3370831 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゴスペルな日々(Good News Bad Times)

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Jun 16, 2021
XML
テーマ:三浦綾子(2502)
カテゴリ:三浦綾子
 西村久蔵先生が天に召されて四十年とうかがい、いまさらのように驚いている。先生は召されても、いつも私の身近かにおられる存在である。ほんの二、三年前まで生きておられたような、そんな近しい方なのだ。あの、愛にあふれた西村先生がおられないこの世に、よくもこの私が四十年も生きていることができたものである。

 先生については、『愛の鬼才』という一冊の本に、私はいろいろと書かせていただいた。先生の生涯は、どこを切っても、その断面に愛の一字が浮かんでくる。まさに金太郎飴のようだと私は書いている。

  初めて会った日の先生の姿も、すばらしい金太郎飴だった。そのころ-一九五二年-私は札幌医大病院に入院したばかりだった。その私のために、北一条教会員であった前川正さんが、西村先生に私を見舞ってくださるよう依頼の葉書を書いた。前川正さんは北大医学生であったが、胸を病んで旭川の自宅に療養中であった。先生のほうでは、この旭川に病む学生を見知っておられたかどうか、けっして親しい仲ではなかったはずである。その、顔もよく知らぬ青年の、一片の葉書を持って、先生はさらに見も知らぬ一介の療養者である私を、わざわざ訪ねてくださったのだ。しかもその訪問の前に、先生は私宛にお便りをくださった。

 「・・・・・・前川氏から依頼があったが、仕事の都合で、すぐにはうかがえない。とりあえずお詫びする・・・・・・」
という手紙であった。人の見舞いはなかなかできないことである。多忙な人が、頼まれたからといって、いちいち人を見舞うことなどできるものではない。知人友人の見舞いさえ、容易になしえないものだ。

 その便りが来てからまもなく、西村先生は私を訪ねてくださった。
(三浦綾子『ひかりと愛といのち』)









Last updated  Jun 16, 2021 09:02:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
[三浦綾子] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

人間の価値 New! 偏屈老人さん

またたき まばたき New! lavien10さん

この世界の現在 New! やまひで0207さん

ウーファーを使った… 為谷 邦男さん

新曲「金魚鉢」デモ… MAYULOVECOMさん

FIATのミニカー。 きんちゃん1690さん

スニーカーマニアの… 青空 竜之介さん
青空のように フッサストラットさん
根っこの今 ikirunekkoさん
Veni Brand's veni_brandさん

Comments

王島将春@ コロナウィルスワクチンによるDNA改変 はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
ロン@ゴスペル@ Re:Re最近 行ってませんが(04/14) lavien10さんへ 書き込み有難う御座います…
lavien10@ Re最近 行ってませんが キレイですね。たまにはと。
ロン@ゴスペル@ Re[1]:第二次世界大戦(03/04) 背番号のないエース0829さんへ  有難う…
背番号のないエース0829@ Re:第二次世界大戦 映画〈ジョジョ・ラビット〉に、上記の内…
ロン@ゴスペル@ Re:三浦綾子の言葉(07/20) ゆきこさんへ 書き込み有難う御座います。…
ロン@ゴスペル@ Re:日本にとって大切な参院選(07/17) ゆきこさんへ 書き込み有難う御座います。…
ロン@ゴスペル@ Re[1]:マリアン・アンダースンをご存知ですか?(02/10) 片島諒さんへ 地味な私のブログにお出でく…

© Rakuten Group, Inc.