3846900 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゴスペルな日々(Good News Bad Times)

ゴスペルな日々(Good News Bad Times)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

カテゴリ未分類

(2505)

ゴスペル

(113)

gospel(spirituals)

(9)

ゴスペルの歴史

(13)

ゴスペルの神学

(6)

ゴスペルABC

(16)

CCMについて

(279)

ドニー・マクラーキン

(63)

アメージング・グレース

(17)

プレスリー

(21)

Leeland

(30)

U2

(9)

CCMの歴史(CCMが誕生するまで)

(4)

Goodbye,Babylon

(12)

クリスマス

(94)

こんな歌を聴いて来たんだなぁ・・・♪

(208)

聖書の英語表現

(1)

クラシックでゴスペル♪

(19)

三浦綾子

(4800)

ゴスペルと聖書

(2)

原発・放射能など

(155)

聖書通読

(334)

今日の聖句

(2)

ヴォーリズ建築

(29)

今日のちょっと物思い

(69)

お休み散歩

(5)

こんなクラシックもいいね

(21)

ローマ帝国衰亡史(通読できるかな?)

(3)

沈黙

(2)

生まれてきたのはいいけれど

(2)

教会

(2)

長崎五島巡礼旅

(4)

キリシタン

(0)

原爆

(0)

江古田映画祭

(6)

クリスチャン・トゥデイ問題

(12)

海洋汚染

(1)

憲法第九条

(13)

季節のご挨拶

(2)

沖縄旅行

(15)

今日の教会

(11)

夕食当番

(1)

異端問題

(0)

北欧旅行

(6)

戦争と平和

(5)

みなみななみ

(2)

フクシマ

(0)

アフリカ

(1)

台風19号

(1)

江古田音楽祭

(1)

香港

(1)

COVID-19

(267)

検察庁法改正案反対

(2)

ホロコースト

(1)

三浦綾子読書会

(11)

矢嶋楫子

(0)

政治学

(2)

ALS

(1)

三浦綾子記念文学館

(1)

投票に行こう

(2)

福島原発事故

(1)

ウクライナに平和を

(2)

国葬反対

(1)

統一協会

(0)

異常気象

(1)

Freepage List

Jun 12, 2022
XML
テーマ:ゴスペル(3264)
「今日のちょっと物思い」





明治維新から終戦までの、紆余曲折にみちた日本のありかたを、人びとは、ほぼ二つの相反する立場からながめている。


 列強のあいだにあって、その餌食とならないためには、先進国にならって、実力をもって列強と競争してゆくほかはなかったので、勝ちぬいたあとの終盤で敗けたのは、本懐と言うべきであるという見方が一つ。つまり、「明治百年」をよしとする見方である。もう一つは、日本は、列強のあとにくっついて帝国主義をおしすすめ、朝鮮を併合し、満州やモンゴルから北中国を侵略しようとして泥沼に堕ち、太平洋とビルマで惨敗して、城下の誓いをさせられ、百年の野望が破れた。それを幸いとして、その後は平和設計に切りかえた、それからの日本のありかたこそ、正しいものであるという、「戦後二十年」をよしとする説とである。


 僕としては、この明治百年説にも、戦後二十年説にも、手放しで賛成することはできない。そのどちらにも、警戒すべき点が多いからである。百年説が、引かれ者の小唄であるあいだは、何ごともないが、国際上のバランスのうえで、何か突破口でもみつかる機会があった場合は、日本国民をどんなことに直面させないともかぎらない。二十年説にしても、デモクラシーの新しい歴史のうえで、どんな悲劇の口火を切らないとも測られない。


 もちろん日本人の根性のなかには、そんなわるい品物ばかりがつまっているわけではない。日本人の美点は、絶望しないところにあると思われてきた。だが、僕は、むしろ絶望してほしいのだ。百年説の人も、二十年説の人も、開国日本を、いまだに高価に買いすぎたり、民主主義で、箪笥にものをかたづけるように手ぎわよく問題がかたづき、未来に故障がないというような妄想にとりつかれてほしくないのだ。しいて言えば、今日の日本の繫栄などに、目をくらまされてほしくないのだ。


 そして、できるならいちばん身近い日本人を知り、探索し、過去や現在の絶望の所在をえぐり出し、その根を育て、未来についての甘い夢を引きちぎって、少しでも無意味な犠牲を出さないようにしてほしいものだ。


 絶望の姿だけが、その人の本格的な正しい姿なのだ。それほど、現代のすべての構造は破滅的なのだ。


 日本人の誇りなど、たいしたことではない。フランス人の誇りだって、中国人の誇りだって、そのとおりで、世界の国が、そんな誇りをめちゃめちゃにされたときでなければ、人間は平和を真剣に考えないのではないか。人間が国をしょってあがいているあいだ、平和などくるはずはなく、口先とはうらはらで、人間は、平和に耐えきれない動物ではないか、とさえおもわれてくる。

(金子光晴『絶望の精神史』)

註:『絶望の精神史』は単行本が光文社から1965年に刊行された。






Last updated  Jun 12, 2022 11:17:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
[今日のちょっと物思い] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

あぁ 風土・風習・… New! lavien10さん

ボンクラ小咄 New! 偏屈老人さん

深夜の散歩 やまひで0207さん

映画『エルヴィス』… hidevisさん

蚤とダイエット 為谷 邦男さん
スニーカーマニアの… 青空 竜之介さん
青空のように フッサストラットさん
根っこの今 ikirunekkoさん
Veni Brand's veni_brandさん
Juria’s Ro… 樹里。さん

Comments

森田裕史@ Re:主は今生きておられるの歌詞を工夫してみました♪(04/20) 素晴らしい和訳、有難うございます。 フェ…
太郎英語@ Re:三浦綾子の言葉(11/18) 30年近く前に読みました。
王島将春@ JESUS CHRIST はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
ロン@ゴスペル@ Re:Re最近 行ってませんが(04/14) lavien10さんへ 書き込み有難う御座います…
lavien10@ Re最近 行ってませんが キレイですね。たまにはと。

© Rakuten Group, Inc.