070329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ビール片手に

全2件 (2件中 1-2件目)

1

村上春樹

February 4, 2008
XML
カテゴリ:村上春樹


自分の世界から出てこようとしない孤立しがちな自我と、それを唯一理解してくれる女性との遅すぎた再会。叶わない恋への切ない思いを込めた恋愛小説だった。

周囲と上手く馴染めない、また馴染もうとしない主人公の孤独な世界。一人っ子で育った少年時代の生い立ちから、常に孤独と喪失感に溢れる心の揺れを、きめ細やかく丁寧に綴っている。
人生半ば、周囲から見ると充分な社会的成功を掴み、幸福な家庭生活に恵まれているはずなのに、何故か満たされない心の渇き。過去への後悔と失ってしまったモノへの執着が、日常を襲う時の言いようの無い寂寥感。手が届かないからこそ、渇望する男の夢を追う姿。

この小説では、どうしても掴めない、手の届かない対象を「恋愛」として描いているが、読む人によって、対象物を他のものとして入れ替えれば(勿論、恋愛でもいい)、如何様にもとれて、面白く読めるのではないかと思う。

自分が努力し、実際に人生で手に入れることの出来た成功とは裏腹に、自分が掴めなかったもの、果たせなかった夢を(他者を不幸にしてまでも)いつまでも追うのは、人間の我侭な欲だと思う。しかし、そんなみじめで格好悪く未練たらたらな人間の姿にも、何故かすごく共感できる自分がいた。手の届かないものへの未練と、自分が築き上げた日常の平凡な生活との狭間で、どう折り合っていくか、これからの人生を生きていくか? 主人公の選択も、興味深い。

この小説の中の、イズミの存在は、過去の自分が未熟であるがゆえに生んだ消すことの出来ない挫折や失敗を暗喩し、また、島本さんの存在は、どんなに手を伸ばしても届かなかった夢を象徴しているように思える。私も、今、人生半ばで、自分の才能のなさや努力の足りなさ故に、手に出来なかった多くの事を後悔しながら、でも、それなりに幸せに暮らしている一人だと気付いた。

にほんブログ村 本ブログへ







Last updated  February 4, 2008 12:26:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 19, 2007
カテゴリ:村上春樹


レイモンド・カーヴァーの短編集"What We Talk About When We Talk About Love."のタイトルを意識してつけた題名だそうだ。いかにも村上春樹らしいタイトルのつけ方だ。

この本には、作家としての彼独自のモノの見方・考え方、物書きでありながら何故今まで走り続けてきたか等が淡々と書いてある。
「走ること」を生活に上手く組み込み日常的に継続することで、彼の創作活動をより活性化させ、彼自身の精神&肉体面を支えてきたのがよく分かる。

最近、「ワーク・ライフ・バランス」という言葉をよく耳にする。
仕事と生活の調和を図っていくという意味の言葉であるが、この意味で、彼は仕事と生活のバランスを器用に保てる人なのだと思う。

物書きの仕事で消耗したものを、走ることで補い、癒す。
走ることで鍛えた集中力と持続力は、そのまま長編作品を生み出す筋力・原動力となる。

仕事と趣味が、静と動が、バランスよく暮らしの中で調和し、何年もの間崩れることなく彼の生活の中で安定して組み込まれている。

彼は、多くの人が認める才能にも恵まれ、時代を味方につけた幸運な作家である。でも、それだけでない。外からは見えにくい地道で継続的な努力によって、後天的に獲得した多くのものが彼を支えてきたのだろう。

マラソンを走ることは、人生を走ることに似ている。
山あり谷あり、楽に走れる時もあれば、目の前の大きな壁にぶつかり苦しい思いをする時もある。心強い伴走者がいる時もあれば、たった一人で苦しい坂を登らないといけない時もある。
人生の後半期に入り体力的なピークを過ぎ肉体的後退感が彼を襲った時、自身の「老い」と真正面に向き合い、その先の「死」までも視野に入れるような文章も目に付いた。

自分の墓碑銘に、刻んで欲しい言葉があるなんて、またその言葉自体も、やっぱり村上春樹らしい、と思った。
にほんブログ村 本ブログへ






Last updated  December 19, 2007 02:53:53 PM
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

Freepage List

Category

Comments

らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
ビタミンZ@ お姉タン(´・ω・`) http://ashikoki.mlstarn.com/8aFIft2/ ↑…
さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…
日本インターネット映画大賞スタッフ@ 日本インターネット映画大賞募集中 突然で申しわけありません。現在2008…

Favorite Blog

非正規という言葉 ももたろうサブライさん

そこはかとなく物思… 無邪気な放浪詩人さん
グシャグシャ レッド3310さん
あ_でい_いん_ざ… tarashiさん

Archives

September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.