2457010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

某研究者のつぶやき

私の作品の紹介です。

私の小説、エッセイの紹介をさせて戴きます。


 家でノンビリ派の皆様、パソコンで読める電子書籍は如何ですか?電子書籍なら、本屋に行かずに自宅で電子書籍をダウンロードして、気軽にパソコンで読む事が出 来ます。

 私の専門は無線工学の電波伝搬ですが、現在は福祉機器の研究を致しております。皆様に買って戴いた本の印税を、研究費と実験費として使わせて戴きたいと望んでおりますので、是非とも宜しくお願い致します。
 電子書籍出版社のでじたる書房さんのお世話で、下記の書籍を電子ブックで販売致しております。
 電子ブックですので、パソコンで読んで戴く様になります。リンクを辿って下さったら、私の著作のページにジャンプ出来ます。お待ち致しております。 でじたる書房さんでは無料の書籍も御座いますので、まず、その書籍を御覧になっては如何でしょうか?
 でじたる書房さんのトップページの左側のでじたる書房ツールに、「でじ ブックリーダー」が御座いますので、「でじブックリーダー」をインストールしてからお読み下さい。
 そして無料コーナーが御座いますので、その本を選んでください。無料本を読み終えられたら、是非とも私の著作をご購読下さい。宜しくお願い致します。

でじたる書房のトップペ ージへはこちらから;

 でじたる書房トップページ: http://www.digbook.jp



 「僕たちを判って!」は、これから犬を飼おうとされる方、もしくは犬がどの ような気持ちで、飼い主と接しているかを知りたい方などに、是非とも読んで戴きたいと思い ます。私の飼ってきた犬も含めて14匹の犬のケースを書き上げています。幸せに暮らしてい る犬、不幸な犬とそれぞれの感じ方を表現したつもりでおります。是非とも、ご購読をお願い 致します。
僕たちを判って 表紙 中
僕たちを判って!



 「浦島太郎って誰?」は、私の個人的な考古学研究の成果を、論文として発表するのではな く、小説に仕上げた作品です。古代日本での弥生時代を背景として、浦島太郎のモデルになる ような事例が有ったのではと、構想を練り上げました。おとぎ話を考古学的に組み立てた小説 です。勿論、論文では有りませんので、面白く書かせて戴きました。私は工学系の研究者です が、本当は考古学研究者になりたかった人間です。それで、考古学の研究も致しておりました 。
浦島太郎って誰?大
浦島太郎って誰?

 「浦島太郎って誰? 中」が出版社のでじたる書房から出版されました。思ったより審査が早く終わり、ほっとしています。
 この機会を戴いて、この作品の紹介をさせて戴きます。

 この作品は、私の個人的な考古学研究から分析した結果を、おとぎ話に適応させて考察した作品です。伝承とか伝説、そして民話などには、何か根拠となる事例が有るのでは無いかと、以前から考えておりました。

 基本的な物語の流れは、「浦島太郎」に近いように整え、時代背景とその説明を弥生時代中期として設定致しました。倭人のハジム達のタウマの国と、ウラ(温羅=鬼)の屋嶋ノ城との、その生活レベルの描写の差が大きく感じられた読者の方には、今、流行っている映画の「レッドクリフ」を思い出して戴きたいと思います。三国志の時代は、日本では卑弥呼の時代になります。あの様な文化レベルの高い中国に対して、まだ顔面や体中に入れ墨を施している野蛮人の倭人(日本人)とのレベル差が、ウラ(弁韓国人)とタウマの国とに投影されている訳 です。

 古事記に登場する屋嶋ノ城は、その記録された年代よりも実際は私はもっと古代に築城された城だと考えております。ですから敢えてこの小説に登場させました。そしてそれがこの小説での大きな重要な要素となっています。

 この小説の舞台は、四国の香川県に残る二つのおとぎ話と、私が個人的に調査してきた考古学の研究の成果を結びつけて書いております。少々考古学的な事を書きますが、宜しくご高覧下さいますように。

 第一話で登場するのは、浦島太郎の伝説が残る香川県西部の三豊市の詫間町、荘内半島を主なる舞台として描いております。考古学的に申しますと、当時は半島では無く、狭い水道を挟んで島だったと考えられております。ですから、その島に高地性環濠集落として造営する事は、陸地に造営するよりも防御性の高い集落が出来上がっていたものと考えております。そしてそのタウマの国(投馬国)の防人兵の一人が主人公としてのハジムになる訳です。

 第二話は、香川県東部の高松市の屋嶋をその舞台としております。そのもう一つのおとぎ話とは、桃太郎の鬼退治なのですが、この讃岐の地では、鬼ヶ島は本来、女木島と言われています。しかし、古事記にも登場する屋嶋ノ城を、私はその鬼ヶ島として想定し、この物語を構成致しました。この屋嶋も弥生時代中期はと云うよりも、源平合戦の時も島でした。そして、この屋嶋には韓国式古代山城(朝鮮式古代山城)が存在していまして、この城は古事記では、 西暦六百六十三年(天智二年)の白村江の戦いの後に、避難してきた百済人に、幾つもの城を、築城させた事になっています。その築城年は、天智六年、大和の国に高安ノ城(たかやすのき)、そして、この讃岐の国のこの屋嶋ノ城、それから本来なら、一番最初に築城されなければならない、対馬の国の金田ノ城(かねたのき)が、白村江の戦いの四年後に築城された事になっております。ここで注目したいのが、これらの築城するのに、大規模な土木工事や建設工事を、施工出来る必要な期間が在ったのかと云う事であります。そして、私がなぜ、この屋嶋ノ城の築城時期を、弥生時代までずらせているかです。その辺りの詳しい事柄は、また別の本で述べさせて戴きます。

 第三話は、現在では半島になっている荘内半島ですが、紫雲出山は前述の通り島でありました。第三話ではその島に存在するタウマ国に、関心を持っていた屋嶋ノ城のウラ(温羅=鬼)達の話になります。幾度も偵察を繰り返す中で、部外者の大廻小廻城の隊長に拉致されてハジムは屋嶋ノ城で過ごす事になった訳です。

 第四話は、屋嶋ノ城で生活を始めたハジムが次第にウラ達に好奇心と好意を持ち、楊将軍の妹である乙姫と出会うまでを描いております。これで、おとぎ話「浦島太郎」に沿ってきたと思って頂けると思います。

 この後は、第五話と第六話と続き終末を迎える事になります。

 犬を飼っている方やこれから飼おうとなさる方に読んで戴きたい「僕たちを判って!」共々これからもご愛読の程をお願い致し ます。

某研究者の旅路トップページへ戻ります

観光、旅行、宿泊施設情報はこちら

観光地写真集 北海道編はこちらから

研究者の独り言へ

私のリンク集です

考古学について

楽天でのお買い得情報特集



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.