3796614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゴスペルな日々(Good News Bad Times)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

May 16, 2022
XML
テーマ:三浦綾子(2879)
カテゴリ:三浦綾子
ギュツラフが、焼かれるかも知れないと知りながら、一年近くもかけて、この翻訳に取り組んできたのだ。ある時は食事を取ることも忘れ、ある時は明け方まで、鉛筆をその手から離さなかった。
(そうか、言葉は焼け失せてしまわんのか)
焼けないものがこの世にあると、音吉も信じられるような気がした。

(三浦綾子『海嶺(下)』)

写真はギュツラフ訳聖書






Last updated  May 16, 2022 11:29:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
[三浦綾子] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

最低裁判所小咄 New! 偏屈老人さん

バスケットボールは… New! lavien10さん

命がけ? New! やまひで0207さん

安保徹って知ってる… 為谷 邦男さん

映画「ELVIS」公開前… hidevisさん

スニーカーマニアの… 青空 竜之介さん
青空のように フッサストラットさん
根っこの今 ikirunekkoさん
Veni Brand's veni_brandさん
Juria’s Ro… 樹里。さん

Comments


© Rakuten Group, Inc.