408166 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みしゃらいグゥパンチ

PR

Calendar

Category

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:選択肢が多いということ(06/30) cialis viagra levitra quale scegliereci…
http://buycialisky.com/@ Re:<ボブログ>出張とは旅である(07/08) dayly cialiscialis once a day 2 5 mg40 …
http://buycialisky.com/@ Re:アジアカップUAEのラフプレー(07/14) cialis bestellen via internetcialis 10 …
http://cialisb.com/@ Re:選択肢が多いということ(06/30) 100mg cialis desciptioncialis kopen in …
http://viagravonline.com/@ Re:<ボブログ>出張とは旅である(07/08) o sildenafil principio ativo do medica…

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

ふと気付いたこと

2017.08.07
XML
カテゴリ:ふと気付いたこと


日曜日にミスチルのライブ@日産スタジアムへ行ってきました。


座席位置は自分では選べないのですが、郵送されてきたチケットをみてビックリ。
E24バックスタンド2階って、いつもマリノス観戦してるのと同じ座席じゃないか(笑)


正確にはいつもの席の3列上だったけど、7万人入るスタンドにおいてこの近さは同じ
場所に等しい。勝手知ったるスタジアムの、まさにホーム中のホーム座席位置なのです。


東ゲートを入ってから上に登る階段が一緒。ライブ前やライブ休憩中に行くトイレの
場所も試合の時と一緒。スタンドから見える風景も一緒。


まるで自分の家でライブを見ているかのような安心感でした。





さらにE24入口そばに、学のユニフォームを着た人を発見。話しかけようと思って近づい
たら、なーんといつもマリーシア席近くで旗を振っている見覚えのあるマリサポでした!

彼も自分の顔を覚えていてくれて、めちゃ話が盛り上がりましたよ(笑)こういうシンク
ロって嬉しいもんですね。ライブはもちろん大いに盛り上がり、最高に楽しいライブでした。


イノセントワールドは最近のゴタゴタを思い出して思わず泣いてしまったなあ。





そしてふと感じたこと。

ライブってほぼ100%に近い人たちが幸せな表情で家路に着くんですね。

何を当たり前な、って思うかもしれないけどサッカーの場合は両チームをそれぞれ
応援するファンがいるのです。だから、ホームチームが快勝したとしても10%くら
いの相手ファンは不機嫌なんですよ。

ホームチームがふがいない試合をすれば、家路へ急ぐ人の実に90%くらいが、
怒った顔やイライラした顔をしている。


サッカーという競技は特に応援するチームに感情が乗りやすいので仕方ないの
ですけど、何万人もイライラしていると、さすがにその負のエネルギーたるや
膨大なものになります。


でもミスチルライブでは7万人近くの聴衆がほとんど笑顔!

これはいいもんです。その空気はライブの幸福感をさらに上げてくれました。


また行きたいね、ライブ!





あ、そうだ今度オバちゃんになったNOKKOを見に日本武道館へ行くのでした。
武道館は中学3年生のときに初めてライブを見に行った思い出の会場なのです。



だけど明日は きっといいこと あると信じてたいの 

Maybe Tomorrow









<ブログ終了のお知らせ>

2004年から書いてきた「みしゃらいグゥパンチ」ですが、今回の投稿を
もって終了することにしました。後半は頻度が落ちたけど13年続いたのね。

今までこのブログで書いてきたコラムのような日記は、Facebookページ
で続けますので、まだ読みたいという奇特な方はメッセージを送って下さい。


Facebookは友達申請しないと閲覧できないんで、そこはよろしくです。


それでは、長い間ご愛読どうもありがとうございました。







Last updated  2017.08.08 07:54:11
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.03
カテゴリ:ふと気付いたこと


けっこう人間関係でつらいことがありまして。

すごく大好きな人なんだけど、お互いがうまくかみ合わず。
ついには怒らせちゃったのです。けっこう激しくね。

どう修復してよいものやら。
そもそも修復できるレベルのものなのか。。。



そんなとき、
ちょうど友人のしんごちゃんがこんなブログ記事を書いてくれて、
それをタイミングよく読んだところです。

傷が癒えるまで、今は時間をただ過ごしたいと思いました。




そして Mr.Childrenの新しい曲、himawari を聴いております。

暗がりで咲いているひまわり
嵐が去ったあとの陽だまり
そんな君に僕は恋してた

これが頭の中をぐるぐるとまわっています。。。







Last updated  2017.08.03 17:14:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.24
カテゴリ:ふと気付いたこと

もう2015年も終わりなのか。。。

一年を振り返るなんてやったことないから3ヶ月単位でやってみる。




3月に日産スタジアムのテラスルームという特別席でサッカーをみた。

これはVIP気分が味わえてなかなか良かったな。




6月にアラスカでミス・アラスカと写真を撮った。
かわいかったですな~。

この出張は最初行く気がなかったけど結果として当たり。




9月はラグビーの南アフリカ戦をライブでテレビ観戦したのが、
なんといってもこの1年で一番良かったこと。

まあ4年ごとのW杯では日本戦をはじめ、注目される試合は
ライブで見るようにはしているけど、海外出張とか入るとみれない
時もあるからね。この試合は本当に興奮したな。




12月はもう最近だけど、北京でのPM2.5体験だな。
インパクトありすぎ。

もう行きたくないねえ北京は。ははは。




あとは全体を通して、身体が去年よりは動くので
マラソンのトレーニングを夏くらいから始めた。

北京に行ってからちょっと休んでいるけど、
3月にハーフマラソンのレースに出るつもり。

そんなこんなで、ボチボチ元気にやっております。







Last updated  2015.12.24 17:55:23
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.26
カテゴリ:ふと気付いたこと
WOWOWを見ていたら8月にあったレベッカ再結成のライブ(横浜アリーナ)
を再放映していた。

それを見ていて、おばさんになったNOKKOいいな~!と思ってしまった。
いや熟女が好きとかそういうのではなくてね。

なんというか歌手として円熟味があって良かったのである。




レベッカは自分がちょうど中学~高校あたりで人気があったので、
タイムリーに体験していたバンドであるが、当時はそれほど熱心に
聞いていたわけではなかった。

曲はすごくいいなと思っていたけど、NOKKOのボーカルは少しトーンが
高すぎて、どちらかといえばあんまり好きではなかった気がする。

そこへきて先日のライブ放映でみたNOKKOは、いい具合に
落ち着きと、声の張り具合のバランスが取れていたのだ。

出産して子育てしてるのが良い経験になっているのかな。




いや~、マジでいいっす。

ライブをウォークマンに落として出勤中に聴いているよ。

ラズベリー・ドリーム、Cheap Hippies、メイビー・トゥモローは
特にいいねえ。ライブに行ってみたいや。

https://www.youtube.com/watch?v=-iveARLFlhQ







Last updated  2015.11.26 22:28:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.11
カテゴリ:ふと気付いたこと


いやー、この年末年始はまいった。

まず年末の休みに入ったとたんに頭痛がはじまった。

仕事の疲れがでたのかな。だったら休みに入ったから
そのうち治るだろう、と思っていたのに全然治らない。

首の後ろがすごく凝っていたから、それが原因と分かっていた。

しかしマッサージに行っても、首を温めても治らない。




元旦にはやけくそで、お酒を飲めば血行が良くなって
治るんじゃないかと思って飲んだら余計に痛くなった(T_T)

気晴らしに高校サッカーを見に行っても、頭痛が取れない。

さすがに不安になってきて、仕事が始まっても治らなかったら
脳外科に行って調べてもらうか?と思ってたら1月5日の
仕事始めの日に頭痛がおさまった・・・。




で、その翌日1月6日から台湾出張に行ったのだけど、
今度は6日の朝からお腹を壊して大変だった。

頭痛が治ったとたんに腹痛とはなんてこった。

よっぽど飛行機に乗るのをキャンセルしようかと思ったが、
なんとか搭乗までに正露丸で下痢は止めた。

しかしへとへとに疲れた状態で台湾へ。

そして向こうでも、続く下痢と疲労で全然食事が
食べられない。目の前にうまそうな小龍包があるのに・・・。




お腹の具合がなんとかよくなってきたのは帰国日だったよ。

結局向こうで食べたのは、豆腐とバナナ、スープくらい。
あとタロイモをとろとろに煮込んだ「熱芋泥」を食ったな。
あれはお腹にやさしく、かつ大変うまかった。

考えてみれば出張に行ったのが台湾で良かった。

油ものや辛い物がメインの国だったらきつかったよ。





2015年はなんだか最悪の新年スタートだったのでやり直したいな。

そうだ。ここはひとつ台湾に合わせて太陰暦の正月(旧正月)を
自分的新年のスタートに変えちゃおう(笑)

いや、むしろそっちのほうが身体にあった暦かもしれないしな。

旧暦のお正月は2月19日なので、それまでに体調を整えようっと。

てことは、まだお正月まで1か月以上あるのか(≧∇≦)








Last updated  2015.01.11 21:26:05
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.18
カテゴリ:ふと気付いたこと

最近のお気に入りがBUMP OF CHICKENのこの曲

リンクはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=56GHcXHpHJQ

こういう曲を聴いていると自分も詩人になれそうな気がするなー。



-----------



穏やかな雰囲気と、どこか余裕のある行き方と。

それでいて明るさのなかに憂いを。
陰と陽が織りなすコントラストを。
人間は一人だと寂しさを紛らわし心を動かす。

心を空に向かって投げる。落ちる。




これからどこへ行くのだっけ。
バランス良くおさまる人生という名の飾り物。

巻き戻したい過去などない。
どこまでも先へ。

生きている時に精一杯のタスキをつなげますように。

大地をしっかりと踏みしめて、筋が通りますことを。







Last updated  2014.12.18 21:21:50
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.09
カテゴリ:ふと気付いたこと


研究開発用の装置メーカーに勤めているので、
ノーベル賞、特に物理学賞についてはとても身近だ。

知っている先生が毎年候補に挙がっていたりするし、
誰か日本人が受賞したら良かったなあと思う。

受賞によって国の予算が物理関係の研究に流れやすく
なるという実質的なメリットもあるしね!

基礎研究は普段なかなかスポットが当たらないので、
こういう機会くらいはマスコミに取り上げられて、
少しでも興味を持ってくれる人が増えれば良いと思う。




しかし文学賞や平和賞となると少し自分の中での
位置づけが変わってくる。

文学賞は毎年のように村上春樹が話題になる。

でも高校生のころから村上春樹を読んでいたから、
今更ノーベル賞を取ってマスコミに大騒ぎされるという
のは何だかな~と思ってしまう。

だいたい無名で実力のある作家ならともかく、
村上春樹はもうすでにベストセラー作家で、
海外での評価も非常に高い。

別にノーベル賞なんて取らなくたっていいじゃない?
(って本人も思っていそうだから誰か聞いてほしい)。

ただし今は出版不況だから、出版関係者は切実に取って
ほしいと思っているのだろうなあ。



平和賞に関しては文学賞よりもさらに胡散臭く、
過去の受賞履歴をみても、ハテ?というのが結構ある。

まぁ、でも自分みたいな人間がとやかく言うレベルの
話ではないな~。なので静かに傍観してますハイ。








Last updated  2014.10.09 20:38:05
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.27
カテゴリ:ふと気付いたこと

社会人になってクリーンルームで作業をするようになり、
いつの頃からか腕時計をしなくなった。
ゴム手袋内で汗をかいてバンドのところが蒸れるからである。

また携帯を持つようになって時間が分かるため、
クリーンルームで仕事をしなくなってからも
腕時計をはめることはしなくなった。

もっとも腕時計をする人は時間を見るという機能性よりも
ファッションアイテムとしてというのが大きな理由か。





しかし数年前からマラソンをするようになって、
走る時だけストップウォッチ付きの
カシオのデジタル腕時計をするようになった。

最初は走る時だけはめていたのだけれど、出張などに行く時に
もその腕時計をしているうちに、いつの間にか普段でもするように
なってしまった。そこでふと思った。

ランニング用のデジタル腕時計を、スーツを
着た時にするのは今一つカッコ悪いなと・・・。





とはいえ、元々腕時計というアイテムにはまるで興味がない。
ファッションセンスも自分でいうのは何だけどまるでない(笑)

さーて、どうすっかなと思ったときに、妻からプレゼントで
もらった腕時計があるのを思い出した。

カシオの安っぽい腕時計するんだったらこっちでしょ!




しかしもうずいぶん前にもらって、しかも使っていないから
当然電池が切れている。なので、昨日ビックカメラに行って
電池を交換してもらった。いや~動いて良かった!

ただし電池を入れて再度動き出してみると、バンドもずいぶん
古くなっているのが気になってきた。

来週あたりにバンドも交換しようかな。




で、そんなこと考えているうちに時計もなんとなく
新しいのが欲しいような気がしてきた(笑)

今年は俊輔が10番を付けたせいで、ついマリノスのユニフォーム
(しかも2着)を買っちまったしな~。

消費税があがったのに、なぜか消費意欲が旺盛だな。
インフレになりそうな社会のムードと関係してるのか。

ま、お金を使うのも大事な経済活動ということで、
その分がんばって稼ぎますかね~。






Last updated  2014.04.27 17:33:14
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.30
カテゴリ:ふと気付いたこと

いま「起業前夜」(高任和夫著)という小説を読んでいる。

証券会社に勤める主人公が、大会社の企業倫理に立ち向かうという内容だ。
単純に起業独立するという話ではない。
(しかしストーリーからするとあまり良いタイトルではないなあ)

ま、それは置いておいて本題。





小説の中に、不倫して離婚してしまう友人のエピソードが出てくる。

その不倫の理由としてこんなセリフがでてきた。

「ある研究によると、42,3歳は、男がもっとも不倫をする年齢らしい
んだよ。動物としての衰えを感じだすと、若い女に妙に惹かれるんだな。
自分の種を残したいという本能の働きらしい」

なんだかすごーく納得してしまった(笑)

ちなみに私いま43歳です。あ、いや別に不倫してるってわけじゃなくて(汗)。
たとえしててもここに書けるわけねーし(爆)。




共感したのは、衰えを感じると若い女に妙に惹かれる、という個所だ。

ホントね~。最近衰えを感じるんだよ。
でもって若い女にも惹かれますね。そうかそういうわけだったのか。

ただし、よーく自分をかえりみると、若い女に惹かれるのは
いまに始まったことじゃない気もするけど、あはは。

でもさ。衰えを感じるから、もう子種を残すラストチャンスだ!
ってあると思うんだよね、動物の本能としては。

それでもって、最近の若い男の子はわりと淡泊だったりするじゃない。
悟り世代だっけ。

そういう世代な割には、逆に女の子の方が元気だったりしてさ。




で、そういう元気な女の子に会うと、「おお~、いいな~」
と思うわけですよ衰えを感じた43歳のオジサンとしては。

またそういう元気な娘に限って、独身率が高いという。
自分が若くて独身だったら、このコと絶対付き合いたいと
思うけどなー。なんで彼氏いないんだろう?てな感じで。

でも元気な女子からすると同世代の男子は物足りないのだろう。

そうやって不倫の図式が出来上がっていくのだな~と、
この小説を読みながらたいへん納得してしまったのであった。








Last updated  2014.03.30 11:40:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.27
カテゴリ:ふと気付いたこと
先週、クリーンルームで作業をしていた。

ずっと一緒にいた同僚が風邪をひいて、それがうつってしまった。
なんてこった!

すっげー久々に風邪を引いたぞ。



今まで近くに風邪を引いた人がいてもうつらなかったのにな。
今回は見事にうつってしまったな。

最近走ってないから身体が弱くなったのだろうか。
またはクリーンルームだからうつりやすい?関係ないよなー。



とにかく久々につらいっす。

とりあえず熱は下がったけど、まだときどき頭が痛い。





よく子供のころに風邪を引くと母親がやさしくなるってあるじゃない。

うちは風邪を引いたからって極端にやさしくなることはなかったけど、
おかゆを作ってもらったり、医者へ連れて行ってもらった記憶はある。

しかし今はどーですか!?



妻や子供たちに「なにー、風邪を引いたのか!?うつすなよ」
「もうすぐ試験だからうつされたら困る」とブーイングされ放題。

メシは当然のことながら、おかゆなんてことはなく通常メニューである。

家族が家にいないときはもちろん自炊だ。





今朝なんか出かける前のバタバタしている妻に、布団の上から脚を踏まれた。

「布団の下には脚があるに決まってるじゃないかコラーっ!!!」

完全に邪魔者扱いだ。

なめんなよ。こんな風邪、すぐに直してやるぅ~!






Last updated  2014.01.27 16:51:27
コメント(0) | コメントを書く

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.