071860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ビール片手に

全1件 (1件中 1-1件目)

1

佐々木譲

March 2, 2008
XML
カテゴリ:佐々木譲


昨年末に図書館へ予約を入れた本が、やっと回ってきました。
直木賞の候補作だった事もあり、人気があり、長いこと順番待ちでした。上巻だけ入手でき、下巻はまたしても順番待ち(汗)。

安城家・親子三代にわたる警察官の物語です。
戦後から、高度成長期、現代へと時系列にそって話は展開します。
無駄な表現が省かれた、硬質でかっちりした文体。読み進めると、周到に伏線が張られていることに気付きます。
戦後復興期の社会背景を織り交ぜながら、安城清二の警察人生と彼の死を綴る一章。
二章は、父の背中を見て育ち、警察官の道を選んだ民雄の物語。警察という国家組織の中で、重要な戦力として使われる、彼の苦悩が、身にしみるように感じました。本音と建前の中で、心を揺らがせ、もがく姿は痛々しかった。彼は父の死を不審に思い、真相を突き止めようと決意します。

民雄の人生の途中からは、自分の記憶と重なる部分が出できて面白さが、増加します。
赤軍派の強行事件など。警察官という職業を選んだ人間の誇り、苦悩、責任、組織への矛盾した思い等が混在された大河小説で、この先も目が話せません。早く、続きが読みたい。
にほんブログ村 本ブログへ






Last updated  March 2, 2008 10:17:32 AM
コメント(0) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

Freepage List

Category

Comments

らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
ビタミンZ@ お姉タン(´・ω・`) http://ashikoki.mlstarn.com/8aFIft2/ ↑…
さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…
日本インターネット映画大賞スタッフ@ 日本インターネット映画大賞募集中 突然で申しわけありません。現在2008…

Favorite Blog

そこはかとなく物思… 無邪気な放浪詩人さん
笹本敦史のブログ ももたろうサブライさん
グシャグシャ レッド3310さん
あ_でい_いん_ざ… tarashiさん

Archives

November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.