071146 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ビール片手に

全1件 (1件中 1-1件目)

1

ま行の作家

February 16, 2008
XML
カテゴリ:ま行の作家


この作品は、既に映画化されているが、未だ観ていない。図書館の棚の隅にぽつんとあり何故か目に付いたので、興味本位で読んでみた。

初めて読む作家(劇団主宰者で戯曲作家らしい)なので、先入観無しに読み始めた。
まず、驚いたのは、異様に濃すぎる情景描写と話の展開が見えない、もたつきがちな出だし。書き慣れた小説家なら、無駄な表現を省き、最も簡潔で効果的な言い回しで、読者の想像力を湧き立たせ、一気にstoryに引っ張り込むが、そんな事は一切念頭に置いてないような文章だった。

しばらく読んで、これは戯曲風というか、劇作家風の書き方なんだと気がついた。
役者の表情演技、舞台美術や小道具等、すべて頭に浮かぶイメージを文字にしてしまってる感じと言うか。
少々肩凝りながらも我慢して読み進めると、だんだんそのペースに慣れてくる。50ページ程読んで、ようやく面白くなってきた。

自分の才能を信じて疑わない自意識過剰な女優志望の姉と、その姉を冷酷に見つめる屈折した性格の妹、家族を守りきることしか眼中になく不器用で世間知らずな兄、生まれつき幸薄く不思議な思考回路を持つ兄嫁、片田舎に住む家族の崩壊する様を描いている。
皆、キャラが濃厚で息苦しい。登場人物の行動や視野が狭すぎて、閉塞感がある。
小説では、ブラックユーモアで乗り切る作風でもなかった。映画ではこの辺りを、どんな風に処理しているのだろう?

作中、過去に受けた屈辱を晴らす為に、姉が妹に復習する場面がある。
お風呂に熱湯を注ぎ、妹が茹りながらも必死で耐えるシーン。取りようによっては戦慄の場面なのだが、違和感というか不思議に感じた。「手元にある風呂の栓を、妹が自分で抜いたらいいのに?」と思ってしまったのは、私だけだろうか?
個性的な作りで、全体的には面白く読んだけど、登場人物には少々感情移入しにくかった。

情景の切り取り方や表現法では、感心するところも多い。夜中の台所で、テーブルの下に身を隠す妹の目線で、姉の足と兄の足が交錯するシーン等、視覚的に捉え、読者が見えない部分の想像を掻き立てられて、面白く読めた。若い作家なので、今後の作品にも期待したい。

この作品は小説として読むより、きっと芝居や映画で観た方がより楽しめるのだろう。
暇があったら、DVDレンタルで観てみよう。

にほんブログ村 本ブログへ






Last updated  February 17, 2008 12:12:02 AM
コメント(0) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

Freepage List

Category

Comments

らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
ビタミンZ@ お姉タン(´・ω・`) http://ashikoki.mlstarn.com/8aFIft2/ ↑…
さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…
日本インターネット映画大賞スタッフ@ 日本インターネット映画大賞募集中 突然で申しわけありません。現在2008…

Favorite Blog

消費税の話のつづき ももたろうサブライさん

そこはかとなく物思… 無邪気な放浪詩人さん
グシャグシャ レッド3310さん
あ_でい_いん_ざ… tarashiさん

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.