498040 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みしゃらいグゥパンチ

みしゃらいグゥパンチ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Category

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:選択肢が多いということ(06/30) cialis viagra levitra quale scegliereci…
http://buycialisky.com/@ Re:<ボブログ>出張とは旅である(07/08) dayly cialiscialis once a day 2 5 mg40 …
http://buycialisky.com/@ Re:アジアカップUAEのラフプレー(07/14) cialis bestellen via internetcialis 10 …
http://cialisb.com/@ Re:選択肢が多いということ(06/30) 100mg cialis desciptioncialis kopen in …
http://viagravonline.com/@ Re:<ボブログ>出張とは旅である(07/08) o sildenafil principio ativo do medica…
2017.03.15
XML
カテゴリ:読書
村上春樹「騎士団長殺し」を読んだ。


いつも思うことだが、こんなワケの分からん話を書く作家が
良く売れる現象というのがとても不思議だ。

まぁ批判の多くは理屈っぽい人によるものだと思うけどね。

ネタバレになるけど、絵の中から小人みたいなのが出てきたり
(一部の人しか見えないし話せない)、3日間ほど夢の中をさま
よって気付いたら自宅の裏にいたとか(テレポーテーションか)。

普通に考えたらオカルト小説なんだけど、不思議と違和感なく
読ませてしまう。実際に読んでいると面白くてやめられない。





自分はわりと不思議系な話は好きで抵抗ないけれど「現実的に
辻褄が合ってない!」みたいな人には読むの無理だろうなと思う。

もちろん小説だからオカルトでもファンタジーでも良いのだけれど、
一定のリアリティがないと読者を引きつけることができなんだよね。

村上春樹の小説が単なる荒唐無稽な与太話にならないのは、
いやあれは間違いなく与太話だという人もいるだろうけど(笑)、
どこか人間の心の奥にある根源的なものを描いてるからだと思う。

読んでいて深層心理の世界を旅しているような感覚になるもの。





たまに自分の目で見たことしか信じない的な人がいるのだけど、
人間の目に見えるモノなんて所詮は可視光領域で、光の波長で
いうところの400~800nm 程度なわけで。

さらにいうと可視光でさえ、人間は自分に都合の良いように
見て解釈してしまう。目の錯覚というやつ。

残念ながら自分には不思議なものが見える能力はないけど、
天狗が見える人とか、河童が見える人とか、木と話が出来る人
とか会ったことがあり、何というか皆さん普通の人だった。

茂木健一郎さんも「すべては脳内現象だから、本人が前世が
見える、オーラが見える、というならそれはそれでOKです」
と言ってたな。

そりゃある意味では変人かもしれないが、毎週末どこにでも
サッカーを見に行く人だって十分すぎるくらいに変人である。





ということで、ワケの分からん小説だって読んで面白けりゃ
それでいいんじゃね?ということ。

あ、そうそう。村上春樹の話には簡単に出会って簡単にセック
スさせてくれる女性がよく出てくるんだけど、こっちのほうが
断然ファンタジーだよな~、というか羨ましい(笑)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2017.03.15 08:53:31
コメント(0) | コメントを書く
[読書] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X