死体は道路管理者の
処理費用として血税が浪費されるのだ。
結局、愛誤の自己マンの所為で誰も得をしないのだ。






最終更新日  2010年09月12日 21時02分33秒
コメント(10) | コメントを書く


2010年07月27日
カテゴリ:過去ログより
これから夏休み本番、海や山に行く人も多いと思うが、

これは最近の話題だが、現在、本来だと山奥とか人家の少ない山郷なんかに生息する
山ビルが、これ又、最近増殖して農家や普通の民家に被害を及ぼす害獣、例えば
イノシシとか鹿やサルなんかに寄生して、その生殖範囲を広げて被害が拡大に
有るらしいが、別にこれら害獣以外でも哺乳類、例えば最近都会に出没するタヌキ等にも
寄生が確認されている。

別にここまで深刻でなくても、犬を飼っている人なら判ると思うが、
散歩中犬は草地を歩くのが好きなので、野原で犬と共に駆け回ったりして
帰宅すると大抵蚤とかダニがオマケとして付いて来る。

当然、野良猫も居る筈なので、そんなのが家屋敷に勝手に侵入されるだけで
迷惑且つ不衛生「蚤とかダニには、人畜有害なウィルスが寄生している場合が多い」。

これらから類推すると何れは、粗体格や体型及び行動生活様式、範囲が似ている野良猫は
その寄生害獣に成り得ることは想像に難くない。
オマケに個体数はタヌキの2~3桁以上居て、老若男女問わず日常接触の機会が多いし
愛誤の餌付けも相まって繁殖力は抜群だ「直接間接を問わず」。

とするなら、早急に手立てを打たないと、特に一般住宅地にのさばる野良猫により
拡大増殖されたら、都市生活者は甚大な被害を受けるだろう。

又、未知の病原体を持っていれば、非常に恐ろしい結果を招くことになる。

この点から言っても、野良猫は早急に駆除始末しなければ危険極まりなく
一々、愛誤の言う動物哀誤だなんて聞いていたら手遅れになる。

当然、地域野良猫の様なフザケタ構想なんて、山ビルを害獣ごと養殖しているに過ぎない。
一刻も早く、野良猫狩りを合法化して都市生活環境を安全且つ快適に戻す必要が有る筈だ。






最終更新日  2010年07月28日 00時40分42秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年07月26日
カテゴリ:過去ログより
アメリカでは野良猫狩りが合法化している地域が有るらしい。
やはり、そこでも日本と同様に哀誤の身勝手、我侭による被害に耐えかねて
住民の生活を守るという観点と伝統的に自分達の生活は自分達で守るという
建国の精神がそうさせているのかも知れない。

日本も一刻も早く野良猫狩りが合法化
「他の野生動物でも、被害が有れば同様の処置を個人の判断で行えれば尚いいが」
されることを願って止まないし、
このサイトが、否他の同様に野良猫被害を訴えているサイトが
その一助となれば嬉しい。

普通の野良猫狩り業者は
深夜に住民の迷惑にならないように処理をしてくれるスマートなサービス業だ。
勿論、非合法に、人の家屋敷から犬猫を盗む輩も少なからず居るし
聞く所によれば、愛誤団体にもそれに勝るとも劣らない犯罪組織と言っても
過言でない連中も多いらしいが。

当然、捕った獲物は三味線の皮となって三味線業界や日本の伝統芸を支え
薬等の実験動物となって国民の健康に寄与する。
よく愛誤の連中は動物実験や毛皮ハンターイとかザンコクーなんて言うけど
じゃあ、「人体実験やりますか?貴方は被験者として
薬や治療のモルモットになる覚悟有ります?」って聞けばノーだろうな。

俺も若いときは治験のアルバイト?によく行ったものだが
薬の治験で体に合わない薬だと拒絶反応で頭痛とか吐いたりしたことも有るし
リスクも少なからず有る「説明はされるが」。
それでも実験動物の犠牲の上で一応安全かも?知れないということで参加する訳だが
「勿論犠牲は少ない方がいいがゼロにはならない」今でも治験希望者は少ないのに。

オマケに猫狩り業者は副業としている人達も多く、その雇用と生活の安定をさせる。
野良猫狩りは一石何鳥にもなるし、哀誤の言う地域野良猫や避妊手術の助成等に
一切血税を浪費しなくてよいから財政面でも貢献することで、住民税まで軽減出来る。
正しく三方善しで少しは世の中が明るくなって、
害獣野良猫の居ない理想社会に近づくはずだ。






最終更新日  2010年07月26日 22時01分18秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年07月20日
カテゴリ:過去ログより
某都内の区役所「自治会?」では、毒餌を撒いて野良猫を始末したらしい。
今でも続けているのかな?

やっているなら、そのノウハウを公表すべきじゃないのかね?
それに掛かる費用つまり血税「自治会費であっても」は野良猫被害者を含む住人が
支払ったものなのだから。

その役所の行為が、残酷かどうかはそのノウハウを受け取る側が
判断することで、役人が愛誤の世迷言に従う理由は微塵も無いのだ。

大抵の役所はこの問題に関しては原則論というか、
見解を聞こうと確認しても基本的な規則や慣例がどうのこうのとしか言わない。

まぁ、当たり障りの無い一般論しか言わないのは無理もないよな。

下手に、具体的に処理と言うか始末方法
「毒餌の名前や値段、入手や配合方法、撒き方のノウハウ等など」なんてのは
知っていても、否たとえ野良猫被害者住民から苦情が来ても言わないだろうよ。

後で、愛誤から残酷だとか動物愛誤法?だったかな
法律を曲解して、屁理屈でやり込められるし、訴えるなんて言う輩も居るしな。

だが、何れ増え過ぎれば「たとえ野生や天然記念物級の生き物だろうと」、
何処かで制約が掛かるのが野生本来の姿だ。

逆に言うと、野生がその制約を果たせない様な場所「例えば都会の住宅地とか」
人間が快適に過ごす為のバランス「愛誤の好きな生物多様性って奴だったかな?」を
保つ為にも駆除始末等の人的制約が必要なのだ。






最終更新日  2010年07月20日 21時45分01秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年07月18日
カテゴリ:過去ログより
これから、暑くなる時期は寝苦しい、なるべく静かで涼しい環境で寝たい。

しかーし、又も邪魔するノラの声。これから寝ようと思う時に聞こえる
不愉快な鳴き声、又は野良猫同士の縄張りとかメスを巡る諍いなのか
知りたくも無いが、迷惑千万。居場所に水「熱湯にしたいが、愛誤が虐待だとか
ギャーギャー煩いので、却下」でもブッ掛けてやりたいが
何せ夜じぁ、眼しか判らないしな。困ったもんだよ。

こうなると、ムカついて蒸し暑いのが益々暑苦しくなって寝るどころではない。

猫っていうのは、何故か集会所と言われる場所
「ガレージとかの車の傍とか下に屯って」でミーティング?ってのを
やるらしいが、野良猫にとっては何か意味が有っても
ガレージや車の所有者にとって糞ションベンの処理で迷惑千万だろうな。

まぁ、ここの部分はさんかくたまごさんのブログ「さんかくの野良猫餌やり被害報告」に
タップリ書かれているから傾向と対策を兼ねて、参考になると思う。

これを夜な夜なやっても愛誤の放任飼い主は夢の中で
知ったことでは無いらしいが、毎晩何処かでこういうことをされるなら
それこそ、闇夜に紛れてノラを処理しても知る由も無いだろうな。
「猫狩り業者は夜中にやってくれるらしいので助かる」

愛誤のサイトにも書き込んだが、
「悪戯に野良猫を増やす奴がいれば、人知れず始末してくれる奴もいる」。






最終更新日  2010年07月18日 13時34分24秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年07月13日
カテゴリ:過去ログより
俺には、正直ノラにくれてやる手間隙金なんてのは微塵も無い。

なので、捕獲箱は高いので買えないし、何で被害者がそんな金まで出して
自衛しなきゃならないのか理解は出来ないし、したくも無い。

出来ればホームセンターか100円ショップに有りそうな家庭用品の応用で
出来そうなトラップか捕獲箱の図解又は使い方の動画でもいいがそういうサイトが
有れば俺みたいに感じている他の野良猫被害者も助かる。
「哀誤のサイトにはそれなりのヒントは有るが」

それでも1000円以上はケチ臭いことを言う様だが掛けたくないな。

まぁ、ここらは最近のむうた63さんの「駆除?野良猫撲滅にむけて」のサイトに
お手製の捕獲機の手軽な製作方法が載っているので参考になるかも。

市役所のページで野良猫の不妊手術の助成の事について載っていたが
何で迷惑な野良猫に血税を使うのか、メールで質問したが
今の所、返事が無い。

まぁ、法的根拠が無いから、恐らくは哀誤に唆されてやったことだろうと思うが
野良猫と哀誤に思いやりは有っても、野良猫被害者には我慢せよじゃ、
マトモな返事は期待出来ない。






最終更新日  2010年07月14日 01時30分18秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.