2457200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

某研究者のつぶやき

PR

プロフィール


どこかの某研究者

カレンダー

フリーページ

観光、旅行、宿泊施設情報


観光地写真集 北海道編


宿泊施設北海道編


札幌近郊のゴルフ場案内


神戸近郊の宿泊施設空室状況


東京ディズニーリゾート近郊の宿泊施設


旅行用品&お土産のショップのご紹介です。


私のお気に入りの宿泊施設


旅行、出張用宿泊施設のご案内です


ディズニーエレクトリカルパレード写真集


トランク、スーツケース取扱店紹介


旅行・出張関連情報総合案内


毎日のお勧めの宿泊施設一覧(東京)


毎日のお勧めの宿泊施設一覧(大阪)


毎日のお勧めの宿泊施設一覧(名古屋・福岡)


毎日のお勧めの宿泊施設一覧(北海道)


毎日のお勧めの宿泊施設一覧(沖縄)


日本各地の土産物の紹介(東京)


日本各地の土産物の紹介(大阪・京都)


日本各地の土産物の紹介(九州)


日本各地の土産物の紹介(北海道)


日本各地の土産物の紹介(沖縄)


「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地 1


「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地 2


「鉄道の旅」の本


楽天トラベルを利用して快適な旅行を!


紅葉の名所「小豆島の寒霞渓」


研究者の独り言


DINOSAURS


1890年9月16日・・もう125年にも


研究者のパソコン紹介


楽天市場 タブレットPC本体ランキング


私の作品の紹介です。


動物愛護エッセイ「僕たちを判って!」紹介


考古学小説「浦島太郎って誰?」のご案内


私のリンク集


考古学について


楽天でのお買い得情報特集


新入生、新社会人、転勤などの方々に


先ず、足の確保から


楽天市場 旅行関係情報


楽天市場 旅行用鞄の紹介


スポーツ用品関連バーナーリンク


ゴルフ場予約と用品関連リンクページ


楽天市場 スワニー製品(旅行鞄)のご案内


豚皮のトランク?このデザイン!


まちかど情報室で紹介のスーツケース


楽天市場旅行用かばんランキング


出張・旅行などで便利な物


お手数をお掛け致して申し訳ありません


無料ホームページ作成紹介


健康関連商品のご案内


新型インフルエンザ・PM2.5対策用品


メタボ対策やダイエット、糖尿病の療法食


ユニチカ「アラビニスト」のご紹介です


健康・ダイエット スイーツのご案内です


介護用ベッドを紹介致します


NHKのまちかど情報室で紹介!!


楽天市場 車椅子ランキング


これからの季節のお勧め品のご案内です。


タカシマヤ楽天市場店のご案内です。


母の日のプレゼントに如何ですか?


タカシマヤ楽天市場店の食品のご案内1


タカシマヤ楽天市場店の食品のご案内2


タカシマヤ楽天市場店のスイーツご案内1


タカシマヤ楽天市場店のスイーツご案内2


お勧めの雨具シリーズ


凍結防止・融雪剤と除雪機


某研究者の旅路 総合水先案内


キャンプや災害時に便利な物のご案内


設置が義務化された火災報知器一覧


朝日放送「ヒットの泉」で紹介の防災用品


便利な物をご案内致します。


面白いと思われる物を・・・


趣味のお勧め品


2012年5月21日 日食観測の必需品


天体観測情報のリンク


NASAの情報などを・・・


宇宙航空研究開発機構(JAXA)情報


国立天文台 渡部 潤一 教授の講演会情報


NASA関連報道のページ


迫力の火山噴火


This week at NASA


NASA Jet Propulsion Laboratory


Astronomy Picture of the Day


気になるドラマ・映画のDVDと原作本の紹介


NHK大河ドラマ「平清盛」


楽天市場 本・雑誌・コミック ランキング


旅行・留学・アウトドア本ランキング


このような音楽は如何?


もう一つのグレゴリオ聖歌?


中国って・・・


ベトナムは・・頑張ってますね!


カリプソ


貴方はどの国の琴の音色がお好みですか?


フィリピンの「ビコル族」をご存知ですか?


染みの無い曲ばかりだと思いますが・・


Ukraine


Ramadan 2016


Basque Traditional Music


中国新疆ウィグル族自治区の民俗音楽


Jerusalem of Gold


中国少数民族「苗族」の一支族「モン族 」


「小さな林檎」再び??


SenbonZakura "One Thousand Cherry Trees"


懐かしき「サンダーバード・・・等々」


鉄腕アトム・・・をご存知ですか?


横山光輝と石森章太郎の世界


懐かしきアニメやテレビドラマを・・・


サイド自由欄

バナー
私の旅行関係のホームページです。是非とも一度お越し下さい。





★楽天ランキング受賞★
ナント【50%OFF】
CASTELBAJACキャリーバッグ

ドッグウェア・犬服の【dog with


楽天市場で注目の商品は?










楽天市場各店舗の五月人形を私のブログでご案内致しております。
下記よりお越し下さい。
五月人形のお勧め


楽天市場各店舗の雛人形を私のHPでご案内致しております。
下記よりお越し下さい。
雛人形をお選びの方々に


お役に立つものがきっと有ります。
下記のリンクをご覧下さい。

計画停電が有っても快適なグッズのご案内

いざというときの為の装備のご案内

インスタント食品のご案内

野菜セット販売と栽培キットのご案内

トランク、スーツケース取扱店紹介




パソコンショップ デザイアラボ
良品中古パソコンなら当店へ!モニターやパーツも取り扱っております!














私のお気に入りの宿泊施設はこちらから


旅行、出張用宿泊施設のご案内はこちらから


旅行用品&お土産のショップのご紹介はこちらをクリック


ユーラシアトランク(旅行用カバン)の紹介はこちらをクリック


無料ホームページ作成紹介はこちらから
















楽天カード新規ご入会のご案内です。
新規入会で2000ポイントプレゼント!



全国のポイント加盟店で楽天カードをご利用いただくだけで、楽天スーパーポイントが通常の最大3倍貯まるサービスです。
* 通常100円につき1ポイントのところ、100円で3ポイント付与されます。



24時間いつでもネットで予約。郵送で自宅にお届け。ポストに返却。



MM-COMPANY(スーツケース・雑貨)
シフレのユーラシアトランクキャリーを中心にオリジナル商品も企画中です



ゴルフの予約ならここが便利!!



有賀園ゴルフモールA-NET
ゴルフ用品、ゴルフクラブを激安にて販売中!



朝日ヘリコプター
東京を最高に感じる瞬間をお届けするサービス、朝日ヘリコプター株式会社。大東京の夜景を二人だけでお乗りいただけます。東京上空から、宝石を散りばめた夜景は、ずーっと心に残ります。



アマクサかばん
【楽天ランキング入賞!】
【送料&代引無料】
約5泊~7泊用にオススメ♪
CMやドラマで大活躍の夢のトランク!
シフレ ユーラシアトランク
<C8153>69cm




Tail Tree
MoMA ニューヨーク近代美術館
折りたたみ式 スカイアンブレラ
傘を開くといつも青空!
大切な方への贈り物にも最適♪



【四国剣山森の天水】剣山の天然水
★必見★ウォーターサーバー40650円分を★★10000円★★
送料無料



パソコンshopホットラインワールド
パソコンの販売、高性能パソコンを激安で販売、初心者にも優しいショップ



ダイエット宅配栄養食の美健倶楽部
生活習慣病(糖尿病・高血圧・肥満)対策に低カロリーの宅配食事セット



サンスターオンラインショップ
健康食品、健康飲料、美容飲料、サプリメントや化粧品、育毛剤等の販売。



越前そばの里でしか味わえない
極上のこだわりそばができました!三代目が丹精込めて育て上げた。
越前産そば6食
価格 3,000円 (税込) 送料込
越前そばの里



【夏だけ半額】豆乳クッキーダイエット《スタンダード》
当店通常価格5,565円が
今だけ!!<50%OFF>
【特別価格】2,782円
(税込) 送料別
大豆気分:楽天市場店



豆乳クッキーが
さらにグレードアップ!!
【10種豆乳おからクッキー1kg】
金魚特価!2,980円
(税込3,129円) 送料別
ヘルスダイエット金魚んどっと混む



ドイツの雑貨屋さん
キッチン用品・雑貨を中心に、お役立ちアイテムを取り揃えています。デパートの実演販売で人気を集めた商品ばかりです。手に取ってもらえば、気にいってもらえる商品ばかりです。


花と緑のある暮らし 素敵な部屋と癒される空間演出をお手伝い


e-RAN
生産直売で厳選した植物だけをお届け致します。観葉植物情報満載!



石の総合専門店!夢石
石のインテリアが目白押し!人気のマウスパッドやふくろうの置物や、当店でしか手に入らない作家デザイン物の一品物まで、石のインテリア専門ショップです。



某研究者の旅路 店舗リンク集

某研究者の旅路のゴルフ関連商品ショッピングご案内

某研究者の旅路の釣り・フイッシングショッピングご案内

某研究者の旅路のアウトドア商品ショッピングご案内

某研究者の旅路のウィンタースポーツ用品ショッピングご案内

某研究者の旅路のトラベル関連ショッピングご案内

某研究者の旅路のチケット・金券・ギフト券ショッピングご案内

某研究者の旅路の各地の土産物などショッピングご案内

某研究者の旅路のCD・DVD・楽器ショッピングご案内

某研究者の旅路のパソコン・周辺機器ショッピングご案内

某研究者の旅路の家電・AV・カメラショッピングご案内


宿泊施設、旅行プランのご紹介























































ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

お気に入りブログ

亀山築城の小部屋 亀山築城さん
吉宗と宙太と姫と麻… 吉宗&宙太&姫&麻呂のママさん
理工系大学院生の”中… 藍風7778さん
特価、お買い得情報… お買い得情報センターさん
気紛れブログ(いろ… 21世紀の乙姫さん

カテゴリ

全230件 (230件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

研究について

2012.12.24
XML
カテゴリ:研究について
クリスマスイヴですね!

音楽大学で西洋音楽史を習った方くらいしかご存知無いと思いますが、大昔のカトリック教会のミサ典礼をご案内致します。

Youtubeのページに、本来だったら真夜中の零時過ぎから始まる第一ミサの昇階唱(説教台へ司祭が階段を昇る時に唄われる聖歌)のデータです。
第二バチカン公会議で典礼規則が変わって歌わなくなった聖歌です。

Tecum  Principium
写真は私の典礼書のLiber UsualisのTecum Principiumが載って居るページです。

大昔のカトリック教会の聖歌を是非お聴き下さい。

Tecum Principium


ただの一曲だけではクリスマスの教会の雰囲気が判りませんね?
下記のリンクでは、カトリック典礼そのままの、イギリス国教会(聖公会)の御降誕祭第一ミサ典礼のyoutubeデータを記載致しております。
私のホームページでページの上から真ん中辺りに、御降誕祭第一ミサ典礼に付いて詳しくご説明致して居ります。
宜しければお越し下さい。↓
亀山築城の城 研究者の独り言






最終更新日  2012.12.24 15:53:36
2012.10.25
カテゴリ:研究について
放射能事故 拡散予測図・・・

今朝のテレビや新聞などでも大きく報道されていたのが「放射能事故 拡散予測図」です。

ご丁寧にその予測図まで公開しています。

工学関係の研究者や技術者は、以前からこのような事故を想定した汚染予測を行っています。
私も今から四十年も前に、そのような汚染予測の計算に携わってきた経験があります。

さて少し専門的な事を書きますが、この予測は「大気拡散式のサットン式」を改良して計算しているケースが多いと思います。


私が計算していた頃の式は下記の式です。

最大着地濃度:
Cmax = Cz / Cy Cy = 0.234 × q × 106 Cz = u × He2

q:汚染質排出量(m3/S) 
u:平均風速(m/S) 
He:補正拡散高さ(m)

最大着地濃度距離:
Xm = He/Cz2/2n

n:拡散パラメーター


これは汚染物質が、一定の条件下で施設から吹き上げられた高度から拡散を始めたとの設定条件で計算します。
Heは(汚染物質の吹き上げ速度+汚染物質の温度による上昇速度)から実際の拡散高度を計算で出し、その地点の風向と風速でどの方向に拡散を始めるかをデータ化するわけです。

私がこの計算を行っていた頃は、いわゆる電算機(電子計算機)と呼ばれる第二世代の電子計算機でした。(歳がばれてしまいましたね!)
判りやすく云うと、初代のファミコン程度の計算能力しか無かった時代の電算機でした。

上記の計算は一次元(点と線)でしか計算出来ません。

今回公表された汚染予測図は二次元のデータになります。
原子力規制庁の説明に依ると「これは標準的な風速で地形の変化などを計算に入れていないデータです。」と言っていました。

私が計算していたのも同様なデータで、高低差のまったく無い平坦な地表に汚染物質が或る高度まで吹き上がり、そしてその高度から拡散したと想定した計算データです。

現在のスーパーコンピューターを使えば、地形の変化に伴う風向や風速の変化まで計算のファクター(要素)に加えられます。
ですからより正確な予測図が出来上がる筈です。

ここで話がずれますが・・・ホットスポット(高濃度地点)は、汚染物質の発生源から同心円状に分布するわけではありません。
遥か遠くにホットスポットが出現しますし、発生源近くでも低濃度の汚染が出現する事もあります。
一概に半径何十キロでくくれる汚染状況ではなく、上記のような多様なファクターに影響されてマダラ状に汚染地域が広がる訳です。


今回の報道を見たり読んだりしていて感じたのが、記者もアナウンサーも自分が書いたり読んだりしていることを完全に理解して報道しているのか?と云う疑問でした。
このような時は専門家に書いて貰うか、出演して貰うべきだと思います。
判らない人間が勝手に報道するのは、余計に民心を惑わすだけのように思います。






最終更新日  2012.10.25 14:12:41
2012.05.11
カテゴリ:研究について
長男との距離が!!



ここへいらっしゃる方々は、私の素性をご存じの方ばかりだと思います。

私は某研究所に勤務していた工学系研究者で、研究所を辞めた現在、自分が属する学会で発意研究を続けています。

先日の4月30日、長男が勤めている某研究所に訪れて研究施設を見学する機会がありました。

これまで大学院博士課程で研究をしていた長男とは、そのお互いの研究分野が近く、よく研究成果や内容について話していたものです。
長男は基礎物理学、私は工学分野でも応用電気物理学分野に近い研究でした。

長男がポスドク(博士研究者)として国の研究機関 独立法人某研究所の世界最大の研究施設の研究者として赴任しました。

自宅で細々と自分の研究をしている身と、世界最新鋭の研究施設を使える研究者とでは、とても話が合わなくなったのを感じてしまいます。

201204301
写真はその研究所の或るビームラインの末端部分の実験設備です。
向こう側に見えるのが「蓄積リング」と呼ばれる世界最大の設備で、8GeV(80億電子ボルト)もの大出力を発生出来る設備で、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーなどの研究に使われています。

201204302
写真はこの設備の「蓄積リング」建家内に入り、中の電磁石の説明板と電磁石の写真を撮りました。

201204303
写真は左側が「蓄積リング」、右側の壁に貫通しているパイプが「ビームライン」と呼ばれて、実験装置や観測装置に放射光を導くラインです。


最初の写真以外は、運転時は人が入れないエリアで、防護壁の中にこの「蓄積リング」が存在しています。
さも、私の研究で行っていた現場そっくりの構造で、このような環境で研究が出来る長男を羨ましく感じていました。

これから研究者として成果を上げる長男と、私の様な枯れた老研究者との距離がどんどん離れて行くのを感じると、心なしか寂しく感じています。






最終更新日  2012.05.11 16:01:27
2011.12.25
カテゴリ:研究について
我等の主イエズス・キリストの御降誕の日中の第三ミサ

本当は去年ご案内した深夜の第一ミサとこの第三ミサの間にあげられる第二ミサを検索していました。
しかし、探し当てられずに仕方なくこの第三ミサをご紹介致します。


In Nativitate Domini Nostri Jesu   
の ご降誕   主の  我等の イエズス 
Chrisiti ad Primam Missam in Nocte.
キリスト の 第一  ミサ  の 深夜
我等の主イエズス・キリストの御降誕の深夜の第一ミサ。

第一ミサは、大昔はクリスマスイヴの深夜0時から執り行われていました。
盛式ミサなので、通常のごミサと違って二時間を越えることがよくあります。

第一ミサの後、信徒会館でお茶などを頂きながら、そのまま第二ミサを待ちます。


第二ミサは;
In Nativitate Domini Nostri Jesu   Chrisiti 
の ご降誕   主の 我等の  イエズス キリスト 
ad Secundam Missam in Aurora.
の 第二   ミサ  の 曙(夜明け前)
我等の主イエズス・キリストの御降誕の夜明け前の第二ミサ。

と言って、クリスマスの太陽が昇る前から始まります。
Auroraは「曙」とか「夜明け前の光」と云う意味で、極地で見られる「オーロラ」の語源です。


In Nativitate Domini Nostri Jesu   Chrisiti 
の ご降誕   主の  我等の イエズス キリスト 
ad Tertiam Missam in  Die.
の 第三   ミサ  の  日中
我等の主イエズス・キリストの御降誕の日中の第三ミサ。


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
intro
Introitus
入祭唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Kyrie
キリエ(第八 キリエ 主よ哀れみたまえ)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Gloria
グロリア(第八 グロリア 天のいと高きところに栄光)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Oratio et Lectio
祈願;
Oratio. Concede,quaesumus omnipotens Deus:・・・
第二朗読;
Lectio Epistolae beati Pauli Apostoli ad Hebraeos.・・・
使徒パウロに依るヘブライ人への手紙


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Graduale
昇階唱
(説教台へ上っていませんが、本来はその階段を上る時に歌われる聖歌です)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Alleluia
アレルヤ唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Evangelium
聖福音書の朗読


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Credo
信仰宣言(第三 クレド)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Offertorium
奉献唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Praefatio
聖変化の秘跡への祈願


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Sanctus
聖なるかな(第八 サンクトス)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Canon
聖変化の秘蹟(種無しパンと葡萄酒がキリストの体と御血に変化する秘跡)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Pater Noster
主の祈り


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Agnus Dei
神の子羊(第八 アグヌス・ディ)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Communio
聖体拝領唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Postcommunio
聖体拝領後の祈りと閉祭唱、退堂


これらのミサ典礼は、古い形式のミサ典礼で「背面ミサ」と呼ばれています。
司祭が会衆席に背を向けて、祭壇でミサ聖祭を執り行う形式です。
現在は「対面ミサ」と呼ばれて、祭壇が聖所中央に移動し、祭壇に向かう司祭が会衆席に向かう形になっています。
古い形式のミサも、司祭が先頭に立って会衆を導いているように思えるので良いと思います。
勿論、現在の対面ミサは一つの食卓(祭壇)を司祭と会衆が囲む、晩餐を連想させるので、この形式も素晴らしいと感じています。

今回は私の「LIBER USUALIS」が、ネウマ譜掲載の為に大活躍でした。

最後に;

Canto Ambrosiano
In Nativitate Domini
GAUDE ET LAETARE
GAUDE ET LAETARE
グレゴリオ聖歌とは違って、アンブロシオ聖歌の典礼聖歌は全然違った雰囲気ですね?
皆様は如何思われますか?
イタリアのミラノを中心として歌われていた地域のカトリック聖歌ですが、グレゴリオ聖歌に駆逐されてしまいました。

私のミサ典礼書(LIBER USUALIS MISSAE ET OFFCII)にも数曲のアンブロシオ聖歌のネウマ譜の楽譜が記載されています。


ネウマ譜の大きな写真をご覧になりたい方は下記の私のホームページにお越し下さい。
研究者の独り言






最終更新日  2011.12.25 14:01:48
2011.12.23
カテゴリ:研究について
今日はいつもの四線譜(ネウマ譜)で書かれたグレゴリオ聖歌でなくて、東方典礼について


気が付くともうクリスマス!全世界でクリスマス一色ですが、日本ではなじみの無い東方典礼(ギリシャやロシア、中近東、アフリカなどの正教会)のクリスマスなどの典礼をご紹介致します。

私はカトリックですが、先ず誤解の無いように説明いたしますが、カトリックには派が有りません。よく「イエズス会派」とか「フランシスコ会派」などと言われていますが、これらは修道会の名前でプロテスタントや正教などの派閥では有りません。カトリックは世界中の国々の教会が一つの教会です。

プロテスタントには、ルター派やカルバン派などの世界中で四百以上の派に別れ、日本でも二百以上の派が活動しています。
正教会には大きく分けて三つの派が存在しています。
下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
正教会



メルキト派・カルケドン派;

下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
ギリシャ正教


いつものように右記のような青色のリンクをクリックするとyoutubeの該当曲のページに入れます。


Xristos Gennatai, Greek Orthodox Christian Chant


Xristos Gennatai, Greek Orthodox Christian Chant


Orthodox Christmas Canon





下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
ロシア正教会


Orthodox Christmas in Russia


Christmas Eve Mass at Russian Orthodox Church


Кирилл надел патриарший куколь
大主教の叙階式(祝聖式)??

Освещаване на мирото
お御堂内での説教台で聖福音書が朗読されています。
朗読が終わると、主式司祭の祝福があります。
正教のお御堂は、ユダヤ教の神殿に良く似た構造で、会衆席、聖所、至聖所に分かれ、聖体祭儀が行われるのは至聖所で一般会衆からは見ることが出来ません。
映像でお判り頂けると思いますが、イコノスタシス「聖障(せいしょう)」と呼ばれる壁で仕切られています。

Освещаване на мирото
これから聖変化(種無しのパンがキリストの体に変化すると言う儀式)に入ります。
次々と至聖所から司祭たちが出てきて両手の指を洗っていますが、これは私達カトリック教会でも同様の儀式があります。
カトリックでは珍しい複数の司祭による「共同司式」は、正教ではごく普通の聖餐式(御ミサ)の形式です。
映像の途中で何かを振り回していますが、これは「香炉」で、カトリックでも盛式ミサではよく行われています。
奉納行列の最後に、種無しのパンと葡萄酒が入った聖具が至聖所に奉納されます。

Освещаване на мирото
ご聖体拝領は???
無いようです・・・。
会衆への祝福が終わると・・・・。
良く見るとお御堂の片隅で「ご聖体拝領」が行われています。
私達カトリックとは儀式の順番が違っていますね。
その後「閉祭の儀」が有って、退堂行列が始まり、御ミサが終わります。


下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
ルーマニア正教会


Christmass with Romanian Carols


Romanian Christmas Carol
Jesus's little cradle


Christmas at the Romanian Orthodox Church




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
ブルガリア正教会


Bulgarian Orthodox Chant


Bulgarian Orthodox Music




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
グルジア正教会


georgian orthodox church chant
Christ is born


Georgian Christmas Song




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
日本ハリストス正教会
お近くの正教会にいらっしゃってみて下さい。




非カルケドン派;


下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
シリア正教会


christmas in syria
(syriac orthodox church in aleppo)




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
コプト正教会


Coptic Christmas Eve


Coptic Christmas




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
エチオピア正教会


Ethiopian Orthodox Tewahedo Church Christmas Song


St Lalibela Ethiopian Christmas




下記のウイキペィアのページをご覧下さい。
アルメニア教会
アルメニア正教会はどういうわけかクリスマスを1月6日に祝います。

Christmas at St. Vartan Armenian Cathedral


Christmas Liturgy in Antelias


Armenian Christmas Mass in Holy Land



如何でしたか?
この様に正教には多くの派や国々や民族に適合した教会が存在しています。
世界中でクリスマスの喜びを彼ら独自の典礼で祝っているのです。

申し訳有りませんが、先にも申し上げましたように、プロテスタント教会は余りにも種類が多いので説明し切れません。

また私達カトリックのグレゴリオ聖歌(ネウマ譜)の説明に戻ります。
ご精読有難う御座いました。

私のホームページ「研究者の独り言」では、四線譜の楽譜(ネウマ譜)で書かれたグレゴリオ聖歌を説明致しております。
どうぞ下記のリンクよりお越し下さい。
研究者の独り言






最終更新日  2011.12.23 10:08:32
2011.06.28
テーマ:洋楽(2447)
カテゴリ:研究について
今日はグレゴリオ聖歌から離れて

暫く、堅苦しくグレゴリオ聖歌の説明とご紹介を続けてしまいました。

気分転換と言っては何ですが、もう一つのネウマ譜を用いた教会音楽のグループをご紹介致します。

大昔にローマ帝国が西と東に別れた時、同様にキリスト教会も東西に別れてしまいました。

その当時は教会音楽の黎明期で、キリスト教の母体であったユダヤ教の典礼音楽から独り立ちをし始めた頃です。

西ローマ帝国の教会は皆様ご存じのカトリック教会になり、東ローマ帝国の教会は正教会になりました。

分裂する前から、教会音楽はネウマ譜を用いて、典礼音楽を歌っておりました。
二つに分かれた教会は、そのまま別の方向に典礼音楽が発展する事になります。

西洋で五線譜が発明されるまではネウマ譜が、ヨーロッパ音楽の基礎として使われてきた事は、以前からお話ししてきた事ですね?

ではギリシャを中心とした正教会は、どうだったのでしょうか?
長い間、ネウマ譜は教会音楽の楽譜としてその地位を守っていました。
しかし、グレゴリオ聖歌と違って、ビザンチン聖歌(正教会の聖歌)は早い段階で通奏低音が加わって、ポリフォニー化して発達していたのです。

ここで、私の個人的なビザンチン聖歌の印象を・・・。
グレゴリオ聖歌を女性的な聖歌として受け取れば、ビザンチン聖歌は男性的な力強い響きを持って居ると思います。

それでは、ギリシャ正教会の聖歌をお聴き下さい。
私はギリシャ語もロシア語も判りません。ですから、それぞれの曲の説明が出来ません。申し訳有りません。


Greek Orthodox Christian Byzantine Chant


Greek Orthodox Christian Byzantine Music 2


Greek Orthodox Christian Byzantine Music 3


Greek Orthodox Christian Byzantine Chant 4


Greek Orthodox Christian Byzantine Chant 5

如何でしたか?これまでご案内致して居ります「グレゴリオ聖歌」とは全然違った聖歌に聞こえませんか?
私はオリエンタルな響きを持った聖歌として聞こえます。西洋的な物を感じさせない音楽として発達したように思います。

Kyrie Eleison

キリエ・エレイソン(主よ・憐れみたまえ)私が判るギリシャ語です。実際に聴いてみると、全然判りませんでした。



ここから下のデータは、正教会で大きな勢力であるロシア正教会の聖歌です。
学生の頃に、ロシア聖歌(ビザンチン聖歌)のネウマ譜を見た事が有りますが、「これがネウマ譜!!」と思わず声が出るほど、私のネウマ譜とは見た目が違っていました。



Russian Orthodox Chant Valaam


Russian ORTHODOX superb Monasteries and Chants


下記の聖歌は、ここで扱おうかどうしようかと悩みましたが、ポリフォニーのロシア聖歌です。
有名なロシアの作曲家(チャイコフスキー、ラフマニノフ、チェスノコフなどなど)の多くが、ロシア聖歌を作曲して居ます。
合唱曲としても美しいこれらの曲を皆様にも聴いて戴きたいと思いました。

Russian Orthodox chant


Russian Orthodox Choir, Sacret Russian singing Chesnokov's
"Gabriel Appeared"

チェスノコフ作曲の「大天使ガブリエルが現れ」です。有名な曲ですので、皆様もお聴きになられた事が有ると思いますが・・・。

Благовест - Да исправится молитва моя.


グレゴリオ聖歌と袂を分かって、発展したビザンチン聖歌は如何でしたか?世界中には、グレゴリオ聖歌愛好家の数には適いませんが、ビザンチン聖歌愛好家の方々も多くいらっしゃいます。
これを機会にビザンチン聖歌もお聴き下さい。



如何でしたか?最近は「もう一つのグレゴリオ聖歌」と云う他のページを作り、Monk(修道者)の格好で現代のPopを歌っているグループを紹介させて頂いています。
彼らは本来のグレゴリオ聖歌を正確に歌えていますので、歌唱力はあると思っています。
気分転換にこちらのページもご覧下さい。

もう一つのグレゴリオ聖歌

これまでのネウマ譜の説明を私のホームページで纏めています。
下記のリンクから私のホームページに入れます。是非お越し下さい。
研究者の独り言 






最終更新日  2011.06.28 14:10:13
2011.06.05
テーマ:洋楽(2447)
カテゴリ:研究について
2011年 6月 5日
現在癒しの音楽として、グレゴリオ聖歌が世界的に注目されています。
皆様がきっとお聴きになられた事のない、ネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌をご案内しております。

聖金曜日の典礼

前回の記事で次回は聖土曜日の典礼をご案内致しますと記載致しましたが、聖金曜日の典礼から抜け出せそうに有りません。

聖金曜日は考えて見ると、有名な曲が多いので、それをご案内せずに次の聖土曜日の典礼に移る訳にはいけませんでした。


先ず、とても有名なResponsorium(レスポンスリウム)のTenebrae Factae Sunt(あまねく暗くなりて)をお聴き下さい。
この曲は中世から聖週間典礼改正(1956年)に依って変更されるまでは、聖木曜日の夕方の典礼で歌われていました。
改正後は聖金曜日の朝に歌われるようになった曲です。

s-TenebraeFactaeSunt.jpg
写真は私のUsualisで、今回も本の保護の為にスキャンを掛けずに、カメラで撮影を致しました。

最初に聴いて頂くのはグレゴリオ聖歌ではなく、イタリアのミラノを中心として歌われていたアンブロシオ聖歌です。
探せばあるのもですね?これもネウマ譜で記載されています。
TENEBRAE FACTAE SUNT, Responsorio ambrosiano



このデータは、ネウマ譜が表示されていますので、私のウズアリスはお休みを頂こうかと思いました。
でも上記の写真のように一目で全体を見れるほうが良いですよね?
アンブロシオ聖歌とは違うのがお判りになられると思います。私はアンブロシオ聖歌とは付き合いが有りませんので、こちらの聖歌のほうがシックリとしています。
Tenebrae Factae Sunt



最初に検索で当たったのがこの聖歌のデータで、仕方なくウズアリスを取り出してネウマ譜を撮影いたしました。
Tenebrae factae sunt





前回の記事でご紹介させて頂いたEcce lignum Crucis(見よ!十字架の木を!)です。
もう一度お聴き下さい。

s-PopuleMeus.jpg
写真は私のUsualisで、今回も本の保護の為にスキャンを掛けずに、カメラで撮影を致しました。


Ecce lignum Crucis



十字架から紫色の布が取り去られた後、会衆(カトリック信者)が、祭壇に進み出て各自その十字架を崇敬しますが、その時に歌われる聖歌が下記の聖歌です。
Improperia(詰問)と呼ばれていますが、Popule Meus(我が民よ)と主なる神が、信者達に詰問している聖歌になります。
この聖歌の面白いところは、途中からギリシャ語とラテン語が交互に歌われることです。
下記のデータには、ギリシャ語とラテン語の歌詞のテロップが表示されています。


このデータはネウマ譜が表示されない代わりにラテン語とギリシャ語の歌詞が表示されていて良いですね?
Improperia (Popule Meus)



こちらのデータもネウマ譜が表示されていないので・・・。私のウズアリスが登場しました。
Improperia Maiora - Popule meus



如何でしたか?最近は「もう一つのグレゴリオ聖歌」と云う他のページを作り、Monk(修道者)の格好で現代のPopを歌っているグループを紹介させて頂いています。
彼らは本来のグレゴリオ聖歌を正確に歌えていますので、歌唱力はあると思っています。
気分転換にこちらのページもご覧下さい。

もう一つのグレゴリオ聖歌

これまでのネウマ譜の説明を私のホームページで纏めています。
下記のリンクから私のホームページに入れます。是非お越し下さい。
研究者の独り言 
#gregorian_chant #neuma






最終更新日  2011.06.05 16:27:02
2011.05.11
テーマ:洋楽(2447)
カテゴリ:研究について
現在癒しの音楽として、グレゴリオ聖歌が世界的に注目されています。
皆様がきっとお聴きになられた事のない、ネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌をご案内しております。

聖金曜日の典礼

聖木曜日の典礼のご説明から、また更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした。

さて、今日は聖週間の中でも特別に荘厳な典礼になる聖金曜日の典礼をご説明致しましょう。

カトリック教会の典礼は通常「ミサ典礼」と言って、パンと葡萄酒がキリストの御身体と御血に変化する「聖変化」と云う「サクラメント=秘跡」が中心になる典礼です。

しかし、聖金曜日の典礼は、この聖変化の秘跡が行われません。御聖体拝領は有りますが、ミサを執り行わないので、事前に準備された御聖体が拝領する会衆に与えられます。

ミサの中心の聖変化の秘跡の代わりに「十字架の崇敬」と云う儀式が執り行われます。

この為の専用の十字架に紫の布が被さられて、お御堂の祭壇まで運ばれます。

十字架に掛かっている紫の布を少しだけ外し、神父(司祭)が十字架を会衆に高く掲げて
Ecce Lignum Crucis in quo salus mundi pependit 見よ!世の救いの十字架の木を!」
と、高らかに宣言します。

すると会衆が
Venite adoremus いざ!拝み讃えよう!」
と応えます。

次にまた十字架に掛かっている紫の布を少しだけ外し、再び会衆に上記の様に宣言し、会衆も同様に応えます。

三回目に十字架に架けられた布が全て取り除かれ、会衆に向けて掲げられ、同様に宣言されて、会衆もまたそれに応えます。

いつもの様に青色のテキストをクリックすると、youtubeの該当するページが新しく開いて演奏が始まります。
では、お聴き下さい。

今回は私の「リベール・ウズアリス」をスキャンせずに、カメラで接写してみました。
何分、私が生まれる前に製本された日本でも貴重な典礼書なので、出来るだけダメージを与えたくありません。
ご覧下さい。これがこの曲のネウマ譜(四線譜の楽譜)です。


では、お聴き下さい。正統的な歌唱法で歌われています。
この様にトーンが毎回上がっていきます。

 Ecce Lignum Crucis


これは、最近の風潮で女性の方が歌われていますね?大昔の習慣では女性は歌えませんでした。少しお聴き難いかも知れませんが・・・。

 Ecce lignum Crucis


去年の10月06日に皆様へご案内させて戴こうと思って居ました「アンブロシオ聖歌」ですが、ジョバンニ神父の説明だとアンブロシオ聖歌由来の旋律のようですね?
アンブロシオ聖歌の名の由来は、イタリアのミラノの大昔の司教アンブロシオの名前から付けられています。
それからグレゴリオ聖歌も教皇グレゴリオから名付けられています。
ジョバンニ神父が最後に画面に映す「リベール・ウズアリス」は、私のと違う版の様ですね?

 ECCE LIGNUM CRUCIS, Antifona ambrosiana


最後の下記の映像は、聖金曜日の典礼の「十字架の崇敬」を映しています。
どの様に儀式が進められるかが、この映像で理解なされると思います。
この様に、神父が宣言する度に会衆が応え、その後に跪いて十字架を崇敬します。

 Ecce lignum


次回は聖土曜日の典礼についてご説明を致します。

これまでのネウマ譜の説明を私のホームページで纏めています。
下記のリンクから私のホームページに入れます。是非お越し下さい。
研究者の独り言






最終更新日  2011.05.11 13:30:32
2011.04.26
テーマ:洋楽(2447)
カテゴリ:研究について
現在癒しの音楽として、グレゴリオ聖歌が世界的に注目されています。
皆様がきっとお聴きになられた事のない、ネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌をご案内しております。

更新が滞ってしまいましたね。申し訳ありませんでした。ところで、聖週間が24日に終わりました。今回は4月18日から24日までの一週間が聖週間でした。

聖週間とは、カトリック教会の一年間の典礼の中で一番重要な、クリスマスより大事な典礼が執り行われる一週間です。
聖月曜日の典礼から始まり、火、水、木、金、土の各典礼と日曜日のご復活の大祝日(イースター)がそれらの典礼になります。
いつものようにyoutubeのデータでグレゴリオ聖歌をお聴き下さい。

今回はその中の聖木曜日の典礼に付いてご説明をさせて頂きます。
Feria V. In Coena Domini , De Missa Salemrni Vespertina

先ず最初は入祭唱
相変わらずの私が生まれる前に印刷された「Misa et Officii」からスキャンしたネウマの楽譜です。

Introitus
Introitus:
Nos autem gloriari oportet in cruce Domini nostori Jesu Christi ・・・・

Nos autem gloriari oportet in cruce Domini nostori Jesu Christi

Nos autem gloriari oportet in cruce Domini nostori Jesu Christi



昇階唱
今回はネウマ譜が写されているので、私のウズアリスはお休みです。

Graduale :
Christus factus est pronobis obediens usque ad mortem , morten autem crucis .

Christus factus est pronobis obediens usque ad mortem

Christus factus est pronobis obediens usque ad mortem

この曲の歌詞は、バロックやクラッシクでもよく用いられていて、有名な楽曲も多いですね?



奉納唱
再びウズアリスの登場です。

Oferitorium
Oferitorium :
Dextera Domini fecit virtutem , dextera Domini exaltavit me ・・・

Dextera Domini fecit virtutem



聖体拝領唱
ネウマ譜を表示されていますので、私のウズアリスはお休みです。

Cummunio :
Dominus Jesus postquam coenavit cum discipulis suis , lavit pedes eorum ・・・

Dominus Jesus postquam coenavit cum discipulis suis


今回は聖木曜日の盛式ミサ典礼で、ウズアリス(Misa et Officii)に、その楽譜が載っている聖歌をご紹介させて頂きました。

次回は聖金曜日の典礼をご紹介致します。






これまでのネウマ譜の説明を私のホームページで纏めています。
下記のリンクから私のホームページに入れます。是非お越し下さい。
研究者の独り言 




母の日のプレゼントに如何ですか?お花(プリザーブドフラワーor生花)とスイーツのセット商品のページはこの文字をクリック!






最終更新日  2011.04.27 10:40:34
2011.01.31
カテゴリ:研究について
現在癒しの音楽として、グレゴリオ聖歌が世界的に注目されています。
皆様がきっとお聴きになられた事のない、ネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌をご案内しております。

更新が滞ってしまいましたね。申し訳在りませんでした。私と我が家族にとって、去年は悲しく寂しい年になりました。10月31日に私の母を亡くし、12月31日には嫁ハンの父を同じ肝臓癌で亡くしたのです。新年を祝う間もなく、葬儀等に追われ、やっと普段の生活に戻れそうになりました。

話題を暗い話から、ネウマ譜について・・・・。
今回は去年の内に説明が出来なかった御降誕(クリスマス)の聖務日課についてお話し致します。

カトリック教会は日曜日の御ミサ(聖餐式)以外に、毎日の聖務日課と云う重要な典礼を持って居ます。これらの典礼の起源は、ユダヤ教から受け継いで、更にカトリック教会で発展してきた典礼です。
一般の信者には関係の無い典礼ですが、聖職者(司教神父)と、信者の一種の修道生活者である修道者(シスターやブラザー)達が、毎日行っている典礼です。最近では熱心な信者が、それぞれの国の言葉で作られた聖務日課を唱えるようになりましたが、今回説明するラテン語の聖務日課とは幾分違っています。


一日の中で8回の時課に分けて、御聖堂で祈りと聖歌を唱えています。

朝課  Matstinum
賛課  Laudes
1時課 Prima
3時課 Tertia
6時課 Sexta
9時課 Nona
晩課  Vespers
終課  Completorium

さて、今回はSecundae Vesperae in Nativitate Nativitate Domini Nostri Jesu Chrisiti(我等の主イエズスキリストの御降誕の第2晩課)から、PLSALUM 109(詩篇109)をご紹介致します。

PLSALUM 109(詩篇109)

PLSALUM 109(詩篇109)、PLSALUM 110(詩篇110)


今回は以上でご勘弁下さい。まだ、母と義理の父を亡くした心の空虚感を癒しておりませんので・・・。


ところで、まだラテン語の言語学的分類を説明させて戴いておりませんね?

ラテン語は:
インド・ヨーロッパ祖語(印欧祖語)
 |→ インド・ヨーロッパ語族
   |→ イタリック語派
   |→ ラテン・ファリスク語群
    |→ラテン語
上記の様に分類されています。

では、我々の日本語は何の語族に属しているのでしょうか?
私の小説の中でも触れていますが、私が高校生だった頃は「ウラル・アルタイ語族」と云う学説が在って、我々の日本語とお隣の韓国・北朝鮮語が、そのウラル・アルタイ語族に属していると考えられていました。
しかし、現在はその学説は否定され、アルタイ諸語に属していると考えられ、日本語と韓国語もそれに含まれると考えられています。

また、この続きを更新させて戴きますので、ご期待下さい。

これまでのネウマ譜の説明を私のホームページで纏めています。
下記のリンクから私のホームページに入れます。是非お越し下さい。
研究者の独り言 






最終更新日  2011.01.31 19:09:17
このブログでよく読まれている記事

全230件 (230件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.